エントリー

2023年06月06日の記事は以下のとおりです。

ここ迄の数、規模の司法犯罪公表の上で、犯罪者免責、犯罪処断等せず、司法が実行犯だから

  • 2023/06/06 19:18

いま公表されて、継続され続けている、極悪犯罪の色々は、司法犯罪システムをなぞった犯罪で、司法が大元の悪‼と言う事実により「警察、検事検察庁、裁判官裁判所は、犯罪者共犯が弁護士、弁護士会で、司法犯罪を、実際に指揮しているのは辯護士、検事、刑事、民亊担当裁判官は、犯罪弁護士の指揮下で、傀儡として、犯罪決定、判決を唯々諾々と下す役割!」

この現実、事実が有るから、司法犯罪システムの踏襲の、複数の司法極悪犯罪をなぞっており、なので「公表された上で、司法犯罪システムをなぞっての犯罪、犯罪者の刑事責任免責、犯罪収益無税で犯罪者が手に入れて通って居る、公表されている真実、がまかり通っている理由です」

つまり「司法、警察等が共謀しての、司法独裁犯罪システムの踏襲で有り、何処にもこの司法犯罪システムの踏襲、極悪犯罪を、摘発、処断出来ない訳です、犯罪国家権力が、犯罪を取り締まる、罰を科す、犯罪で奪った他者の財産を没収、返却させる、被害額を賠償させる事自体、犯罪システム作りして、犯罪を公に凶行させている主犯‼と言う構図なので」

司法がでっち上げて、システム犯罪だ、と強弁して、犯罪で収益を手に入れて、没収、徴税、被害者に賠償、全て不要で通して居る、司法国家犯罪権力、警察が、犯罪の指揮権力だから、犯罪者を免責、犯罪で収奪利得、犯罪者が所有権を、無税で得たんだ!との、テロ犯罪決定、判決のみ下して正当化でっち上げ、まで公開で出来ている訳で。

公表された犯罪行為者、犯罪被害他者財産収奪被害の回復等、どれも法を破壊させて、犯罪正当化決定、判決を下して逃がす、犯罪利得を全て詐欺、窃盗者に自己の財産と変わった!との、虚偽決定、判決だけ出して、犯罪正当化のみ果たして居るんです、裁判官、刑事、民事裁判共、検事、検察庁、警察も、直接共謀!

司法が頂点に君臨して、ここまで極悪非道、脱税も組み込んだ司法犯罪システム!がまかり通って止む事無し、日本は、日本の司法なるテロ犯罪国家権力、機関は、法律資格者、司法機関、の筈が無いです、只の大規模国家犯罪で破壊を目指す!巨悪集団でしか有りません。

幾つもの司法犯罪、犯罪によって利を得て、無税で逃げる、公表済み、告発済み、の先は

  • 2023/06/06 17:37

私が調べ上げて、犯罪を成功させて有るからくりの解説も成し遂げて有る、司法犯罪システムにより、犯罪者が犯罪に手を染めて、犯罪収益を、司法犯罪故、犯罪収益没収、徴税もされず、極悪な司法犯罪システムの一つです。

犯罪を、刑事、民事手続きでも、公に証明された上で、犯罪者は犯罪行為を免責されて、犯罪収益全てを、司法犯罪システムにより、手に出来て、逃がされて居ます、司法犯罪システムは「司法が頭の犯罪システムだから、犯罪が公式に証明されても、犯罪行為責任免責、犯罪収益全て、犯罪者が手に出来て逃げられる訳です。

この、司法が仕組んだ犯罪で収益獲得、司法犯罪システムも「税理士、公認会計士が、法曹権力からの、犯罪収益と言う事実を、税務申告手続き、決算書記載とも偽造で隠蔽せよ!闇の犯罪指示を受けて居て、従う事で、司法犯罪システム、犯罪によって収益を手に入れて、没収、徴税逃れも果たせて居る、ファイナンスリース、融資詐欺です、や、他者の預金、遺産預金犯罪者が詐取窃盗に成功すれば、司法犯罪システムの一つだから、泥棒が盗めた預金全て、没収、徴税、返却逃れ出来て、犯罪収益全てを手に出来て来て居ます」

正しくこの司法犯罪システム稼働、犯罪者が犯罪に手を染めて、犯罪収益を手に入れて、犯罪行為責任免責、犯罪収益没収、徴税逃れさせて貰える、被害者への返金、賠償も、司法犯罪権力が逃れさせて通って居る、極悪非道が公に、まかり通っている現実となって居ます。

私がこの司法犯罪複数も、詳しく、実例証拠も揃えて公表して、刑事、民事手続きでも、犯罪を認めない、犯罪被害回復せよ、犯罪を犯罪と正しく扱い、犯罪者に刑事罰則を正しく適用せよ!と訴えて来て居る手続き、ほぼ司法が握り潰して来て居ます、それはそうですよね。

司法が頭でシステム化させている、司法が合憲、合法破壊を武器とさせて、犯罪者が犯罪で収益を手に入れられたら、犯罪責任免責、犯罪収益没収、徴税を逃れさせて、被害者への賠償も不要だ!決定、判決も下して、犯罪を完遂させて有るんだから。

で「多数の”山本×Ⅹ、清算登記済み隠蔽、ワイエⅩ商会絡みの、多重脱税他犯罪の数々を認めず、没収、等贅施与の訴え、悪質脱税複数、実行犯と共謀犯への刑事罰適用の求め”国税の上と、検察庁の上層部とかで、の状況のようです」

司法犯罪システム、実例証拠多数を揃えて有るから「脱税指南、も、公に出来る訳で、悪質脱税、犯罪で収益入手、犯罪責任逃れさせられて、犯罪収益没収、徴税、賠償、返却不要で丸ごと犯罪者が取得!事実証拠を踏襲するだけ”この指南ですから、合法に決まって居ます、司法が現実に、犯罪システム作りして、手を汚し捲っている事実を適用、なだけだから」

司法犯罪、犯罪で収益を得られれば、犯罪責任免責、犯罪利得無税で泥棒が取得決定、判決での犯罪システム化破綻は

  • 2023/06/06 08:49

司法犯罪システム、犯罪行為事実証拠が揃って居ようと、裁判官、検事が合法破壊で無効化!犯罪責任抹殺、犯罪で収益を得られたら、無税で犯罪者が犯罪収益の所有権を得た、と裁判官が最後に決定、判決を、合憲、合法破壊で下して正当化達成!

この司法犯罪システム「多重の”司法犯罪を正当と捏造目論見、行政等による、犯罪事実隠蔽、犯罪証拠秘匿、抹殺が仕組まれ、稼動させて有る”故成功して居ます」

司法が幾ら「犯罪を正当化した決定、判決を下した、と強弁しようとも”関係する行政機関、士資格者等が、司法が犯罪正当とでっち上げ決定、判決で下そうとも、司法犯罪を正当と偽る、犯罪共謀実行”が行われなければ、司法がでっち上げた、犯罪システムは成功しません、当然」

犯罪で収益を不法に得た、只の犯罪行為者の犯罪収益、犯罪で収益を得た事の証拠、証明が揃って居る上で、司法ぐるみの犯罪で収益獲得、公表済み犯罪収益!への、刑法第19条、犯罪で得た収益は全額没収規定か、刑法第20条、犯罪で得た収益に対する、国税徴収法規定から科しての、徴税時効を7年と設定しての、犯罪利得の税務調査、重加算税の乗せる等しての徴税実施、悪質脱税事実、証拠による、脱税に係る各刑事罰則適用目的告発!

これ等の国税手続を、正しく実施して、犯罪で得た収益を洗い出して、没収、徴税を実施して、悪質脱税行為者と共謀犯に対し、悪質脱税行為者に科せられる、多くの刑事罰則の適用を目的とさせた刑事告発実施!

これ等の公式国税手続も、正しく執り行われれば、司法犯罪、犯罪で得た収益を、刑事罰則、徴税に係る法律、悪質脱税者に科せられる刑事罰則、これら全て免責と、司法テロ権力が出来て、犯罪者は無税で、犯罪収益を自己所有と出来て逃げられる!

今行われて通って居る、司法が頂点での、司法犯罪利得を、無税で、刑事罰全て免責されて、犯罪者と共謀行為犯らが逃げられて居る!悪事は成功しなくなるんです。

妻の両親の遺産預金、死去前に盗まれた預金、この犯罪強制正当化、司法、警察テロの数々も「新民法第909条が、令和元年7月1日から発効!この法律手続きにより、司法犯罪システムの犯罪成立手法が、片っ端から破綻して、合法化に切り替わって来て、犯罪者がいきなり令和2年1月1日から、摘発され出したんです、司法犯罪テロ権力、国家資格、国家機関犯罪責任も負わず、いきなり犯罪と扱い出した訳です、お前らが先ず、犯罪責任を負うのが筋だ。

司法犯罪、犯罪で収益を、無税で取得システム、預金横領システム破綻は

  • 2023/06/06 08:25

司法が判例だの、合憲、合法破壊を正当と偽り、広く国中で手を汚させて、刑事、民事共、犯罪との実例、証拠が揃って居ようとも「犯罪行為者、犯罪事実証拠免責!犯罪で収益を得た、との事実証拠は無視!犯罪で得た収益は、犯罪者が全額所有権を、無税で得たと決定、判決のみ常に下し、成功させて来た司法テロ!が破綻し出したのは」

(1)令和元年7月1日施行、遺産預金仮支払い制度が発効、この法律規定手続きは”被相続人と、相続権者との関係全てを証明する謄本等を、相続人が全て取得して、被相続人に対する、相続人全員の関係を証明する事”が先ず大前提です。

(2)この、必要な謄本等全て揃えて”被相続人に対する、相続権者の自分”と証明出来た上で”被相続人の遺産預金口座が有る金融機関全てに対して、遺産預金仮支払いを求める手続を取ります。

(3)引き出せる遺産預金額は”各金融機関毎の、遺産預金全てを合算した総額の内、各金融機関毎に、遺産預金総額の、三分の一を上限額とする、或いは、相続人一人当たり、遺産預金仮支払い額上限を、150万円までの仮支払いとする”各金融機関毎の、遺産預金総額により、遺産預金仮払い金額が変わる)額が多ければ、各金融機関から、相続人各々が、金融機関毎に150万円ずつ受領も有り。

(4)民法第896条規定、新民法第909条2規定により、この遺産預金仮支払い該当、遺産預金額は”被相続人が死去した年月日、時間の時点で存在する(した)遺産預金額を、遺産預金仮支払い額計算金額とする”被相続人死去後、遺産預金が横領されても、遺産預金仮支払い金計算母体額は減額されない。

(5)この遺産預金仮支払い制度発効により”これまでは、被相続人、預金口座開設契約者の氏名を偽造して、遺産預金現金化を、司法手続きも含め行っていた”が、新民法第909条2発効後は”相続人の住所、氏名で遺産預金、各々相続割合分金員を引き出せる手続と変わった”死人は生きて自分の預金を引き出した(この嘘で、被相続人の住所、氏名偽造で遺産預金詐取窃盗も、正当と強弁出来た)この金融機関、警察、司法共謀の、オカルト捏造遺産預金詐取、窃盗詭弁が破綻しました。

(6)この、新民法第909条2発効により、民法第896条、1031条破壊、司法、警察テロも破綻した訳です”被相続人に対しての、自分が相続権者だと、必要謄本全て揃えて、遺産預金口座が有る金融機関に、自分の相続割合分支払い請求出来て、自分の身分で遺産預金を受領出来る”司法犯罪の色々、遺産預金を盗めたら、共犯弁護士と組み、盗めた遺産、遺産預金を遺産目録から消した偽造遺産目録を、盗めた都度作成、裁判官が都度、遺産預金は窃盗被害分減じた決定で正当化!遺言状で他相続人法廷遺留分も奪って通す‼も破綻ですし。

司法犯罪システム、犯罪を行使して、犯罪事実免責、脱税も組み込み、で利益を得て通って居る

  • 2023/06/06 08:01

司法犯罪システム、犯罪を手掛けて、他者の財産権を蹂躙、他者の財産を、犯罪で収奪!この犯罪事実証拠が公表、犯罪が証明された上で、犯罪行為責任免責、抹殺を、警察、司法が、捜査権限悪用で果たしている、この司法、警察犯罪免責、共謀が先ず、司法犯罪システム、犯罪を強行して、犯罪収益を手に出来ている、犯罪システム成功の武器とされて居ます。

この類いの、司法が”判例を作った!犯罪を正当と、合憲、合法破壊で下した判決”を重ね、犯罪を正当と捏造した、犯罪で収益を得られている司法犯罪システムを活用?して、犯罪で収益を得られたなら”犯罪収益は、徴税対象外の利得と扱われる!司法犯罪システムだからだ!が組み込まれるから、犯罪で収益を得た犯罪者は、犯罪収益を丸ごと、犯罪行為責任免責、と合わせて、犯罪で利得も得られて居ます。

ファイナンスリース、ノンバンクとの貸金契約を「暴利を得られるように、公的機関が税金詐取、闇資金を得られるように、公的機関が、税金不正使用出来るように、等を目論み仕組まれている、ファイナンスリース、融資詐欺司法犯罪システムの一端もそうなように”他の司法犯罪システム、司法が犯罪を正当と決定、判決を下して、犯罪で収益を、公式に得て逃げられて居る、司法が犯罪収益強奪は正当と捏造!”他のシステムも全て、複合脱税も組み込まれているから」

犯罪で収益を得た、と公に立証された上で「犯罪で得た収益全て”刑法第19条、没収規定不適用、刑法第20条、犯罪で得た収益への徴税実施共”司法が強制的に、この刑法規定、徴税規定適用潰し!も凶行して、犯罪で収益を得られた分、没収、徴税逃れも成功されて居ます」

犯罪で収益を得た事が、刑事、民事手続きも含めて、公に立証された上で「弁護士、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、警察、法務省等が公の公務手続きで”犯罪で収益を得た、と証明された犯罪収益は、全額犯罪者が所有権を得た利得だ!”とした決定、判決を下す事で、司法犯罪システム、犯罪で収益を得られれば、無税で犯罪者が犯罪収益所有権を得たとされて逃げられる」

他者の、遺産となった預金通帳、印鑑、キャッシュカードを、どんな手を講じてでも手に入れられれば、入っている預金全て、犯罪で収奪した泥棒が所有権を得た事と、司法が決定、判決で決めて通す!この司法犯罪システムも、刑法不適用、犯罪利得の没収、犯罪利得への徴税全て不適用!金融機関も共謀犯で「預金泥棒を、被害者は金融機関だから告発しない、犯行ビデオを隠匿、抹殺する、預金が抜かれた被害者、遺産預金を奪われた相続人は、被害者不該当だ!」

この手を講じる事も、司法犯罪システムに組み込まれて居ました、金融機関の立場設定は、金融機関が顧客預金横領被害者!設定だから余計、捜索押収許可状を発行されず、この司法犯罪システムの悪用で、他者の預金、遺産預金横領して、横領金無税で泥棒が所有権取得!司法犯罪で成功されて来た訳です。

司法犯罪、犯罪で収益を取得、司法犯罪収益は刑法、税法不適用特権が

  • 2023/06/06 07:42

司法犯罪システム、弁護士、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省が共謀、犯罪をシステム化させて、犯罪を正しいと決定、判決を下して、犯罪で収益を得られて、徴税されず、犯罪事実証拠が揃った上で、刑法、税金徴収法律不適用、判例だ!判例で合憲、合法を無効化出来るんだ!との、司法テロを武器とさせて、成功させて居るのが実際です。

犯罪を公に手掛けて、犯罪で収益を得られて、刑法不適用、徴税の法律も不適用、刑事、民事公式手続きでも、この司法ぐるみ犯罪が凶行出来て、成功させられて居るんです「犯罪との事実証拠も揃った上で”犯罪は適法だ、犯罪行為事実証拠を却下した!犯罪は適法だ、犯罪で得た収益は、徴税されず犯罪者が所有権を得た!”こう常に、民亊、刑事共、最後は裁判官が、判決、決定を下して、合憲、合法の公蹂躙、テロ、犯罪正当化実現!犯罪利得は没収、徴税されず、犯罪者が所有権を得た!判決を下して、正当な犯罪だと、最後は司法手続きで、これ等の犯罪、犯罪収益没収、徴税潰し共、正しいとされている訳です」

詐欺融資が事実、ファイナンスリースなる、違法を重ねたノンバンク貸金事業も、司法犯罪システムが最後の武器、で成功させて有り、複合脱税も組み込まれている通りですし。

顧客融資債務者が、融資を受けて、利息を乗じて返済すると言う事で、購入した動産等が事実なのに「詐欺融資を隠蔽すべく”ノンバンクは物品を購入所持して居て、物品リース契約を交わしたんだ”と、ノンバンクが嘘と認めている、違法融資契約を、ノンバンクが動産貸し出し、リース貸出を行って居る契約だと、弁護士、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省、警察が、嘘と自覚の上、嘘との確固たる証拠も公に有り、複合脱税も証明済みの上で”司法独裁テロ権限行使!で、この融資詐欺、暴利強奪、顧客購入動産詐取、強奪、国税、地方税脱税を成功させている、司法犯罪システム!」

この司法が頂点、極悪複合、公開犯罪システムも、今も強引に、司法権限悪用テロを武器とさせて、司法が共謀犯、実行犯の一角ですし、この犯罪システムも、成功させて通って居ます「司法犯罪システム、経済事犯を判決で正当と強制捏造が武器!も、脱税も組み込まれているのですよ」

司法犯罪、犯罪で収益を得られて、刑事、民事共、犯罪が正しい決定、判決で、公開犯罪を成功させて有る、司法犯罪システムは、脱税も組み込む事で、成功させられて居ます、テロですよ、疑う余地のないテロです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年06月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452869
ユニークアクセス:6604570
今日
ページビュー:162
ユニークアクセス:162
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed