エントリー

2023年12月02日の記事は以下のとおりです。

幾ら司法犯罪だ!禁じる!と通知をしても無駄、あまりの知的水準故

  • 2023/12/02 16:01

ファイナンス貸金と販売店、違法な貸金営業、共謀弁護士用の犯罪、融資詐欺で暴利を貪り捲り、仕上げは裁判官、裁判所、検事、検察庁が、辯護士、辯護士会と共謀して、この融資詐欺、暴利強奪を正当と捏造で荒稼ぎし捲って来て居る、只の融資詐欺他犯罪のまま、司法が職権悪用で、犯罪のまま合法無しで適法だ!決定、判決を下して正当化捏造、だけど。

一切合法は無いから「司法が職権濫用を凶行で、必要な犯罪を命じて手を汚させて成功、国家権力、司法権限を、犯罪に活用しての司法テロ、犯罪です、でも只の犯罪ですから」

ファイナンス貸金が、融資契約なのに、動産を貸し出しているリース契約ですよ!と、只の法螺で、一パーセントの合法も無しで荒稼ぎして、経理偽造、脱税を武器と出来る故、只の融資詐欺から始まっている犯罪と証明されて居る上で、司法犯罪制度で荒稼ぎ、辯護士も犯罪収益の一部を与えて貰って居るから、検事検察庁、裁判官裁判所、警察が、捜査権限を犯罪正当化に悪利用で成功し続け。

企業会計基準13号は、平成20年4月1日に発効して居るのですが『弁護士、検事、裁判官カルトの頭の、駝鳥?のような?故、分かり易い告示も、読んでも意味をまるで理解出来ないと言う強み!を発揮して、今も犯罪を凶行、司法職権濫用、テロで成功化捏造」

司法カルトには、どれだけ正しくて分かり易い告示、通知、通達を出そうとも、理解出来る何も持ち合わせが無く、正しい必要知識は備えて居ないし、備える事自体カルトだから不可能!

司法犯罪を成功させて有る手口は「司法が職権濫用、辯護士の手ゴマ、只の木偶、傀儡が実際の、黒服で前で、の現人神設定の方々?を、犯罪実行役弁護士が”戯言を吐けば、裁判官カルトは、唯々諾々と従うんです、自己が全く無い、自己等顕せる法曹資格者、裁判官は、司法一体、を破る遺物!で潰されるしね”

現実として、辯護士、検事検察庁、裁判官裁判所、警察、他国家権力、国家機関、結託して悪事の限り民間!只の無知蒙昧なテロ、犯罪者です、明けても暮れても犯罪三昧!犯罪でしか、法律家仕事を果たした、と偽装出来ないまで程度が凋落し切って、元からこの程度かもっと下!の結果です。

司法犯罪経済事犯、凄まじい件数、凄まじい被害額、不都合が生じる都度、司法カルトが法務省等と共謀、犯罪を命じて従わせて、司法犯罪制度が正しいんだ!と洗脳も重ねる他、他者を裁く資格自体、国際テロ犯罪者、テロリスト!に有る訳が有りません」

司法犯罪被害件数、金額、没収、徴税逃れ額、賠償踏み倒し分も

  • 2023/12/02 15:32

自民党会派の政治資金収支報告書虚偽記載、闇資金作りも含めた不正行為とやら、東京地検特捜部が立件を視野に入れて、とか報道されているけれど「政治資金規正法違反の証拠も添えて、刑事告発したら、証拠が揃って居ない、事件が曖昧だ、だの言いがかって告発を潰して居ます、只の犯罪隠蔽工作です」

山のような司法経済事犯犯罪事実、この司法犯罪も、永の年月、故意に犯罪事実証拠が揃おうとも「司法職権濫用、弁護士用の他者の財産収奪正当化!犯罪制度化、が根拠だ、と犯罪全て闇に葬り、被害、被害者を泣き寝入り、陥れて成功させている通りです」

対人損害賠償支払いを潰す為の「刑事捜査記録偽造を事前に企んで有り、証拠の医学的証明書から、第三者受傷は嘘だの、軽い怪我だだの、第三者受傷は軽微な怪我だったから、すぐ治療等が終だ野、刑法第160条を故意に適用せず、を医師の犯罪証拠作成、行使の面積で、闇で組み込んで有り、常時この医証、刑事捜査出鱈目、で対人賠償支払い犯罪で叩き潰しが常!ともされて居ます」

司法犯罪経済事犯、この司法テロ、犯罪を成功させて有る、犯罪で奪った資金の出所隠蔽、犯罪資金の流れ隠蔽、犯罪者との証拠も隠蔽、犯罪資金隠匿用、経理、税務申告偽造、犯罪を重ねて成功させるべく、司法が犯罪を免責とする、犯罪証拠を隠匿、隠滅、偽造で犯罪抹殺する、税務申告を偽造で通す、脱税を組み込んで成功、犯罪収益隠匿目論見の犯罪も組み込んで有る。

司法犯罪制度を成功させるべく、必要な犯罪全てを、犯罪弁護士が暗躍して、警察、検事検察庁、裁判官裁判所を支配下に置いて居るから、犯罪を隠蔽する、犯罪を成功させる為に必要な相手、担当等に、犯罪命令を出して従わせて、司法犯罪が正しいと捏造に成功して居ます。

司法犯罪経済事犯、の確固たる証拠が表に出ていても『弁護士、検事、裁判官カルト等「帳簿も読めないし、司法犯罪経済事犯の内容も、まるで理解不可能な頭だから、経済事犯犯罪だ、との確固たる証拠が出ていても”何の事か、まるで理解以前”清々しいまでのXXさ加減と来ています」

自民党系の政治団体の、政治資金規正法違反とやらを、司法が調べて処断する?自分達が手を汚し捲って止めもしない、司法犯罪経済事犯、テロ責任を負おうとせず、良くもまあですよね。

司法犯罪凶行国家権力、法曹資格者、司法機関は「司法テロ、犯罪が暴かれて言い逃れ出来なくなれば、元がテロ、犯罪を凶行なので”冤罪捏造で粛清‼もやり放題出来ていますから、司法犯罪が公式に暴かれ証明されれば、詐欺冤罪でっち上げで粛清だ!”これに走るばかり、も実際です」

胡散臭さしか

  • 2023/12/02 10:45

法曹資格者は、半世紀かそれより昔に、只当時でもでっち上げただけの、法曹資格者全員が”同じマニュアルを使い、全員現人神!”ごっこで通じる仕組みのまま、今も不変を重ねてだけ居る、カルト集団そのものが実際です、自分で物事を見て、把握して、対応を考えて、正しく事に当たる等不可能、カルトはこれだから。

その法曹資格者、司法機関が「自民党の政治資金規正法違反を、許されぬと処断に動く、お前らの司法職権乱用犯罪の山、はどうなった?犯罪者と犯罪弁護士用に、司法職権濫用を武器で駆使して、只の犯罪を正当犯罪だ!と決定、判決を下す、犯罪告訴告発を、職権濫用で潰して犯罪を成功させて逃がす」

この現実も、既に立証済みの通りの上で、司法の神格化を、平民は無条件で狂信しろ!逆らうと冤罪粛清だ!

この手しか、司法犯罪が暴かれた場合、打てる手段を持ち合わせて居ないんですよ、犯罪強制適法判決で逃がすのと、まだあったか「犯罪で司法犯罪隠蔽の為、犯罪を命じて手を汚させる手とか」

司法が犯罪を常態化させて、日本中で司法犯罪被害を生みださせて、成功させる為の犯罪を命じて、犯罪正当化判決で更なる犯罪拡大も、司法犯罪が暴かれようとも、司法職権濫用を武器で駆使して、悪事を増幅させるばかり。

司法犯罪以外、合憲、合法の意味も不明が実際なので、現人神ごっこ出来ない訳です、無知無能さが極められ過ぎているから。

司法犯罪が次々、確固たる実例証拠で暴かれ証明されて、詐欺冤罪粛清もしくじり続けて、政治にも追及される危険も大きくなり?水に落ちた犬状態の派閥を、とか?

水に落ちた犬だと、司法が政治を糾弾?

  • 2023/12/02 10:29

時代錯誤を極め過ぎて、気付く頭も程度も何も備わって居ない、司法犯罪制度化、が常の法曹カルトの現実。

水に落ちた犬、だろうからと?叩く対象に選んだんじゃあ?政治資金規正法違反、以前確固たる政治資金規正法違反、嬉々として告発潰した実例は?同じ犯罪を、司法も共謀で実行、加担責任は?

司法の職権を悪用して、主眼が弁護士用の司法犯罪経済事犯、制度化でっち上げ、犯罪で他者の財産、公的資金収奪で犯罪収益を得放題!犯罪が暴かれ証明されれば、司法職権濫用テロ!で犯罪免責、犯罪者と犯罪闇に葬って成功させて有るし。

追及者を冤罪で粛清成功。三井環元検事も、田中森一も、上手く犯罪者と出来たし、田中は兎も角、三井元検事は、やり方が拙かったから陥れられた、報道を正義だ、等勝手に信じたから陥れられただけ?

司法が犯罪を仕組み、職権濫用、犯罪制度化でっち上げ、不都合な犯罪証拠証明、犯罪不成立を、犯罪を命じて手を汚させて、強引に成功させて有る司法犯罪事実。

ネットが普及する前までは、上手く国家権力が共謀で与して、司法は絶対正義、全能の神である、ごっこで犯罪を成功させられただけ、現実は只の極悪犯罪のままなのだけど、大マスコミが犯罪を重ねて成功が司法犯罪の現実、を糊塗した、司法現人神報道、洗脳で成功させただけ。

いま、自民党、阿部派の政治資金規正法違反、とかを糾弾している司法、報道ですが「司法による極悪犯罪の山、既に公の犯罪とされた上で、法曹資格者は正義、全能の現人神であるごっこに興じるばかり、でも、司法犯罪も公表された通りの今」

政治を、司法は正義だ、と出鱈目に、司法犯罪を無い事と偽り、叩く、処断する動き、胡散臭いと思います、自己を律する事も不可能、我欲に拠らわれた酒の法曹資格者、司法機関の現実の中で、水に落ちた犬は叩け、程度にしか。

司法犯罪経済事犯

  • 2023/12/02 08:00

@衆議院への請願、国税庁に対する、司法犯罪経済事犯、職権濫用による犯罪収益取得、経理、税務申告等偽造等を是としての、犯罪収益没収、徴税逃れ取得への徴税調査、合法徴税、告発の求め、道庁、記載市は、先ずファイナンスリース、詐欺融資事実調査、徴税、告発せよ

                                  令和5年12月2日

請願、訴え先 自民党関連、政治資金収支報告書虚偽記載等、司法犯罪が先
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7番1号
額賀福志郎 衆議院議長殿
TEL03-3581-5111
住沢整 国税庁長官 札幌国税局経由訴え
TEL03-3581-4161
森田祐司会計検査院院長、司法機関詐欺リース契約、横領金司法手続き禁止を
TEL03-3592-7393,FAX03-3593-2530

            本件訴え提起法人、司法の記載他犯罪だけでも、司法に犯罪扱い不可
                住所
                商号
               取締役
            TEL011-784-4046,FAX011-784-5504
        ※記載各市役所、国税は現在、損保、金融機関横領等も調査、処断して居ます

近藤宏子札幌高裁長官 司法経済事犯犯罪、適法判決で統一は?
TEL011-231-4200,FAX011-271-1456
上村昌通札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正 犯罪収益隠匿犯罪免責他
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
鈴木道知事、市町村課森越課長他 海洋動産、償却資産税徴収該当ですか?
TEL011-204-5154,FAX011-232-1126
秋元札幌市長 市民声を聞く課、市税、ファイナンスリース契約全部署配布
FAX011-218-5165
石狩市役所 加藤龍幸市長、枡谷税務課長
TEL0133-72-3119,FAX0133-75-2275
小樽市役所 迫俊哉市長、栗山資産税課長(246)
北広島市役所 28年頃米川、林税務課長担当(617)
TEL011-372-3311、FAX011-372-1131
江別市役所 28年頃、表課長、檜山資産税課主査担当
TEL011-381-1404,FAX011-381-0390
恵庭市役所 28年頃、小林税務課長担当(410)
TEL0123-33-3131、FAX0123-32-0260
千歳市役所 28年頃、細貝、石森課長、高橋、三上税務係長担当、432
TEL0123-24-0158,FAX0123-49-2056
岩見沢市役所 現在まで、当時係長、現在は又村税務課長担当(225)
TEL0126-23-4111、FAX0126-23-9977

1,石狩沖の海洋下の盤に、民間で設置、風力発電設備が構築された問題で「石狩、小樽市役所間で、両方の市役所で、風者の資産登録、徴税で争って居ますが”国士法、海洋法からの規定が有り又、償却資産登録、徴税該当動産は”この法の設立時点から、陸上の動産で、市町村管轄内の動産”等の規定が有る訳で、海洋上、海中の盤に固定設置動産は、設置場所の権利は国際社会、無いし国に有るので、石狩、小樽市役所が資産登録、徴税を争う根拠は無い筈です、これを軸として、記載先石狩、小樽市役所までは、これ等事実と、ファイナンスリースも含めた、司法が経理、税務申告等偽造、犯罪収益隠匿、脱税共謀、犯罪収益を丸ごと得させて逃がして居る、司法経済事犯複数実例、証拠も提供して有ります」

2,北広島、江別、恵庭、千歳(岩見沢市役所、ここには発信済み、又村課長のみ、ファイナンスリース、司法ぐるみ犯罪訴え当時から継続担当故)市役所にも同様の事実と、司法経済事犯犯罪が絡み合って居る、訴え提起済みの司法犯罪経済事犯等を伝えます「当社が立証して、記載先道庁、市役所に実例証拠として、今回提供した解説書面(衆議院、国税への訴え)裏付け証拠の一部だけでも膨大な分量になりますので”石狩、小樽市役所と協議して、一連の、当社から送った書面、証拠の一部を、電子化してメールで受け取り”同じ情報を各市役所で持った上で、次の司法が共謀で成功させて有る犯罪、脱税を軸とした犯罪への対応を願います」

3,なお、国税庁、札幌国税局は、次の事実に付いて、当時各市役所に、償却資産税脱税他調査、脱税摘発、合法徴税、経理、税務申告偽造等に付いて、調査、合法化、合法徴税等を全権委任した通りです。

4,ノンバンクの事業、ファイナンスリース、違法貸金契約を、動産リースと捏造犯罪、司法も犯罪適法判例作りで共謀の手は、償却資産違法登録(せず)償却資産税脱税国中で実行、双方経理偽造、この融資詐欺は、司法、警察、国、地方行政機関他揃って共謀、加担、ノンバンク、ノンバンク違法営業販売店、顧客官民共、経理偽造、税務申告偽造、脱税他犯罪と、これ等犯罪適法判決で正当化捏造、ご承知の通りです。

5、上記の事実証拠証明(札幌地裁平成17年(ワ)第747号、オリックスが原告、東方被告、リース料請求事件、判決文等、この融資詐欺証拠他を揃えて、平成28,29年当時、当社からの通報、告発を受けた各市役所(札幌市は蹴った)が相互に協議を行い、恵庭市役所小林課長は、公共事業土木建設請負土建業者が、ファイナンス貸金との間で、高額動産、数千万円の重機を”企業会計基準13号、平成20年4月1日発効で禁じて有る、ノンバンクから動産をリース借り受けして居る、との詐欺融資契約事実、実際は違法な融資受け、融資資金で重機購入、支払いは借入金返済、リース料支払いで経費計上も違法を、地方税法徴税調査で証明して、ノンバンク、土建業者に回答を求め、ノンバンクは詐欺融資故逃げた事も有り、小林課長は土建業者に、重機を自社購入機器で資産登録させ、償却資産税徴税を果たした通りです。

6、現在国税庁は、上記地方行政機関による、ノンバンク融資詐欺、只の犯罪を、恵庭市は一定是正させた、他の市役所も国税局に、合法化対応を求めたが、国税は市役所に全権委任、丸投げで経理、税務申告偽造、複合脱税、該当機器詐取、窃盗、これ等犯罪で収益を得て、偽造経理、偽造税務申告、犯罪適法司法判決、犯罪告発潰しで犯罪者、犯罪行為事実免責を続行させた事実の是正等も有り、これ等の司法が頂点で確固たる経済事犯強制適法化、犯罪収益犯罪で隠匿、税務申告偽造で複合脱税成功、等に手を入れ出して居ます。

7、よって各市役所は「今後は”司法、警察、国、地方行政機関、民業がこぞって活用、ファイナンスとの詐欺融資契約を、動産リースと偽造、経理、税務申告(政治資金収支報告書、役所の契約不正締結、購入動産資産記載偽造他共謀で)に付いて、正しく徴税目的調査の実施、違法事案取り纏め、徴税を国税局と実施、告発等を正しく行えます、政府にも上げるべき犯罪”です」

8、これ等司法犯罪経済事犯は「資金の流れを、資金が動いた金融機関への、脱税、犯罪収益証明の為の、国税庁、地方行政機関による、憲法、法律で認められて居る調査を、司法権限悪用で妨害、これ等犯罪適法判決、犯罪告発不法潰しで犯人と犯罪抹殺、を武器で成功させて来た訳です」

9、ですが”犯罪資金移転防止法発効、令和元年7月1日、新民法第909条2項発効(遺産預金を相続権証明者が、自己の身分で一定額引き出せる法律発効、妻も遺産預金を司法共々横領され、この法律手続日本発で、遺産預金仮支払い手続きこの日朝実施、妻名で遺産預金仮支払い受領、司法犯罪口座名義人偽造で他者、遺産預金窃盗、詐取、横領司法が口座名義人偽造で収奪共謀、指揮犯罪を、犯罪と立証した”この事実も作れたことも有り、次の合法徴税実施手続きに変わった。

10、令和元年12月から、先ず初めは500万円を超える預金が、口座名義に煮貝の手で引き出されたと思慮された場合、金融機関は税務署に通報、無条件で10年分の預金記録、犯行ビデオ映像を提供が必須、と手続きが変わった、ここ迄は”預金は金融機関資金、預金者は被害者不該当、横領等告訴せず、よって令状発行せず、犯罪証拠預金履歴、犯行ビデオ隠匿”この手で成功させて、経理、税務申告、遺産目録偽造で成功させて居ました。

11、翌令和2年1月からは”預金、遺産預金横領、詐取、窃盗疑いが有る場合、告発を受けた場合国税局、税務署は、該当金融機関に対し、該当預金履歴10年分と、犯行ビデオ映像提出を責任付けられ、主体が弁護士、司法書士用の司法経済事犯、上記犯罪の手が崩壊して居ます”ゼイチョーと言うテレビドラマで”菊池風磨氏が演じる市役所税務担当が、脱税者に”徴税目的で有れば、該当預金記録を令状なしで取得出来る”と発言した場面も放映されて居ます、司法は憲法、法律蹂躙で、金融機関預金履歴、犯行映像は、金融機関が被害者、令状なしで取得厳禁(この時期の前の定番手法、預金、遺産預金を盗めれば、没収、徴税逃れを司法が成功させて、犯罪者弁護士、犯罪者共犯弁護士とで全額手に入れて逃がされた)と職権濫用に走って成功させた訳です。

12、今年に入り、当社は”損保、司法、金融庁、国交省らが共謀の犯罪”自賠責、任意自動車保険不法使用、弁護士特約無し、違法な自動車保険適用、火災保険、第三者行為損害保険、自賠責で弁護士費用、訴訟費用拠出は只の犯罪”司法が弁護士用に、国中でこの損保事業資金横領、犯罪司法手続き常態化を働いて来て居る、この犯罪に付いて、ようやく国税が、業務上横領、詐欺行為、国税徴収法第382条、法人税法第159条適用等を稼働させた事で、当社からの告発を受けた国税は、札幌高裁(地裁も)令和3年153号対人賠償訴訟で、三石住友による、不正な弁護士費用、訴訟費用拠出に手を入れたし、札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号事件では、東京海上日動によるこの犯罪、札幌の司法、道警ぐるみ、当社と私を詐欺冤罪に落とす目論見の犯罪司法手続き”も手を入れています、石狩、小樽市から提供を受けて下さい。

13、他にも”損保、司法、警察犯罪、対人加害、死傷被害事件で損保が加害側賠償責任を、加入加害者と負った場合、刑事捜査で虚偽の第三者傷害、と捜査捏造で詐欺冤罪成立”この犯罪と、被害者の主治医と損保、司法、警察が共謀して、刑法第160条(医師が虚偽の診断書、検案書、偽造死亡診断書を公務所に提出の場合の刑事罰、3年以下、30万円以下適用)を故意に適用せず(札幌地検刑事部、道警、中央署が認めて居る)合法賠償を叩き潰せるように、損保、提携弁護士が指揮する司法、警察が主治医に、合法賠償せず用偽造医証を作成、発行させている犯罪の手、も立証して有ります”三井住友は、札幌医大付属病院と人身交通事故被害者の主治医に、医証を偽造させ、賠償潰しに、札幌地裁高裁、熊建吾三井側弁護士、丹羽錬被害者委任、札弁連派遣弁護士ぐるみ偽造させた、偽造医証と承知で証拠採用”三井の意思も潰し、賠償潰し司法犯罪、も企みました。

14、この犯罪では、札医大に保健所、道庁らが監査に入ったし、当社らの働き掛けで、止むなく裁判官、弁護士は、三井が支払うと言って居た、1,750万円を法廷内和解で支払う事となりましたが、更に当社、私への逆恨みを募らせて、令和3,4年(詐欺リースの手で、東海、辯護士、検事、裁判官、加害責任者息子、警察が詐欺冤罪他捏造)詐欺冤罪捏造に続き、今年も”当家裏住宅解体で、当家が損壊被害を受けたが、工事業者加入あいおい、不正委任弁護士高石博司、鑑定人らが司法と共謀して、虚偽の住宅損壊、詐欺事件と捏造、詐欺冤罪粛清に、3年続けて走る現実となって居ます、何としてでも、司法犯罪を暴き、潰す当方を陥れる目論見です。

15,全て完全な虚偽の詐欺冤罪、全て当方に請求権自体無し、請求する筈無し、当事者間示談締結、加害者側一定支払い事実の上で、示談は捏造、犯罪だ、東海、あいおいに詐欺で請求した、司法が職権濫用で決めた、との手での詐欺冤罪です、虚偽との確固たる証拠も揃った上で、警察、辯護士、検事、裁判官は、冤罪、只の捏造との証拠が出ているが、見ても全く理解出来ず、詐欺冤罪、示談捏造、示談金支払いは虚偽だ、と、警察、辯護士、検事、裁判官ぐるみ、当事者間では事実無根の詐欺、示談捏造と言っても、職権濫用で司法が犯罪をでっち上げて、陥れに走っている事件です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348185
ユニークアクセス:6501729
今日
ページビュー:329
ユニークアクセス:325
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed