エントリー

2023年12月14日の記事は以下のとおりです。

国家資格者に狙う通り、偽造証拠作りまでさせて、司法犯罪成功

  • 2023/12/14 10:53

司法犯罪が常時成功する、刑事も民事も共に、常に成功させられて居る、理由の大きな物が「関係する事件に絡む国家資格者に、司法も狙う通り、証拠を偽造させて、行使させる手口です、普通の人間は、国家資格者は、司法、警察、損保に命じられて、損保から大金が支払われる条件で、偽造証明書を作って行使させて、被害者を陥れている等、想像すらして居ませんから」

半世紀を優に超える年月、ずっとこう言う、司法ぐるみの犯罪で、被害者を、無実の人間を、罠に落とせる悪事を重ねて来て居ます、極悪非道を超えた、司法ぐるみのテロ、犯罪です。

今迄に、幾つもの司法、損保、金融事業者等の権力犯罪も暴き、潰して来て居ます、それを逆恨みして、司法、警察が頭を張り、こちらを冤罪粛清しようと企み、テロに走る事を重ねて来て居ます。

対人賠償潰しは、医証の偽造、刑事事件捜査捏造、しくじれば最後は「司法犯罪判決が武器!これで詐欺冤罪も成立の根拠とも出来ている、合法を持った判決では全く無いが!判決だ、詐欺と確定だ!が通っても居ます」

今度は「一級建築士二名を、あいおい、司法が、でっち上げた建物損壊被害は嘘だ!13,7トンのユンボを使ったから、隣家沈下損壊は起きない、との捏造と、大きなクラックが無い‼も含めた、国家資格者権限で、でっち上げた隣家損壊は嘘、詐欺だ!等事件を捏造に走っている訳です」

国家資格を悪事に用いて「正しい証明書、証明である!と偽装して”損保、司法が、正しい事実証明だ、損害賠償詐欺だ!”と、刑事、民事共、成功させる算段なのです」

国家資格者に、金を払って「狙う通りの、合法賠償潰し、詐欺冤罪に落とす!偽造証拠を命じて作らせて、見事罠に落として通って居る、の再現です」

札幌鑑定から来た鑑定人は「一級建築士では無かったので”損壊は虚偽、詐欺だ、との捏造証拠作成には関わって居ないと、さっき電話が折り返しで来て、答えて居ました”まあ、一級建築士では無いから、偽造証拠作りしても、効力がほぼ無いし」

ずっと同じ、損保、共謀弁護士が指揮、犯罪証拠で賠償潰し、詐欺冤罪成功

  • 2023/12/14 10:35

今も変わらぬ「損保、共謀弁護士が、警察、司法を支配下に置いて、対人加害、被害の場合は「被害患者の主治医を教育して有り”受傷は軽微だ、と偽る医証を常時作成、行使させて有る”整骨院治療をさせない、損保様、司法様がでっち上げて有る、治療期間での打ち切りを、独善で決めて通す、後遺症が下りる診断は書かない」

これらに従わせる教育を施して居て、医師等は、従順に、医療費を払う損保様!の意のまま、医証偽造を常として居ます、国家資格者に、損保、司法が狙う通り、虚偽の国家資格者作成証拠を作らせて、合法な事件立証潰し、合法な損害賠償支払い潰し、対人賠償詐欺冤罪を成功させて有るのです。

司法犯罪経済事犯、この司法詐欺では「詐欺当事者ら、事業者、金融屋、損保等実行犯らの経理、税務申告等を”関係税理士、公認会計士に、司法テロ権力も必要な偽造、行使を命じて有るので”唯々諾々と、喜んで司法犯罪経済事犯、を成功させる為の偽造に手を染めて居ます”損保、金融機関、ノンバンク、財務省、国税庁等が、直に犯罪共謀、実行も手掛けています”」

損保、司法犯罪、建造物、構築物第三者加害損壊では「一級建築士が、損保、司法に命じられる通り”出鱈目な、損壊は虚偽だ!一級建築士作成証拠捏造、行使”を日常の犯罪として居ます」

国家資格者に、損保、司法、金融屋ぐるみの犯罪を成功させる為、必要な証拠の偽造、行使をさせて通って居る、極悪な損保、金融屋、司法、警察等共謀テロ、犯罪です、国家資格者は、法律によっても当然「国家資格を悪用して、虚偽の国家資格者証明書等を作成、行使は禁じられて居ますが。

何しろ「司法、警察、法務省他国の行政機関、監督官庁らも、国家資格を悪用した、偽造を命じた通りの偽の国家資格者作成、行使証明書を捏造、行使しろ、大金を渡すから偽造しろ!警察、司法、監督官庁が、国家資格悪用による、偽、でっち上げ証明書作成、発行責任も免責で逃がすから、安心して犯罪に手を染めろ!とも伝えて、普通は犯罪が発覚しても、免責で逃がされるからね」

刑事罰が科せられる重大犯罪ですが”司法も共謀、実行犯で、国家資格者に狙う通りの、命じる通りの証拠偽造、行使を行え!との命令を発して従わせて、罠を常に成功させて有る、ここまでの損保、金融屋、司法他犯罪が仕組まれて、国中で凶行されて居るんです。

風力発電詐欺、エンジンとモーターで駆動

  • 2023/12/14 09:42

イギリスで大規模に設置して行って居る、風力発電機器に付いてですが「風力発電設備って”決まった範囲の風が吹いた時だけ、些少の発電が出来る”機器で、多くの状況下では、発電等出来ない、風が弱い戸発全不可能、風が一定を超えれば、風車が壊れるので風車を止めなければならない、が実際なので」

普段、風者にはエンジンかモーターが付けて有って、エンジンかモーターで、風車を回して有るんだって。

風力発電も、只の詐欺だと言う、当然の事ですよね「自然エネルギーで、常に安定した電力を得続けるのは不可能です、割と効率が良い、安定して電力を発生させられるのは、水力発電ですが”雨不足が続くと、水車を回す水量が不足するから”結局常に、安定した電力を発生させようと思えば、火力発電、原子力発電が良いと言う事です”当然ですよね」

風車を回す風が吹かない、良し、エンジンかモーターで風車を回そう!大前提が完全に狂って居ます、この程度の詐欺で、簡単に国際的詐欺が成功する、人間などこの程度です。

かつて、風力発電設備詐欺、無煙焼却炉詐欺が、大規模に企まれて、大掛かりに成功させられました、栗山町に、工場が今も残って居ます、只の詐欺でしたが、多数の事業者が出資して、騙されましたよね。

風力発電、子供の頃、丘の上の畜産農家さん方が、風力発電設備を各戸備えて居たけれど「当たり前ですが、冬の期間以外、ほぼまともに風が吹かないから、発電されず、でしたよ」

必要な風が吹いた時だけ、電気が点る、テレビが映って居ました、冬は多くの時間、電気が供給されましたけれど、あの風車と同じ構図ですよ、風力発電詐欺、実際には、火力、原子力発電設備で電力を発生させて、安定した電力を生み出して供給して居る、と言うのが実際です。

新たな損保指揮、司法犯罪賠償踏み倒しの制度化

  • 2023/12/14 08:19

@衆議院への請願、国税庁に対する”損保、司法が共謀、損保事業資金横領拠出、国家資格者にも不法証拠作成用資金提供”合法賠償を潰す為のでっち上げ証拠作成、合法賠償潰し達成等へも、不正資金税務調査等を求める

                                 令和5年12月14日

本件請願、損保事業資金犯罪拠出、共犯者へ偽造証拠用提供等調査の求め
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7番1号
額賀福志郎 衆議院議長殿
TEL02-3581-5111
〒100-8978 東京都千代田区霞が関1-3-1
住沢整 国税庁長官
TEL03-3581-4161
森田祐司 会計検査院院長 損保は自賠責等も扱う故、公的事業
TEL03-3592-7393,FAX03-3593-2530

                     本件請願、犯罪資金税務調査の求め法人
            住所
            商号
           取締役
            TEL011-784-4046,FAX011-784-5504
              携帯080-6092-

近藤宏子札幌高裁長官 判例作り済み、詐欺、窃盗、横領、脱税制度統一を
TEL011-231-4200,FAX011-271-1456
上村昌通札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正 損保共々合法破壊証拠正統
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
秋元札幌市長、市民の声を聞く課経由、建築確認課、安全推進課、
騒音、振動規制法部署、土木センター、土木建設部署
TEL011-218-5165
センチュリー21、アイワ不動産 隣隣地売却仲介、顧客伝達必須事項
TEL0123-23-3359,FAX0123-23-4997

1,隣家解体工事に起因した、当家損壊事件に関しても、損保、札幌の法曹権力、司法機関、共謀一級建築士国家資格者による、建造物損壊は虚偽、損害賠償詐欺、当事者間示談、示談金支払いも捏造、あいおいに対する損害賠償詐欺事件、とでっち上げで陥れに走っている事件、日立建機、中央建鉄株式会社(土木建設工事実施に際し、近隣非該当調査など実施法人)への調査も実施しました”自重13,7トンのユンボでの工事で有れば、震度3以下、隣家被害は生じずとの、あいおい、札幌の法曹権力がこの建設理論?作成を指揮、一級建築士ら捏造証拠を潰す調査、結果です”近年増え続けている、土木建設工事に際し、近隣への被害発生の訴えを、この判例も悪用し、潰す為の布石の一助でしょう。

2,損保、司法、警察が手を組み、合法な損害事実、損害賠償金支払い、合法な当事者間示談、既払い示談金も潰す為の手の根本は”国家資格者に、上記合法を潰す為の、捏造した国家資格者証明書作りを、高額の捏造用資金を損保が提供して命じて、国家資格者が、命じられた通り、捏造国家資格者作成証拠作りに従う事で、合法な第三者行為被害、合法な損害賠償債権債務、合法な当事者間示談、示談金既払い全てを、損保相手の損害保険金詐欺犯罪”と、刑事、民事共、日常的に成立させて有る、この事件の経緯も同じ構図です。

3、対人加害賠償潰しでは”被害者の主治医、治療先医療機関を、損保、辯護士等で教育を施して有り、警察用診断書を常時短期の治療の怪我、と捏造させて有る”又、整骨院治療も損害賠償の対象なので”主治医は患者に対し、整骨院治療を行うなら、主治医、医療機関は診療拒否、と患者に通告”も今の手です、大幅な対人賠償潰しを成功させて、後遺症認定も蹴れる訳です、医師法第17,20条違反、刑法第160条適用犯罪ですが、司法ぐるみなので犯罪全て免責、対人加害事件、刑事、民事手続き資料で立証、知人がこの罠を仕組まれており、主治医の録音を取り、保健所等に訴え予定。

4,本件事件では”一級建築士二名に、でっち上げた13,7トンの重機使用だと、震度は3以下で隣家損壊は起きない”との捏造証拠を作らせて、建造物損壊、当事者間示談、既払い示談金全て捏造、あいおいに対する、加入工事会社、被害者等による損害賠償金詐欺、と捏造冤罪を成功させる狙いです”山本〇城、ワイエ〇、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士、札幌の司法,道警が共謀重過失傷害事件”でも、同種の損保、司法、国家資格者詐欺冤罪等が仕組まれている通り、当社調査で、虚偽の国家資格者証拠等立証。

5、このからくりで、あらかじめ損害、損害賠償、当事者間示談、示談金既払い全て虚偽、損保相手の損害賠償詐欺事件と、刑事、民事決定、判決も仕組まれて居るのが通常、今月20日、札幌地裁午後2時20分からの、あいおいが工事会社、被保険者を訴えた民事事件も、裏で刑事事件も仕組まれて?虚偽の示談、示談金支払い、損害は虚偽、損害保険不法請求事件、とした判決、判決も武器とした、詐欺事件と仕組まれて居るでしょう、山本〇城、ワイエ〇商会、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士共謀、道警、札幌の司法共謀犯罪、冤罪事件同様、今後土木建設工事に起因する、近隣建物等被害発生後、この判例、同様の手、一級建築士に近隣損壊は虚偽との、犯罪証拠作成を、損保が大金を払い命じて作成、行使が常態化するでしょう、この事件は、当社調査事項を詐欺冤罪成立可否の為、刑事事件捜査が必須です、又、今後住宅解体、新築施工時、関係する事項に付いて、行政の監督責任、合法施工の徹底が問われます。                    

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391146
ユニークアクセス:6544018
今日
ページビュー:116
ユニークアクセス:115
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed