エントリー

2023年12月12日の記事は以下のとおりです。

中央建鉄(株)への調査

  • 2023/12/12 12:31

ネット検索したら、中央建鉄株式会社さんがヒットしました「重機を使う工事で、近隣を揺らした場合、震度5(体感ですが)を超えなければ、近隣への沈下等被害は生じない、とか記載して居ます」

本社と札幌支店に電話を入れて、事実確認しました「13,7トンの重機を使った工事だと、震度3以下の揺れしか生じない、と言う根拠は無い筈、工事の種別、工事場所の地層等により、影響の出方が変わる」との答えでした。

札幌の泥炭地層での工事で有れば、割と簡単に、震度で言うと5を超えますし、震度によって、近隣への影響の有無が決まる訳では有りません、色々な要因が考えられるので、との事です、当たり前です。

最近どんどん、解体工事、土木工事に起因すると訴えられる、近隣の建物、構築物被害が増え続けている、との事です「この会社、工事前に業者から委任されて、近隣調査を行って居る、との事で」

札幌の泥炭地の場合、黙っていても、建物、構築物沈下が起きています、自重に地層が耐えられないからです。

又、地下水が下がる事でも、水で浮いて居る表層土も下がるから、当然上の建物、構築物沈下も起きたりします。

加重を支えられる地下の地層迄、支持杭が届いていない場合、コンクリートの支持杭が自沈する場合も見受けられるとの事、基礎下端から、部分で離れて自沈もして居る、との事です。

泥炭地で支持杭を打ち込み、上に建物を建てて有る場所で、十年も経過してから、床下を覗いてみると、土が落ちて基礎、支持杭の上が露出して居ます、支持杭が部分で基礎から離れて沈下してりゃ、更に大問題になる訳です、ただでさえ、支持杭を打っても碌に効いて居ないから、杭ごと建物も不同沈下してるし。

泥炭地に建てた建物、住宅は特に「十数年経過後、測量して見ると、多くの場合、不同沈下が起きていると言う現実、恐いから調べない方が(;´Д`)」

報告事項

  • 2023/12/12 11:14

重機メーカーと中央建鉄株式会社(TEL03-3232-0214)に電話を掛けて、幾つかの回答を得ました。

先ず「重機メーカー、中央建鉄ともに「建設重機を使用した土木等工事に関して”重量が13,7トンの重機を使った土木工事の場合、近隣に加える震度は3以下、としたデータは有りません”工事の種別、工事場所と近隣の地盤の筐体によって、近隣に与える振動等被害は変わりますので」との答えです。

なお、中央建鉄によると「地下の水脈により、上の建築物、構築物に被害を生じさせる、と言った学会発表、学説が無いので、地中の水脈による、上の建築物、構築物被害に付いて、データは有りません」だそうです。

恐らく当社以外、大々的な、全国的調査を実施した会社は無いようだから、地下の水脈による、上の建築物、構築物被害の発生に付いて「被害が生じる、との現実に対応出来る”学説”は無いのでしょうね、でも、札幌で言っても”土木工事、道路工事、下水工事によって、隣接する建築物、構築物被害、傾き、損壊被害が多数起きています”現実として」

札幌のあちこちの、土木建設工事実施による、隣接する建築物、構築物被害の発生事実、地下水脈が影響しての被害が山のように有る上で「重機を使う土木工事により、隣接する建築物、構築物への沈下等被害多数発生の現実、被害補償、賠償も行われている事実も有る上で”さて、学説が無い”で逃げられるんでしょうか?」

地震測定機器の設置、これが必要と言う事でも有りますね、騒音、振動規制法のクリアの有無を証明する、騒音測定機の設置と合わせて。

地震測定器、売って居るよね?この測定器二台、先ず手に入れるべきでしょうね、対抗策を講じる為にも。

覆水盆に返らず、の諺通り

  • 2023/12/12 09:34

あいおいニッセイ同和、札幌の法曹資格者連中、司法機関は、一級建築士も引込んで「重量13,7トンのユンボで工事を行えば、震度3以下の揺れしか生じないんだ!よって、Ⅼ工事場所近隣建物などに、工事実施による被害は生じない!と」

被害者側を、刑事、民事で訴える筈が「被害者側は、工事会社が加入する、あいおいニッセイ同和建設総合保険に対して、被保険者に不該当だから”あいおいと被害者側は、何の利害関係も無い”よってあいおいが、被害者側を訴える資格等無し、被害者側は、あいおいに損害賠償金請求権が無いので、元々請求した事実は無い、被害者側が、あいおいに対して、損害保険金詐欺を狙って不正請求した等只の言い掛、冤罪だ!」

これらの事実を、山本繁Ⅹ、山本×Ⅹ、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、札幌の司法、警察共謀、損害保険金詐欺冤罪事件同様の構図なので、説明して理解させた訳です、損保に損害保険金支払い請求出来る立場の者は、どう言う法律規定によるのか?ここから損保のれんちゅも、警察も法曹資格者も、誰も知らない無知さ、無能さ故の理解させる、詐欺冤罪い被害者の行動です。

詐欺に落とせる原理原則、鉄則も何も、まあ、本当に何も知らない、損害保険詐欺冤罪捏造、陥れし放題のこの連中です「損保、共謀弁護士、詐欺冤罪の証拠?なる嘘の証拠捏造を担う国家資格者等、これが損保、警察、司法冤罪捏造、嘘の詐欺で陥れし放題の現実が果たせている理由、手口です」

ちなみにですが、実体験で言うと「平成の後半頃”近所、うちから100メートル以上離れた場所で、住宅の解体撤去工事が行われたのですが、住宅の解体撤去だ、と甘く見て居たら”と手もコンクリートが厚くて硬くて、20トンクラスの重機では、解体撤去が不可能だったと言うので”更に重い重機を運び入れて、大型重機を使ってコンクリート解体、撤去工事を行った事で」

100メートル以上離れている当家ですら「3階がギシギシ言うだけ家が揺らされて、業者を呼びつけて、揺らさない工事に変えさせました、3階がギシギシ言うだけ揺れたのは、東部沖地震の時位です、つまり、震度6クラスの揺れを起こされた訳です、解体工事によって」

このように、土木建設関係、重機を使った工事による騒音、揺れは「工事種別、工事場所の地盤によって、全く異なると言う事です、そんな詳細な、揺れと騒音データー、建機メーカーで取って持っている訳が有りません、あいおいが捏造させた一級建築士、何処から引っ張ってきた法螺なのだろうか?」

司法犯罪制度、次々出鱈目、犯罪を制度と、逆らうと冤罪粛清!

  • 2023/12/12 08:38

隣国の狂った独裁権力と、司法カルトテロ集団の思考、行為事実、共通して居ます、現人神虚偽設定を、自分達が事実、自分達は全知全能の現人神になった存在‼と、自己狂信して、現実を見ないようにして居る、自分達の愚かさを、周りが隠蔽して、生神!全知全能の集団で有らせられる!と、必要な犯罪を命じて手を汚させる、直に犯罪に手を染める!不都合な現実を闇に消す!等を常套行為として有ります。

このカルト権力、支配している損保様!の意向に沿って「土木建設工学、実際の土木建設に係る事実等を”損保、司法と共謀犯、一級建築士二名に、でっち上げた土木建設工学論?”を作らせて、オカルト工事理論が唯一正しいんだ!と、刑事、民事司法手続きで、通そうと企んでも居るのです」

重量が13,7トンのユンボで、住宅解体工事、土木工事を行っても「震度は3以下だ!よって工事場所近隣の建築物、構築物に、被害が生じる事は無いんだ!だそうですよ”一級建築士、国家資格者連中が、刑事、民事司法手続きの証拠!ようにでっち上げて出した、土木建設理論!”誰もが”初めて聞いた(;´Д`)そんな事は聞いた事も無い!」

と、呆れかえって居る現実ですが「損保、司法、国家資格者等犯罪の制度化、冤罪捏造、冤罪粛清成功制度!の常套手口です、合憲、合法、科学的事実、合法な理論構成等の破壊が成功させる武器!司法、損保、国家資格者等共謀の犯罪の制度化、冤罪捏造粛清制度は、多くがこう言う手口で成功させられて居ます」

今当社は「建機メーカーに”重量が13,7トンのユンボで工事を行った時、工事の種別、工事場所の地盤の種別毎に、近隣に加える揺れの震度、とやらが、科学的に揃って居るか?答えを求めても有ります”こんなデータ取り、どうやって行うんでしょうか?地盤掘削、基礎、床に敷いたコンクリートの掘り上げ、解体撤去土木工事等の工事で、地盤毎、工事場所と近隣との距離などの詳しいデータ、どうやって取って有るのでしょうか?取って有るか、そもそも?」

一級建築士の資格を悪用しての「出鱈目な”ユンボ使用工事で、隣家被害は生じないんだ!”でっち上げ証拠捏造、行使だと」

まあ今後「隣接地で行われる、住宅解体、住宅施工で”この一級建築士らが作って、刑事、民事で使われている、重量13,7トンのユンボでの土木、解体工事では、近隣の土地建物に、震度3以下の揺れしか加えない!”よって工事で近隣被害が生じた、と言うのは嘘だ!損保、司法、一級建築士共謀理論、正しく使えますから」

支持杭の合法施工、更に困難になり果てているし、専門分野で嘘を事実と捏造して”犯罪正当判例をでっち上げて”公に、賠償潰し、賠償詐欺冤罪粛清の武器で悪用!逆側の重大影響等、時代錯誤過ぎて考えられもしないから。

冤罪の構図、時代錯誤を極めた、犯罪者虚偽設定が有り、事実証拠偽造で虚偽設定が正しいと、これが常、偽造、証拠隠滅等等

  • 2023/12/12 07:59

数日前ネットニュースに「夫婦で”揺さぶられ症候群”だのの罪状を着せられて、初めから有罪と決めて有るから、身柄を年単位拘束し続けて、自白を迫り続けられた、この罪状の根拠、証拠は」

揺さぶられ症候群医療の権威!とかの医師による「医師法第20、17条違反犯罪鑑定が、絶対の有罪の証拠!この手口で揺さぶられ症候群でっち上げ、有罪確定!判例?を作り、一旦この冤罪罪状を着せさえすれば、通常は有罪に落とせる、これが司法冤罪の構図ででっち上げられて居る、主治医は蚊帳の外、正しい医学でも無い、司法冤罪の制度化に拠って居ます」

司法冤罪はどれもが「有罪に落とすと事前に、告訴提起辯護士、罠を仕掛けられた冤罪被害者側設定弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官、報道カルトで決めて有り、冤罪だと立証されても、冤罪で有罪を変えません」

この事件にしても「この、揺さぶられ症候群医療?の権威とか言う医師、医師法第17,20条違反、刑法第160条適用ですが”上記共謀犯ら、絶対にこの権威とかの医師による、オカルト遠隔、犯罪診断、鑑定ごっこの犯罪事実を指弾しない、と取り決めて有るんです”司法犯罪制度の常ですから」

司法犯罪制度、司法冤罪捏造、粛清常時成功!は「きちんと事件の構成、事実証拠を、揃えて”合否を正しく証明すれば、多くが只のでっち上げ、虚偽だと判明する代物ばかりです、江戸時代のレベルです、現実の司法犯罪制度、司法冤罪粛清の実態”」

この現実が、何故生まれて通って居るかと言うと「法曹資格者の実際の程度、知的水準、必要知識が絶望的に備わって居ない、事実証拠を正しく揃える能力無し、出ている事実証拠どれもに付いて、法律のどれをどう適用させれば良いか、無知過ぎて分からない」

扱っている事件のほぼどれも、何が何だか理解以前、合憲、合法の実現等、水準的に実現不可能、の上で「法曹資格者は全能の現人神、森羅万象全てを正しく見通して、判断出来る生神!虚偽設定が事実、正しいと、嘘を重ねて設定して有り、この嘘を事実と偽る為に、司法犯罪制度でっち上げ、司法冤罪粛清常時成功制度‼多くの場合、国家資格者に必要な偽造証拠作りを、高額の金を払って行わせて、成功に持ち込んで居る、合法の可否!を絶対問わない、問わせない闇の不文律‼も仕組んで」

これが司法犯罪、司法冤罪成功常時、の裏の事実です、合法の可否を絶対問わない、問わせない!不文律が潰されると破綻する代物です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433562
ユニークアクセス:6585640
今日
ページビュー:896
ユニークアクセス:873
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed