エントリー

2023年12月09日の記事は以下のとおりです。

人身加害での、犯罪による損害賠償潰し常時成功、医証偽造を命じる等を武器で、のなぞり

  • 2023/12/09 17:26

山本×Ⅹ、ワイエ×商会、東京海上日動、札幌の法曹カルト犯罪集団共謀の犯罪では、長縄信雄税理士、事務所も、偽造した決算書、税務申告書などを、合法であると、税理士資格を悪用して捏造して、脱税成功も含めて、ばれるまで上手く行って居た訳です。

自宅損壊被害による、損害賠償事件では「あいおい、一級建築士、札幌の司法テロ権力が共謀して”建物損壊は虚偽だ!隣家解体工事は、13,7トンのユンボで実施した、この重量の重機使用工事だと、震度3以下しか揺れないから、工事場所隣家損壊は起きない!”とした、出鱈目な一級建築士発効、隣家損壊は虚偽、賠償詐欺だ!証拠が作られて、詐欺冤罪を成立させられる筈だった、国家資格を悪事に活用実例の一つ」

この二の国家資格者が、詐欺冤罪等を成功させるべく、など目論見を持った、偽の証明書作成、行使犯罪で、詐欺冤罪捏造を常時成功させて居る、損保、司法犯罪国家権力テロ!の手口は。

対人加害事件が起きれば、被害患者の主治医と医療機関に「損保、共謀弁護士、捜査機関、裁判官等で”対人加害事件事実を、事実無根で軽微な怪我だ、と、刑事事件捜査で捏造するから、又、合法に、受傷程度による損害賠償金支払いせず、犯罪医証と、虚偽の軽微な怪我との刑事事件でっち上げ捜査証拠を武器とさせて、合法賠償潰しを行うから、主治医よ、虚偽で軽微な受傷だと、偽造した医証を作成して、発行しろ!と命じれば、常時狙う通り医証が偽造され、発行されて居て」

虚偽で軽微な受傷だ、事件で受傷は嘘だ!との、でっち上げ刑事事件捜査記録が常に捏造で作れて、成功させて有り、合法による、対人賠償、補償金支払い潰し、も常に成功させて有るのです。

事件で受傷被害は虚偽だ!損害金、損害保険金詐欺事件だ!冤罪粛清も、被害者の主治医が医証を、損保、警察、司法テロ権力が命じる通りに偽造作成、発行するから、常に詐欺冤罪粛清も成功させられて居ます。

損保、警察、司法極悪犯罪権力は、この医証偽造命令を出せば、常に偽造命令通り、被害者主治医は、医証偽造、行使犯罪に走って居る、刑法第160条不適用も制度化して有り、医師は医証偽造し放題!偽造命令を、辯護士、刑事検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、書記官が出して従わせられて居る、この成功体験が有るから。

税理士、公認会計士、一級建築士にも、狙う通り、国家資格者偽造作成、発行証明書作り命令も出し放題、従わせ放題出来て居ると言う。

同様の事実として「法曹資格を悪用して、犯罪正当判決、犯罪者、犯罪事実免責、抹殺判決で犯罪を消して有る!犯罪で収益を、無税で得て逃がされている、この司法テロも日常凶行されて居ると」

地耐力クリア偽装を、損保、司法共謀犯罪司法手続きで公式立証実現、狙いと逆の

  • 2023/12/09 16:59

自宅が、隣家解体工事が原因で損壊させられた被害に見舞われた、工事業者が加入する、あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、札幌の法曹権力、司法カルト機関は「今度こそ、損害保険詐欺冤罪で粛清出来るぞ!工事業者が被害者を、建物損壊は虚偽、詐欺請求を被害者が、工事業者が加入するあいおいに行った、詐欺事件だ!と、刑事告訴、民事訴訟提起を実行すると」

あいおい、共謀犯罪弁護士が、あいおい事業資金を横領拠出して、犯罪辯護士、犯罪司法機関が、横領金を横流しさせて受領、工事業者、被保険者が、この横領、詐欺も実行者、と設定しての損保、司法犯罪、詐欺冤罪捏造公式司法犯罪手続き、に走った訳です、山本×Ⅹ、東京海上日動、中島桂太朗辯護士が、道警、札幌検察庁、検事、札幌の裁判所、裁判官を、詐欺冤罪成功させる犯罪指揮を執り、従って詐欺冤罪成立に、司法権力悪用で暴走事件、と同じ構図の損保、司法テロ、犯罪が再現されています。

この、あいおい、一級建築士、司法共謀詐欺冤罪捏造の罠、公式司法犯罪手続きも実行!により「国中の一階建て、二階建て住宅の多くが”地耐力を満たして居ないのに、満たした施工だと、確認申請、完了証明が偽造で出されている、融資詐欺も行われている、施工合法公文書証拠が偽造だから、融資承認も実は詐欺」

この大事件、国家犯罪も、公式に表の司法犯罪手続きでも、立証されているのですよ「あいおいと司法と、一級建築士二名も共謀して”13,7トンのユンボで土木、建設工事を行っても、震度3以下の揺れしか生じない、よって隣家損壊は虚偽である”とした、土木建設理論等破壊!一級建築士国家資格を悪用した、でっち上げの証明書を作成して、建物損壊は嘘だ!詐欺だ!と確定させるべく企み、犯罪に走った訳ですが」

こんな出鱈目な、重機の重さで震度が決まる!等と言う「国家資格者員級建築士がでっち上げた証拠では、まあ通常は”こんな国家資格者でっち上げ証拠は、損保、共謀弁護士等が、刑事、検事、刑事、民亊担当裁判官に、ほらね、こいつは詐欺を働いたんですよ”と見せて、うましかの検事、裁判官は、日常的に乗って、詐欺だ!と判決を下して、でっち上げが正しいんだ、と強引に決めた、で通すのですが」

表でこんな、一級建築士二名がでっち上げただけ、の証拠?も使ったのでは「国土交通省、都道府県庁建設指導部所、建築主事、民間の検査機関等等を、このでっち上げた建物損壊は虚偽、一級建築士資格悪用で捏造事実、を絶対だ、として、相手としなければならなくなった訳です」

挙句「これから支持杭を、合法を証明して施工する現場全て”虚偽の地耐力クリア申請、合格公文書証明書発行、融資詐欺実行”で通っている、今までのようには行かなくなっています」

さて、どうやって始末を付けるのか、あいおい他損保犯罪事業者、下僕法曹カルト、司法犯罪機関等は。

司法犯罪手続きは、司法犯罪を公式立証、同様犯罪を活用も

  • 2023/12/09 16:40

半世紀以上も同じ、司法権力悪用、犯罪正当化、犯罪を凌ぎと強引にさせて成功に持ち込み、犯罪者、犯罪事実、犯罪行為責任抹殺成功、この手で司法犯罪制度は、次々でっち上げられて、国中で凶行され放題、犯罪を弁護士、退官後の検事、裁判官は、犯罪者共々、しのぎを得る手立てとさせています。

あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、司法犯罪国家権力が共謀して、一級建築士も共犯で、土木建設工事に起因した、隣家損壊被害を、只のでっち上げを事実と、一級建築士、国家資格者が捏造した、国家資格者作成証拠?を作って、事実であると、司法犯罪手続きで決定に走って居る。

山本×Ⅹ、ワイエ×商会、長縄信雄税理士、事務所、中島桂太朗辯護士が、警察、検事検察庁、裁判官裁判所を支配下に置いて、共謀犯となって、損害賠償金、損害賠償保険金支払いを潰す目論見で「損害保険金詐欺冤罪を仕組んだ、関係する合法隠蔽目論見、犯罪で事実証拠隠滅、犯罪正当用犯罪凶行」

これ等の損保、司法テロ犯罪の常、の犯罪を凶行して、合法な損害賠償を叩き潰しに悪の限り凶行三昧、詐欺冤罪捏造も、詐欺冤罪を作り変えるまでして、強引に詐欺に落とそうと暴走も、しくじり続けたけれど、後に引けないから、次々司法テロ犯罪を重ね続けている。

自宅損壊被害が起きた後、同様の損保、司法犯罪、嘘で塗り固めての、損害被害は虚偽、賠償詐欺だ、でっち上げに走った、山本Ⅹ、ワイエ×、長縄税理士、事務所、中島桂太朗辯護士が、警察、司法を犯罪正当化目論見で犯罪に従わせる指揮を執って、この損保、司法テロの再現犯罪が、やはり凶行されて居るんです。

それも「詐欺冤罪でっち上げ、詐欺冤罪を成功させるべく謀ったが、全く被害者を詐欺冤罪粛清出来る、詐欺冤罪では無いと、冤罪に落とそうと謀って居る相手に証明されて、犯罪共謀弁護士が、共に逃げた事で、犯罪を厭わない極悪辯護士、を担ぎ出して、全く違う詐欺冤罪に作り替えて、詐欺冤罪に陥れて、損保賠償支払い潰しも成功させるべく」

この二事件、見事なまで、同じ損保、司法共謀詐欺冤罪凶行、破綻、詐欺冤罪別の事件を捏造、どうあっても詐欺冤罪に陥れる!と暴走して居ます、後に引くと、合法を果たすと、こいつ等破滅しますから、詐欺冤罪粛清を、どうあっても果たすしか無いんです、普通は、今までは、この一つの詐欺冤罪粛清手口で、常に陥れられて来たんですから。

あいおいと一級建築士、司法共謀冤罪も、目出たく国家犯罪立証が

  • 2023/12/09 13:30

自宅が壊されてすぐから「損害保険金詐欺冤罪に落とす、と、あいおいと共謀弁護士、一級建築士、札幌の法曹権力等で仕組んで居た、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件での、詐欺冤罪の手口始めでスタート」

ですが「工事業者、加害者が、私を詐欺冤罪に落とす実行者、から降りて、当事者間で示談を交わして、示談金一定支払いも行うとしたし、重過失傷害事件同様”被害者は加害者加入損保に、請求する権利自体無いので、損保に詐欺請求した、と言う詐欺冤罪設定も破綻させられて”どうにもこうにも、に陥って」

東京海上もあいおいも、初めに共犯で引込んだ弁護士、詐欺冤罪共謀犯他、犯罪者と教えられて逃げたので「犯罪にも、喜んで組する屑を、次に選んで使って、詐欺冤罪捏造実行者、で暴走させて、司法犯罪手続きで、詐欺冤罪を事実だ、と、犯罪裁判官が先ず、出鱈目で認めて」

それを武器とさせて次に「詐欺を事実だ、と虚偽設定で、検事、検察庁が、裁判官と共謀して陥れると暴走して、見事詐欺冤罪に落とす訳です、の路線へと、又もこの構図が」

よくもまあ、毎回全くと言って良いだけ同じ手口で、損保、共謀犯罪辯護士、検事検察庁、裁判官裁判所、詐欺証拠偽造国家資格者らぐるみの犯罪で、詐欺冤罪粛清に走る物だ。

毎度毎度、デジャブ―のような、同じ手口のなぞり詐欺冤罪凶行、これを潰せば、又も同じ構図の、話を作り変えての詐欺冤罪捏造に狂奔。

毎度同じ、この流れの再現と来ています、他に詐欺冤罪も、手が無い連中なのですよね、半世紀もこれ以上の年月経過でも、昔にでっち上げた、こう言った損保、司法詐欺冤罪粛清!を繰り返す以外出来ません。

お蔭で「支持杭合法施工の実現、これと、地耐力を満たして居ないのに、地耐力を満たした住宅施工ですよ、と、虚偽合格確認申請、完了証明、合法施工住宅、と偽った住宅資金融資実施、これを証明出来たし”今後、合法に地耐力を満たした施工実現!”の道も作れたと」

これが司法神の現実、只の詐欺、窃盗、強盗、脱税等を凌ぎとして居る国家権力

  • 2023/12/09 08:20

事件番号 札幌地方裁判所令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                 令和5年12月10日

原告 
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業

札幌地方裁判所 民亊第1部2係 石井美帆書記官 御中
TEL011-290-2330,FAX011-281-7747

被告 株式会社×田解体工業提出 印

              被告 準備書面第二回

1、訴外法人ハウスリメイクから、現在打って居る手、隣家損壊は虚偽、13,7トンのユンボで土木解体工事を行っても、震度3以下の揺れで有り、隣家損壊は起きず、損壊は虚偽である、とした本件訴訟提起原因に付いて、言い掛かりと立証の為、売って居る手に付いて、連絡を受けている。

(1)被告準備書面第1回、気さ情報提供も含めて、現在訴訟原因解体工事場所住宅地を売り出して居る、千歳のセンチュリー21(株)アイワ不動産(TEL0123-23-3959,FAX0123-23-4997)に対し、売り出して居る土地に付いて、本件訴訟原因理由、13,7トンまでのユンボで工事を行っても、隣家被害は生じない、等訴訟提起事実、被告準備書面記載、地耐力、支持杭問題、日本ERI回答も含めた事実等の情報を提供して行って居る。

(2)センチュリー21(株)アイワ不動産は、該当土地販売に当たり、重要説明事項として、購入希望者に対し(1)事実等を全て書面に記載の上、購入希望者に説明して、理解の上、売買契約を締結が必須である。

(3)併せて、札幌市役所建築確認課(平田成秀、笹森長武建築主事、TEL011-211-2846,FAX011-211-2823)建築安全推進課、大気汚染、振動、騒音規制法部署、日本ERI(株)衆議院等にも、同じ情報を提供して行って居る。

(4)恐らく来年には、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、訴訟原因事件売り出し土地と、ハウスリメイクも営業を掛けていると言う、ハウスリメイクに接する住宅の建て替え工事の二軒が動くので「土木建設、解体工事実施に関して”使用寿樹の重さ問題、支持杭合法施工問題、工事による振動、騒音問題”全てに付いて、被告準備書面第一回記載を踏襲した、合法工事実施の徹底を、札幌市各部署、建築主事、民間検査機関が、正しく実施させる以外認めない事が実現される」

(5)なお、住宅解体工事に付いては、使用するユンボは13,7トン以内の重機使用で有れば、本件訴訟原因、訴訟受理により、騒音、振動規制法違反に問われないし、隣家損壊被害も生じない、これで通る事を、市とも確認済みと、ハウスリメイクから情報提供を受けており、被告法人とハウスリメイクは、この工事方法で、責任自体回避出来る事となって居る。

(6)新築施工予定の二軒に付いては先ず、国中の合法施工実現の走り、訴訟原因による実例として「杭打ち重機は、現在使用されている、20トン~現場組み立てだと40トン~の重機使用の場合、騒音、振動規制法違反、近隣への被害発生が確定故、使用禁止措置となる」だが、13,7トン以内の重機使用で、支持層まで支持杭を打ち込む事は、物理的に不可能故、杭を地層迄打ち込む、押し込み施工、オーガで地下深く、20メートル前後掘削共、機械重量は40トンを超える機械使用が必須、てこの原理上、重さだけで杭を打ち込む(打撃を加えれば、騒音、振動規制法違反、近隣被害が生じる)には、凄まじい機体重量、大きさが必要、13,7トンでは、せいぜい6メートル位の杭の長さが限界で、支持層まで打ち込みは、該当土地では不可能、この機体重量では、5トン前後の厚い地層を破る事不可能、又、オーガの長さ20メートル掘削、杭落とし込み施工だと、オーガを吊って掘削する重機は、巨大な大きさが必要、オーガを20メートル以上吊って、地中深く掘る為の重機’現地組み立て)二の土地では、狭くて搬入、組み立て自体不可能)は、地中掘削深度が深いので、堀上げる、オーガを引き上げる事で、凄まじい荷重が掛かる(オーガの重量に、オーガで掘った土砂の重量が加わる)よって、巨大な重機使用が必須で、巨大重機の沈下防止の為の鉄板敷設で、敷地が埋まるし、機械重量も50トンクラスが必須、敷地一杯の鉄板で掘削不可能である、この物理的事実が有る上で、この二区画で、どうやって地耐力を満たす杭施工をするか、この問題が聳えているが、本件訴訟提起、合理的訴訟提起で通った事実が有る通り、13,7トンを超える重機使用は不可。

(7)又”本件訴訟理由、詐欺冤罪理由が公に使われ、通った以上、地耐力を正しく満たさない施工事実、地下水脈で地盤を浮かして有る土地で、地耐力問題は虚偽、当然、支持層まで支持杭施工は不要と言う内容でも有る言い掛で、一級建築士とあいおい等で言いがかって、訴えが正当で通って居る”事実に付いて、地耐力を満たす施工必須、国交省告示違反、詐欺施工の蔓延事実に付いても、今後、この国家問題が公に問われる訳である。

(8)今も行われている、1,2階建て住宅の地耐力を満たさず施工に付いて「地耐力不足を問わず、確認申請、完了証明を発行して、フラット35公的融資、金融機関融資承認も下りているが”この二軒の住宅施工が走りとなって、この二軒は先ず、本件訴訟判決とうがどうであれ、地耐力を合法に満たした支持杭施工を立証”しなければ、確認申請、完了証明は出せないし、融資承認も下りない訳である」

(9)この、来年新築施工に取り掛かる予定の二軒の「支持杭施工の合法実施、合法な支持杭施工を果たさなければ、確認申請、完了証明は出ないし、融資承認も下りない、この事実立証により”本件訴訟理由、13,7トンの重機使用工事で隣家損壊は起きない、あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、一級建築士らが捏造した詐欺冤罪”の合否も、正しく事実立証される、この訴訟判決がどうであれ、既に公の事件、建築基準法違反を合法と捏造”が理由で有り、上記二件の新築施工で、建築基準法違反事実証明、地耐力不足施工の合否証明が先ず果たされる訳で、あいおい、共謀弁護士等、一級建築士共謀の詐欺冤罪の罠の合否も、正しく立証される、この訴訟(被告法人が、被害者と共謀して被害、示談書、賠償金支払い捏造と言い掛、上記焼却炉転倒、重過失傷害事件を、被疑者、被害者が共謀の詐欺事件と捏造と、本件の構図は同じ、加害者、被害者が、損保相手に詐欺共犯と、損保、共謀弁護士等が手を組んで、詐欺冤罪に落とそうと企まれている)判決で、詐欺冤罪成立は不可能である」

2、本件訴訟は、被告答弁書記載等の通り、事件原因となった、被告会社が請け負った、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号住宅解体工事が原因で、工事場所南、×番×号住宅に対し、複数の損壊被害を加えた事で、被告法人が、被告法人が加入して居る、原告損保(あいおいニッセイ同和)損害保険商品、建設総合保険に被告法人が、訴外被害宅所有者が委任した工事会社ハウスリメイクが作成した、普及工事費用見積もり、被害回復不可能部は補償金支払い見積り、証明書を用いて、損害保険金支払い請求を行った事実が有るが、原告あいおいニッセイ同和は、辯護士等と共謀して、被害者と工事依頼業者は、虚偽の住宅損壊被害を捏造して、被害者側があいおいに、詐欺目論見で不正請求した詐欺事件と、言い掛による詐欺事件を、当社も巻き込ませて、裏で捏造して、被害側を詐欺冤罪に陥れるべく、一級建築士も共謀して謀った、これが発端である。

3,被告法人が、隣家損壊は虚偽、詐欺による損害賠償請求で有り、被害側があいおいに、詐欺を目論み支払い請求した、との虚偽による民事、刑事の訴えを提起した形を取る事で、被害側を、あいおいニッセイ同和に対する詐欺行為者だと、あいおいニッセイ同和が、事業資金を横領して被告法人に提供して、弁護士費用、告訴、訴訟提起費用を被告法人が受領して、刑事、民事で被害側を訴えた、実際はあいおいニッセイ同和、共謀弁護士等が全ての不法手続、告訴、訴訟提起実施、司法機関が受理、詐欺冤罪を成立に進むと企んだ事件、原告が被告法人に、闇で伝えて加担を求めた通りであるが、被告法人が、寸前で弁護士白紙委任状提供を拒否して、合法に示談締結、示談金支払いを始めた事で、この詐欺冤罪捏造がばれて言い逃れが不可能となり、被告法人と、訴外被害側が共謀して、虚偽の示談締結、虚偽の隣家損壊被害賠償金支払い開始、被告法人が、あいおいに詐欺を目論み、損害保険金支払い請求した詐欺事件、と詐欺冤罪の構図を作り変えて、被害者側だけでなく、被告法人も、あいおいニッセイ同和損保に対する損害保険金詐欺行為者、共犯者だ、示談締結、示談金支払いも虚偽、あいおいから損害保険金を詐取しようと、被告法人と、被害側が共謀して企んだ詐欺事件で有ると、詐欺冤罪の捏造構成を作り変えて、表で民事で提訴、おそらく民事で虚偽の損壊、虚偽の損害賠償と判決を取り、被害側共々、詐欺で刑事事件扱いも成立させる目論見、の本件訴訟提起と、被害側と思慮して居る。

4,被害者が依頼した、訴外工事業者ハウスリメイクと、取締役に対しては「札幌地裁令和4年(ワ)第1030,1931,1932号民事訴訟事件、訴外法人取締役が提訴事件の原因、訴外取締役が、令和3年3月29日、従兄から預かって居た高温焼却炉転倒下敷き事件被害に見舞われ、身体障碍者となる重傷を負った事件発生後、東京海上日動が、被疑者から自家用自動車保険、日常生活賠償特約に対する損害賠償保険金請求を受けた事実、証拠が有る上で、被害者が東京海上日動に対し、詐欺を企み不正請求した詐欺事件、と捏造して、札幌地検二階堂郁美検事、札幌方面東警察署上層部、刑事一課凶行犯山田、平野刑事に対し、訴外取締役と法人が詐欺を働いた、と虚偽告訴を提起して”この詐欺告訴は虚偽との証拠を、捜査機関も被疑者から受領、当事者間示談書類、被疑者が東京海上日動と共に、損害保険金使用可、請求実施、受理等証拠、示談金一部支払い証拠等多数取得の上隠匿の上、訴外法人と取締役を、詐欺冤罪との確固たる事実証拠を隠匿の上、詐欺冤罪に陥れようと謀った”事件が有ると、訴外法人から聞き及んだ」

5、この詐欺冤罪を、訴外法人、取締役が、証拠も集めて、東京海上日動追及も行い、詐欺請求自体虚偽と立証された東京海上日動は、被害者が詐欺請求した事実自体無し、被害者に請求権自体無く、詐欺告訴、受理自体でっち上げと立証もされて「刑事告訴したまま、虚偽告訴事実隠蔽工作、被疑者被保険者と、損害保険金支払いで処理に動いたが運良く、その後被疑者が死去した事で、被疑者息子、山本××と共謀、息子は東京海上日動等に相乗り、遺産から損害賠償金を支払いたくない故相乗りし”詐欺の嫌疑を、息子と東京海上日動、辯護士等で造り替えて、焼却炉は山本××が社長を務める(株)ワイエ×商会購入、所持の機器で、訴外法人か、法人取締役にリースで貸した機器であるとの、全く別の詐欺事件構成に作り替えて、再度詐欺冤罪を成立させようと謀ったが、この詐欺冤罪もでっち上げと、山本××、東海横領資金(焼却炉は、山本×樹が自己資金で購入所持、ワイエ×に資産登録、山本×樹加入、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約適用は詐欺、横領資金拠出、辯護士に提供、受領の犯罪)で依頼、中島弁護士が主体で、詐欺冤罪を成立させるべく刑事、民事で指揮を執る形で、ワイエ夏は解散登記事実を隠匿し、ワイエ×は営業法人だと、刑事、民事で偽り、だがこの詐欺冤罪造り替えは虚偽だとの確固たる証拠を、山本××、ワイエ×商会、長縄信雄税理士事務所、東京海上日動が、民事訴訟、捜査機関に対して提出した、この詐欺冤罪等証拠の内訳は、ワイエ×預金履歴、偽造決算書、偽造税務申告書、被疑者が東京海上日動宛発行文書、内容の概略は「焼却炉は被疑者が自己資金で購入、加害者は自分等記載東海宛書面、東海証拠提出、山本×樹が捜査機関に提供、購入資金自己拠出証拠預金履歴、ワイエ×に資産登録済み、山本×樹と被害者間示談書、山本×樹が示談金一部支払い、山本×樹が東海に保険金支払い請求等証拠を、詐欺冤罪捏造犯の彼ら自身で出して居る、ワイエ×営業継続は虚偽、との登記簿謄本記載証拠は訴外法人が取得、証拠提出等を、民事裁判、刑事捜査証拠でも、札幌地裁事件、東署、札幌地検、札幌地裁、高裁にも出して有るが、裁判官は、当事者間示談、示談金支払い、山本××が委任の形、東京海上日動が横領資金で実際は依頼、中島桂太朗辯護士が、示談書は偽造、示談金支払いも虚偽、鑑定しろ、と裁判官に要求、裁判官は、デジタルカメラで示談書複数を撮影して、鑑定に掛けた結果、偽造は無し、と証明される等した(多分示談書が偽造と証明出来る予定だった模様、これで詐欺に落とせる予定の模様だった)が、地裁、高裁裁判官は、示談締結、示談金支払いを否定した、否定りにゅうんみ合法は無いが、又札幌検察庁上層部は、ハウスリメイクによる、上記者らによる、多数の犯罪、所得税法第382条違反、法人税法第159条違反、国税通則法第126,127条違反、詐欺、窃盗罪、税理士法第36条違反(決算書、税務申告書偽造、行使)脱税、山本××に拠る、雇用保険金詐欺、ワイエ×は休眠法人、この法人口座を悪用した資金洗浄、脱税他多数の犯罪等、証拠を持った刑事告発に付いて、地検刑事部は嫌疑有り、と上層部に上げたが、検察上層部が告発全てを潰して居る中で、今回の被告法人による、隣家損壊が起きた訳で、あいおいニッセイ同和、辯護士等は、今度こそ被害側を、損害保険詐欺に落とそう、詐欺上主犯と陥れられて、東京海上日動、共謀犯弁護士等の詐欺冤罪を糊塗出来ると、東京海上日動、山本××、中島弁護士ら同様、あいおい等も企み、山本××による詐欺冤罪同様、加害側の被告法人が、被害は虚偽、損害賠償請求は虚偽、詐欺だ、と告訴提起する事で、詐欺告訴の信憑性を確固たるものとさせる為当社を巻き込み、当社にあいおいが横領資金を提供して、辯護士、裁判所、刑事告訴費用を当社が伏せ請求して受領、全責任は、詐欺告訴提起当社とさせようと、先ず謀った訳である。

6、本件事件でも、山本××らによる詐欺冤罪同様”被害者が加害側加入損保に、詐欺を企み、損保に支払い請求した詐欺事件、と始め捏造したが、被害者には、加害者加入損保(両事件共)に対し、支払い請求する権利自体無く、詐欺請求者”との虚偽設定自体、両事件とも、この詐欺冤罪どっちも不成立と、両損保にも立証した事実が有る。

7,これで始めの設定の、詐欺冤罪が破綻して、困ったあいおいニッセイ同和、辯護士等は、上記、東京海上日動、後に山本××、ワイエ×商会、向井・中島法律事務所が指揮を執っての、訴外被害者側に対する、本件事件で使った手と同じく、詐欺冤罪の事件構成を作り変えて「第三者加害による、被害者損害は虚偽、被害者は加害側加入損害保険に、虚偽の損害被害を捏造して、詐欺請求した(この捏造は変えられなくなった)詐欺事件で有る、被害者は加害者と共謀して(山本××等は、被疑者山本×樹が死去した故、堂々と詐欺共犯冤罪告訴実施を企んだ、犯罪費用で受任、中島弁護士は法廷で”死人に口なしだ、示談書は偽造で、既払い示談金は虚偽、詐欺と裁判官、認めろ、本人は証言出来ないから、誰も真偽証明出来ない、被疑者はもう証言不可能なのだから、辯護士の言う通り、示談書偽造、示談金支払い虚偽と認めろ”等訴訟指揮)加害者との虚偽示談締結、虚偽の示談金支払い、虚偽損害賠償証拠も作り、加害者と被害者で、損保相手に詐欺を働いた、との詐欺冤罪提訴を働いたが、最初の詐欺冤罪が破綻して、別の構成の、損保相手の詐欺冤罪事件、と作り変えて、陥れようと、両事件共通で謀って居る事実が有る”全て証拠も揃った事実である。

8、なお、詐欺冤罪事件を担当した、東署刑事一課強行犯山田警部補は”詐欺事件は冤罪だった、等証人出廷して証言する”と被害者に申し出たので、証人申請したが、裁判官が却下、山本×樹の被疑者供述調書等に、山本×樹に直筆署名等が有るので、示談書多数の山本×樹筆跡との照合の為、地検に証拠写し開示を求めたが、設定を途中で造り替えた詐欺冤罪事実、事件原因焼却炉を、山本××、東京海上日動、中島弁護士、捜査機関等で、こっそり窃盗して証拠隠滅も謀ったが、これを予想した、同様の、加害犯罪者、法曹権力等による、証拠隠滅目論見窃盗被害実例が有る被害側が、窃盗防止策を講じたため、窃盗行為運送業者が窃盗失敗、これ等事実が有り、地検は、山本××、東京海上日動、中島弁護士等の冤罪捏造、犯罪証明を潰す為却下。

9,よって本件訴訟提起は、訴外隣家所有者、ハウスリメイク取締役を、今度こそ詐欺冤罪に落とそう(民事訴訟判決を証拠とさせて、詐欺冤罪成立も常套手段)と、同じ詐欺冤罪捏造、焼却炉転倒事件同様、損保と司法らで、初めの詐欺冤罪が破綻したので、損保、司法らの重大な責任を逃れようと企み、詐欺冤罪捏造構成を作り変えて、加害者と被害者が詐欺を共謀、と、両事件共捏造した詐欺冤罪の構図を作り変えて有る通り。

10,本件訴訟原因事件では、被告法人を先ず、詐欺冤罪告訴当事者と巻き込み、上記東京海上日動と司法らが共謀の詐欺冤罪に続けて、今度こそ被害者、被害者依頼法人を、当社が詐欺冤罪告訴を止めた事で、被害者と当社を共に詐欺冤罪に落とそうと企んだ、初めの設定、被害発生は被害側の捏造、被害側があいおいに対し、詐欺を企んで詐欺請求した詐欺事件だと、被告法人とあいおい、辯護士、一級建築士らで告訴、を成功の予定だったが、被告法人が詐欺冤罪告訴を止めて、示談締結、示談金支払いした事で、あいおい等は、被告法人が被害者と共謀して、当事者間示談を捏造、示談金支払いも虚偽、あいおいから損害保険金を詐取と狙う共謀犯と、上記東京海上日動、山本××、ワイエ×商会、中島弁護士、札幌の司法機関等が、詐欺冤罪の構成を作り変えた詐欺冤罪と同様に、詐欺告訴提起を止めた当社も、被害者との詐欺共謀犯行為法人と内容を作り変えて、この訴訟提起、判決で捏造を事実と確定、と企まれているのでは?

11,この予想は、上記別事件、本件と同じ流れの詐欺冤罪事件も有り、被害者、損害賠償債権者被害者が同じで、同じ詐欺冤罪の構図、正しい当事者間示談、示談金支払いも、詐欺冤罪を成立の為には拙いので、損保、司法らで、山本××、東京海上日動等による別事件共、当事者間示談、示談金支払いは虚偽、加害者と被害者が共謀して、損保相手に、損害賠償保険金詐欺を企んでの偽造示談、虚偽の示談金支払い、この偽造証拠で損保に詐欺請求している詐欺事件だ、と訴えて、二事件共同じ詐欺冤罪捏造、途中で造り替えた詐欺冤罪共々、両方正しい損保、辯護士等による詐欺冤罪、犯罪による合法賠償支払い潰し、で通っている以上、この事件で被害者と被告法人を、詐欺冤罪に落とそうと企まれている、との予想は当然である。

12,山本××、東京海上日動、中島桂太朗辯護士が、損害賠償請求事件は虚偽、虚偽の損害捏造で、東京海上日動に詐欺請求した、と捏造に変えた事件では”長縄信雄税理士、事務所が、山本××等と共謀して、闇でワイエ×を、山本×樹死後、遡らせて解散登記、解散登記を隠蔽して、営業法人と捏造、焼却炉は営業して居るワイエ×購入所持、リース貸出機器、重過失傷害被害は詐欺、焼却炉をワイエ×所有と偽り、証拠員目地目論見窃盗未遂、休眠、解散法人ワイエ×口座を悪用した、山本×樹、山本××に拠る、資金洗浄、複合脱税事実(ワイエ×預金口座履歴も証拠で出したので、ハウスリメイクでこの犯罪も立証)等を隠蔽の為、決算書、税務申告書偽造他を、税理士資格を悪用して、山本××等と共謀して、国税を騙す(山本氏が暴き、国税に通報して、順次時効が来る寸前、この犯罪、脱税を食い止めた)等もして、巨額の法人税、所得税、相続税脱税、高額の対人賠償踏み倒し(既払い示談金も、虚偽の示談金支払いと捏造で主奪を狙ったが、この犯罪収奪は無理だった)も企んだ”これ等証拠が、1932号訴訟、山本昌城ら提出乙号証証拠等で出されて居る。

13,本件損害賠償事件潰しの為の手として、山本××、長縄信雄税理士、事務所、東京海上日動、中島桂太朗辯護士等による犯罪同様、あいおいニッセイ同和と、共謀して居る、技術者PLセンター職員、今澤伸次一級建築士と、めぐみの鑑定代表取締役、松倉昌司一級建築士が、隣家損壊は虚偽との捏造証拠作り(共に、あいおいから依頼されて、この虚偽証拠を作り使わせた、と職員が証言)を、一級建築士国家資格を悪用して実行した通りである、彼ら損保と弁護士等司法による、国家資格者を共犯者とさせて、国家資格を悪用した、虚偽の犯罪証拠作り等が武器で、損保、共謀弁護士等による、刑事、民事手続き世も、詐欺冤罪等を成功させて、詐欺冤罪等成立、関係犯罪隠蔽、合法損害賠償支払い潰し全て成功させて有る、両事件とも、見事にこの構図だと証明されている。

14、本件訴訟提起、提起理由内容は「当事者間示談締結、示談金一定支払い済み、損保へ加入被保険者、被告法人が支払い請求(初めは、被害者委任工事業者が詐欺狙いで請求の詐欺事件、との設定だったが)は、あいおいに対する損害保険金詐欺を、被告法人と被害者、被害者依頼工事業者が共謀して、詐欺を働いて居る詐欺共謀犯事件、と言う冤罪の構図で有る事明白である」被害者依頼工事業者が、ここまで詳細に、原告あいおいニッセイ同和、共謀弁護士等、虚偽証拠捏造二人の一級建築士の犯罪を立証した事で、被告法人も、詐欺冤罪当事者との虚偽嫌疑を張らせた訳であるが、通常であれば、損保、司法、国家資格者が共謀しての、詐欺冤罪犯意仕立て上げられて終わるであろう、ここ迄仕組まれた罠で、恐らく日常的な、損害保険詐欺冤罪に落とせる手口なのであろうから、二事件とも同じ構図の詐欺冤罪である以上」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348298
ユニークアクセス:6501842
今日
ページビュー:442
ユニークアクセス:438
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed