エントリー

2023年12月10日の記事は以下のとおりです。

裁判延期、次の日程は、今月20日午後2時からです

  • 2023/12/10 18:26

正直、うちは解体工事業者から、自宅損壊被害賠償金、補償金を受け取るので、あいおいが私と当社を、札幌の司法犯罪権力、一級建築士と共謀犯で、詐欺冤罪に陥れようと謀議を廻らして、しくじって、同じ詐欺冤罪の構図のまま、解体工事業者を詐欺冤罪に落とそうと訴えた、裁判は、無関係では有るのですが。

あいおい、札幌の司法テロ集団、一級建築士、道警も?が陥れようと企んでるのは、私と当社な訳ですから「この事件では、あいおいと解体工事業者間の裁判、を装って居るが”あいおい、一級建築士、札幌の司法が共謀犯で、解体工事業者は、こちらと共謀して、損害保険金詐欺を狙って居るんだと、でっち上げで判決を下す可能性が、強いのでは?”」

一級建築士が、虚偽の隣家損壊被害は虚偽だ!13,7トンのユンボで土木解体工事を行っても、震度3以下の揺れだから?隣家損壊は起きないんだ!”と、本当は闇で、検事検察庁、裁判官裁判所、警察用の、詐欺だと言う根拠証明、で使う筈だった、このでっち上げ詐欺証拠”が正しいんだと、裏であいおい、一級建築士、検事、検察庁、裁判官、裁判所が、でっち上げた判決を下すと企まれている、可能性が極めて、何時もの司法テロ冤罪用判決を、闇ででっち上げて下して、陥れる武器とさせて、のなぞりだから。

この国の裁判ごっこ、刑事、民事司法手続きごっこの現実は「あらかじめ、合法も事実証拠も何も無い上で、狙う通りの事件でっち上げ構成して、狙う通りの、事実無根の判決を闇ででっち上げて、裁判ごっこを行うが、実際には、事前に仕組まれた通りしか、裁判ごっこ、判決ごっこは行われない、判決を出しません、事実、証拠等無視、虚偽の事件捏造、出鱈目虚偽判決だ!と立証されて居ようと、この裁判ごっこ、現人神託宣ごっこ、闇ででっち上げた通り以外、行われない、判決を下しません」

この、元々、今も恐らく、私と当社を、今度こそ詐欺冤罪で粛清する!損保、司法、警察、国家資格者共謀の詐欺冤罪で粛清の武器、狙いが出鱈目すぎて、同じ詐欺冤罪粛清の構図のまま、解体工事業者を、事前に詐欺冤罪に落とす、と仕組んで有る?裁判ごっこ「恐らく企まれて居るのは”被害者側と工事業者が共謀して、虚偽の隣家損壊被害をでっち上げて、あいおいに対して詐欺を企んで居る”一級建築士二名が、でっち上げの隣家損壊は嘘だ、証明書、主張を捏造して有る通り」

こう言う企みで有ろう、と、今までの損保、司法、警察共謀、国家資格者に詐欺冤罪成立用偽造証拠作成させる、が武器!の踏襲事実も出ているし、国土交通省、民間検査機関、建築主事との真っ向対決、の構図も作って有るし、来年二軒、隣地で新築工事が予定されても居ます、あいおい、一級建築士、札幌の司法、警察共謀詐欺冤罪でっち上げ、詐欺だ事件構成、判決も捏造済みであろうと?さて、どう詐欺冤罪強制成立、で突っ走って成功させられるか?

この損保、司法、国家資格者共謀の詐欺冤罪粛清の罠、山本×Ⅹ、ワイエ×商会、東京海上日動、向井・中島法律事務所、長縄信雄税理士、事務所が、道警、札幌の司法と詐欺冤罪捏造で共謀多数の極悪犯罪凶行!ほぼ発覚したが、司法職権濫用テロ!で冤罪成立を必死にと、向うの犯罪多数免責で逃がして!ですから、この詐欺冤罪を強引に成功させて、一昨年、昨年の詐欺冤罪も、正しく詐欺事件だ!と陥れようと企んで有ると?

どう言う、詐欺冤罪捏造判決を出そうとも

  • 2023/12/10 09:38

当家が、隣家解体工事に起因して、損壊被害が生じたけれど「初めからあいおい、損保等、札幌の法曹権力、司法機関が”一級建築士も共謀して、隣家損壊被害は嘘だ!被害側は、自宅損壊被害を捏造して、工事業者が加入、あいおいニッセイ同和損保、工事総合保険に””被保険者では無いから、請求自体不可能”の上で、詐欺狙いで不正請求した、詐欺を働いたんだと」

事実無根、完全な嘘を持って「一級建築士も、あいおい、司法カルトと共謀して、隣家損壊は嘘だ!解体工事に使った重機は13,7トンだから、隣家損壊被害は生じない、震度3以下しか揺らさないからだ?と証拠偽造も行って」

あいおいは、事業資金横領犯罪に手を染めて、解体工事業者が詐欺請求して騙して、弁護士費用、司法手続き費用を詐取して、辯護士、司法機関に提供して、被害側を訴えたんですよ、詐欺請求、被害者あいおい事件で、と仕組みました、全ての犯罪責任は、工事業者が負う、被害者を詐欺犯に冤罪で陥れられる予定を仕組んで、あいおい、一級建築士、司法が共謀犯で、事前に潰せたけれど。

困ったあいおい、司法、一級建築士は「解体工事業者が、被害側と共謀して、隣家損壊被害をでっち上げて、あいおい相手に詐欺請求した詐欺事件だ!使用重機は13,7トンだから、近隣住宅被害は生じない!一級建築士作成証拠が根拠だ‼と、工事業者を陥れられれば、被害側も詐欺共謀犯で陥れられる、に切り替えて訴えたと言う」

「工事業者社長を陥れて、被害側と詐欺を共犯で企んだ!との罠の構図でしょう、滅茶苦茶ですが、損保、司法共謀の犯罪制度は、これが常だから、闇で詐欺冤罪を捏造して、証拠偽造して、闇設定の詐欺冤罪を事実と、犯罪司法手続きで判決を下して、詐欺犯罪が事実だ!とでっち上げを成功させるんです」

ですが「来年、二軒ほど、隣接地で新築施工が予定されています「当然ですが”地耐力を正しく、物理的に満たさなければ、詐欺施工ですからね、事前に手を打って有るからもう、偽った地耐力クリアで施工では、確認申請、工事完了証明発行は不可能!融資承認も無理となります”13,7トンを超える重機使用も不可能」

通常の支持杭施工重機、20トン~40,50トンクラスの重機です、13,7トンを、大きく超える重機だから”無条件で、隣接建物、構築物に被害が生じます、実例が有る通り”と手も分かり易いですね、工事場所に隣接した建物、構築物被害は、13,7トンより下、上で決まる!確定事項だから。

でも「きちんと支持層まで、支持杭を打つ必要がある訳ですが”13,7トンまでの重機では、軟弱地盤の地域では、地耐力を備えた地価の地盤迄、支持杭を打ち込む事は不可能です”さて、二軒の新築工事、支持杭施工工事は、どうやって合法工事を果たすのでしょうか?物理的に不可能の上で」

地中に穴を掘り、支持杭を落とし込む、しかも「15~20メートルの深さまで、使用する重機、合法施工で有れば、40~50トンクラスの重さが必要だけど、近隣被害が生じると事前確定済み、さてどうやって、支持層まで支持杭を打ち込むやら」

このように、司法犯罪手続きを取ってりゃ”裁判実例証拠が、特に当事者は絶対の武器!”となって出来て使えます、行政が順守を求めて有る事項を、司法犯罪実例、判例で潰して不法、犯罪で凶行、合法と偽の認定で逃げる、は無理です、事前にばれてりゃ。

司法がでっち上げて、正当化を果たすのが、司法犯罪制度,合法破壊で成功、土木建築工学破壊も

  • 2023/12/10 09:15

司法犯罪制度でっち上げは全て「只の犯罪だから、事件を全て明らかとさせれば”只の犯罪が凶行されて、犯罪者、犯罪弁護士が、犯罪正当でっち上げ指揮を執り、検事検察庁、裁判官裁判所、警察、犯罪関連機関と監督機関、犯罪証拠捏造国家資格者”が、司法犯罪が正しいと捏造を成功させる為に、必要な犯罪を凶行、犯罪を命じて手を汚させて、司法犯罪制度が正しい、と強引に捏造成功!」

この構図で成立、成功させて有るだけです、職権濫用テロ犯罪を重ねて、只の犯罪を、正しい犯罪だ!と強引に捏造して、成功に見せ掛けて有るだけ、事件を全て洗い、合否証明すれば「単なる犯罪が凶行されて、犯罪を糊塗する為の犯罪が、関係先、国家資格者、司法、警察、行政等によって手掛けられて、成功させて有るだけ、これが証明出来る通りです」

損保、司法、国家資格者、警察、行政機関が、必要な犯罪を命じて手を汚させて有る、公権力を悪用して、必要な犯罪に手を染めて居る、違法な建築物建設!地耐力を満たしていないが、合法な建築物だと、確認申請、工事完了証明が偽造で発行されて、違法建築物に、融資承認を下ろして有る、この不法行為に付いても。

現状不適合、当時は合法だった建築物、隣地で土木建設工事実施によって、隣家が被害に見舞われた事件!が起きたけれど「初めから被害家屋所有者と、被害者依頼建設業者を、損害を捏造して、加害工事業者が加入、あいおい工事総合保険に、被害者側が詐欺狙いで不正請求した、詐欺事件犯罪だ!と虚偽設定を、あいおい、札幌の司法テロ権力、一級建築士が共謀犯で”事実証拠を偽造して、得意の司法冤罪捏造の手で”虚偽の被害側が損壊をでっち上げた、詐欺事件で有る」

この、闇で事前に仕組んだ、詐欺冤罪事件でっち上げ設定が正しいとなるように「あいおい、飼って居る弁護士、一級建築士が”隣家損壊は虚偽、詐欺事件で有る”と、詐欺冤罪を、事実証拠偽造で凶行して、札幌の司法機関、法曹カルト犯罪集団!が共謀して、山本×Ⅹ、ワイエ×、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士、事務所、札幌の司法機関、法曹資格テロ権力、道警等共謀での詐欺冤罪等捏造!のなぞりテロに走って居ます」

被害は無い根拠は「一級建築士が捏造した証拠?使用重機の重さが13,7トンだ!よって震度は3以下で有り、隣家被害は嘘だ!詐欺事件だ!とした、とんでも損保、国家資格者、司法カルト犯罪手続き、公式詐欺冤罪他事件が、司法公務で行われています」

軟弱地盤地域と、強固な地盤の地域とで”建って居る建築物、構築物に振動などを加える、自重に耐えられない、も含めて、被害発生の可否は、全く異なるんですけれどね”見事にあいおい、損保、共謀弁護士、一級建築士、札幌の法曹犯罪権力、犯罪司法手続き公務で、こう言った正しい常識毎、叩き潰して居るんですが、まあ、訴訟実例ですから、当事者は正しい事で使って通せる訳だ、今後ずっと」

でも「法に沿わせて、地耐力不足の上で、建築物を合法な地耐力を備えている建築工事、と偽って建てた場合”もう今までのように、事前に訴えられれば、虚偽の合法建築主事証明は、出されませんけれどね”とんでも損保、司法、一級建築士共謀犯罪制度化だ」

司法犯罪制度でっち上げ、その後は、職権濫用で犯罪を関係先に命じて

  • 2023/12/10 08:51

損保、司法共謀犯罪の制度化、犯罪適法判例でっち上げ用事件、建設業者として「地耐力を満たした建物施工を、国土交通省が、具体的に求めて居る上で”あいおい、札幌の司法カルト、一級建築士が共謀犯罪に、公の犯罪に走って居て”何処にも合理的、科学的、物理的合法無しで、次の損保、司法、一級建築士が共謀犯罪、の制度化でっち上げに、公の司法手続きで走って居ます」

@建築物、構築物が、工事に起因して、沈下、損壊被害に見舞われる条件は”使用する重機の重量が、13,7トンを超えるか超えないかで決まる!”がこの損保、司法、一級建築士が共謀しての、土木建設工事実施による、近隣建物、構築物への被害発生の可否!決定条件だと、公の司法手続きで、謳われて通って居ます。

;一方で国土交通省は”地耐力を備えた地盤に建物を建てる事、必要な地耐力を求める計算式、地耐力検査必須の上で、地質庁舎所数値を用いて、必要な地耐力を備えた地盤を割り出して、必要なら支持杭をその地点まで打ち込んで”支持杭の上に建築物、構築物を造る事、と言った告示が、平成13年に出されています。

つまり「あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、一級建築士、司法犯罪機関、犯罪司法手続きで”公の司法手続きで、国土交通省告示も公式否定して有るんです”13,7トンの重機使用工事だと、震度3以下の揺れしか起きない!よって隣家被害は生じない、あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、一級建築士、札幌の司法テロ権力による手続き!公式実例、証拠が出来て居るんです」

国土交通省は「スエーデンサウンディング式地質調査を実施して、必要な地耐力を備えた、地下の地層を割り出して、必要な地耐力を備えた、1メートルを超える厚さの地層の上に構築、建設する事、と告示して居るけれど」

あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、一級建築士、札幌の法曹権力、司法機関、司法手続きで「使用する重機の重量で、震度が決まって、隣家損壊の有無等が決定するんだと、非科学の極みを公式主張して、正しい司法手続き、で通って居ると言う”土木建築工学、地質学等ではっきりと”建築物、構築物を造る場合、地耐力を満たす必要がある、必要な地耐力が無ければ、沈下等被害が生じる恐れが生じる、と立証済みです、必要な地耐力を備えていない地盤に構築、建設したから、自沈した建築物、構築物が山のように出ている通り」

この事実、事実証拠が山のように有って、地耐力のクリアの有無により”現状不適合、当時は合法認定建築物への、近隣土木建築工事振動等での被害発生”問題も、大きな問題となって来て居る上での。

あいおいニッセイ同和、共謀弁護士、一級建築士、札幌の司法、司法犯罪機関犯罪手続き事件が起きていると言う「まあ、当事者である”あいおい、解体業者、被害家屋所有者、被害家屋復旧工事請負会社全てに対して”工事使用重機の重量が13,7トン以上、以下で、工事に起因して、近隣建物、構築物被害が生じる事の有無が決まる!司法犯罪実例、証拠が適用される訳だから、ある意味分かり易い司法犯罪制度だと」

司法犯罪経済事犯の制度化、被害金額は天文学的金額

  • 2023/12/10 08:27

司法犯罪経済事犯の制度化、被害件数、被害金額は天文学的です「全ては”げ根来弁護士、退官後の検事、裁判官による、犯罪を手掛ける事で、犯罪収益を手に入れられて、犯罪行為責任全て、犯罪収益全額収奪を、犯罪事実免責と司法手続きでして、果たして逃がされている”と言う、司法職権濫用の犯罪の構成です」

時効まで7年、の分だけでも、司法犯罪経済事犯の被害件数、被害金額、犯罪収益徴税も逃れさせてある、総金額は「兆円、十数兆円、数十兆円規模に上って居るでしょうね、ノンバンク詐欺融資、ファイナンスリース犯罪の被害件数、被害金額、脱税額等、他者の預金、遺産預金、遺産財産犯罪収奪正当化、の被害件数、被害金額、犯罪資金脱税等、損保、司法ら共謀、犯罪を武器で凶行、損害賠償金踏み倒し常時成功!犯罪件数、犯罪被害金額、犯罪損保、共謀弁護士が得ている犯罪収益、被害者の賠償債権犯罪で踏み倒せて居る総額に」

損保、司法犯罪賠償制度、捜査記録偽造、証拠医証偽造、対物、対家屋等損壊事件の賠償も同様「対人であれば、被害者の主治医に”合法賠償を潰せる偽造医証作成命令、常時従わせて成功、被害患者の治療継続などは、主治医が必要衣装などを偽造して、司法が偽造命令を出して従わせて、公的資金詐欺に移行までさせて通して有る、この公的資金詐欺利得も巨額です」

「対構築物、建造物損壊被害賠償、補償潰しの場合は”一級建築士に、偽造した、対構築物、建造物損壊被害は虚偽だ!”とした偽造証明書作成、犯罪に使用が基本の武器で有り、対人賠償潰しと同様、国家資格者に、合法賠償、補償支払いを潰せるように、偽造証明書を、裁判官、書記官、損保の下僕弁護士等が命じて作らせて、犯罪が正しいと捏造を成功、これが日常化されています」

で「どうしても、この司法犯罪が成功させられないとなれば”被害者側、司法犯罪を正しく暴いて証明して、糾弾する人間を、偽造した国家資格者証明書と、犯罪司法手続きを凶行して、詐欺冤罪等に陥れている訳です”司法、警察、法務省が、これ等犯罪実行国家権力だから、この位のテロ、犯罪も、簡単に成功させられて居る訳です」

ですが「司法犯罪、損保が犯罪正当化用犯罪を指揮して従って居る司法、国家資格者、警察!犯罪は”特に当事者で有れば、判例が武器で、正しい犯罪”で通せるんです、使える能力を備えれば、犯罪損保、犯罪司法、警察、犯罪証拠捏造国家資格者等同様に」

司法犯罪制度、特に当事者は、合法破壊正当化の武器で、詐欺、窃盗、横領、脱税等犯罪が正当化

  • 2023/12/10 08:08

司法犯罪制度は、只の犯罪のまま、刑事、民事司法手続きを経て、犯罪が正しい、適法だ!と、犯罪だと立証されて居る上で、最後は裁判官が「決定、判決を、合憲、合法無効化で下すと、まず当事者が、該当する犯罪を免責されて、同様犯罪やり放題、犯罪行為、行為者責任が免責されるのです、当然ですが」

司法テロで正当化捏造だから、関係する事項、関係相手に、犯罪を正当と捏造する必要が、どんどん生じる訳です、司法犯罪経済事犯制度化、であれば、犯罪資金、犯罪収益を隠匿、没収、徴税逃れさせる必要が生じているし。

その結果「犯罪収益が抜かれる、奪われる、或いは”故意に犯罪で収益を生み出し、隠匿する”等多様な司法犯罪経済事犯事件毎に、関係先で偽造等を凶行しなければならなくなっています”当然ですが、犯罪に走らされる訳だから、普通であれば、わざわざ犯罪に手を染めたりしないから」

犯罪を制度化した、犯罪司法制度を踏襲した犯罪を手掛けた事件‼となれば、裁判官、書記官、検事、検察庁、警察、犯罪関連監督行政機関、報道カルト等が「司法犯罪制度をでっち上げて、これをなぞった司法犯罪経済事犯凶行だ!犯罪を正当と捏造する為に、各々こう言う犯罪に手を染めろ!と命じて、従わせて居るのです」

で、犯罪を手掛ける訳ですから「犯罪行為当事者は、犯罪行為者責任を、被害者側から糾弾される場合も多数起きており”司法犯罪制度を成功させる為には、犯罪に走る必要があるからと、司法から、行政、警察から上に命令が下って、自分が犯罪に走らされた”と、事実通り抗弁しようと無駄!被害事実、被害者を、職権濫用で泣き寝入りさせると合わせて、犯罪に手を染めさせられた、犯罪行為者も、犯罪行為責任を負わされる訳です”」

で「司法犯罪を踏襲して、犯罪で収益を得た犯罪者、犯罪弁護士は、犯罪行為、犯罪者責任、犯罪収益没収、徴税、被害者への賠償責任全て免責とされる訳です、司法テロ手続きを最後の犯罪抹殺の武器、とさせて」

司法犯罪制度は、こう言う構図で、闇で犯罪を重ねて成功させる、犯罪を免責、犯罪者を逃がして、被害者を泣き寝入りさせて、犯罪命令に従った行為者に責任を負わせる、が常の権力犯罪なのですから。

司法犯罪被害者は「司法犯罪被害を泣き寝入りさせられるし、司法犯罪に楯突いて、合法を証明して糾弾した!事が拙いので、司法冤罪が降り掛かるのです、ここ迄承知して置いた上で、”司法犯罪制度被害者”の立場は、同じ犯罪に関して、犯罪行為責任も負わせられない立場だから、加害犯罪者同様、反撃の武器で使える事も、正しい戦法も合わせて理解しておきましょう」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348180
ユニークアクセス:6501724
今日
ページビュー:324
ユニークアクセス:320
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed