エントリー

2023年11月18日の記事は以下のとおりです。

ネットの普及が急速に進行している今の時代、司法カルトの犯罪訴訟、カルト判決の公表を、どんどんするべき

  • 2023/11/18 17:41

最近までの、大マスコミによる、恣意的な「事実に拠らない洗脳報道が、大きな影響力を持って居た時代と今では、大きく様変わりして行って居ます、法曹資格者の神格化虚言、司法手続き、決定、判決は神の託宣!カルト狂信報道で、平民を洗脳して、従わせられる時代では有りません」

どんどん、法曹資格者の常軌を逸した所業、オカルト司法手続き、カルトの教祖と変わりない決定、判決が日常で、大マスコミが「現人神が託宣を下されたぞ!合憲、合法、医学、科学、物理的事実を間違いだ!と託宣を下された!現人神の託宣通り、正しい医学、科学、物理的事実を変えろ!と司法神格化洗脳報道!」

これで「司法犯罪が、合憲、合法、正しい常識の破壊を果たして、絶対の答えだ!と、事実無根、犯罪正当化を実現!この定番司法犯罪制度化成立!を、何時までも絶対だ、と偽って成功させるべきでは有りません」

司法犯罪、経済事犯司法テロ!にしても「犯罪で収益を強奪成功!司法カルト、辯護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省が犯罪を制度化成功、で共謀して”経理偽造、犯罪収益隠匿、犯罪収益隠し目論見、税務申告も偽造を正当と職権濫用で押し通す”財務省、国税、会計検査院も共謀犯で」

ここまでの極悪権力テロ、犯罪を凶行して、司法極悪犯罪、司法犯罪経済事犯!の制度化成功に持ち込んで居る、公の実例、証拠が無数の司法テロ事実です。

司法犯罪制度化、司法テロ経済事犯!にしても、裾野がとても広いです、司法犯罪経済事犯制度化!犯罪を正当と職権濫用で押し通して、犯罪で収益強奪!悪事の限りを尽くさせて、司法犯罪経済事犯を正当と捏造して居ます。

旧来の報道機関も、司法犯罪経済事犯テロにも加担して居るので、未だに成功させられて、犯罪と言う事実を隠蔽されて居るのです、犯罪辯護士等、報道カルトと共謀機関故犯罪正当化洗脳報道のみ喧伝に走って居る、これも功を奏して、犯罪辯護士と共謀犯罪者!のしのぎですから、報道カルト連中は”司法犯罪経済事犯の犯罪手口を正当だ、と洗脳報道に走って居るし”犯罪で収益を強奪して、犯罪収益隠蔽工作に与しても居るのです。

司法犯罪は、カルト集団のオカルト教義、カルトテロ犯罪でオカルト教義こそ絶対‼正当化の手法と変わりません「司法カルトによる、オカルト司法手続き、カルトの教祖と変わらない、カルト判決!を、ネットにどんどん載せて、真実を広く告知して行くべきです」

この時代に、半世紀かそれ以上昔に、只でっち上げただけ、のオカルト司法制度医学?科学?物理?を、強引に正当で永遠だ!と、犯罪によって捏造を続けて、判決で下して居るのですから、天動説絶対、魔女狩り裁判で、魔女と常に判決を下して”火焙りにして、魔女を火で滅ぼして居る”これ等と司法カルト犯罪、テロ制度常時正当化!は変わらないから。

ネットで、誰もが情報発信出来る時代、虚偽の偶像崇拝も、話されるとXX事実毎

  • 2023/11/18 10:20

もうじき30歳代になるのに「アイドル気取りしか無い、どれだけ高度な教育を施そうとして、国の頂点で生活させても、普通の人程度すら、知性も備わらず、教養等望むだけ無駄だった、と証明し続けて、普通の人間でも、それらしく装う事位出来るだろうけれど、あそこまでxxだと、教養も何も、まるで備えて居ない事を、見事に顕すのだなと、普通に生きている30歳近い女性、以下の」

ネットが普及し続けた事で「偶像崇拝を成功させられて来た、大マスコミが洗脳報道のみに走る事で、崇高なお方であるだの、現人神と言うべき洞察力、知識、判断力を備えた国家資格者等だ‼だのの嘘が、偶像に奉って居る”平民程度にすら”の偶像達の発言、態度、知性も微塵も見せる事も出来ない現実の発露!が、当事者の自爆行為、行動、発言、地裁以前の惨状で自爆が、事実通り見る事が出来る結果で、知る事が出来るようになっています」

人間、幾ら繕っても「あまりにも知性、品格、知的水準、まともさ、正しい行動力等を欠いた人間であれば、ネットの普及時代になれば、最低限繕う事も不可能に陥るのだと、良く理解させられて居ます」

人間、偶像で奉らてたように繕うにも「必要な知性、必要な学力、まともさ、正しい品格、努力を正しくする人間性、日々の研鑽、これ等を備えて居ない人間であれば”それらしく繕う事自体不可能なのだと、事実に拠らない偶像狂信対象”連中の現実を見て、良く分かりました」

仕事柄、色々な人と接して来たのですが「直接話すと”人間の色々が見えます”世間的には大変立派な方々でも、経験値が狭い、誰もが経験しない経験を経ている人でも、経験値の幅が非常に狭い事で」

普通のエリート設定の人間から見れば、遥かにまともな、正しいエリートでも、経験値の狭さは補えず、身に着けられた経験則は、3位がせいぜいでした、人間、出来る事に向かえて、対抗、解決、処理を重ね続けられて、経験値を重ねる分、武器を増やし続けて、知識、方法論をどんどん進化させ続けて生きて行ける人間って、居ない物なのだと実体験で。

現人神狂信、必要な場合もあるにしても「現人神、偶像設定の人間の性質など、見極める必要が先ず大きく有ります、あの一家の長、連れ合い、娘と息子、取り巻き”国と民族に危機が訪れたら、真っ先に国と民族を売って、自分達だけ逃げられて、財産も持ち出して、他の国で王侯貴族生活を”に走る結果しか見えないのですが?現人神設定国家資格者連中も同様」

欠陥住宅訴訟、第三者住宅加害訴訟も出鱈目の極み

  • 2023/11/18 09:56

年々進化し続けているのは、建物の工法、支持力保持の正しい工法等も同じですが「欠陥住宅訴訟や、第三者所有建物、構築物損壊被害賠償訴訟等も、時代錯誤を極めている事すら、違う世界で生きている?法曹権力には理解以前なので」

まあ「オカルトごっこでしか、現実に無い訳で、更にこう言った事件に係る、被害補償、賠償を正しく果たす事を、不法な訴外実例作りで加速させるばかり、が現実と」

日々進化し続けている、土木建設工法、理論と実践が実際なのに「過去の判例だの、そもそも出鱈目を極めた神の裁きごっこ、カルトの宗教裁判ごっこで、正しい事実等”法曹資格者には、他も含めて何も理解以前ですから”とんでも訴訟が重ねられて、とんでも判決が下るだけです」

この事実が有るから「3,11大地震で”地下威力クリアがそもそも知られて居なかった、よって、多くの住宅施工で、地耐力のクリア等果たされている筈が無かった”結果、地盤崩壊、建物毎沈下等が、軟弱地盤で大量に起こった訳ですが」

国交省、都道府県庁、市役所建設指導、土木建設専門大学教授とやら、大手住宅メーカー、一級建築士も何処も、地帯録を正しく満たした建物施工必須!これ自体知らないと来ていますから「神戸大地震で壊れた建物の地下の水脈の有無もそうですし、3,11大地震で沈下等した建物の地下水脈の有無から、先ず調べる必要が、大前提で有る訳ですが」

多くの平民、所謂専門家ら、専門業者、建築士ら「地下に水脈が有るので、地表は水で浮いて居る、平地は多くがこれ、この現実から、実際に工事に携わる事もせず、自分達の只の思い込みを絶対だ、と自己狂信して、施工業者、現場に”只の自分の思い込み、裏付け等調べる事もせず”で、地表の下に水脈が有るから、地下水を刺激等すれば、地表が崩落、沈下したりすると言う、当然の現象など蹴っ飛ばして、自己正当化、不可効力である!と自己正当化すれば」

現人神自己狂信カルト国家独裁権力等「不可抗力だ!判決のみ下し捲ったと言う、ほぼ誰も知らないと言う前提で”誰かが事実を知って居る、地耐力不足による建物、地盤沈下で有り、欠陥施工だ”と認めさせて、復旧工事費用も持って直した実例が作られて居る等、このカルト集団は予想自体不可能ですから」

法曹資格者、司法機関構成員等「民事、刑事訴訟法の正しい適用から、正しい刑事、民事訴訟法手続き方法から知らない、が実際で有り、他の専門分野事件等、正しく理解、判断出来る道理が有りません」

まあ、今後は「13,7トンまでの重機を使った土木工事で有れば、近隣に被害は生じない!現人神訴訟実例、これから出来る判例!絶対で使える訳だ、施工側は大喜び、今まで以上にやり放題が、司法手続き、とても合法破壊に役立って居ます」

打ち込み方式の支持杭、摩擦力も加味と言うが

  • 2023/11/18 09:38

住宅密集地で、軟弱地盤地域で、騒音、振動規制法を満たした支持杭の施工を行う、まあ、泥炭地、扇状地、沼地の場合、ほぼこれ等の法律をクリア出来て、必要な地耐力を満たせる支持杭施工方法、セメントミルク併用工法以外、恐らく無いのでは?

トラッククレーンの先端に、強力な打設ユニットを取り付けて、ドリルで地盤に穴を穿ち、穴に砕石を入れて、ユニックの先端の、強力な打設ユニットで、穴に入れた砕石を叩き込み続ける、と言う、地耐力数値を満たせる、となって居る工法が有りますが、凄まじい騒音、振動が生じますので、近隣から駄目だしされれば、この工法は使えませんから。

なお、この工法は、1,2階建てまでしか、規定の地耐力を満たせません、私見ですが「この砕石打ち込み工法、打ち込んだ砕石、泥炭地、扇状地、沼地で有れば、どんどん地中で動いて行くんじゃあ?どうなのでしょうね?」

このように「適用される法律は、物理的なこう言った工事に絡むなら特に、多岐に渡る法律の規制の網が被さって居ます、住宅密集地で土木工事を行うならば、近隣と敵対しては工事に大きく支障を来します」

又、解体工事を行う場合、壊す建物が、支持杭の上に建てられている場合、環境省の指針では、支持杭も抜いて撤去が必要ですが「数本繋いだ杭だと”上の一本しか抜く事が出来ません”当然ですが」

大きな敷地の大規模土木掘削工事で有れば、掘削して、撤去出来る深さは「大体25メートル位迄は、地面を掘って撤去出来るらしいですが、住宅では無理です」

最近、大手住宅メーカーでは「いずれ腐って無くなるであろう、木製の支持杭打ち込み、に回帰して来て居るとか、いずれ腐って自然に帰る予定、の自然素材支持杭ならば、解体時の撤去も不要の筈で?半世紀後の法律規定次第ですが(;´Д`)」

隣地の新築施工、さて、支持杭の施工段階から、どうやって騒音規制法、振動規制法を満たした支持杭施工を取るやら、あいおい、札幌の犯罪司法手続き実例を使う方法が最善?何しろ「現人神法曹神の神事?で決まって居るのだから、使用重機の重量で、合法、違法が決まると言う、オカルト土木工学による」

地震で沈下、崩壊する建物と、無事な建物との違い、大きな要因は

  • 2023/11/18 09:18

先日ユーチューブ動画で「震度7以上の地震にⅩ回耐えられます、を謳う建物模型と、通常の建物の模型、住宅の模型を、地震を人工的に起こす設備と上に並べて、人工的地震を起こしたら”通常の住宅は無事でしたが、震度7以上の地震にⅩ度耐えられます、を謳う住宅が、あっさり倒壊した動画を見ました(;'∀')」

机上の空論、てやつでしょうね、木造住宅の場合で、経験で言うと「先ず必要なのは”建って居る地盤の強度が問題です、支持杭を打ち込んで有るとしても、どの程度杭が効いて居るのか?”も問題ですし」

軟弱地盤の上に建って居る住宅で、支持杭がさほど効いて居ない場合、不同沈下を起して居る住宅、山のように有りますから、住んで居ると気付かないし、並んで立って居る建物ほぼどれも、大体同じ側が不同沈下して居るから、気付きずらいんです、法人口座悪用他、のあの人間の家の場合、道路側に8センチ位傾いて居ました、支持杭は打って有るが、地盤が弱いので、杭の長さが20メートル位なければ、基礎が高いから、杭で保持できない結果です、道路の大規模改修も行われたので、道路側に大きく沈んだと言う。

現在行われて居る、住宅用の支持杭の施工方法で「2階建て(3階建ても)住宅用の、泥炭地、沼地の場所で、支持杭を必要な強度で打つには”騒音規制法、振動規制法違反をせず、規定の支持杭地耐力保持を満たす支持杭の施工方法”は、多分、現場で大型杭打機を組み立てる事と、生コン小型プラントを組み立てて、地面をドリルで掘って、支持杭を落とし込んで、セメントミルクを穴に流し込んで、支持杭を、周りの地層をコンクリート化して杭の沈下を防ぐ、この工法位でしょうか?」

この工法の場合、支持杭を叩き込む訳では無いのと、沈下を周りの地層のコンクリート化、で防ぐので、支持杭は”一定間隔で広げて有ります”セメントミルク固化地層で、杭の広くなった所を支えている、狭い所にセメントミルクが入り、杭を支えて居る訳ですね。

この工法、莫大な費用が掛かります、よって、殆どの2,3階建て住宅の施工で使われません、他に、住宅密集地で、狭い敷地内で、支持杭二地耐力を持たせる杭打ち工法で、騒音、振動規制法を満たす杭施工方法、見たら無いです。

起きた事に付いて、原因を予測、予測再現実験、結果により、の積み重ね

  • 2023/11/18 08:53

扇状地、泥炭地、大きな河川の周辺の平地、元々が沼地、湿地、こう言った土地を造成、埋め立て、盛り土して、建物、構築物を造り、沈下、傾き等が生じた場合や、大きな地震が起きた、近隣で地面を大きく揺らす工事を行った事で、傾いたり建物、基礎が損壊したりした場合、原因を予測して、再構築の時に生かします、が。

こう言った軟弱地盤、水で地表を浮かせている土地の場合「どう言う沈下防止対策工事をすれば良いか、元々想定されて居なかったので、正しい答えが導き出されても、対策工事をする方法が有りません」

起きる事態を想定しても、想定を防ぐ工事方法が確立されて居ないなら、対策方法を取りようが有りません、この事実は、地域差も大きい訳です。

札幌の軟弱地盤に建物、構築物を造って、傾き等被害が生じ続けたけれど「対策方法を、正しく取る為の工事費用拠出、これが先ず、大型施設、住宅等とも、今も有る事ですが、費用負担を先ず正しくしないから、正しい沈下防止工事を行えません」

平成13年、国土交通省が「地耐力を備えた地盤に建てる、地耐力数値を導き出す計算式を添えて、地耐力を満たした施工を責任付けたけれど”先ず、必要な施工に要する工事費用、ほぼされも出しません”よって、他の関連行政所管法律を満たす、沈下防止対策工事方法が構築されず、が実態です」

工事を実施出来ないので、対策工事に備えた工事方法等、誰も用意出来ません、無駄な投資になりますので。

平成10年代年位迄で言うと「地耐力を備えた地層迄支持杭を打ち込む、事はさほど問わず”一定の長さの支持杭を、重機で打ち込める限度と、杭打ち予算の範囲”で打ち込む事が通常でしたが、地耐力が強い地層迄支持杭を打ち込む工法として」

杭打機の上で、エンジンのシリンダー内での爆発、あれ方式で、杭の上で爆発を起こさせて、杭を叩き込む工事方法も、時々取られて居ましたが、凄まじい音と振動が、工事場所の周囲数百メートルまで届くので、クレームの嵐に見舞われました。

その後、騒音規制法、振動規制法により、ほぼ禁止されたようです、都市部では今の状況ですた「地耐力を満たす事を問わず、騒音、振動を強く近隣に与えない工法として、8メートル位の深さまで、ドリルで地面に穴を穿ち、杭を落とし込む杭打ち工法が通常ですが、軟弱地盤の土地だと、規定の地耐力を満たす地層に、この杭の流されは、まあ、届いて居ない場合が多いです」

かと言って「近隣に被害を及ぼさない、支持杭の施工方法で、杭を打ち込む工法だと、住宅地で有れば、8メートルを限度とした、工法しかほぼ無い訳で”まあ、使用する重機の重量によって、工事による”震度”が決まると言う、土木工学等無視した、司法犯罪実例、損保と司法共謀土木工学の答え?が、公式に出来たので、やり放題時代に戻るのでしょう?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433628
ユニークアクセス:6585706
今日
ページビュー:962
ユニークアクセス:939
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed