エントリー

2023年09月03日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪、損保に資金を横領させて、辯護士、裁判所に横流しさせての司法詐欺まで

  • 2023/09/03 17:34

自賠責保険、火災保険、工事保険、第三者被害賠償保険等は「被保険者、加入者が、弁護士費用、訴訟費用を請求して、拠出させられる特約等有りませんよ、ですが」

損保の事業を、司法が犯罪で構成して有り、損保が合法に、対人、対物、対建築物加害による、損保の加入者が加害行為者で、被害者に対して、損害賠償債務を負ったが、司法犯罪凶行で、加害者、加害者加入損保、自賠責事業も、合法による、被害者への損害賠償、補償金支払いを、司法テロで叩き潰し放題が通って居る訳で、この司法犯罪は。

損保の事業資金から、詐欺、横領で損保が事業資金を拠出して、犯罪辯護士、裁判所が、横領した資金を差し出せ‼と損保に命じて、犯罪資金を差し出させて「司法犯罪、辯護士が犯罪資金で犯罪代理、刑事、民事共犯罪代理を、裁判官、検事も共謀犯で凶行、訴訟詐欺も、詐欺資金を裁判所に横流しさせて、日常的にこの司法犯罪、民亊、刑事手続き犯罪、も強引に成立させて有る訳です」

損害賠償事件関係で、損保が絡んで居る、対人、対物、対建築物損害賠償事件の多くが、この司法が指揮する、損保事業資金詐欺、横領拠出させて横流しを命じて、辯護士、裁判所が、犯罪資金を受領、民亊、刑事手続き、訴訟詐欺犯罪です。

現在は「被害者が加入して居る火災保険、人身傷害保険で、被害補償金を被保険者の被害者に、損害保険契約を軸とさせて支払った後”加害者側に、被害者加入損保、共済が、賠償債務者である加害者側に、立て替えた賠償補償金を支払え”と訴える事は、貸金業法違反が問われるように変わり、又」

損保は、被保険者が加害者側を訴えた、と言う設定で訴える手法なので「虚偽の債権者での訴えですし、更にこの、立て替えた損害賠償債務保証金を返却せよ、の訴えは、破綻して居ます、これも2~3年前までは、司法犯罪だったから、貸金業法違反、司法詐欺訴訟で成立させて居た訳だ」

全能で正義、常に正しい司法が如何に出鱈目であるか、司法職権濫用が国中で蔓延、極悪な犯罪行為国家権力、が真実です「当然ですが、神を偽った裁判官による、犯罪は適法だ、犯罪者の犯罪が正しいんだ決定、判決等、只の魔女狩り裁判、天動説裁判、虚偽を強制的に判決で下すと決めて有るだけ、の代物だから」

司法犯罪を凶行、合法を求めれば、冤罪粛清も日常で、もっと上から指示されると、いきなりひっくり返して責任逃れ

  • 2023/09/03 17:03

司法極悪国家権力は、犯罪を制度だ、等と虚言を吐き、辯護士が検事、裁判官カルトと共謀して、犯罪を制度化した、と、検事、検察庁、裁判官、裁判所、報道カルト司法大本営発表!迄仕組み、この司法テロの制度化!を強制成立、犯罪の限りを尽くし捲って居ます。

損保の事業には、この司法テロ、犯罪が、事業と偽るが、根本から司法犯罪、を仕組んで有り、損保の事業を、司法犯罪で仕切って成立させて有ります、この司法犯罪で構成、損保犯罪事業成立、には。

損保の事業資金を、犯罪によって弁護士、裁判所に、詐欺、横領で損保が資金を拠出、横流しして、辯護士、裁判所が、犯罪資金を受領して、刑事、民事手続きを、犯罪で構成して有る、司法テロ犯罪、も仕組まれている通りです。

損保の事業を、司法犯罪制度で、極悪非道な犯罪事業として有るから「合法な被害者への損害賠償債務金、被保険者が負った賠償債務金保険から支払いを、司法テロで叩き潰して、損保が合法賠償保険金支払いせず済んで居る訳です、この見返りに、損保に資金を犯罪拠出させて、辯護士、裁判所に、刑事、民事訴訟法犯罪手続き用に横流しを指示して、司法犯罪で損保が、合法な賠償金支払いを、常時叩き潰せて居る見返り、を得て居ると言う」

司法が真っ黒く手を汚して、損保の事業も、犯罪で構成して居て、合法な損害保険金支払いを、職権濫用で司法が叩き潰しを成功させて有る、対人賠償潰しは「被害者が受傷等して居ない、実際は軽傷だ、被害者と言うのは嘘だ、詐欺狙いの虚偽受傷だ、被害受け事件は虚言だ等、刑事捜査捏造、被害者の受傷医療記録偽造を日常で凶行して有り、この人権テロ、犯罪も、常時成功させて有るのです」

更には「この対人被害事件で有る事の、刑事捜査記録、偽造で構成した記録も”検事、検察庁が、人身加害を隠蔽目論見で、闇に消して、傷害致死傷事件自体を証明出来なく迄”仕組んで有ります」

当然ですが「損保、共謀弁護士用の、人身加害、被害事件自体を抹殺して、対人賠償支払いを叩き潰せるように、検事、検察庁、裁判官、裁判所が、ここまでの司法犯罪を仕組み、凶行している結果です」

で、損保が合法に、被害者死傷者に、傷害致死傷事件で負った対人賠償金支払いせず、処か、賠償詐欺冤罪にも陥れて成功までさせて有る、司法テロ、犯罪の見返りに、損保に弁護士費用、訴訟費用を詐欺、横領で拠出させて、横流しを指示して受領、民亊、刑事手続きを名乗る、司法犯罪に狂奔して居ると言うからくりです。

この犯罪は、大手代理店、大口顧客、損保、司法の犯罪を、の闇にも流されて居る訳です「けれど、犯罪なのだから、ビッグモーター事件のように”いきなり犯罪だ!”と変えられる訳で、司法犯罪実行主犯は、極悪な犯罪だ!と、同じ犯罪指揮、実行主犯の隠蔽目論見で、舵を切る訳ですが、未だ刑事罰を逃れさせるのに必死、司法犯罪のなぞり故、司法が犯罪者責任を、を逃れようと?」

司法犯罪が破綻、いきなり今日から、司法ぐるみ犯罪を犯罪扱いに代えて口を拭って居る

  • 2023/09/03 09:06

司法犯罪が破綻すると、ある時期でいきなり「先日までは、辯護士、検事検察庁、裁判官裁判所、警察が共謀犯で”司法が犯罪を正当と、刑事、民事手続きで、合法破壊ででっち上げた!”正しい犯罪だ、犯罪と暴き、証明して、司法悪を公表して合法化を目指す輩は、司法テロ冤罪で粛清だ!」

この司法、警察テロで、正しい側を粛正して、司法テロが正しいと、強引に捏造して来て居ますが、只の司法職権濫用のテロ、犯罪だから「合憲、合法に是正が必須と、国際社会と国が決定して、司法に犯罪を禁じる措置を講じられると、犯罪当事者の法曹資格者、司法機関は」

ある時期からいきなり「これは犯罪で有る、よって刑事訴訟法手続きを執り、処断に動くと、己の実行犯事実の隠蔽目論見も有り、司法は正義だ、と激変させて、己らの犯罪を糊塗して、責任逃れに走るのが常です」

損保の事業に、詐欺、横領で事業資金支払い請求させて、損保が詐欺を受けて横領して、弁護士費用、訴訟費用を犯罪で拠出を日常化させて居る弁護士、裁判所のこの犯罪、犯罪資金を生み出させて、辯護士、裁判所が、犯罪損保に、犯罪資金を横流ししろ!と指示して、横流しさせて、犯罪資金と承知で受領、犯罪代理行為と承知で、検事、裁判官は、犯罪者代理を共謀で認めて。

刑事、民事訴訟法犯罪弁護士が指揮で、詐欺司法手続き、犯罪正当でっち上げ決定、判決を下し捲って来て居る、この司法犯罪は、国税庁が、損保への詐欺請求、損保が横領で資金拠出、犯罪資金を弁護士、裁判所が横流し指示、受領、ここまでの司法犯罪は、国税庁が「犯罪で資金請求、横領拠出、不法横流しは横領、脱税と認定して、損保に調査に入り、犯罪請求被保険者に、詐欺、横領資金返却させて居ます」

ですが「犯罪指揮、犯罪資金受領弁護士、裁判所には、手を入れず逃がして居ます、まあ”この公開犯罪、司法が首謀の損保事業資金詐欺請求、横領拠出、辯護士、裁判所が犯罪指揮に横流しを指示、犯罪資金受領、犯罪司法手続き常態化”の現実から見れば、大きな合法化実現ですから」

司法犯罪制度は、極悪な司法職権乱用犯罪だから、いきなり犯罪扱いも起きる

  • 2023/09/03 08:43

司法犯罪の制度化は「主に弁護士犯罪権力が、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、警察、法務省等と共謀、犯罪正当化を刑事、民事手続きで成立させる為の、必要な犯罪を、どの機関が、どう言う犯罪を凶行して、させて、司法が犯罪は正当だったと決定、判決を下して」

合憲、合法は犯罪だった、犯罪こそ適法だったと、司法職権濫用、只の国家権力悪用テロ、犯罪を凶行して「合憲、合法破壊を、刑事、民事手続き、訴訟手続きで決定、判決を下して、司法がでっち上げ、犯罪の制度化実現を果たして居ると言うのが真実です」

辯護士、検事、検察上層部、刑事、民亊担当裁判官、裁判所上層部、法務省職員上から下まで、警察庁、都道府県庁幹部、腰巾着、関係する行政機関上層部、報道カルトが、士資格者、医師、健康保険事業、労災事業、医師、医療機関も直接、司法犯罪、損保、銀行用司法犯罪で必要な犯罪に手を貸す、染めて居るから。

辯護士が主に検事、裁判官、警察、行政機関を、司法犯罪の制度化成功目論見で、犯罪を指示して従わせて「検事、検察庁上層部、裁判官刑事、民亊担当、裁判所上層部が”主に弁護士が、犯罪を手掛けて、狙う司法犯罪の制度化正当捏造、犯罪指揮による犯罪で真実抹殺、犯罪正当化用犯罪証拠、証言のみ採用して”刑事、民事共で、犯罪適法決定、判決を下して、司法でっち上げ、犯罪の制度化捏造を生み出せて、国中で凶行し捲れています」

損保の事業に「損保の事業資金、任意損保事業資金、自賠責事業資金も”犯罪で弁護士、裁判所も含む、特定の相手に、詐欺で請求させて、損保が詐欺請求と承知で受理、横領に手を染めて損保事業資金拠出、辯護士、裁判所が、この犯罪資金横流しを指示、受領して”刑事、民事手続き共に、犯罪弁護士が犯罪代理行為を、検事、裁判官と共謀で実行」

司法犯罪の制度化を、次々でっち上げで成功させて、司法が犯罪で、合憲、合法、正しい側を粛正、合法賠償叩き潰し、犯罪者が弁護士と共謀で、犯罪で収益獲得を共に、も成功させて居るのです。

対人、対物、対建物に対する「過失による加害行為、被害生み出しが起きると、辯護士が警察、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所を、司法犯罪を成功させる為の、犯罪衰期をでっち上げで執り、この共謀国家権力他が、無条件で犯罪指揮を受けて手を汚して、犯罪による、合法賠償叩き潰し、時には被害者を冤罪粛清も日常化、山本×Ⅹと東京海上日動、向井・中島法律事務所、札幌方面警察署、刑事、札幌検察庁上層部、検事、札幌の裁判所、裁判官共謀犯罪次々、あいおいニッセイ同和も参画!の事件通りが、国中で凶行されて、普通は成功出来ています」

法曹資格者、司法手続きの答えが合憲、合法、神の絶対の託宣、カルト狂信でしょう

  • 2023/09/03 08:25

辯護士、検事、裁判官が、検察庁裁判所の上層部、法務省等と「損保、銀行、大企業等とも、合憲、合法等度外視で”司法神格化等と言うカルト狂信平民の、自分で思考、判断する資質、能力、必要知識、理論構成力欠落”に付け込んで、平民をいいように、司法犯罪決定、判決で操り、司法犯罪の制度化成功、を次々生み出して、合憲、合法破壊を成功させて」

辯護士、裁判所に、損保も共謀で、事業資金詐欺、横領拠出して、辯護士、裁判所が、犯罪資金を横流しせよ、指示を出して受領、民亊、刑事共、犯罪代理行為の公認、共謀司法犯罪に常時走って居て。

犯罪を凶行して、司法犯罪、損保、銀行事業犯罪の制度化も「刑事手続き、民事手続き犯罪による、犯罪正当化決定、判決を下して、只の司法犯罪を、正当な犯罪の制度化だ!と、公式に捏造を成功させて、通す事を重ねて居ます」

ビッグモーター事件も、この司法犯罪、司法が損保事業に、警察、行政、報道と共謀で組み込んだ、司法指揮、犯罪制度の一時例であり、辯護士、裁判所が、損保を指揮して、詐欺、横領で弁護士費用、訴訟費用を損保に犯罪拠出させて、辯護士、裁判所に、犯罪資金を横流しさせて居る、この犯罪と同じ構図ですので。

ビッグモーター事件や、公共事業も含む、土木建築、除雪工事請負事故で、自賠責、任意自動車保険詐欺賠償常套化、司法、警察、国交省、金融庁ぐるみの司法犯罪、身元信用保険詐欺も司法犯罪も、司法犯罪だから、確固たる犯罪との実例、証拠、民亊、刑事訴訟法手続き証拠、犯罪である証拠が揃った上で、司法職権濫用、テロで正当な犯罪だ!と、合憲、合法破壊で犯罪者、犯罪抹殺を重ねて有る現実も、生み出せて居ます。

司法が職権濫用を日常として居て、警察には「司法がでっち上げる、挙げた犯罪が正しいとなるように、刑事事件捜査事実、裏付け証拠を、不都合な証拠、証人は抹殺、司法犯罪が正しいとなるように、事件記録、調書、証拠を偽造捏造した刑事事件捜査、調書、証拠の取り揃えのみ果たせ!も仕組んで有る訳だから」

司法、辯護士、検事、裁判官が、司法手続き、刑事、民事手続きを経て、決定、判決を下せば「合憲、合法破壊が正当と決まって、犯罪が正しくなり、合法が悪、犯罪として通って居る、只の司法テロで有り、合憲、合法は存在しませんから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508938
ユニークアクセス:6660191
今日
ページビュー:478
ユニークアクセス:477
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed