エントリー

2023年11月03日の記事は以下のとおりです。

自分の手では何も出来ない人間が、腐ったカルトの教義を凌ぎに

  • 2023/11/03 17:54

自分では何も実際には出来ない人間だけど、自己評価が異常に高い人間で、その場凌ぎの詐欺話を、矛盾を突かれても、全く気にするまともさも持たない強みで、次々場当たりの嘘を重ね続けて、論議も成り立つ訳が無い事で、呆れて相手にしなくなると、議論で勝った!と自分で勝手に決めて、こう言う手合いを、高度なレベルの方だ!とカルト狂信する輩が多く居るので。

カルトの教祖、カルトの上層部の、詐欺師の類いの上!に君臨して、こう言う類いを狂信する輩を操り、カルトの教義こそ絶対だ!と、狂信者を多数従えられて、でっち上げ、出鱈目、場当たりの嘘が正しい!逆らうと、魔と認定して、殲滅に狂奔する訳です。

熊保護団体の輩も、この類いですし、熊の専門家?とやら、報道機関や、行政が公金も注ぎ込んで協調の輩、熊対策で行政が指導を乞うて、市民を餌食とさせての行為結果を、も同様の手合いですよね。

こう言う手合いは「自分の狂った思考以外、誰から正しい事実を突きつけられようとも、絶対に聞く気も無いし、自分の狂った思考から抜ける事も有りません、抜けた所で、別のカルト思考、組織の構成員になるだけです、根本は不変だから」

こう言う手合いが声高に吐いて来た場当たりの虚言、熊は臆病な動物で、人を怖がり、人を襲う事はしない、人が襲われるのは、人が悪いからだ、人が熊鈴やラジオを鳴らして、熊に人が居る事を教えれば、熊は逃げて人を襲う事は無い‼だのの法螺も、出鱈目だと現実の、熊が人を食料として襲い、食料にしている事件が次々起きて、出鱈目だと証明されている通りです。

こう言う手合いの、場当たりの、自分で勝手に思い込んだだけのカルト教義思考って、子供を自由に生活させるのが正しい、大人が、教師が押し付けると、子供の可能性を潰す、子供が自身で様々身に付ける、だのの馬鹿げた教育論が、国中に浸透した結果、普通の常識すら持たない親が出来て、子を産み育てて、常識以前の国民性に激変して行っている今、を生み出して来たのと同種ですね。

野生動物が人を怖がったのは「人が野生動物を狩り、野生動物が子に人は恐いと教え続けたからで、勝手に野生動物が、産まれた途端人が怖い、と考える訳が無いから、教育をしなければ、必要な知識は身に付きませんよ、当たり前です、どこぞの他民族の系譜なのに、民族の象徴一家と、独裁者皇帝一家生活を送って居る連中の娘も、同種の戯言を、30にもなって、愚かな一家の一員と、自分で公表しても居ますね」

司法犯罪も、カルトの犯罪と同種の

  • 2023/11/03 11:44

犯罪を幾ら司法テロ、で正当と捏造を、犯罪司法手続きででっち上げで決めた所で、犯罪を正しいと、憲法、法律を、社会制度自体を変えて、強制施行して、合法を叩き潰さなければ、国際社会に対しても「日本国の制度を、司法犯罪制度!で強制実行する社会制度、に日本の国家権力が総出で手を組み、変えた!自由主義国家の制度とは完全に作り替えた、犯罪国家制度化した!国際自由主義国家は、この日本国の制度変革、司法犯罪国家に強制移行を承知の上で、取引等を続けるか否か決めろ!」

こう、国際社会に宣言も行い、恐らく世界で先ず類の無い「司法が犯罪で国、国民を独裁恐怖、テロ支配する国家制度日本!を、各国が承知の上での付き合い方を求める、実態がこれだから、国として国内外に、司法犯罪国家日本!日本国憲法、法律、社会常識、社会正義強制叩き潰しが日本の国家制度だ!宣言しなければ、とっくに駄目だった訳だし」

他者の財産も、司法犯罪で強奪、詐取、窃盗、横領し捲って通している日本国、司法犯罪を武器で凶行しての犯罪事実、必要となる犯罪を、司法ぐるみ、関係相手に命じて犯罪に走らせて、成功させて有る現実が武器、只の極悪司法犯罪ですから。

司法犯罪の大きな、犯罪で利得を得る、犯罪を正当と司法テロで捏造判決!を凶行して、犯罪収益を手に入れて、犯罪資金を隠匿出来るように、法人、公的機関は、経理偽造も司法テロ、を成功させる為だと言って公認されているから。

犯罪で利得を得た犯罪者、事業者、共謀犯、実行犯弁護士等は「犯罪利得の没収逃れさせて貰っているし、犯罪利得への徴税逃れも、司法犯罪権力等が犯罪に走り、逃れられている通りです」

司法が正義等、事実証拠、実例証拠の通り、嘘の極みだからね、極悪非道を超えた、只の三流犯罪を手掛けて、職権濫用で犯罪責任を逃れさせて、自分達が司法を名乗る犯罪行為者、組織なのだから、自分達の手掛けたテロ、犯罪を、正しい犯罪だ、犯罪者を免責で逃がす、犯罪利得を闇に消して、犯罪利得の没収、徴税逃れも成功させて有る!犯罪者と司法が同じ集団だから、の成果です。

司法犯罪国家テロ集団、が実際なので「こんな国際テロ犯罪国家権力、国家機関、法律手続ごっこに”司法犯罪の事実証拠はこれで、犯罪、テロだとの理論構成、法律の裏付けはこうです”と訴えたって無駄に決まって居ます、訴えて居る相手が、訴えて居る犯罪凶行集団なのですから」

主だった司法犯罪には、結果として幾つも関わる事になり、どう言う犯罪で成功させて有るか、きちんと立証も果たして、公表して有る通りです「法曹資格者、司法機関、司法手続きは絶対正義、合憲、合法以外行わない集団、機関だ!嘘も極まって居ます、犯罪、テロこそ正しいんだ!正しい根拠は無いが!法曹資格者が犯罪正当とでっち上げた、公表された犯罪、犯罪者を職権濫用で逃がした、犯罪を闇に溶かした!これで犯罪者、犯罪が正しい事とすり替えを成功させたぞ、司法が職権濫用で犯罪正当化を実現した!」

この事実証拠、犯罪の手口と犯罪立証、犯罪者特定、犯罪行為事実証明を果たして糾弾した事全て、司法テロで闇に葬り、こちらを冤罪粛清に狂奔司法テロ集団、被害者として、これ等司法犯罪立証も果たして有り、同じ犯罪正当化、犯罪公式活用が認められて居る、この現実が正しく存在して居ます、まだ政府、国税から、司法犯罪を同じく踏襲して、同じく成功させて通される、公文書回答は来て居ません、早く届くよう、日々待って居ます、大金を稼げるし、公然と、正しい犯罪、不法と法の規定だけで設定して有る、無効な法の違反で、法曹資格者と共謀犯罪者等と同じ特権行使で成功!早く公文書が届かないか、日々待って居ます、無くても正しい犯罪だ、との事実証拠等を多数持って居るのでね。

熊保護団体、マスごみの異常行為が、人間への食害!を

  • 2023/11/03 10:44

熊は臆病で善良な生き物である、熊が人や農作物を襲う、荒らすのは、全て人間が悪いんだ、地方に住む人間、農家、山菜取りの人、山登りする人が全て悪だ!熊は臆病で善良なので、熊鈴やラジオを鳴らせば、人が接近して居ると熊が気付いて、逃げて行く、熊の縄張りを農作物を作る場所に変えた、地方の人間が悪だ!

熊は臆病なので、遭遇しても、目を見て後ろに下がれば襲われない、クマに襲われれば、伏せて、首と頭を手で覆うと無事でいられる、熊は人が悪くて、結果として人を襲うだけで、人に危害を加える、食料にしようと思ってはいないからだ!

熊に遭遇した時に備えて、人は集団で行動すれば、臆病で無害な熊は、人の集団を怖がって襲う事が無い!

熊が結果として、人や作物を襲う、荒らすのは、人が自然を破壊した事で、熊の餌が不足した結果だ、可愛そうな、人のせいで飢えている熊を保護する為に、人の手でドングリを集める、農作物で廃棄する作物、廃棄する食料を、熊の生息地に運んで撒いて、熊を保護しなければならないんだ!

熊を保護しろ!活動で稼いでいる、無責任で自己利益以外無い輩が集う、何熊保護何んとか会、熊何んとか研究所の連中が、得意になって「熊を護る崇高で善良な人達の集団ですよ、と喧伝の為に吐いて、本当にクマに餌付けも!これで資金も集まり、公的機関も公金を投じて呉れて‼美味しい事ばかり!」

で「一気に熊が人を直接襲う事件が続発、人を食料と見做して襲い、確保した食料である人間を、地中に埋めて隠して、日を掛けて食べて行っても居る、まあ、雑食で、日本で食物連鎖の頂点に君臨する熊だから、人等恐くない生き物処か、簡単に捕獲、捕食出来る獲物だ、と知った訳で、楽に狩れる動物と熊は認識した以上、こうなるのは当然です」

北海道福島町で、消防職員三人がヒグマに襲われて、刃渡り5センチのナイフ(刃渡り6センチメートルを超えれば、銃刀法違反に問われる条件が揃うから)で応戦して、目の上と首を刺したら逃げて、この熊は、他の捕獲して殺して、隠した方の側に逃げて息絶えて居たと、捕獲、捕殺して悪した人を食料にして、傷の回復を図ったのでは無いでしょうか?

次々日本各地で、いきなり熊が人も襲う事件が出続けて、喰われてしまった事件も、次々起きて居ます、福島町と言えば、二年位前に、女性が家庭菜園で襲われて殺されて、喰われて、熊は逃げたまま、の地域ですよね、熊は臆病で善良な動物だ、悪いのは全て人間だ、熊を殺すな、熊に餌付けして護れ!行政も一緒に手を携えて、こう言う集団、組織と公金も投じて、羆保護が善、熊を間引く事は悪だ!と協調して行動して来た責任を、正しく取らせるべきだと思います。

現実逃避の証明、時系列で事実を証明すれば、場当たりの自己責任逃れ等も判明する事です

  • 2023/11/03 09:26

イスラエル国家による、ガザ地区への無差別攻撃、無差別殺戮が続いて居ますが「ロシアによる、ウクライナ侵略、無差別虐殺に対して”悪はゼレンスキーだ、ウクライナが武器を捨てて、無条件降伏すれば、ロシアの支配の元、ウクライナの国民は、平和で安全で、豊かな生活を送れるのに、ゼレンスキーが自国民を不当に煽って、ウクライナ国民を死なせて、不幸な目に遭わせて居るんだ!」

こんな詭弁を弄して「ロシアこそ絶対正義だ!悪はウクライナで有り、ゼレンスキーである、ウクライナ国民、軍と、ロシア軍は”悪のゼレンスキーによって、被害を不当に受けている被害者だ!”一刻も早くウクライナ国民は、武器を置いてロシアに無条件降伏して、正義のロシアの支配下に入り、平和で豊かな生活を送る道を採るべきだ!と主張を繰り返して来た輩らは」

イスラエルが、国家としてガザ地区を無差別攻撃し続けて「民間人を主として、無差別攻撃、殺戮を敢行し続けている現実が起きた途端”イスラエル、ハマス、パレスチナに対しての、どちらが正義か、このイスラエルの行為は、無差別殺戮なのか、正義の攻撃なのか、イスラエルは無差別攻撃、殺戮を止めるべきなのか、生後の攻撃として、称賛するべき攻撃なのか”全くコメントも出さず、逃げの一手に走っている通りです」

それはそうでしょうね「ロシアによる、一方的なウクライナ侵略、無差別殺戮を正義の聖戦で、悪はウクライナで有り、ゼレンスキーである、ロシアこそ絶対正義だ、ウクライナは武器を置いて、ゼレンスキーを追放して、ロシアに無条件降伏すれば、ウクライナ国民は、ロシアの支配のもとで、平和で豊かに暮らせるんだ!この法螺との整合性を、イスラエル、ハマス、パレスチナ難民問題での主張を出すと、整合性、根拠を問われますから」

一つの答えは「敵対する、攻撃している、攻撃対象の敵を上回る軍備の備えと、敵を殲滅するまで戦い続ける覚悟を、どっちが強く備えて居るか、それによる勝利者がどちらなのか、これですし」

攻撃を仕掛けて来て、無差別殺戮を行う敵に、こちらは武器も捨てました、無条件降伏して奴隷になるので、殺戮、粛清を止めて下さい、とお願いして、これを行うと、支配国家の庇護の元、平和で豊かな生活を送れる、等絵空事以外無い、この事実です「決めるのは敵方で有り、無条件降伏して、奴隷国家に落ちる事を選ぶような国、国民なぞ、奴隷扱いして当然だから、誰が平和と豊かな生活等与えるかって」一般社会の一般的生活と同じだ。

現実逃避の証明、時系列で事実を証明すれば、場当たりの自己責任逃れ等も判明する事です

  • 2023/11/03 09:26

イスラエル国家による、ガザ地区への無差別攻撃、無差別殺戮が続いて居ますが「ロシアによる、ウクライナ侵略、無差別虐殺に対して”悪はゼレンスキーだ、ウクライナが武器を捨てて、無条件降伏すれば、ロシアの支配の元、ウクライナの国民は、平和で安全で、豊かな生活を送れるのに、ゼレンスキーが自国民を不当に煽って、ウクライナ国民を死なせて、不幸な目に遭わせて居るんだ!」

こんな詭弁を弄して「ロシアこそ絶対正義だ!悪はウクライナで有り、ゼレンスキーである、ウクライナ国民、軍と、ロシア軍は”悪のゼレンスキーによって、被害を不当に受けている被害者だ!”一刻も早くウクライナ国民は、武器を置いてロシアに無条件降伏して、正義のロシアの支配下に入り、平和で豊かな生活を送る道を採るべきだ!と主張を繰り返して来た輩らは」

イスラエルが、国家としてガザ地区を無差別攻撃し続けて「民間人を主として、無差別攻撃、殺戮を敢行し続けている現実が起きた途端”イスラエル、ハマス、パレスチナに対しての、どちらが正義か、このイスラエルの行為は、無差別殺戮なのか、正義の攻撃なのか、イスラエルは無差別攻撃、殺戮を止めるべきなのか、生後の攻撃として、称賛するべき攻撃なのか”全くコメントも出さず、逃げの一手に走っている通りです」

それはそうでしょうね「ロシアによる、一方的なウクライナ侵略、無差別殺戮を正義の聖戦で、悪はウクライナで有り、ゼレンスキーである、ロシアこそ絶対正義だ、ウクライナは武器を置いて、ゼレンスキーを追放して、ロシアに無条件降伏すれば、ウクライナ国民は、ロシアの支配のもとで、平和で豊かに暮らせるんだ!この法螺との整合性を、イスラエル、ハマス、パレスチナ難民問題での主張を出すと、整合性、根拠を問われますから」

一つの答えは「敵対する、攻撃している、攻撃対象の敵を上回る軍備の備えと、敵を殲滅するまで戦い続ける覚悟を、どっちが強く備えて居るか、それによる勝利者がどちらなのか、これですし」

攻撃を仕掛けて来て、無差別殺戮を行う敵に、こちらは武器も捨てました、無条件降伏して奴隷になるので、殺戮、粛清を止めて下さい、とお願いして、これを行うと、支配国家の庇護の元、平和で豊かな生活を送れる、等絵空事以外無い、この事実です「決めるのは敵方で有り、無条件降伏して、奴隷国家に落ちる事を選ぶような国、国民なぞ、奴隷扱いして当然だから、誰が平和と豊かな生活等与えるかって」一般社会の一般的生活と同じだ。

幾ら正しい証拠等を揃えて居ようと、検証する立場の権力等が無知無能であれば、何の役にも立たないが、事実立証は果たされる訳で

  • 2023/11/03 09:07

どれだけ正しいと、きちんと合理的に、物理的に、法律規定を備えた証明を果たして、証拠で出されて居ようとも「それを公権力を行使して、扱う権力側が”何の事かまるで理解以前で、理解出来ない事を解消する思考、人間性が備わっておらず、権力を行使して排除して、無い正しい証拠、証明だ!”と強権発動で通して居る」

扱う立場の権力、審査等に、正しく反映させず押し通して居る上で「虚偽、捏造、出鱈目な”審査等する側に、正しく扱う責任を負っている側に、正しい情報、必要事項を正しく適用させる気が無い事による”不法行為、不正、犯罪行為を押し通して、合法、正当だと、でっち上げで権力行使で通して居るが」

現実とまるで合致して居ない事等は「正しい事実証拠、証明を、権力側が、自分達がでっち上げた答えが、只の出鱈目だと証明されている証拠は、自分達の黒い利権等を潰す事実証拠故、強引に、事前に出鱈目な答えを設定して有る、出鱈目が正しい、この結果を導き出す証拠から排除した、確固たる証拠になっている訳です」

支持杭問題も、国土交通省告示で出ている、必要な地耐力を満たした施工との証拠、証明根拠である「スエーデンサウンディング式地質調査、地下10メートルまでが調査の限界、の地質調査結果で”合法な支持杭施工か、違法な支持杭施工か(支持杭が不要な地耐力が有るか否か、も含めて)この深度までの範囲で、正しく合否が証明されている”訳ですが」

司法犯罪同様「都道府県庁建築指導課役人、住宅メーカー、設計士、事務所ほぼ誰もが”国土交通省告示により、平成13年4月から、確認申請を出す時には、スエーデンサウンディング式による、地質調査書を添付する事”を果たしているけれど、地質調査書が証明している、地耐力数値、25センチ毎の地耐力数値が、何を意味して居るかから、ほぼ誰も知らないから、この地質調査書の証明数値、違法施工、合法施工を証明した証拠と分からず、今も違法施工も通って居ると言う事です」

司法犯罪と同じ構図でしょう、事件を公務で扱う法曹資格者が、正しい証拠が揃って居ても、無知で思考、判断力欠落なので「司法カルトの教義に沿わせた出鱈目審理ごっこ、決定、判決以外出さず、認めない現実と同様なのです」

色々理解も出来て来て

  • 2023/11/03 08:45

うちの斜め向かいの、木造3階建て住宅の支持杭施工、どうして自走式の杭打機で杭を施工したのか?考えて分かりました「道路が狭いので、履帯式の杭打機を搬入出来なかった、これが理由でしょうね、で、自走式の杭打機の、支持杭の打ち込み能力が”メートル単位の厚みのある、地耐力が5トン前後以上ある地層に支持杭が当たれば、この地層を突き破った上に、土圧を受けながら、更なる地下に支持杭を打ち込む事が無理”と言う理由により」

自走式の杭打機を使った、支持杭の打ち込み施工を取ったのでしょう、で、通常の?支持杭施工と同様に「8メートルの長さの支持杭を搬入して、自走式の杭打機で打ち込んだのですが”メートル単位の厚さが有り、5トン前後の地耐力が有る地層、地下約5~6メートルにぶつかり、8メートルの長さの支持杭を、それ以上ちこむ事が困難となって”なお、8メートルの長さの支持杭は、地上2メートル位飛び出て、打ち込みを止めて居ましたので」

杭打ち施工を、8メートルの支持杭と、6メートルの支持杭を入れ替えて、6メートルの支持杭の施工に切り替えた訳ですね、現場でこれしか、現実に支持杭施工が出来ない結果です。

ですが「地下約5メール前後の地層の地耐力は、この辺りだと”3,5トン~5,5トン~せいぜいが6トンの部分も有ったりする、地層ですから”国土交通省告示の地耐力の段階で、不足している訳ですね」

木造3階建て住宅と、RCの建物は「支持杭が、木造1,2階建ての確認審査なし、と異なり(向かいの家が建った時は、まだ木造3階建てもRCの建物も、建築審査項目外でした)強い地耐力が求められるんですけれど、この時は審査項目外ですし、物理的にこれ以上の支持杭施工、無理だった訳で」

ですが「この事実で分かる通り”支持杭を打ち込んでの、2階建て以上の建物の施工”であれば、地耐力を満たした施工、物理的に無理と言う事ですね、どうにかして、国土交通省告示の地耐力を満たすのであれば、砕石転圧方式の、支持層造り、と言う工法が有ります、が」

相当の騒音、振動が発生します、近隣への被害発生の可能性が、事前に予見される工法です。

ずっと近隣の、住宅の施工を見て、重要な事項を確認して来て居れば、物理的な工事方法について、理由も分かる訳です。

スエーデンサウンディング式の地質調査結果、地下10メートルまでが限界、の調査の結果だと「この辺りの地層、全く国交省告示地耐力は満たせませんよ、泥炭地の場所では、この地質調査書の調査結果で”必要な地耐力は、そもそも満たせない”と立証されている訳です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452919
ユニークアクセス:6604620
今日
ページビュー:212
ユニークアクセス:212
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed