エントリー

2023年09月12日の記事は以下のとおりです。

損保、司法犯罪に、騙されて犯罪当事者と

  • 2023/09/12 15:46

@あいおいニッセイ同和損害保険(株)新納啓介代表取締役社長、被保険者の損害保険加入者を騙して、不正な弁護士費用、訴訟費用請求手続き、あいおい共々で、事業資金横領行為者に仕立てて、辯護士、裁判所に犯罪資金横流し、弁護士白紙委任状に記載、押印させて、不法な司法手続き当事者にも仕立て上げて、合法な損害賠償保険金支払い潰し目論見行為は、全て犯罪で、加入被保険社も、詐欺行為、背任横領共謀犯、法人税等脱税行為社として、国税の税務調査対象ともされます、加入者を陥れる罠、損保事業に司法が組み込んだ犯罪です

                                  令和5年9月13日

本文書も添え、不法行為に係る文書等を、新納啓介社長に送ります
〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
新納啓介代表取締役社長 殿
TEL03-5424-0101
FAX03-5789-6416
※衆議院議長、金融大臣、国税庁に対しても、本件も含めた損保、司法
犯罪訴え提起を、藤田解体工業、当社共に致します、脱法制度被害者として

令和5年7月10日~同月17日間、藤田解体工業工事で隣家損壊により、被害宅所有者から、損壊復旧工事等を請け負った会社、現在藤田解体工業と、協業体制も
              住所
              商号
             取締役
                TEL011-784-4046
                FAX011-784-5504
                携帯

1、令和5年7月10日~同月17日の間、株式会社藤田解体工業で実施した、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、大坂×氏所有住宅解体工事実施に際し、大坂氏南側住宅、×番×号住宅が複数損壊した事故発生後、株式会社藤田解体工業は、隣家に対する被害事実等を認め(壁面損壊は、札幌市へのリサイクル届け出手続き写真でも、工事で損壊証明も)藤田解体工業が加入して居ると言う、あいおいニッセイ同和損保株式会社、建設工事損害保険に対し、被害住宅所有者から、復旧工事に係る工事見積書作成も含め、依頼を受けた当社が「工事前に、工事住宅南側住宅への被害が生じた場合に備えて、複数事前調査を実施して有り、隣家解体工事に起因して、×番×号住宅に被害が生じた事を証明して、藤田解体工業とも隣家への被害を確認した訳です。

2、これ等の事実確認の上、(株)藤田解体工業は、あいおいニッセイ同和損保に対し、当社が作成した、損壊に係る復旧工事見積書と、復旧が不可能な、建物沈下被害に付いては、補償金支払い記載書面も合わせて、(株)藤田解体工業は、御社に対し、被保険者の立場で損害保険金支払いを求める手続きを取った、と言う事実が有ります。

3,しかるに御社は「不法に損害保険金支払いを逃れようとの、黒い狙いを持って(株)藤田解体工業を、脱法、犯罪と言う事実を隠蔽して騙して、不法に弁護士費用、訴訟費用等名目資金も支払い請求手続きを取らせ、この横領資金を注ぎ込む目論見を持ち、藤田解体工業に弁護士を白紙委任させて、不法に司法手続きを取らせて、隣家損壊事実は無い、不正な損害金請求であると、藤田解体工業の意思に拠らず、藤田解体工業、被害受託所有者、当社を陥れるべく不法行為、犯罪行為に走った事実証拠が有る通り(別紙文書、証拠)です」

4、この不法行為、犯罪行為、司法ぐるみの定番犯罪行為は「数年前までは、司法が損保の事業に、犯罪と承知で組み込んで、不法に弁護士費用、訴訟費用を、被保険者に不正請求させて拠出し、損保共犯弁護士、犯罪司法手続き常習裁判所に、犯罪資金を横流しして、不法な損害賠償金不払いを、合法の破壊で成功させる手続き、司法、警察、金融庁(対人交通事故賠償は国交省も、司法と共謀の犯罪)で通って来て居た通りです」

5,ですが、国際的な金融、保険事業による、犯罪組織との共謀を持った、犯罪資金洗浄、不法流し、犯罪資金洗浄を果たし、犯罪利得への徴税、没収逃れの禁止と言う、世界か国、近代法治国家の共通の、これら金融、保険事業が、犯罪組織と共謀しての、犯罪資金洗浄、不正横流し国際犯罪禁止の動きに、日本国も追従が必須となり「2~3年位前から”損保の事業に司法、警察、法務省、金融庁、国交省、国税等で組み込んで有る、損保の事業資金を、特定の犯罪者に不法に横流し、辯護士、裁判所も対象”この犯罪も、国の上と国税が、この犯罪、犯罪資金を見逃す事も厳禁、詐欺、背任横領、所得税法、法人税法違反と、正しく犯罪資金として、損保、犯罪行為被保険者に手を入れると変わって居ます」

6、この損保事業資金を、特定の犯罪者に不法に横流しする保険事業犯罪は、本件と同じ犯罪として、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約不法な資金請求、拠出、刑事、民事共犯罪代理辯護士に横領資金を流し、不法な民事、刑事手続き実施、被保険者偽装(自家用自動車保険は、法人に届けた機器の対人傷害事件故不適用、完全な東海、被保険者と虚偽手続き山本×城、司法共謀犯罪)札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号民事裁判、1932号控訴事件、この犯罪に絡む、多数の脱税等司法ぐるみ共謀で犯罪全て証明済みの上で、司法が職権濫用で犯罪隠蔽疑獄事件が有り、札幌高裁令和3年(ネ)第153号、対人交通事故賠償事件で、加害者を唆し、不法に弁護士費用、訴訟費用を請求させ、横領で資金拠出(弁護士特約は付与されて居ないと、三井住友篠原担当が証言、国税に通報後、数日で篠原担当を解雇、司法は実行犯責任逃れで、法廷内和解を成立させて逃げた、司法に逆らう故、三井住友が保険金支払い提示を、裁判官、弁護士で潰そうと謀ったが、司法犯罪を暴かれて、和解で逃げた)辯護士、札幌高裁(地裁も同じ)不法裁判実施事件、三井住友と、辯護士、札幌の裁判官、裁判所共謀犯罪も有ります。

7、上記の二事件、山本×城、東京海上日動、加害者佐藤××氏と三井住友、辯護士、札幌の裁判所、裁判官等、札幌検察庁、検事等共謀の損保、司法ぐるみ犯罪は共に「東海、三井住友本社と実行犯支店、実行犯に、国税が入って居ます”あいおいニッセイ同和損保は、当社が国税に通報した、3例目の同様犯罪行為損保です”なお、札幌支店にも、日本興亜損保による、除雪請負工事で事故が起きたら、自動車事故偽装で対物賠償保険金不正支払い(公共事業は特に、請負工事で対人、対物事故が起きると、偽装交通事故を捜査機関ぐるみ捏造、自賠責、任意自動車保険詐欺実行が国の犯罪制度、共証明)司法手続き証拠と、苫前町農協と共栄火災による、身元信用保険金詐欺証拠、説明文書なども提供して有ります、全て司法、警察ぐるみで損保事業に組み込んで有る、ビッグモーター事件と同じ構図の犯罪の、確固たる証拠実例です」

8、あいおいニッセイ同和損保、新納啓介代表取締役社長「御社は記載実例証拠を、当社で長年揃えて来て有る、損保の事業資金を、特定の犯罪者に不法に横流しする犯罪に手を染めて、(株)藤田解体工業と被害住宅所有者、当社を、司法犯罪で陥れるべく謀ったと証明されて居る訳ですが”当社が未然に、藤田解体工業の犯罪を食い止めた事で、この事業者は、詐欺、横領により、あいおいニッセイ同和損保事業資金を不法、犯罪で得て、犯罪収益を、あいおいニッセイ同和損保と共謀で得た”犯罪行為、犯罪収益取得事実により、国税が犯罪利得没収、重加算税も科して徴税、詐欺、横領等で刑事告発も、に陥れに走った訳です、司法が指揮する犯罪で有ろうと、国の上、国税は、もう見逃す事を止めている犯罪で有り、藤田解体工業の不法行為を、寸前で当社が食い止めて居なければ、この法人は、重大な犯罪行為責任を負った訳です、あいおいニッセイ同和損保、司法犯罪によって」

9、あいおいニッセイ同和損保、新納啓介代表取締役社長、本件も含め、国税庁にも金融庁、国交省、政治にも、多数の実例証拠、司法ぐるみ犯罪事実証拠、司法が職権濫用を手掛け、犯罪事実、犯罪告発を全て握り潰して居る事実証拠も提供済みです「あいおいニッセイ同和損保、秦王啓介社長、これ等の損保、司法犯罪行為、犯罪に引き込んだ行為者(山本×城は、自分で東海、司法、警察を操り、巨額脱税、雇用保険詐欺常習実行、でっち上げで対人芭蕉遺産債務踏み倒しも手掛けて、東海、司法、警察が操られた、愚かしくも)であり、犯罪行為者責任を、特に法人が実行犯で有れば、先ず国税に、厳しく不法行為、犯罪利得取得責任から問われるのです」

損保の犯罪は、司法が長年極悪犯罪を積み重ねさせて、事業資金を特定の相手に不法横流し、弱小個人被害者は、犯罪で賠償踏み倒しで通るように企んだ

  • 2023/09/12 09:26

損保の事業は、1960年~1969年頃に、運輸省、大蔵省、日弁連、検察庁、裁判所、法務省、厚生省、労働省、政治、報道、医師会が、特に日弁連、辯護士の犯罪を損保の事業と、刑事捜査、刑事裁判、民事裁判に、記載公権力と共謀、命じて組み込ませて、この国家権力等は、損保の事業資金を不法に提供させる見返りも有り。

ある意味、喜んで各々が、損保、司法、警察が、合法な損害賠償保険金支払いせず、権力毎に必要な犯罪を手掛けて「この時期に、この連中で、日弁連が主導で、合法な損害賠償保険金支払いを、権力が集い、必要な犯罪に、各々手を染めて、狙い通りに合法賠償潰しを成功させられるように、共謀犯同士で仕組んだシステム、が元々です」

この事実に、次々と「合法な損害賠償保険金支払いせず、闇で決めた通り、犯罪で賠償を潰して通る為の、犯罪を司法、警察が、日弁連の犯罪を加えろ指揮を受けて、従って”今度はこの犯罪を、損保の事業、損害賠償が絡む刑事、民事手続き、訴訟手続きに組み込んだ!犯罪wつ嫁して正しいと、判決を下したから、犯罪追加判例が出来た”」

これを重ね捲り続けて来て居ると言う、一方損保の事業に次々「新しい損害保険商品、特約を”合法等理解以前で、保険料収入増大だけ見て”不法、犯罪とも理解の他の強みで、次々新しい損害保険商品、特約を、法律破壊とも理解不可能で、積み重ね続けて来て居る訳です、が」

ネットに情報が、瞬時に事実通りの映像、音声も含めて流せる時代に激変して居て「国際釈迦から、日本国政府に対して、金融事業、保険事業も、公に犯罪組織とも結託して、犯罪資金洗浄、洗浄した犯罪資金を闇に消す横流し、犯罪資金を洗浄して、脱税も国挙げて成功させて居る、この日本国の「司法が指揮犯罪事実の指弾も受け続けて来て、どうしようもないまで追い込まれてしまい、大マスコミが、この司法が主犯、犯罪資金取得、犯罪資金抹殺、犯罪資金の脱税、没収潰し、犯罪資金を犯罪者、司法も同様の、に不法横流し」

これ等の、日本国挙げての犯罪資金扱い、司法が頭で成功させて有る、弁護士用の司法犯罪システム、が大元での犯罪も、国際社会から指弾され続けて、このまま続行で有れば、日本の金融、保険事業も、鎖国する以外道が無い状況にまで追い込まれて「司法、法曹権力が指揮犯罪、を置き去りとさせて”日本国の上、政府等が、この司法犯罪、犯罪資金生み出し用司法犯罪、犯罪資金を、辯護士、裁判所他、特定の対象に、犯罪によって横流し”司法犯罪を残したまま」

国際社会と歩調を合わせて、金融、保険事業の司法が仕組んで成功させている犯罪、辯護士、裁判所も、犯罪で金融、保険事業に、金を差し出させて居る司法犯罪を残したまま、合法化を国際的統一で実現、に動いている結果が、司法犯罪極悪化の一途、合法化実現を、最近までの司法金融、保険犯罪等犯罪責任を逃れさせて、国際的金融、保険犯罪潰し体制実施、司法犯罪と真っ向対峙、の事態を生み出して居る訳です。

ジャニーズ事件が極悪、反社会的人権犯罪負糾弾されて居るが、司法犯罪は比較すら出来ない極悪さ

  • 2023/09/12 09:05

ジャニーズ事件が今、国際的に糾弾されて居る中で「どうにかして、ジャニーズ事務所を今のまま存続させて、テレビ局は特に、今まで通り、相互依存で稼ぎ続けよう、少年への成果がい毎闇に葬って、すぐに風化するだろうから、今の仕組みを継続させて、相互に荒稼ぎを続けよう」

この動きも、予想通りに出続けて居ます「ジャニー氏と同じ性癖の連中、少年を斡旋させて来たと言われても居る、同様の性癖の連中には”芸能界だけでなく、放送世界、政治、経済界等多岐に渡るのでは無いでしょうか?”」

日本では特に「この事務所程、対象年齢ごとに、餌食と出来る少年を揃えて、餌食と出来る組織は、恐らく無いでしょうからね、少年売X組織、でしょう?」

しかも「第三世界等と変わらないような”10~18歳間くらいの少年を、求める年齢の範囲、求めるタイプの範囲で、多数の少年を提供、餌食に出来て来た訳でしょう”こう言った性癖の連中は、対象年齢の子供の年齢範囲、対象とする少年のタイプが決まっている訳で、この事務所以外で”しかも公に、性愛の餌食と出来る少年を、対象年齢ごとに、タイプ毎に揃えて、餌食とさせて通った組織、特に少年の提供、餌食の分野で、他に無いと思うし”」

同じ構図で、少女をこう言う形で、性愛の対象の餌食と、こんな規模で揃えて、餌食とし放題で、対象年齢の範囲毎に、狙うタイプの少女を揃えて、餌食とし放題で通って来た組織、事務所も無いですから。

小川X也元参議院議員の息子、少女を狙って餌食とし続けた息子だと、確か10~12台の少女が対象の餌食だった筈、親がX発を阻止、も有ったらしいと?の結果、被害者を複数出した事態を招いた訳で?

この変態の事件だって、ちゃんと、親が隠蔽工作ももう?も有って、公に刑法適用もなされて居ます、一方、ジャニーズ事務所の大規模少年への凌辱、提供も?事件は、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友、あいおいニッセイ同和損保が、司法と共謀して、詐欺横領で資金拠出、辯護士、裁判所に犯罪資金提供、犯罪司法手続き公開証明犯罪に、ビッグモーター犯罪、公共事業で起きた事故を、交通事故と司法、警察ぐるみ日常的捏造犯罪同様に、ジャニーズ事務所事件も、犯罪を処断せず、犯罪隠蔽工作が重ねられて居る訳です。

合法理由を記載した、回答書面も出せない故

  • 2023/09/12 07:54

隣家の解体工事に絡んで、当家が複数の被害に見舞われた事件が起きてから、解体工事業者さんが加入して居る、建設工事保険加入、あいおいニッセイ同和損保と高石博司弁護士、裏で犯罪の意図を引いているであろう、司法犯罪状態化国家権力等が共謀で、犯罪を凶行して、合法賠償を潰す事と、被害者側を、もう公とされて居る、司法犯罪により、罠を仕掛けて陥れに走って居る、損保の事業に、司法が組み込んだ、犯罪制度の稼働事件発生。

解体工事業者からは、自社を罠に掛けて、犯罪に手を染めさせて、犯罪行為責任共々、解体工事業者に、不法に負わせて、あいおいニッセイ同和損保、高石弁護士、あいおいぐるみで資金を横領して、高石弁護士、裁判所に、横領資金を司法が指揮して横流しさせて、犯罪代理行為実行、民亊、刑事犯罪司法手続きも実行、これ等の損保、司法犯罪責任も全て、解体工事業者に負わせる算段をと。

元々そうですが「損保、司法犯罪国家権力、金融庁等共謀犯罪集団は、損保が集める資金を、辯護士、裁判所、行政機関等公権力、大口加入社、大手代理店等に、不法な手段で横流しする事が必須、しのぎとさせて有り、弱小加入社、個人等の被害者、加入者、社は、損害賠償保険金支払いを、権力犯罪を凶行により、踏み倒す事が常時果たせるように、仕組んでも有る訳です」

この、損保の事業を犯罪で構成事実、実例証拠の通り、損保が合法賠償を常時、権力犯罪を凶行によって叩き潰せる一方、司法等に対しては、犯罪を手掛けて、司法、警察、監督官庁が、犯罪を直に手掛ける、手掛けさせる上で「職権濫用に走って、犯罪は適法だと、司法、警察、行政、政治、報道カルトが、虚偽喧伝、犯罪正当化喧伝ででっち上げで決めた!」

これを常時、長い年月、損保事業犯罪を、司法、警察、行政、政治、報道カルトが、犯罪を職権濫用で制度と捏造もして、次々極悪犯罪を、損保の事業に上乗せして、あくどさを増大させて、国際的な事業等の透明化、合法化の流れに真っ向背いて、司法、警察犯罪損保事業化を加速させて行って居ます。

只の犯罪で構成した損保事業、犯罪を強引に事業に組み込んで、悪の限りを共に尽くし捲る弁護士、検事、裁判官、警察等は、元々合憲、合法を蹂躙している故、合法とは?これから理解不可能であり、自分達で合法化等、理解以前故不可能なのだから「合法を記載した回答書面など、作れないし出せません」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452808
ユニークアクセス:6604509
今日
ページビュー:101
ユニークアクセス:101
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed