エントリー

2023年09月09日の記事は以下のとおりです。

三年続けて、損保詐欺冤罪も仕掛けられ

  • 2023/09/09 18:56

もぅ損保、辯護士、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察も、司法ぐるみ犯罪を次々と、私の手で公表されて、犯罪を詳細に解説もされて、合法化策も示されて、言い逃れも不可能を次々重ねられて。

形振りなど構わず、私を冤罪粛清も果たそうと、司法テロを重ねて居る現実だと、司法は現人神、全能で正義の、崇高な存在だ、等と言う、カルト集団と変わらない、この連中が最上位で狂信、自己狂信して居る、カルト集団の定番事実を次々公表、犯罪事実立証もされ続けて。

都度、私を司法テロ冤罪粛清にも走るが、毎度司法冤罪後と暴かれて、潰されて、司法犯罪制度を潰す動きが出て、司法犯罪制度を凌ぎとさせて有る弁護士が指揮して、司法犯罪で私を粛正して、犯罪制度を永遠に続行させようと謀って、やはり失敗し続けて居ます。

このインターネット普及の時代に、半世紀以上も昔に、司法が犯罪を制度化した、とでっち上げただけ、の司法犯罪制度を、今も、これからも、犯罪の限りを尽くし捲り、正当と捏造して、犯罪で利を得続けようと企んでも、無理筋過ぎるんですけれどね。

それにしても、何時まで続けるつもりなのでしょうね、損保と共謀しての、損保の事業資金を横領して、犯罪辯護士、裁判所が、この犯罪資金を横流ししろ、と指示して犯罪資金を受領、犯罪弁護士が、民亊、刑事司法手続き共、犯罪弁護士が犯罪を指揮、犯罪を共に凶行。

司法の正義等戯言以外有りません、損保の事業資金を犯罪で拠出させて、犯罪辯護士、犯罪司法機関裁判所が、横領指揮に横流しせよ指示、受領、民亊、刑事手続き共、犯罪で構成、犯罪正当とでっち上げ判決を下す事も事前に仕組んで有る。

これ等の司法テロ犯罪も、私が暴いて犯罪を詳しく説明、証明して、辯護士、裁判所が損保と共謀、事業氏kンを犯罪で拠出、辯護士、裁判所が、犯罪資金を差し出せ指揮」も、何時まで続ける気でしょうね?公開司法犯罪と格上げされた上で。

損保事業は、司法が犯罪で構成して有ります、損保指揮納涼拠出、横流しも辯護士、裁判所は仕組み受領

  • 2023/09/09 18:24

司法犯罪が成功出来る理由は「弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官が、合法以前の戯言をでっち上げて吐けば”他の公権力、国家資格者、事業者、報道カルト等が、司法テロは正しいとなるように、事実、証拠隠蔽湮滅、司法犯罪が正しいとなるように、事実、証拠、証人でっち上げ”時には邪魔な被害者、証人を粛清も」

ここまでの司法テロ、犯罪を、国中でおおっぴらに凶行し放題、出来て通って居るから、司法犯罪が常時成功して居ると言う、からくりとなって居ます。

損保の事業も、司法が犯罪で構成して有り、損保、加害者が、合法な損害賠償金支払いせず、被害者を不法に陥れて、不法不払いを、常に成功させられて居る、犯罪を仕組んで、必要な犯罪を、刑事事件捜査でも、医証も含めた証拠でも、闇で仕組んだ通り、合法賠償を潰す為の偽造が、常時手掛けられて、正しい事件事実を抹殺して有るんです。

この司法犯罪により、損保が合法賠償せず、不法な不払いを常時成功させて居る司法の功績に報いる為、損保の事業資金から、犯罪を手掛けて弁護士費用、詐欺訴訟費用も、詐取、横領に走って拠出して、辯護士、裁判所の指示通り、犯罪資金を差し出して居ると言う。

司法の犯罪は、もう留まる所を知らず、悪の限りを重ねて、拡大させ続けて居ます、何しろ「弁護士、検事、裁判官連中は”何が合法で、何が犯罪なのかも、見事なまで知らない、扱う事件のほぼ全てに付いて、司法手続きを合法実施共々、何の事かも理解不可能と来ていますし”よって、どんな犯罪で有ろうとも、何の禁忌も持たない訳だ」

世の中の様々な事柄、行為、犯罪等について、ほぼ何にしても、正しい理由、犯罪で有る理由もまるで理解不可能ですから、どれだけ極悪非道なテロ行為で有ろうとも、全く何の正義実現等意識も持たない訳です。

そして司法テロ犯罪国家権力は、半世紀でも一世紀でも、でっち上げただけの司法犯罪マニュアルを変える事も、時代が激変して居る現実も理解出来ない強みで、不可能と来ています。

損保の事業を、司法が犯罪で構成にしても、損保の事業だって、激変し続けている訳ですが、法曹カルトは全く何も分からないから、元々が犯罪を仕組んだ損保事業を、激変し続ける損保の今の事業にも、強引に適用に走っているけれど、とっくにもう、世紀単位経過した、犯罪制度で正当化も出来ないんですよ。

損保事業を、司法が犯罪で構成

  • 2023/09/09 08:14

@次々表で証明され続ける、損保の事業を弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察等が共謀犯で、犯罪を行使により、合法賠償保険金支払い潰し事実、詐欺冤罪捏造で粛清も日常、隣家解体工事による、当方住宅損壊事件で、工事業者が加入、あいおいニッセイ同和損保札幌は、工事業者社長に対し”示談締結を確認した、既払い示談金証明書を送信すれば、一部損害保険金を振り込む”と告知との事、加害者加入、日常生活賠償特約、建設工事保険共、被害側は被保険者不適格、当然保険金受領権も無し、被害者と加害者間の賠償債権債務 、被害者片詐欺捏造嫌疑自体成立不可との、当方の法理論が正しい、再度の証明であり、損保、司法詐欺冤罪常態化証明追加です

                                   令和5年9月9日

令和3,4,5年と続けて、東海、あいおい、共謀弁護士、裁判官裁判所、検事検察庁、警察共謀、損害保険金詐欺冤罪を仕組まれた当事者の一角
               住所
               商号
              取締役
                 TEL011-784-4046
                 FAX011-784-5504
                 携帯
国税庁長官、札幌国税局長、北税務署長、統括国税調査官菅原学窓口
TEL011-707-5111 損保、司法詐欺、横領資金も調査を求める
※藤田解体工業、あいおい、司法犯罪に走って居れば、犯罪資金取得責任も
森田祐司会計検査院院長 自賠事業犯罪、民亊、刑事訴訟法手続きも犯罪資金
TEL03-3592-7393,FAX03-3593-2530
鈴木俊一金融大臣 損保事業資金、辯護士、裁判所も詐取、横領指揮で取得
TEL03-3506-6000,FAX03-3506-6699
戸倉三郎最高裁長官 損保事業資金も司法が犯罪取得、刑事、民事手続き犯罪
TEL03-3264-8111,FAX03-4233-5312
加藤勝信厚生労働大臣、大臣官房、道労働局長、各労基署長
TEL011-737-1192,FAX011-737-1211
※損保事業資金、辯護士、裁判所も犯罪指揮で取得、ばれれば当事者責任公認
近藤宏子札幌高裁長官 損保事業資金を弁護士、裁判所が指揮して取得継続
TEL011-231-4200,FAX011-271-1456
※犯罪資金取得、犯罪刑事、民事手続き資金、東海、山本昌城犯罪に組資金
上村昌通札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正 詐欺の定義不知で詐欺冤罪
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
徳永エリ参議院議員 民主党、社会党政権時も同様の損保、司法犯罪共謀
TEL03-6550-0701,FAX03-6551-0701
斎藤鉄夫国土交通大臣、建設業適正取引推進指導室、倉掛担当
TEL03-5253-8111(24-727)
北海道開発局 事業振興部建設産業課、吉岡専門官、5886
                  出口係長、5893
FAX011-738-0235、国交省へも提供、工事事故で詐欺禁止も
西村明宏環境大臣、廃棄物規制課長田係長、環境対策古浜担当
TEL03-3581-3251(6856長田、6534古浜)
秋元札幌市長、市民の声を聞く課、土木センター、建築安全推進、大気汚染
事業廃棄物、土木建設、水道局
TEL011-211-2042,FAX011-218-5165
鈴木道知事、各振興局環境生活、建設、不動産指導課
TEL011-204-5823,FAX011-232-1156
指導課34-496、FAX011-232-1022
鈴木信弘道警本部長、各捜査課長 詐欺、横領の正しい定義、立証も不知で
TEL,FAX011-251-0110 司法の冤罪指揮で人権犯罪
札幌方面中央警察署長、刑事二課石森警部補、水野巡査部長、交通1,2課
刑事一課強行犯、生活安全
TEL011-242-0110 犯罪、詐欺成立根拠、証拠証明出鱈目
札幌方面東警察署長、地域課鈴木、交通1,2課警部、生活安全青木警部補
刑事一課強行犯山田、刑事二課小林、刑事三課枡谷警部補
TEL011-704-0110令和3,4年、東海、昌城ら詐欺冤罪共謀
※各民間建設関係業者等”自動車保険、特約、工事保険、第三者賠償”全て
 出鱈目、正しい適用、被保険者、保険金受領権者も、損保、司法は不知
北海道解体工事業協会 工事事故発生後、同様の損保、司法犯罪に落ちる
TEL011-752-2757,FAX011-752-2791
北海道宅地建物取引業協会
TEL011-642-4422,FAX011-621-7855
北海道建設業協会 工事で起こした事故、自賠責、任意自動車保険詐欺も犯罪
TEL011-261-6182,FAX011-251-2315
 
1,隣家解体工事が原因で、当方所有住宅に複数の被害が生じた事件に関して、新たに次の”損保事業に組み込んで有る、司法指揮犯罪”事実が証明出来ています”令和3,4,5年続けて、当方を損害保険金詐欺冤罪の年に走った、東海、あいおい、司法、警察共謀多重犯罪が、只のでっち上げ、冤罪ですら無いとの事実証拠追加です。

(1)解体工事業者が加入、あいおいニッセイ同和損保札幌の担当複数が、工事業者社長に電話を掛けて”藤田社長、被害者との間の、金銭示談書を確認しました、示談金支払い証拠を送信すれば、損害保険金一部を振り込みます”他の不払い等について、一切法の根拠記載等文書を出さず、今後弁護士を藤田社長に、電話のみで差し向けるので、口頭会話のみで、請求額残り不払い理由?を、辯護士から聞いて不払いに応じて下さい、不払い理由は、あいおいが法と契約で証明せず、辯護士が藤田社長に電話で告げます、損保の事業での不払い根拠は、損保が委任弁護士が、加入者に電話で告げると、正しい不払い根拠となるんです、損保は、不払い理由記載文書を出しません。

(2)解体工事業者からあいおいニッセイ同和損保、金融庁に送った”加入者、被保険者である解体工事業者を、あいおいニッセイ同和損保、高石弁護士、札幌の裁判所、裁判官等で騙して、解体工事業者が、あいおいニッセイ同和損保に対し、詐欺、横領共犯犯罪に手を染めさせて、あいおい資金詐取、横領させて、犯罪辯護士、詐欺司法手続き裁判所に、犯罪資金提供”させて、犯罪責任を解体工事業者に負わせて、白紙の弁護士委任状にも記載、押印させて、虚偽で被害者を陥れようとも謀った事実に付いての、法を明記した回答文書発行の求め、及び、合法な損害賠償債務金補填、損害保険金支払いを、合法根拠証明文書も出さず、口頭で被保険者を騙し、言いくるめて不払いで逃げようとしている事実に付いても、法を明記して、今月8日までに、あいおいニッセイ同和損保社長名で文書発行する事、これ等の文書発行の求めに対しても、あいおいニッセイ同和損保、金融庁、司法は逃げ回って居ます。

2、あいおいニッセイ同和損保が、電話で解体工事業者に伝えた事の内「解体工事業者が、工事で隣家に与えた被害に付いて、示談金支払いを約した示談書を交わして、一部先ず、示談金支払いしたとの事なので”あいおいニッセイ同和損保に、被保険者として支払い済み証拠を送信すれば、一部損害賠償保険金を、被保険者である解体工事業者に支払う”との電話回答により、令和3,4,5年続けられて居る、次の損保、司法、警察捏造冤罪が、只の冤罪ですら無い、被害者側を司法職権濫用で陥れようと謀った、罠だと更に証明されて居ます」

4、令和3年に仕組まれた、東京海上日動伴、永井らと、札幌方面東警察署刑事一課強行犯平野、山田刑事、札幌検察庁刑事部、二階堂郁美検事等共謀の、詐欺冤罪では「山本弘明が、山本繁樹が購入所持、使用焼却炉を、私の妻所有地で預かって居て、危機が転倒して下敷きになり、重度障害ともなった重過失傷害事件、加害者山本繁樹事件で先ず”平野、山田刑事、検事等が東海永井、伴と共謀して、事実無根で、焼却炉は被害者が購入、金に困った加害者に唆され、被害者が加害者加入自家用自動車保険、日常生活賠償特約に詐欺請求した、東海がこう告訴したから、この内容で詐欺が確定だ、自白しろ」と執拗に両名に迫り続けた、被害者は被保険者不適、請求権も受領権も無しだし、加害者は、億単位の資産所有者、焼却炉自己資金購入証拠等も、東海は後日取得の上、被害者の説明も後日理解して、不都合な証拠故司法ぐるみ隠蔽。

5、令和4年5月18日、加害者が死去に付け込み、複合巨額脱税、雇用保険詐欺常習犯、犯罪で損害賠償債遺産債務も踏み倒しに走った加害者息子、山本×城と東京海上日動は、ロシアとの提携も謳っている向井・中島法律事務所、中島桂太朗辯護士と共謀して「焼却炉は山本×城が社長で、営業して居るワイエ×商会が購入、所持、リースで被害側に貸した、被害者は加害者加入東海自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、詐欺狙いで請求した、等の嘘に切り替えて、札幌の裁判所上層部、裁判蟹四事件担当、札幌検察庁、検事等は、次の司法犯罪事実も私が暴き、言い逃れ出来ない故、犯罪抹殺、犯罪者逃亡させる、等に走って居ます。

6、先ず、焼却炉は山本×樹資金購入、所持ですが、息子がダミー社長のワイエ×商会に届けたので、自家用自動車保険は適用不可能、山本×城、東京海上日動、犯罪弁護士中島も、訴訟内でもこれを認めた上で、四件弁護士費用不正拠出、受領で民事、刑事手続き犯罪実行を、私が暴いたので、裁判所、検察庁は、責任逃れの為、犯罪隠蔽、犯罪者を逃がす手に走った訳です

7、この親子は、ワイエ×商会の法人口座を悪用、父の資金を法人口座に注ぎ込み、息子が引き出して浪費等散財で脱税、この法人は、この男の父が死後、長縄信雄税理士事務所も共謀で、遡ってワイエ×商会(株)解散登記、この事実を国税、裁判所にも隠蔽で、営業継続偽り、又この男は、別事業所に、社長の身分を隠して正規雇用させて、雇用保険受給資格を得る都度退職、雇用保険、失業者の再酒色補助金事業受講で詐欺常習犯、複合脱税、雇用保険金等詐取、犯罪で賠償遺産債務踏み倒し目論見併せて数千万円犯罪で利を得に、東海、司法、警察と共謀犯で犯罪実行、ここまでの犯罪を、私が表で暴いたので余計、裁判所、裁判官、検察庁、検事、道警が、犯罪者、犯罪隠蔽に、司法、警察犯罪責任逃れのため走って居ます」

6、この、全く異なった、詐欺冤罪訴えを、二の虚偽訴え共「札幌検察庁上層部、札幌地裁高裁、裁判官等が、東京海上日動、山本×城、中島桂太朗辯護士の犯罪に加担して”彼らの犯罪全てを、私が正しく証明して、多数の刑事告発も提起して、国税にも、東海資金詐取、横領、脱税を訴えても有り、金融ホットラインにも、法人口座悪用、資金洗浄脱税事実を訴えても有る事実も全て、司法、損保共謀犯罪を、山本×城の犯罪全てに加担の上凶行が証明されて拙い故、記載犯罪と二件の詐欺冤罪訴えも何もかも”を、裁判所、裁判官多数、検察庁上層部が共謀で、合法無しで正しいと、司法職権濫用ででっち上げて、犯罪事実、犯罪者共に免責に走って居ますが」

7当社は昨年3月6日、当家南側二軒、河野宅屋根雪氷が、隣家北島宅敷地に滑落して、住宅、カーポート、物置、太陽光発電設備、ホームタンクを損壊した事故で、両家に委任され、各損壊建物、構築物修理、造り替え工事を請け負い、加害側河野宅は、自家用自動車保険、日常生活事故賠償特約を適用(三井住友加入)も有る事で、自家用自動車保険日常生活賠償特約は「加害者が被害側に賠償金を支払い、債権譲渡を受けた上で加害者は、加入損保に支払請求、この合法手続き実例を作り、三井住友等に周知させました、東京海上日動、山本×城、警察、辯護士、検事検察庁、裁判官裁判所による、同様の損害保険詐欺冤罪を、被害者に不当に着せた司法ぐるみ冤罪が、根本で出鱈目を証明した実例作りです」

8、今回の、あいおいニッセイ同和損保が「あいおいニッセイ同和損保、解体工事業者が加入工事保険に、当方が詐欺請求した、とのでっち上げを引っ込めて”工事保険加入解体工事業者が加害行為を認め、賠償債務支払いを約して被害者と示談して、示談に係る一部賠償金債務支払いした”支払い証拠を送信すれば、一定損害賠償保険金を、被保険者の工事業者に支払う、との求めによって更に”令和3,4年度に仕組まれた、東海自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、被害者が詐欺狙いで不正請求した詐欺事件だと、虚偽告訴提起して、刑事、検察庁、検事、裁判所、裁判官等が、東海横領資金で犯罪代理辯護士の指揮も受けて、詐欺冤罪に落とそうと職権濫用の限りを尽くす一方、山本×城(東区東雁来9条×丁目×番×号在住、ここまでの極悪犯罪に手を染めて、司法職権濫用で犯罪、犯罪責任強制負隠蔽されて居る、同じ恩恵を、万人が受けられるべき)と共謀犯の犯罪隠蔽、職権濫用で免責に暴走共々、司法職権乱用犯罪と、更に証明されて居ます」

9、民間業者方「解体工事に係るリサイクル届け出、マニュフェスト記載が虚偽事実も、事故加害が生じた場合、損保、警察、辯護士、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所ぐるみの合法賠償保険金支払い潰し、司法職権乱用犯罪が降り掛かる理由とされます”損保事業が、不払い常時成功理由は、刑事事件捜査から捏造、人身被害診療記録も偽造等(東京地裁書店でも販売マニュアルに、事故捜査、人身被害者診療記録等偽造、軽微な怪我と常時捜査記録、医証を偽造させて有る、を常とさせ、対人賠償潰し成功の手法も記載)が仕組まれてて、被害は軽微、被害受けは虚偽等を、刑事事件捜査、記録、証拠で公式捏造と、損保、辯護士、裁判官が闇で取得、使用刑事記録、医証他証拠共々、損保が合法賠償せず通るように、事前に偽造されている故成功して居ます、又、事故事実も、1960年のブレーキ、タイヤの制動性能数値を現代まで価額根拠、と偽って使い(現在の制動性能の3倍以上の距離)実際の事故車両速度を、数分の一の速度の事故、よって対人加害は軽微とも公式偽造も常、人身交通事故事件、刑事、民事記録に、山のようにこの犯罪証拠あり、一方で、辯護士、裁判所に横領金横流しや、公共事業で起きた事故賠償で、自賠責、任意自動車保険詐欺賠償」既に公として有る、損保、司法犯罪事実です。

10、上記が事実なので「合法な損保賠償保険金支払いを、常時不法に叩き潰せているし、不払いの為に、損害保険詐欺冤罪捏造を成功させて有る、一方で、辯護士、裁判所等特定の対象に、犯罪で資金提供、刑事、民事手続き共、犯罪で構成、この事実も、常に成功させられて居る訳です”この事実が有るので、詐欺冤罪に落とす対象者を陥れるべく、強制捜査令状目蔵版発行、行使、賠償潰し判決常時が日常化されて居る訳です”詐欺冤罪、合法賠償潰し判決用に、事件記録捏造、証拠隠蔽、医証も含めて偽造されて、合法な損保賠償を、司法犯罪手続きで、常時叩き潰せて居るので、司法が常に正しいと、偽造で仕組まれて有る訳ですから」

11、私はこれ等司法犯罪以外にも、弁護士に他者の財産、預金犯罪で提供司法犯罪など多岐に渡る司法ぐるみ犯罪を証明しており、司法は逆恨みも有り、絵何度も冤罪に落とそうと謀って来て居る訳です、私が暴き、合法化を示した犯罪は、ほぼ私の指示通り、合法に変わって居て、辯護士、辯護士会、裁判官、裁判所、検察庁、検事は、今までの司法犯罪実行を隠し、正義実現を果たす神の司法、と変えて責任逃れするのが常、被害者を置き去りとさせて。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508928
ユニークアクセス:6660181
今日
ページビュー:468
ユニークアクセス:467
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed