エントリー

2023年12月11日の記事は以下のとおりです。

建設機器製造メーカーに、重機使用工事の時の、震度データー回答を

  • 2023/12/11 12:01

土木機器製造メーカーに、重機を使用した土木工事の時、重量毎に、地質毎も含めて、工事による近隣の地盤の揺れ、震度データが有るかどうか?確認の連絡を取りました。

この「土木工事を行った時、重機の重さと地盤の種別毎の”近隣の地盤、建物に対して与える揺れの強さ、震度データ”重機をどうやって、何に対して使う工事なのか?毎にも全く違います、工事場所の地盤、地層別でも異なるし」

重機を使った工事、と一口で言っても、次の工事種別も有るんです、もっと多種多様ですけれど。

(1)地面の掘削工事、瓦礫、岩盤等の地盤の工事、砂地での掘削工事、火山灰、軟弱地盤での掘削工事等々、各々工事騒音、近隣を揺らす度合い等違います。

(2)コンクリートの盤を壊して撤去する工事、住宅平基礎、基礎高コンクリート、コンクリート土間の解体撤去工事、解体撤去物によって、全く硬さも何も異なって居ます、土間の厚さ、硬さ、入って居る鉄筋の太さ、構造、コンクリートの厚さ、広さ等等、多様に渡って居ます。

(3)コンクリート造りの建物、構築物の解体撤去工事、この工事でも、構造等が全く違うので、工事で出る騒音、振動等、多様の騒音、揺れが出ます、地盤の種別でも違うし。

※隣家の解体撤去工事では”基礎が簡単な施工でしたから、13,7トンのユンボで壊せました”ですが、志村デンタルクリニックの解体工事は”土間の厚さ、鉄筋の入り方、土間の広さ、重さ”により、20トンクラスのユンボが3台入って、必死に土間を捲り上げる、解体する工事となって居ました、凄まじい工事騒音、工事による近隣の揺れです。

土木建設工事実施に際して”近隣に対する工事騒音の程度、振動を与える程度、振動を加えた事による、近隣建物、構築物への被害”工事の種別、工事対象物毎の壊す、掘削する為の、重機が加える強さ等、重機の重量で全て決まる等無いです。

建機メーカーから、どう言った答えが返って来ますか?正式な司法手続きで、あいおい、一級建築士、札幌の法曹資格者、司法機関が共謀して「13,7トンのユンボを使った土木解体工事だ、近隣を揺らした震度は3以下だ!こう、公に主張、事実と公式強弁して、通しに走って居る、刑事、民事共で、で出して、住宅への被害申告、賠償の求めは虚偽、詐欺である、と、あいおい、一級建築士、法曹資格者、司法機関が、合法事実証拠無し、で主張して、通そうと謀って居る事です」

司法犯罪制度、成功させてある手は、必要な犯罪を命じて手を汚させる事

  • 2023/12/11 10:20

司法犯罪の被害に落とされて来ている人達は「基本、犯罪に手を染めても居ない人間ですからね”まさか刑事、虚偽告訴実行役弁護士、自分が使って居る弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官が、初めからぐるになって居て”でっち上げただけ、の司法冤罪成功、司法犯罪成功、被害者一方的陥れ‼を共謀して走って居る、と気付けないんです、ここまでの犯罪日常国家権力だ等、普通に暮らしてりゃ、考えもしませんので」

だから簡単に「損保、金融屋、司法、警察、国家資格者らぐるみの冤罪の罠、犯罪被害抹殺されて、言い掛かりで恐喝行為者だ!にも落とす罠に落とされるんですよ」

特に「司法冤罪、司法犯罪制度に落とそうと企まれれば”犯罪で賠償踏み倒しを、闇で仕組んで共謀犯罪!”も合わせて、初めから狙う通り、犯罪が重ねられて居るんだからね、狙う犯罪が成功するように、必要な犯罪が重ねられて有るんだから」

普通に生活している人であれば「常軌を逸した損保、金融屋、法曹資格者、他国家資格者、司法機関、警察等が、狙う通りの犯罪を凶行して有る、犯罪を重ねて居る!この類いの損保、金融屋、司法、警察テロ、犯罪の罠に、正しく気付く事も無いまま、狙う通り陥れられて、終わらせられます」

普通に生きている人であれば「只の損保、金融屋、警察、司法テロ、犯罪、司法冤罪で有ると立証を果たせれば”犯罪被害に落とされない、司法冤罪で粛清されない筈!”と、単純に考えているでしょうが」

残念ながら『弁護士、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、警察組織、構成員、報道カルト等共犯国家権力は”こう言った犯罪でしか、捜査?司法犯罪手続きごっこは出来ないし”何の知識も能力も、現実に即して備えて等居ないから、こう言う犯罪塗れ!でしか、現人神が正義実現ごっこ!”を行えませんから」

こう言った司法が指揮犯罪、司法冤罪から逃れるには「場数を踏まなければならないし、司法らの罠をかいくぐって表社会で生き続ける事です、が必要だし”司法犯罪制度、司法冤罪の罠の闇の手口等に精通しなければならないし”司法犯罪一方的被害、司法冤罪粛清の罠!が降って来た場合、対抗策を多数講じて対抗が必要です、後は」

不当に受けた司法犯罪被害、司法冤罪被害実例を、同様の行為正当化、等で使って返して通す事です。

司法犯罪、司法冤罪は、頭が弁護士ですから

  • 2023/12/11 09:59

司法犯罪、司法冤罪、特に国家資格者が、冤罪を捏造した証拠でっち上げ、犯罪隠蔽目論見で、国家資格を悪用しての犯罪共謀、犯罪隠匿証拠偽造等の犯罪に、司法から命じられる、等して手を汚して、成功させて有る、国家資格悪用で成功させて有る!司法犯罪、司法冤罪”も”基本、被害者側弁護士も、加害者側弁護士と共謀犯で、検事も裁判官も同じ共謀犯で成功させて有るんです。

司法犯罪、司法冤罪を成功させる為に、他の国家資格者に、必要な犯罪成功、冤罪成立用証拠偽造、行使させて、成功させて有るんだから「ほぼ、国家資格者が、国家資格を悪用して、司法犯罪成功、司法冤罪成功用の偽造証拠作り、行使して有る事も熟知して居るんです」

その上で「司法犯罪、司法冤罪を成功させる為に”必要な国家資格者捏造証拠?”を、司法犯罪、司法冤罪を成功させる、大きな武器だと使っている訳です、医師法第17,20条違反の医証を、法曹資格者、司法機関も、医師に”こう言う偽造の医証を作れ!”と命じて作らせて、司法犯罪成功、司法冤罪成立の決め手‼として通して居るんだから」

双方の弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事が共謀犯だから「医師法第17,20条違反である、と指弾からしない、司法犯罪刑事、民事手続き、司法が指揮する、やらせの構図です」

司法犯罪経済事犯でも「犯罪収奪利得隠匿目論見で、関係する先の経理、税務申告等偽造、行使、脱税、証拠捏造、証拠抹殺などの犯罪を、司法が犯罪に手を染めて、税理士、公認会計士、犯罪当事者加害側!に必要な犯罪を、法曹が命じても居て、司法犯罪経済事犯を成功させて有る訳だし、同様の犯罪隠蔽、冤罪捏造証拠でっち上げで、司法冤罪も常時成功させて有る通りです」

司法犯罪、損保が指揮して司法が下僕で犯罪実行、犯罪命令などで成立させて有る「建築物、構築物第三者加害での損壊被害抹殺、賠償詐欺冤罪捏造では”損保、共謀弁護士、検事検察庁、裁判官裁判所、警察が、一級建築士の犯罪者”に、国家資格を悪用した、第三者行為による損壊被害は嘘だ、と捏造証拠作成!犯罪ですが、国家資格を悪事に用いた、偽造証明書を作って行使させて、第三者加害による、建造物、構築物損壊、損害賠償請求は嘘!犯罪、詐欺である!との偽造国家資格者証明書をでっち上げて、賠償叩き潰し、詐欺冤罪成立!とさせて有ると言う、現在進行形の事件事実の通り」

司法犯罪を成功させる武器は、偽造捏造、犯罪事実、犯罪証拠隠匿、抹殺などの犯罪に走る!この手口なんです、司法犯罪、犯罪収益隠匿では、犯罪収益隠し、没収、徴税逃れも手掛けさせて有る訳だ!

土木建設工事でも、国家資格者に詐欺との捏造証拠作りさせる、損保、下僕司法カルト

  • 2023/12/11 09:06

損保、法曹資格者、司法機関が、詐欺冤罪成立、合法賠償を、犯罪によって常時叩き潰しも成功させて有る、どう言う手口で成功させて有るか?基本は「関係する国家資格者に、損保、共謀犯弁護士、検事、裁判官が”狙う内容の、詐欺冤罪成立、合法賠償踏み倒しが正当だ!と出来る、偽造の国家資格者作成証拠を、偽造内容を指示もして、作らせて、使う手口が、損保、司法冤罪、合法賠償叩き潰し、の武器の根本です」

対人加害、被害に係る損害の賠償の場合は「被害者の主治医に先ず、第三者被害による受傷は軽微、怪我を負ったと言うのは嘘!との、偽造の医証を作らせて”対人賠償請求は詐欺で有ると、主治医が医証を作り、出して証明した!”この手が中心で、常時成功させて有ります、更に」

主治医が対人加害、被害、受傷程度捏造等を成功させる、偽造医証作成、発行に乗り気でないとなれば「医師法第20条違反で、別の損保、司法が飼っている犯罪医師に、大金を払って”重い受傷は嘘だ!や、第三者後遺障害による受傷は嘘だ!”と虚偽、捏造した証拠を作らせて、正しい診断を叩き潰して居ます」

当然ですが「損保の下僕警察、法曹カルト、厚生労働省らですから”刑法第160条、医師法第17,20条違反等犯罪行為責任の免責!”を、事前に国中で仕組んで有るのです」

司法犯罪経済事犯では「犯罪収益の隠匿を成功させる為に”犯罪収益資金を抜かせるのが、金融機関等であるなら、金融機関、ノンバンク、詐欺行為者等の経理、税務申告手続き等を、税理士、公認会計士、顧問弁護士等が、検事検察庁、裁判官裁判所、国税等が共謀の犯罪者!だから、これ等を偽造、行使して、犯罪利得隠匿、没収逃れ徴税逃れさせて、成功させて有る訳です”国家資格者、司法犯罪責任全て、事前に免責で逃がす迄仕組まれている故、常時成功して居ます」

損保、司法共謀の犯罪、建築物、構築物第三者加害での損壊被害が生じた時は「損保、法曹資格者、司法機関が”建造物、構築物が、第三者行為で損壊した”と被害者が申告、賠償請求して居るが、嘘である!損害賠償詐欺だ!との捏造国家資格者偽造証拠作り、行使犯罪が武器!これで合法賠償叩き潰し、詐欺冤罪粛清成功させて有ると言う」

損保、金融屋、司法、警察が共謀犯罪は「国家資格者に、詐欺冤罪成立用、合法賠償叩き潰し用の、偽造証拠作りを、損保が金を渡して要求して、従わせて成功させて有る、この手口で成功させて有るのです、犯罪を成功させる武器は、損保が犯罪を指揮、犯罪資金提供して、法曹資格者が、他の国家資格者に、狙う通りの犯罪証拠作成、行使させて、詐欺冤罪成立、合法賠償叩き潰し成功!を果たして居ると言うのが真実です」

法律規定では「こいつら全員、刑事罰則適用、極悪犯罪行為者ですが”司法、警察ぐるみの犯罪だから”政府も犯罪に加担、行政も同じ、報道カルトも、の現実が有り、損保、金融屋、司法、警察犯罪やって成功し放題、が通って居ます」

司法冤罪、犯罪成功は、国家資格者による犯罪

  • 2023/12/11 07:50

@衆議院への請願、国税庁に対する、損保、司法犯罪横領資金で犯罪司法手続き調査、徴税、処罰等の求め、司法冤罪、脱税の制度化調査、徴税、処断も改めて求める

                                 令和5年12月11日

請願、訴え相手
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7番1号
額賀福志郎 衆議院議長殿
TEL03-3581-5111
〒100-8978 東京都千代田区霞が関1-3-1
住沢整 国税庁長官殿
TEL03-3581-4161
森田祐司 会計検査院院長 虚偽の住宅施工合格で公的融資も詐欺
TEL03-3592-7393,FAX03-3593-2530
※犯罪資金を損保と共謀で受領弁護士、司法機関、犯罪処では、国家資格者
が犯罪正当証拠、主張捏造損保資金で成功、政府、法務省等が共謀ですか

            本件訴え法人、司法犯罪手続きで合憲、合法破壊実現、次は建設工事
            住所
            商号
            取締役
           TEL011-784-4046,FAX011-784-5504
               携帯080-6092-

近藤宏子札幌高裁長官 税理士、公認会計士、医師、一級建築士ら偽造実行
TEL011-231-4200,FAX011-271-1456
上村昌通札幌高裁長官、鈴木眞理子地検検事正、司法犯罪正当判決統一を
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
秋元札幌市長、市民の声を聞く課経由、建築主事、安全推進、土木建設部署
騒音、振動規制法所管、市税事務所、来年当家隣接二軒、新築施工が
センチュリー21(株)アイワ不動産、土地売買時、顧客に伝達必須事項
TEL0123-23-3359,FAX0123-23-4997

1,今年7月10日~17日に掛けて行われた、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、住宅の解体工事実施により、南側×番×号住宅に、複数の損壊比嘉が生じた事件後、初めから当方を、虚偽の住宅損壊、詐欺冤罪に落とす、と企まれており、解体工事業者が加入する、あいおいニッセイ同和損保、あいおい横領資金で犯罪代理、犯罪司法手続き実行辯護士、札幌の法曹権力、司法機関が、あいおいが飼って居る一級建築士二名も共謀犯で「解体工事は13,7トンのユンボで実施した、震度は3以下である、よって隣家損壊は虚偽だと、一級建築士、国家資格者二名が、でっち上げた隣家損壊被害、損害賠償保険金詐欺で有ると,国家資格者特権を悪用して、捏造詐欺証拠も作り、詐欺冤罪に落とせる予定だった事件。

2,出だしは「解体工事業者があいおい、横領資金で詐欺冤罪捏造の為の司法手続き実行辯護士と組み”隣家損壊被害は虚偽、損害賠償詐欺で有ると、一級建築士が国家資格を悪用した、詐欺との証拠を捏造、行使して、刑事、民事とも訴えて”今度こそ当社らを、損害保険詐欺冤罪に落とせる予定で始まったこの事件ですが、解体工事業者が、この冤罪実行役から、実行2時間前に、当社から、横領金で犯罪共謀後の責任を告げられ”工事業者が詐欺冤罪訴え当事者役から降りた、犯罪辯護士も逃げた事で、あいおい、札幌の法曹権力、司法機関、一級建築士共謀、損害保険詐欺冤罪刑事、民事手続き実施、詐欺冤罪成立が潰れたと言う構図が出だしです、加害側が、加害、被害は嘘、賠償詐欺だと、国家資格者捏造証拠も作らせ、刑事、民事で訴えて、詐欺冤罪に落とせて居る、損保、司法、国家資格者共謀詐欺冤罪手法の踏襲事件で、対人賠償は、主治医が医証を偽造、第三者傷害事件で受傷した、思う怪我を負ったと言うのは虚言、詐欺狙いと、医証を偽造、行使、司法犯罪経済事犯では、犯罪種駅隠匿、正当化目論見、税理士、公認会計士らが、犯罪隠蔽、犯罪正当捏造証拠、経理偽造、決算書、税務申告書偽造、行使で犯罪収益隠匿、犯罪種駅脱税成功が常、土木建設工事では、一級建築士が、損壊被害は虚偽との、捏造証拠作り、行使で成功」

3、これ等事実、実例証拠を提供済みの通り、司法犯罪はどれもが、国家資格者等が虚偽の証拠偽造、行使、法曹職権濫用で、国家資格を悪用しての、虚偽証拠捏造、行使犯罪責任免責も組み込まれ、法曹資格者が指揮犯罪故、で成功させて有る訳です“司法ぐるみの犯罪、ファイナンス詐欺融資を動産リースと捏造、双方経理、税務申告偽造、複合脱税、該当機器動産リース偽りで詐取、強奪”司法、税理士、公認会計士犯罪実例証拠により、石狩沖風車資産登録、償却資産税徴収も、暗礁に乗り上げ中です。

4、隣家解体工事が原因で、南側住宅損壊事件で、あいおい、札幌の法曹資格者、司法機関が、一級建築士に虚偽の損壊は虚偽、等証拠捏造させて、当社と個人を詐欺冤罪粛清実行事件、現在の罠は、工事業者と当方が共謀して、あいおい相手に詐欺を働いて居る、と設定を変えて有ると思慮して居ます、幸来年、当家隣接二軒が新築施工します、被告準備書面第二回記載が実施される訳で、損害保険詐欺冤、損保、司法、国家資格者の罠、山本昌城、東京海上日動、長縄信雄税理士、事務所、札幌の法曹資格者、司法機関、道警等による対人賠償詐欺冤罪共々でしょうが、が成功するかどうか、犯罪司法手続きだけでは非常に困難です、又、隣接地二軒の新築住宅施工、一軒は解体も有りで、現在行われている施工、違法施工等で通るか否か、損保、司法、一級建築士共謀犯罪賠償も含めて、全国的な重大問題と出来ました。      

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433658
ユニークアクセス:6585736
今日
ページビュー:992
ユニークアクセス:969
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed