エントリー

2023年10月02日の記事は以下のとおりです。

契約条項による、法律を備えた回答が必須

  • 2023/10/02 14:32

@新納啓介あいおいニッセイ同和損害保険株式会社代表取締役社長、鈴木俊一金融庁内閣特命大臣、住沢整国税庁長官”当社からの損害保険金請求事項に付いて、他者も巻き込んだ重大な不法、犯罪まで惹き起こした事柄全てを網羅した以上更に、請求事項全て”に付いて、支払い項目毎の、元金、消費税額記載、不払い事項sべ手に関する、法を備えた回答を出すよう、更に求める、重大な不法行為、犯罪行為全て、あいおいニッセイ同和損保、金融庁責任ですし、損保と共謀犯、あいおい犯罪資金受領共犯者の犯罪は、国税庁責任なのですから

                                  令和5年10月2日

〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
新納啓介代表取締役社長
TEL03-5424-0101,FAX03-5789-6416
〒100-6051 東京都千代田区霞が関3-2-1
          中央合同庁舎7号館
鈴木俊一金融庁内閣特命大臣 殿
TEL03-3506-6000,FAX03-3506-6699
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
住沢整国税庁長官 殿
TEL03-3581-4161

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社工事保険加入、被保険者による、再度の請求金支払いの求め

                   住所
                   商号
                  代表者
                     TEL,FAX011-773-5898

1,数度目の、既に損害保険加入者、被保険加害責任者法人としての、御社の工事保険加入者の権利を行使した、損害保険金支払い請求を行うと共に、不払い事項が合法根拠で有ると言うのであれば”被害住宅所有者が工事、工事見積等を依頼した、工事会社有限会社エッチエイハウスリメイク作成、被害回復工事、修理不可能部分は補償金で賠償を纏める見積書”による、当社からの、損害保険金支払い事項全てに付いて、法を明記した見積り事項全てに関しての、工事元金額、消費税額記載証明を出す事、不払い見積もり項目が有るなら、不払いとした見積もり項目全てに付いて、不払いとした元金額、消費税額、不払い理由を、法を明記して記載した書面の発行を、再三の要求に加えて求める。

2、又、御社が認めた、請求額一部内金支払いを、請求から一カ月以後の日数分、日歩利息を乗じて、速やかなる支払いを、契約規定、約款規定によって求める。、御社による、一方的不法、犯罪行為事実に関する、法を記載した回答と、重大な御社側の不法行為責任による、既払い保険料金返還請求金全額支払いを、改めて求める。

3,御社と御社が委任した、高石博司弁護士が共謀、札幌の司法機関も共謀しての”不法な弁護士費用、司法手続き費用に付いて、当社を騙し、これ等資金を御社に対し、当社が不正請求を行い”御社が騙されたと言う設定で拠出して、御社が不法に、高石博司弁護士とも共謀で作成した、この弁護士への、当社による白紙委任状を、御社代理店である北信損害保険事務所(株)山崎智弘職員に持参させて、当社が損害保険金不法請求、詐欺に手を染めて、件の弁護士を白紙で委任して、完全な言い掛かりで、被害者と被害者委任、建設業者を、当社とあいおいニッセイ同和損保に対し、虚偽の建物損壊事故を捏造して、損害賠償金、補償金を、詐欺請求した犯罪行為者と、不法な司法手続きで訴えると謀った事実に付いて、この資金拠出根拠を、法律を記載して回答書面を出す事と、当社が高石博司弁護士を、白紙委任して、建物損壊被害者と、工事業者を、虚偽の建物損壊被害を捏造した、損害賠償金を、当社とあいおいニッセイ同和損保に詐欺で請求した犯罪者と、虚偽の司法手続きに走った事実に付いても、法を明記して、行為事実に付いての文書回答を求める。

4、既に証拠も提供済みの通り、当社は札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、山本弘明、山本隼氏所有住宅に付いて、当社が次の事項加害責任を認め、金銭示談締結済みで、順次示談金支払いをして行って居る事実が有る通り、示談項目は「北面外壁損壊等の損壊」「被害建物主に北側沈下被害」とも認めて、金銭示談している通りで有ります、この事実が有るにも関わらず、あいおいニッセイ同和損保、高石博司弁護士、札幌の司法機関が共謀して、示談済み事項全てを、只の言い掛で虚偽、賠償詐欺と捏造、でっち上げて、当事者間事件、当事者間示談に、不当に介入して、更なる犯罪被害を生み出して居る事実が有る通り、この不法行為事件に付いても、犯罪当事者であるあいおいニッセイ同和損害保険株式会社が先ず、この重大な不法、犯罪行為実行事実に付いても、法を明記した回答書面を出すよう、再度求める。

5、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が今年8月1日午後、被害者宅に差し向けた「札幌鑑定、野口研一鑑定人」「めぐみの鑑定、松倉昌司一級建築士鑑定人」「一般社団法人技術者PLセンター、今澤伸次一級建築士職員」「あいおいニッセイ同和損保札幌火災新種サービスセンター勤務、神田勝太技術アジャスター」は、この日に被害者宅、隣地、更に隣の敷地に無断侵入して、被害者建物を不法に測量らしき事を行い、次の行為に走った事実が有る通り。

6、この連中は、被害者所有住宅北側で、測量機器を使って何かして「当社代表取締役と、ハウスリメイク取締役に対し、官がアジャスターが大声で”被害住宅への、隣家解体工事での被害行為は存在して居ない!」等、大声で宣言した通りの事実が有る。

7,一方、あいおいニッセイ同和損保、損害保険ジャパン、東京海上日動、三井住友、共栄火災等代理店であり、当日現地に来て、神田アジャスターによる、隣家損壊は虚偽だ、等宣告も聞いた「北信損害保険事務所(株)山崎智弘職員は、当法人代表に対して何度も「あいおいニッセイ同和損保としては、隣家壁面等の損壊を認めて、被害住宅の沈下程度に付いて、隣家所有者が委任した、ハウスリメイクが解体工事前、工事中、工事後に測量を実施して、工事前と後で、建物北側を中心として、建物北側を中心として、約13mm沈下した事が証明されて居る、この事実を、神田アジャスター等による、建物被害は一切無し、との主張は虚偽と認めた上で、建物の沈下が13mmと認めた上で、沈下程度が13mmなので、工事保険契約、約款規約には不払い条項は無いが、この沈下被害だと、沈下被害に付いては、あいおいは損害保険金支払いしないとの事です、合法な不払い根拠は無いです、隣家沈下被害が無いと言うのは虚言で、沈下程度が13mmだから、契約規定、約款規定に無いが、不払いと決めたと、あいおいが答えて居ます」と、北信山崎職員は、当社代表に答えている事実が有る。

8、既に伝えて有る通り「あいおいニッセイ同和損保も、当社、被害住宅所有者共々認めて居る、住宅解体工事実施により、隣家に壁面等損壊、北面を中心に、建物沈下被害を生じさせた事実を認めて居る通りで、当社と被害住宅所有者間で、金銭示談締結済みの通りで、この件で争いは、当事者間にも当事者間事件に、言い掛かり、不法行為を持って、犯罪にも手を染めて、不法介入して来たあいおいニッセイ同和損保、札幌の司法ら共々、一切無い事が証明出来ている訳です」

9,しかるに「当社で住宅を解体撤去した、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、大坂×氏が土地建物を所有して居たが、住宅解体後、更地として土地を売却して、この土地を購入した不動産業者は、三井不動産を依頼して、新築住宅施工施主を探して、ジョンソンホームズが施主候補を探して来たが「山本弘明氏が、ジョンソンホームズ、三井不動産に対し、上記不法、犯罪行為事実を伝えて新築施工を行うに当たり、更なる不当な事件に、山本氏共々、土地購入社、新築施主、施工会社揃って巻き込まれる事必定、当社と山本氏間の示談が、当社請求通り解決して、山本氏住宅被害対策が正しく終わり、以後あいおいニッセイ同和損保、札幌の司法が、当事者間事件、示談を不法と言い掛を持ち、不当に事件を起こす等を、全て終えさせない限り、他の行政所管法律複数適用も有るが」

10、これ等の事実を、山本氏が、三井不動産、ジョンソンホームズに伝えた所、施主、ジョンソンホームズ、三井不動産、土地購入不動産業者が揃って、土地売却、新築住宅施工から手を引いた事実を伝えて有る通りで、当社とあいおいニッセイ同和間の、損害保険金支払い請求を、あいおいが次々言い掛かりを付けての、不払い事項全てに付いて、不法行為者の一角あいおいが先ず、あいおいが言い掛で不払いとするのであれば、見積り事項不払い分全てに付いての、法を持った回答記載書面を、上記事実を全て踏まえた記載書面を出して、当社、国税局、札幌の司法権力全てが、合法な答え、合法な損害保険事業遂行と、公に認めぬ限り、山本氏と、隣地間の、あいおい、札幌の司法が共謀で実行した、上記犯罪行為が原因の、隣地の売却、新築施工完遂を、不法に妨害させた原因は消せませんので、今後もずっと、不法な土地売却、新築施工妨害事件事実が立ちはだかる訳です。

11,あいおいニッセイ同和損保は、札幌の共謀犯罪司法との協議も果たして「山本宅への損壊被害を虚偽、賠償詐欺と捏造として、当社に不法に訴えさせようと謀った事実に付いての、法を持った解決も果たして、公式書面で当社に答えを出す必要もある通り、これ等が全て、正しく解決、処理出来ない限り、山本氏と、隣地所有者、新築施主、建設業者が出る都度、蒸し返しが起きる訳です」

万人に損保、司法犯罪と同じ特権を認めるべき、山本昌Ⅹも認、、逃がされている犯罪ですから

  • 2023/10/02 08:06

インボイス発効、損保、司法、警察犯罪の通り、経理は偽造、事業資金を犯罪用に除けて、会計処理、税務調査不要で通されて居る、この資金を、特定の相手、辯護士、裁判所もこの範疇の、犯罪用資金提供相手、受領を日常として居る国家資格者、司法機関です。

この一連の犯罪「損保の会計偽造、犯罪資金提供による、合法賠償潰し目論見、司法他ぐるみ犯罪、犯罪資金で弁護士、裁判所が、犯罪司法手続き凶行を、政府、財務省、金融庁、国税、会計検査院ぐるみで、承知の上で追認、公認して居るから」

もう公表された事実、のここまでの犯罪、損保、損保に犯罪資金を差し出させて受領犯罪者の会計偽造を「上記国家権力が、犯罪職権濫用を凶行して、見逃す、追認、指揮して通して居るから成功させられて居ます、国税、会計検査院、財務省、政府が、この犯罪会計に調査を入れれば、揃って討ち死にするんですけれどね」

でも「今日も明日も、この先も、公表済みのこの犯罪も、続行を公権力は、公に認めて、犯罪賠償成功、犯罪者による犯罪司法手続き凶行を、共に凶行させて与して、成功させ続けるんだから」

万人に、個人、法人、事業者全てに「同じ犯罪、犯罪経理、贈収賄資金提供、受領権力は、贈賄側の指揮通り、公権力職権濫用に走って、便宜を不法に謀って通せるように、経理偽造、犯罪者に横流し、脱税を万人にも認めるべき責任を負って居ます」

損保、共謀犯罪者、損保から犯罪で資金提供させて受領、損保様の下僕となって居る犯罪資金提供指示、受領犯罪公権力、見返りに犯罪職権濫用に走り、損保が合法賠償せず逃がされるように、不当決定、不法判決を常とさせて、犯罪資金提供に報いている。

政治家、役人に対して、贈収賄だのとさせて、逮捕拘留、刑事裁判被告人に仕立てて、刑事罰を偉そうに、同様の公開犯罪行為者法曹資格者、司法機関が実行!自分達が先ず、多数の司法、警察テロ犯罪行為者責任を負う必要があるのに。

政府、財務省、国税庁「先ずは、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友、あいおいニッセイ同和損保による、談合で共同保険引き受け凄まじい件数事件で、課徴金を科す必要から、どう果たすやら?損保の経理に手を入れる必要もある、談合で不法に得た不正利得の洗い出し金額に、課徴金額を乗せて没収が必須なので」

損保の経理に手を入れる必要が、この談合発覚で出たんですよ、闇資金を除けて、会計偽造で逃がして有る、この公表犯罪と、見事に絡み合うんですけれど?万人に同じ経理偽造、闇に資金横流し、脱税を認めるのか?

損保に事業資金を不法拠出させて、犯罪司法手続き実施、見返りの犯罪賠償のみ判決常時

  • 2023/10/02 07:49

永の年月、どんどん犯罪を加え続けて、悪質化させて成功させて来て居る、損保と法曹資格者、司法機関、警察、国、地方行政機関、政府、国税庁、会計検査院、報道カルト等共謀の、犯罪で合法賠償常時叩き潰しを成功させて。

損保から、損保が集める事業資金を、犯罪によって拠出させて、差し出して頂いて居る恩に報いて来て居る「損保が合法な、損害賠償保険金支払いせず、公式に踏み倒しが成功するように、この国家権力が共謀の犯罪者となって居て、犯罪の限りを尽くし捲って、犯罪によって合法賠償保険金支払いだけで無く」

当事者間で不法行為による金銭被害の補償、賠償示談締結、示談金支払いまでもを、損保、司法、警察等が、職権乱用犯罪に走って「不当に当事者間事件で、当事者間示談締結、加害側が被害側に、損害賠償金を支払う事も、公権力犯罪で叩き潰し捲るまで、損保、司法犯罪制度を拡大させて有る訳です」

損保が事業資金を、詐欺、横領で拠出して、損害保険金支払い責任も生じた加害責任者、被保険者加入者に「損保、司法が犯罪司法手続きを取り、合法賠償支払いを、職権乱用犯罪で叩き潰す、被保険者、加入者側に、損保が共謀犯罪弁護士を担ぎ出して、白紙委任させて、委任者名目加入者、被保険者加害者には、一切でっち上げで被害者を陥れる、司法犯罪手続きに口出しを認めず、実際には損保、共謀弁護士、警察、刑事、民亊担当裁判官、裁判所が共謀犯罪司法手続き凶行に走って成功させて居る」

只のテロ犯罪を、日本中で損保、警察、司法が共謀犯で凶行し捲って、犯罪で合法賠償叩き潰し、を成功させて居るんです「損保が集め続ける保険料等収入から、特定の犯罪者、辯護士、裁判所もこの範疇の犯罪資金提供相手で損保が支配下に置いて有る国家資格者、国の司法機関、警察も同じ、損保が合法賠償せず通るように、犯罪刑事捜査、犯罪で事件事実捏造を、法曹資格者ぐるみ凶行、証拠、マニュアル証拠も有る通り」

この損保犯罪、保険料等収入の多くを、別の犯罪者に提供等資金で除けて、政府、国税、財務省等が、司法もこの犯罪資金受領者だから余計、この犯罪資金等に手を入れず、今もここまでの犯罪、犯罪司法手続き、犯罪刑事事件捜査も公認し続けて居ます。

損保、司法、警察犯罪にも、合憲、合法等存在しないんです、犯罪で構成して、犯罪で成功させて有る代物故当然です。

損保、司法が共謀の犯罪、司法が職権乱用犯罪を、損保から犯罪資金提供させて

  • 2023/10/02 07:23

損保と法曹資格者、司法機関は、合法賠償を職権乱用犯罪!による、合法賠償の叩き潰し目論見、事実証拠隠蔽、偽造で証拠作りを闇で、巨大な規模で凶行させて有り、この犯罪も成功させて有る通りです。

損保が事業資金を、詐欺、横領で拠出して、犯罪担当弁護士、犯罪司法手続き裁判所に差し出して、この犯罪を成功させる為に、再就職、天下り利権を与えて有る、警察、国、地方行政機関、保険者等の共謀犯も、損保、司法犯罪用に、刑事事件捜査捏造、合法賠償潰しを成功させる為に、被害者を詐欺冤罪粛清も仕組んで通して居る、警察、司法、報道が共謀の冤罪粛清も組み込んで有る通りです。

対人事件の場合は「被害患者の担当医師に先ず”過失致死傷事件で負った受傷が重い事、これを事実と無関係で、医証の捏造を命じて有る通りです”逆らう医師、医療機関には”司法、警察、厚労省、保健所、地方行政機関保険部署が共謀犯罪者なので、自賠責保険詐欺だの、医療費詐欺だのを捏造して、司法、警察、行政が、職権濫用攻撃を仕掛けて、逆らえなくさせて居ます”見返りに、損保から資金提供を受けて、飼われて居るので」

この一連の犯罪は、損保の事業資金に関して「政府、国税庁、財務省、金融庁、国土交通省が共謀犯罪者で結託して”損保が集める資金に付いて、犯罪共犯者に、仮の損害保険金支払額、をでっち上げて、支払う気の無い額の資金を横領して、別の犯罪資金用会計に移したら、この犯罪資金、収支決算を不要とさせて有るから”微々たる額だけ支払うか、対人事故であれば、自賠責保険、労災保険に補償金支払い全て負わせて、これを超える合法賠償は、警察、司法、行政テロで叩き潰し放題して有りますので」

極限を言うと”損保の事業の現実は、任意損害保険料収入と、投資家から集めた資金等”から、損害保険事業運営費を差し引いた残りの金額を、虚偽の損害保険金支払い仮計上額、と捏造設定して。

犯罪資金用の、別会計に移して、犯罪国家権力も含めた、特定の対象に不法横流しし放題!で通っている訳です。

この犯罪資金扱いは「国税庁、政府、財務省等が”損保の事業に、この犯罪資金拠出、共謀犯司法他に、犯罪資金犯罪用横流し”も認めて有るから、損保、共謀犯の”犯罪会計処理に、国税庁、財務省(談合も含めた犯罪利得、課徴金も科す訳で)会計検査院(裁判所も犯罪資金日常的受領、見返りの犯罪司法手続き常態化)政府が共謀して、偽造経理と承知で手を入れないからくり“で成功させて来て居るから、成功して居ると言う」

辯護士、裁判所も、損保に犯罪で資金を差し出させて受領して、損保用の犯罪司法手続き日常凶行‼政治家、役人らの贈収賄、談合等を裁ける訳が有りません、同じ犯罪行為国家権力でありながら。

インボイス発効、損保、司法共謀損保事業資金横領、司法に犯罪用提供にも

  • 2023/10/02 07:00

自動車保険には「弁護士費用拠出特約も有る通りですが”互省との通り、この特約は、損保と司法が、共謀犯罪を常時繰り広げており”弁護士費用、訴訟費用拠出特約を付けて居なくても、と言うか”元々こんな特約は無かった時から」

日常的に損保と司法が共謀犯で、不正に弁護士費用、訴訟費用を、横領、詐欺で拠出して、犯罪司法に横流しして、犯罪司法手続きを常態化させて、合法賠償を、犯罪を凶行して叩き潰し捲り、司法テロで成功させて来ている通りです。

当然ですが「損保の事業に取っては”この司法相手の、司法と共謀の犯罪を常態化させて、事業資金を詐取、横領拠出して、辯護士、裁判所に、横領共謀犯同士で横流し、受領して、犯罪刑事、民事手続き、やらせ司法手続き、損保が合法賠償せず逃げられるように、司法が職権濫用権力犯罪に走って通すから”損保とすれば、詐欺、横領資金を生み出して、辯護士、裁判所、共謀犯に、横領犯罪資金を、日常的に差し出した見返りが大きい訳です」

この損保、共謀犯法曹資格者、司法機関犯罪によって「損保は”損害保険が適用となる事件に付いて、司法犯罪を武器とさせて、犯罪不払いし放題が通るので”ある意味経営が安定する訳です、どんな確固たる、被害者の被害証明と、被害によって生じた損害金証明が揃って居ようとも、この損保、司法共謀犯罪用に、長年掛けて、この犯罪賠償のみ成立させる為に、警察の事件捜査を、合法賠償潰し用に犯罪捜査で構成して有る、損保、司法が合法賠償せず通るように、事件をでっち上げで構築する事を常、と仕組んで有るし」

この犯罪捜査用と、犯罪賠償のみ成立用に「関係する、事件の事実立証を果たす先にも、犯罪で証拠偽造命令を出して有り、事実無根の、合法賠償潰しを成功させる為の犯罪証拠作り、合法破壊を常とさせて有るからくり、迄仕組んで有るんです」

オウムの連中が行っていた”麻原による、奇跡実現”あれと同じ行為です、もっと極悪非道なのは”法曹資格者、司法機関、法務省他行政機関、警察、医療機関、保険者、政府、報道カルト等揃って、この犯罪を成功させる為に、犯罪証拠作り、事実捏造に、日々狂奔して居ると言う事実です、ガリレオが証明した、地動説を強引に否定した、宗教裁判であらかじめでっち上げて有った、天動説が正しい!この答えのみ通した、あれと同じですよ、日本の法曹資格者、司法機関による、司法手続きごっこの現実も。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508942
ユニークアクセス:6660195
今日
ページビュー:482
ユニークアクセス:481
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed