エントリー

2023年09月26日の記事は以下のとおりです。

隣の土地、売り出しから消えた

  • 2023/09/26 17:35

昨日の、裏の土地に関しての「あいおいニッセイ同和損保、札幌の司法が共謀の犯罪!に付いての、事実証拠が揃って居る”当事者間で示談が纏まっているけれど、あいおい、札幌の司法が、言い掛かりテロ犯罪凶行!に走って居る”示談の原因となった、隣家の解体工事に起因した、南側住宅、うちに被害を加えたとの、工事業者と、被害住宅所有者との、両者が事実と認めて、示談を締結した、住宅損壊は虚偽だ、損害賠償詐欺だと、あいおい、札幌の司法が、言い掛かりで決めた!損保と司法が共謀して、当事者を陥れに走って居る”」

この、狂ったあいおい、札幌の司法が共謀のテロ、犯罪を、事実通り伝えて「隣地で新築施工するのであれば、土地所有者は、あいおいと札幌の司法、国を相手取って”只の言い掛による、当事者を不法な損保、司法犯罪で陥れに走って居る”テロ行為事実の解決を、先ず果たさなければ、先ず新築施工を行っても、完成まで至れるのか、どうか?国の言い掛かりテロ、犯罪ですからねえ」

との事実を、事実だから伝えた結果でしょうか?今日早速?裏の土地の仲介広告が消えて居ました、新築施工の施主が、別に見つかった?とは思えない訳で(;´Д`)。

あいおいニッセイ同和損保、札幌の司法テロ権力、国による「民間に対しての、只のテロ犯罪攻撃が生み出して居る、不当な公権力による、不当な権利蹂躙テロ!の一件が、又こうして起きたのでは無いでしょうか?あいおいニッセイ同和損保、札幌の司法テロ権力、国による、民間相手の、只のテロ犯罪攻撃が生み出した、不当被害です」

ジャニー氏の性犯罪の握り潰しを、今も続行日本の国家権力、司法も何処もが、ビッグモーターと損保、司法、行政共謀犯罪への直接加担、犯罪共謀を、今も隠蔽に狂奔、損保の事業を、司法が指揮して犯罪で構成、今日も明日も、司法が職権濫用テロ犯罪に走り、成功に強引に、合憲、合法破壊によって持ち込むばかり。

これら全て、司法も直接、犯罪当事者の一角処か、国家権力犯罪行為者の頭と来ている、国際犯罪、テロ犯罪を日常的に凶行‼日本の法曹資格者、司法機関の実態と言う事です。

住宅密集地で建設工事を行うのであれば、近隣との不法なトラブルは、避けるのが鉄則なのに、不法に当事者間事件に犯罪介入で、不当な犯罪を凶行

  • 2023/09/26 08:11

既に公表済みである、隣家の解体工事に起因する、当家の損壊被害が原因の事件、当事者間ではすでに、示談書も交わしたし、金銭支払いで解決する事となって居るのに「あいおいニッセイ同和損保、共謀犯罪札幌の司法が”当事者間の事件で、当事者間で示談を終えて、お金を払って解決させる、までになっているのですが”」

只の言い掛を持って、あいおいニッセイ同和損保、共謀犯罪辯護士、鑑定会社二社、技術者PLセンターとかの職員、あいおい代理店、札幌の司法機関、法曹権力が共謀の犯罪!を仕掛けて来て「住宅解体工事で、隣家を損壊させたと言うのは嘘だ!隣家所有者と、工事、見積もりを委任した建設業者が、解体工事会社が加入のあいおい建設工事保険に詐欺狙いで不正請求した犯罪事件だ!」

と、解体工事会社も認めて居る、隣家損壊被害を虚偽だと、部外者であるあいおい、札幌の司法が「完全な犯罪、言いがかりを持った犯罪を仕掛けて来て居る訳です、あいおいの事業資金を,加入者である解体工事業者が、不法に弁護士費用、訴訟費用等を不法請求して、あいおいから事業資金を不法に抜いて、あいおいが使った弁護士に、白紙委任させて、あいおい資金を不正取得して、犯罪辯護士、詐欺司法手続き常態化、札幌の裁判所に不法な資金を横流しした、と言う構図を仕組んでまでのテロ、犯罪です、まあ、損保、司法の恒常犯罪の再現だから、この犯罪事件に限って居ないし」

こう言う事態、事実証拠が公表済みの上で「隣地に住宅を施工しようと考えても”当事者間では解決済み、示談金を貰ったら、沈下を防ぐ土木工事を実施する、等を完遂させれば、この事件は、当事者間では解決済みなのだけれど”」

あいおいニッセイ同和損保、札幌の法曹資格者、司法機関は現在、解体工事業者も敵と見做して「お前の解体工事実施で、隣家に被害を与えた等虚言だ!隣家への加害は無い!加害が無い事実証拠も示す必要が無いが、隣家への被害は無いんだ!よって請求された、建設工事保険金は不払いだと決めた、不払いの理由は答えない!」

こう言った犯罪事業実施を”只のあいおい部外者の辯護士とかを担ぎ出して?言いがかって来ている今です”さらなるあいおい、司法共謀の、只の言い掛による犯罪追加凶行ですから。

ここまで不法行為を次々、公式に重ね捲って居るあいおい、札幌の司法犯罪国家権力です、隣地に住宅を施工するのであれば、凄まじいまでの”合法な工事の実施”が、当然求められる訳で、まあ、費用も莫大に出す訳で、施主は逃げる訳だ、損保、司法が共謀犯で、只の言い掛を持った、被害者と被保険者相手の、テロ犯罪攻撃が公然と凶行中ではねえ。

予告して有った事態を、早速惹き起こす事となりましたね

  • 2023/09/26 07:49

隣家の解体工事に起因した、当家に対する損壊被害に付いて”当事者の間で、話し合いを経て、示談書も交わして有り、示談金を支払う事で事件は、当事者間で解決の運びとなって居るのだけど”既に惹き起こして有る、あいおい、札幌の司法が共謀の、只の当事者間示談への不法、犯罪介入、犯罪を重ねた司法犯罪手続き事件は、消す事が出来ません。

この事実は、証拠も揃って居る事実ですから「隣地に新築住宅を施工しようと、施主候補が出て来て居ますが”建設工事を行うに当たり、当然ですが、様々な法律適用問題と、再度の隣接建物への被害発生の可能性があり”更なる損保、札幌の司法が共謀、只の言い掛を持っての犯罪加害の実行が推測出来るのだから、合法の破壊を武器とさせた司法ぐるみの、只のテロ犯罪攻撃が、再現される事は、当然推測出来るのだから」

住宅施工工事に係る、全ての法律の正しい遵守から、こちらは求めるに決まって居ます、何らの違法も無い事ですから。

こちらは、あいおい、札幌の犯罪司法権力の、犯罪を持った悪事と違い、法律を正しく適用させる事と、今まで惹き起こされて来て居る、損保、司法が共謀の、只のテロ、犯罪加害事実を正しく伝えて「これらを踏まえて、住宅施工を行って下さいね、但し、他にも3軒、住宅建設予定地に住宅が接して居ますので、他の住宅所有者さん方も、今後相手取る必要も?」

等を伝えたに過ぎません「こちらは一方的な、損保、司法が共謀した、犯罪攻撃を受けている被害者であり、正当な法律適用による、権利の行使ですからね、住宅を建てる側が、合法を持った施工をすれば良いだけです」

こう言う事態になる事も何も、損保、司法犯罪集団には、予想も何も出来ないのですよね、今まで損保の事業を、司法が「犯罪を事業実施に組み込んで、合法な損害賠償金支払いを、犯罪、脱法を武器とさせて、損保が狙う通り、司法が合法破壊で不当に踏み倒しを、常に成功させて来て居る、犯罪を勝たせる判決を、司法が職権濫用、合法破壊で常時下す事で」

これを常とさせて、常時成功させて通されてだけ来たので、どんな損保、司法共謀犯罪で有ろうとも、凶行し放題出来て、犯罪正当との決定、判決が、闇で仕組んだ通り下されて、損保が勝てて来た現実が有るから、正しい反撃がる等、想定も出来ず来たんです、損保、司法テロ国家権力は。

まあ「不動産仲介業者は、仲介から降りると言うし、施主候補は逃げたと言うし、記載損保、司法犯罪加害事実は公表済みで、消せないし、護って下さいね、とお願いした法律問題は、正しい遵守願いですし、こちらに非は有りません」損保、司法犯罪集団に、土地所有者さんは、合法の蹂躙事実をぶつけて、どうにかする以外無いから。

損保犯罪は、司法が仕組んだ犯罪、合憲、合法破壊で成立、只のテロ

  • 2023/09/26 07:23

建設工事に於いて、近隣とのトラブルはご法度、まして「建設工事を行うに際して、適用となう多数の法律規定を、不毛な、強気になって起こした、工事側の勝手で起こしたトラブルで、近隣住民を不当に怒らせて、関係する法律を、片っ端から遵守させるよう、行政機関、警察等に対し、不法行為事実を持って、訴えられ捲ったのでは、凄まじい労力、対策費用、対策用の人員等を要します」

これを、定番の犯罪者、合法の対極にいて、脱法、犯罪を日常行為として、押し通せている損保、損保が操って居る法曹資格者、司法機関が「何時も通りの損保、司法犯罪に走り、損保が事業資金を犯罪で拠出、犯罪共謀、実行辯護士を、被保険者、加入者に白紙で委任させて、言い掛かり当事者に祭り上げて、犯罪資金で犯罪弁護士を担ぎ出して、犯罪司法手続きを、検事検察庁、裁判所裁判官も初めから犯罪者、実行犯だから、この一連の犯罪を凶行にも走る訳で」

しかも「当事者間で話し合いが纏まり、加害行為を認めた業者が、被害者に対して、解決の為の示談金支払いも約して居る、当事者間で解決した事件に”何時ものように、損保、共犯弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所が、不法に不当、言い掛かりで強引に介入して居ると言う”定番となって居る、損保、司法共謀、他者間の示談に、犯罪強制介入実行事件を、再度惹き起こして居ます、建設工事に係る問題に」

当然ですが「建設工事を遂行するには”関係する様々な法律を、正しく遵守が必要だけど、これを護って居れば、多くの土木建設工事は、完遂まで行き着かないです”必要な費用、対策人員等が、全く読めないしね」

そして「現実として”土木建設工事の実施を、住宅密集地の中で、住宅を建てる敷地の面積内で行うのであれば、関係する多数の法律全てを順守させて、工事を完遂させる事は、まあ不可能が実際ですので”近隣対策を事前に取り、工事完遂まで我慢して頂く必要が、先ず有るのに」

損保、司法は当事者でも無い、他者間の事件に、不法、犯罪、職権濫用で不当介入を、損保、司法犯罪に走って強引に不当介入して、被害者を先ず、不法に陥れるべく、損保、司法犯罪を凶行!ここまでの事態を、不法に惹き起こした上で「隣接地、元々の事件の発端の土地に、住宅を建てようとしても、上手い事工事を完遂出来る訳が有りません」

新築施工に於いても、再度不法な損保、司法犯罪加害が起される、強い危険性が存在しますので、更なる損保、司法犯罪加害が起きるであろう現実の上で、黙って不法行為を認める事は、当然無いに決まって居ます、何しろ「四年連続しての、損保、司法犯罪不当加害攻撃被害当事者だから」

隣地、購入した不動産業者さん、新築住宅を建てたい施主候補、もう探しても、建物を完成させられる目途が見えず、仲介不動産業者も手を引いてしまい、さてどうしますか?損保、司法が共謀しての、他者間トラブルへの、不法処か、犯罪による言い掛介入事件を起こして居るのですから、土地を購入した不動産業者さんが、自身で損保、司法の言い掛犯罪を解決しなければならないと言う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508787
ユニークアクセス:6660041
今日
ページビュー:327
ユニークアクセス:327
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed