エントリー

2023年11月28日の記事は以下のとおりです。

貴金属店襲撃事件

  • 2023/11/28 17:15

3人組の強盗が、貴金属店を襲撃したけれど、刺す又を持った従業員の反撃を受けて、蹴散らされて逃走した映像が流されて居ますよね。

この従業員さん、とても恰幅が良くて、長い獲物を使っておられて、西遊記の猪八戒さんのようですが、使った得物は、沙悟浄が使う刺す又(沙悟浄の場合は、刃物ですが)と言う、猪八戒さんの得物は、長い鍬?熊手?のような武器ですよね?

で、この店員さん、沙悟浄の武器刺す又(刃物では無いですが)を振り回す、盗品の、強盗が乗って来たバイクに叩き付ける、で威嚇して、強盗3人を怯えさせて、逃走させましたよね。

刺す又って、特に敵が複数の場合、制圧出来る防御用具では無いですから、制圧は無理だったでしょう、だけど、刺す又を直に攻撃、打撃に使うと、怪我を負わせる恐れが強いですから、ああいう撃退方法で良かったでしょうね。

日本ももう、安全な国ではなくなってしまって居ます、直接的強盗、熊等の野生動物からの直接襲撃等等、自己防衛策を講じて置かなければ、身を護る事が困難な国になってしまって居ます。

口だけで平和を唱えれば、恒久平和が訪れますだの、口で争いを止めましょう、と唱えれば、友愛が生まれて、争いが無くなりますだの、只のカルトの戯言です。

自己防衛の為には、起きる可能性のある、理不尽な攻撃に対抗出来る防御対策を、様々な事態を予想して、講じる必要が有るのです。

自己防衛のための対策は「その場限りで終わる訳では無い、理不尽で有ろうと、受ける攻撃は、先の先までの、理不尽な攻撃への備えが必要なのです」

相手を、自己の勝手な理由で攻撃に走る輩、組織等は「反撃される、撃退されると、逆恨みを募らせて、更なる攻撃に走るんですよ、己が仕掛けた犯罪等、元から悪いとも思って居ないから、反撃される、撃退された事への逆恨みも積み重ねて、更なる極悪攻撃に走るんです、こう言う手合いは、理を説くだけ無駄で、攻撃への備えを被害者側で講じて置いて、撃退し続ける以外、身を守る方法は無いんですよ」

あの店、撃退した従業員、逆恨みが募った犯罪者達からの逆恨み攻撃に備えるべきと、私も常に、司法カルトからの不当な権力テロ攻撃の数々、反撃を正しく行う事に対する、犯罪者らしい逆恨み、更なる犯罪攻撃の数々の現実に、備えを怠らないよう生きています。

司法犯罪制度は、只の犯罪を、犯罪適法判決だけで制度化、犯罪だから、次々犯罪を凶行が必須

  • 2023/11/28 08:58

司法犯罪制度は、只の犯罪を、判決で適法な犯罪だ!とでっち上げただけの代物ですから「司法がでっち上げた、犯罪のまま適法化制度!を、合理的な事実立証を積み上げられれば、何処にも犯罪が適法だった、等有り得ない事が分かり、犯罪は犯罪だ、と立証されるだけなのです」

司法犯罪経済事犯は「犯罪に絡む、犯罪資金拠出者、犯罪収益受領犯罪者の出金、取得の立証を正しく果たせば”犯罪による出金、無いし、司法犯罪制度による、自己資金等犯罪で収奪被害”と立証される代物です」

犯罪を制度化した、判決で犯罪を制度化した!と強弁しても「犯罪被害資金拠出、犯罪収益取得両方の金の動き、経理、税務申告の有無、内容を証明すれば”司法犯罪経済事犯の手口、犯罪事実立証が果たせます”資金が動いている訳で、犯罪で資金が動いて、適法な犯罪、経済事犯だ!等有り得ないから」

司法犯罪経済事犯の制度化も、只の犯罪を積み重ねで成功させて有るだけ、犯罪資金の動き、詐取被害、窃盗被害の事実証拠、証明、犯罪収益を得た犯罪者の、犯罪資金取得事実立証、特に「司法犯罪制度経済事犯は”犯罪被害資金発生の証拠と、犯罪資金須得犯罪者”共に、正しく犯罪行為証拠が揃って居ますから」

司法犯罪経済事犯制度化は「犯罪被害者、犯罪で資金提供犯罪者が、資金を詐取、窃盗された証拠、横領等で資金を拠出、犯罪者に提供した”物理的証拠の隠匿、隠滅、証拠の偽造等で、犯罪で資金が抜かれて、犯罪者が取得して、犯罪で利を得た”事実証拠を隠蔽、隠滅、偽造、犯罪利得脱税、没収、賠償責任共司法が強制抹殺!」

これ等の犯罪隠蔽目的、司法犯罪を重ねて、司法犯罪経済事犯事実を闇に消して、通して有る代物です「偽造経理証拠、偽造した税務申告手続き、犯罪利得を隠匿して脱税成功、司法犯罪経済事犯、遺産金、遺産預金詐取、窃盗、横領正当司法犯罪では”遺産を犯罪で収奪に成功すれば、泥棒と共謀弁護士が、犯罪で奪得た遺産を、順次遺産目録を偽造して、遺産から抹殺!”後は共謀犯裁判官が、犯罪で奪得た遺産を、遺産目録偽造で抹殺偽造遺産目録を」

遺産は正しく?泥棒と共謀犯弁護士が収奪に成功した!犯罪で奪得た遺産は、遺産目録を偽造して遺産から消した事が正しい、拠って犯罪で奪得た遺産は、遺産から除外された!決定を下して、遺産泥棒正当化実現、犯罪収益没収逃れ、徴税逃れ出来て通って来て居ると言う。

司法犯罪経済事犯は、司法犯罪鉄吹きを経た犯罪が多数あるので、司法犯罪経済事犯、刑事、民事記録を正しく理解できる知能を備えた人間が、正しく検証すれば”犯罪から2年以内であれば、金融機関が絡む犯罪収奪”ならば、泥棒の犯罪ビデオも残って居るしね、犯罪で資金が抜かれた預金記録共々、こっちは10年保存証拠です。

司法犯罪制度化は、根本から無知で犯罪に禁忌無し、が法曹資格者の根本資質故

  • 2023/11/28 08:30

法曹資格者、公認会計士、税理士も揃って「国際会計基準17号、この会計基準を踏襲した企業会計基準13号の内容も、まあ、見事なまで”文字を読んでも理解出来る素養、思考力、基本知識、判断能力が欠落して居るから”何が書いてあるかから、まるで理解不可能と来ている訳です」

ここ迄分かり易い、企業会計基準13号も、読んでも意味の理解が不可能なので「犯罪を禁じて、合法化を果たせ、と通知、告示を出したって無駄!只の犯罪のまま、未だ凶行し続けて、押し通して居るのみの現実を生み出している原因です」

ここまで無知無能、思考、判断力欠落士資格者等、の現実だから、次の司法犯罪制度化、もでっち上げて、未だに成功させて通って居るんです、犯罪を重ねて。

1,ファイナンス貸金との間で”購入し記入し請けい契約を締結”なのだけれど”ノンバンクが動産を貸し出す契約だ”と、虚偽事実を正しいんだ!と、辯護士、検事検察庁、裁判官裁判所等が、司法権限を悪用させて、でっち上げた決定、判決を下して正当化捏造”して居る。

2、ノンバンクは、動産を購入、所持して、国中の官民に、動産を貸し出す事業許可など受けていないし、日本中の市町村に”動産貸し出し拠点を設ける、等もして居ない”初めから、只の融資契約だから当たり前です。

3,この事実、物理的事実が有るので”動産リース貸出契約”と捏造した、只の融資詐欺を糊塗する為に、ノンバンク、融資受け顧客共、経理偽造、税務申告偽造、償却資産登録不可能だからせず”当然、国税、地方税脱税等犯罪を手掛けています”どこもかしこも、犯罪で正当化を捏造、判事事実隠匿して成功させて有ります。

4,只の融資詐欺だから”該当動産は、誰も所有者が居ない”扱いとして有ります、ノンバンクは、只融資しただけなので”融資顧客が割賦支払いで購入した動産を購入、所持、リース貸出等して居ませんから”その上での、司法犯罪制度化、ノンバンクが動産をリースで貸し出している事業だ!捏造で制度化、日々犯罪凶行だから。

5、ここまで犯罪で構成しての、司法犯罪詐欺動産リースなので”犯罪がばれる事項全て、合法、合法証拠、証明は不要だ!犯罪事実全て適法だ、判決を下した、だから適法だ!”これで正当化した、事で逃がされている代物です、該当動産は、ノンバンクに詐取、窃盗させても居ます。

司法犯罪制度、犯罪だから禁止と通知が出ているが、無知無能さを発揮して続行

  • 2023/11/28 08:12

法曹資格者が指揮する、刑事、民事司法手続きごっこも含めて、正しく理解出来る素養から備わって居ない法曹カルト集団、の現実により「ファイナンス貸金による、動産リースとでっち上げた、只の融資詐欺も、司法が職権濫用、司法犯罪で、正しい動産リースだ!実際は証拠の通り、融資詐欺だけど、現人神法曹資格者が、犯罪司法手続きで、必要な犯罪を命じて手を汚させて、ファイナンス貸金が、動産を貸し出して居るんだ!事実無根だと立証された上でこう判決を下した!現人神が託宣を下したから、正しいノンバンクによる動産リースと決まった!」

この、確固たる犯罪だとの事実証拠が揃った上での「司法犯罪制度化!が、今もまかり通されて居るのです、犯罪で正当化を果たして居るだけ”平成20年4月から、国際会計基準17号を踏襲した、企業会計基準13号が発行して居る”にも拘らずです」

法曹資格者、公認会計士、税理士、財務省、法務省、金融庁職員、国税職員揃って「企業会計基準13号も、読んでも居ないし、読ませても”まあ、普通の人間であれば、説明すれば、多くの人は理解する、この企業会計基準13号通知の内容も何も”本当に理解以前なのですよ、思考、判断する資質、能力、正しい知識が全く備わって居ないからです」

@企業会計基準13号を、ざっと説明しますと

1,ファイナンスリースは、購入代金の融資契約で有り、ノンバンクによる動産貸し出し、リース契約では無い。今後はファイナンスリース契約を、ノンバンクとの融資契約で統一せよ。

2,ノンバンクから融資を受けて、購入した動産等は、融資顧客事業者(公的機関、政治団体も)が購入した動産として、資産登録せよ、民間融資顧客事業者、政治団体等、償却資産税納付責任を負う民間は、動産が所在する市町村に拠点を設け、該当市町村に、拠点住所で償却資産登録して、償却資産税納付せよ。

3,ファイナンス融資契約は、ノンバンクとの融資契約で有り、以後ノンバンクとの動産リース契約、と偽る事を禁じる。

4、ノンバンクとの融資受け契約返済金は”利息のみ経費で計上とする事、ノンバンクに支払い金全てを、動産リース借り受け金返済”と偽った経費計上は禁じる。

ざっとこう言う通知、告示ですよ、企業会計基準13号の内容は、司法犯罪制度、ファイナンス貸金との、融資契約なのを、ノンバンクとの動産貸し出し、借り受けリースですよ、虚言だから、全部偽造、証拠隠滅して有り、脱税して有るけれど、ここまでの犯罪で、ノンバンクとの動産リースですよ、と捏造が正しいんだ、司法犯罪制度の極悪犯罪事実、理解出来る、犯罪証明出来てる訳だ。

時系列で司法犯罪を列記、只の犯罪を制度化した、この手で犯罪収益を、が立証

  • 2023/11/28 07:53

司法犯罪経済事犯も、犯罪を時代に沿って列記して、犯罪方法を時代毎に証明し続ける事で、司法が企んで、凶行して、犯罪で収益を手にして、逃がされて来た手法、犯罪の推移、極悪化の加速事実等が証明出来ます。

司法が最後に、只の犯罪のまま、適法な犯罪だ!と決定、判決を下したからと、犯罪が犯罪のまま、適法化された犯罪だ!こう捏造、必要な犯罪を重ねて正当な犯罪‼とでっち上げて成功させて有る、司法犯罪のからくりが、犯罪を時系列で列記して「それぞれ、どう言う犯罪を凶行して、犯罪のまま、適法な犯罪だ、とでっち上げを成功させて有るか、司法犯罪毎に検証すべきなのです。

石狩沖に、民間に洋上風力発電設備を、海底の盤に固定させて設置した「石狩、小樽市役所間で”償却資産登録を自分の市にさせて、償却資産税を得ようと争い続けている”不法な争いなので、元々どっちの市にも、償却資産登録、徴税させる権利は無いから、市町村の権限は、陸上限定だから」

根本が間違いで争い続けていて「司法判断を仰ぐぞ!だとさ”ファイナンス貸金詐欺融資”この犯罪でも”ノンバンク、融資顧客の経理、税務申告を偽造で良い、と判決を下して有って、国税、地方税、償却資産税も含めた地方税脱税目論見、税務申告手続きも偽造で良い、脱税を認める判決を下して来ている司法カルト犯罪国家権力」

このノンバンクとの、詐欺融資事業、契約事実を承知の上で「司法機関、政治団体、国、地方行政機関、会計検査院、財務省、経済産業省、国税庁らぐるみ、一連の犯罪を共に活用までしている現実」

当然、同様の犯罪に、官民揃って手を染めて、「正しいノンバンクによる、動産貸し出しリース事業、リース契約だ!と、強引に偽りを通している通りです、犯罪を重ねて成功させて有る、経理、税務申告偽造、行使、犯罪種駅隠匿、脱税成功も司法カルトが指揮して、成功させて有る現実の上で」

石狩、小樽市役所、元々出鱈目、間違った海中の盤に構築、風力発電設備に対する、償却資産登録、徴税の奪い合いの上で「償却資産登録、徴税も、司法犯罪判決で偽造で良い、脱税で良い、詐欺融資契約だが、動産リースと捏造が正しい!判決で適法化を今も強引に通して居る、司法判断を仰ぐって、うましか過ぎるだろ、犯罪指揮犯に、犯罪利権を得させろ!と判断させる訳だぞ」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348255
ユニークアクセス:6501799
今日
ページビュー:399
ユニークアクセス:395
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed