エントリー

2023年09月16日の記事は以下のとおりです。

損保犯罪、犯罪で資金拠出、横流しも損保の事業犯罪の一角ですが、司法、警察、行政も直接実行、共謀犯だから

  • 2023/09/16 08:52

損保の事業は、司法、警察、行政、報道カルト等、合憲、合法のみしか行えない設定、のこれ等国家権力が揃って共謀犯罪者で、損保、司法共謀、犯罪制度が正しいとなるように、職権乱用犯罪を実行、指揮して居る訳です。

この一連の、犯罪を超えたテロ行為事実、司法、警察ぐるみで犯罪を、国中で公務でも凶行!は「損保の事業資金を、犯罪司法、警察、行政、政治、報道カルト等にも差し出して居ますので、国税庁が、この損保、司法犯罪、犯罪で資金拠出、犯罪国家権力等へも横流しまでもを、国税が故意に、税務調査も行わない事として来たので、公開犯罪にまで格上げされて居る、損保、司法、警察共謀犯罪成功を、犯罪によって果たせて居る、と出来ています」

合法な事実と証拠、合法理論も構築した上で、合法な損害保険金、損害補償保険金支払い請求しても「司法、警察、行政、政治、報道カルト等が共謀して、合法な損害保険金、損害賠償債務保証金請求を、職権濫用テロ、犯罪に手を染めて、合法な請求を犯罪請求だ!と、強引にでっち上げで決めて押し通すのみ、が司法、警察の実態ですから」

国税庁がようやく「損保の事業資金は、詐欺、横領で、司法もこの犯罪に手を染めさせて、事業資金を拠出させて、犯罪司法へも不法横流しさせて来て居る、この極悪国家権力犯罪、損保の事業資金を、司法犯罪指揮で詐取、横領させて、犯罪辯護士、犯罪裁判所に横流しを命じて受領、に関しては”犯罪損保、犯罪請求者限定で?横領、脱税の嫌疑で調査実施には、取り敢えずは国税庁も、合法化に、一部ですが、本丸に居る司法悪は見逃して、国税庁も、損保の事業資金を不法に請求、詐欺で受領!に手を入れ出してはいますので」

損保、司法が共謀の犯罪の一角「損害保険契約違反、約款規定違反の前に、保険業法、法人税法、各刑法蹂躙事業実態に付いて、今後もっと、損保、司法、警察等、犯罪者連中は、犯罪を公に凶行、犯罪正当化を、犯罪で現実を強引に作り替えて、常時成功させる、のも難しくなるばかりでしょう」

損保、司法、警察犯罪シリーズ分だけでも「正しく税務申告する事も含めて、まじめに、法令順守を謳い、正しい事業実施、正しい納税申告も何もを、国中の個人、自営業者、法人は、行う必要等有りません、こいつ等の公開テロ、犯罪に倣えば良いんです」

国税が調査をしない事で

  • 2023/09/16 08:36

損保、共謀犯司法らに対して「正しく税務調査を行わア位不文律、が大前提だから、損保の事業を司法が、犯罪で構成して、事業資金を詐取、横領、犯罪者、辯護士も裁判所も同じ、損保の事業資金を、犯罪で拠出させて、横流し、受領して、司法犯罪手続きを常態化させても居る、ここまでの極悪犯罪が、常時成功して来たと言う事です」

ここ数年の間で「損保が犯罪と承知で、弁護士費用、訴訟費用を、被保険者、損害保険加入者が”不法な支払い請求手続きを行い、損保が騙されて受理、事業資金から、不法に弁護士費用、訴訟費用を拠出、してしまい?(;^ω^)詐欺、横領被害を受けました”ごっこに興じて来て、常時成功させて来た、犯罪で弁護士を斡旋して、犯罪弁護士が、犯罪者からクライアントの斡旋を」

損保と共謀、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察ぐるみ、監督官庁ぐるみのこれらの極悪、損保、司法共謀犯罪の背戸かが、国中同じく強行されて、成功して居るから。

この一連の犯罪、損保の事業を、司法が、警察も共に、必要な犯罪を手掛けて、手掛けさせて、犯罪が正しいと捏造までしているから、常に成功させて来た訳ですが。

損保の事業を、司法、警察ぐるみで、犯罪で構成して、犯罪を重ねて合法を破壊させて、犯罪正当化を実現、の資金は、損保の事業資金詐取、横領で拠出、の資金ですけれど。

この犯罪用資金拠出、犯罪司法他に不法横流しも常態化させて有って、犯罪者辯護士、裁判所も、犯罪資金横流しを命じて、指揮して横流しさせて受領、犯罪司法手続きを常とさせて有る、この現実が、国中統一で凶行されて、成功させて来れた理由には。

損保の事業、経理、納税申告等を、国税庁が担っている、風を装って有り「ここまであからさまで、公表されて居る、損保事業の犯罪シリーズでありながら、国税庁も、損保犯罪は司法犯罪だから、ここまで公表されて居る、損保、司法犯罪、犯罪で資金拠出も国中同じく強行、犯罪資金を弁護士、裁判所にも不法横流し、受理、犯罪司法手続きに暴走まで、国税庁も、見逃して成功させて有るから、も事実ですが」

損保の事業資金詐取、横領、犯罪辯護士、裁判所にも不法横流し!に関しては、不法行為で有れば、一応国税庁が、犯罪資金を横流しさせて受領犯、弁護士、裁判所の犯罪は見逃して、不法請求者と共謀損保には、脱税他嫌疑を持って調査実施を、とはなって居ますが。

損保、司法共謀犯罪、犯罪で資金不法横流し、犯罪で支払い潰し共、国税が税務調査せずで成功

  • 2023/09/16 08:09

当たり前のことだけれど「損保の事業資金を、辯護士、裁判所”も”損保に犯罪を行わせて、事業資金を犯罪で拠出させて、犯罪当事者である、共謀犯弁護士、裁判所にも、犯罪資金を提供させ続けて居て」

司法手続きなる代物も、犯罪で構成して、犯罪が正しいんだ決定、判決のみ常時下して、この虚言決定、判決が唯一正しい、となるように、現実の方を職権濫用で、犯罪によって事実を作り変えて、司法ぐるみ犯罪を成功させて来て居る。

合法を証拠も揃えて、正しく損害賠償、補償金支払い請求手続きを取ったって「司法、警察、行政等が、損保、共謀犯罪辯護士の法螺、合法賠償請求は犯罪だ、との只のでっち上げを正当化する為の、刑事手続き、民事手続き全て犯罪で構成して、合法な損害賠償、補償請求も”犯罪による請求で有り、支払う必要は無い!”との司法決定、判決を、常に、犯罪で現実の合法を叩き潰して、犯罪で賠償支払い逃れ、が正しいと、常時司法犯罪決定、判決を下して」

合法な損害賠償、補償金支払い潰しが、司法テロ制度のみ稼動、適用によって、公に叩き潰し放題出来て、通って居る現実は「国税庁”も”損保のこれ等犯罪、犯罪で資金拠出、犯罪者に犯罪資金提供、横流し事実、証拠を持った上で、国税庁も、損保、司法共謀、事業資金詐取、横領、共犯司法にも横流しに付いても」

国の上の方針で?「損保が集める資金は、辯護士、裁判所、法曹権力に対しても、犯罪を凶行して、損保の資金を不法差し出しさせて居るから”国税庁、損保、司法共謀の、損保が集め続ける資金を、司法ぐるみで、犯罪に手を染めて司法にも提供しているし”国税庁、損保の事業、事業資金が合法に扱われて居るのか?不振な事実、不法、犯罪事実、証拠を添えて、国税庁に対しての税務調査実施、の訴えが出されたなら余計、該当損保、司法共謀、損保事業資金の詐取、横領から、徴税実施、犯罪利得没収法律規定を順守させる為にも、税務調査を実施、も潰して行わせず、犯罪を成立させて来て居るのが」

ビッグモーター事件もこの損保、司法他、国家権力犯罪制度の一端です、損保の事業が司法犯罪で構成事実共々、司法等只のテロ、犯罪恒常実行機関、集団が実際だと。

損保犯罪は、司法ぐるみで犯罪を組み込んで、警察、行政、政治、報道も直接犯罪支援

  • 2023/09/16 07:49

損保犯罪は、司法犯罪、行政犯罪、警察、検事検察庁が、司法が仕組んだ、犯罪正当決定、判決が正しいちなるように、権力犯罪を恒常的に凶行して、司法がでっち上げる、犯罪正当決定、判決が正しいように、強引に偽装して有る代物です。

損保が集める資金を、辯護士、裁判所も詐取、横領を指揮して横流しさせて、犯罪司法手続きを常時凶行して、損保の犯罪事業を支え、成功させて有る訳です。

こう言うからくりの損保の事業?ですから「国家権力が、司法犯罪を正当だと捏造して、成功させる為の、各々の国家権力犯罪実行、犯罪指揮を日常凶行しなければ、単なる犯罪行為事業者と、犯罪司法とばれる訳です」

そもそもですが「損保に事業資金を、詐取、横領を命じて、事業資金を犯罪で拠出させて、横流しを指揮して受領して、犯罪司法手続きを日常とさせている辯護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、共謀、犯罪実行、犯罪指揮して居る検事、検察庁、警察、各監督官庁ですよ、信用性が全く無い訳です」

損保の事業を、損保が集める資金を犯罪によって拠出させて、横流しを指示して手に入れて、司法犯罪手続きを恒常的に凶行、辯護士、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、犯罪共謀は行政も警察も共に、で共犯者、犯罪正当決定、判決のみ下す裁判官による、犯罪正当決定、判決が正しいとなるように、揃って犯罪実行、犯罪を指揮も日常のテロ。

裁判官が下す決定、判決こそ絶対である、も虚言だから「正しい、合法な現実の法を、国家権力が先を争い、正しい事実、現実の法を、司法犯罪は犯罪だ、と証明出来ている現実の方を、職権濫用テロを凶行して、造り替えて成立させて有る、損保の犯罪事業を、この手法で、司法犯罪正当化の手法でも有りますが、カルト犯罪集団の手口と同じ手口が、損保、司法犯罪制度の闇の現実です」

当然ですが「損保の犯罪事業事実、集めている資金も、司法ぐるみ犯罪で拠出して、辯護士、裁判所にも直に不法横流しも常、を仕組んで成功させて有る現実も、損保の事業資金を、犯罪司法にも、犯罪正当化でっち上げの見返りで、差し出させて居ると言う事ですから」

法曹資格者、司法、警察機関、司法手続きなぞにも、何らの合法、合憲も無しで、信用価値等無いと言う事実の証明です「損害賠償事件、関係事件、刑事、民事事件手続き記録を、必要知識を持って精査すれば、只の犯罪ロンダリングでしか無い、司法が職権濫用に走り、犯罪正当捏造目論見、権力ぐるみ犯罪によって、犯罪が正当とでっち上げている事と対で、が証明出来る訳です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452804
ユニークアクセス:6604505
今日
ページビュー:97
ユニークアクセス:97
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed