エントリー

2023年12月23日の記事は以下のとおりです。

現人神、自己狂信を下僕民衆にも強要、洗脳を重ねてと合わせて

  • 2023/12/23 17:01

正直、気持ちが悪過ぎて、現行の情けなさも際立つばかり、只の「自己狂信現人神!恐怖独裁国家の独裁者だと、こう言う人間性だったんだと、長生きして、勝手に憲法規定を変えて、表向き現人神から降りたけれど、現実には「息子次男を跡継ぎにしようと、連れ合いが渇望して居る事に乗っただけ、傀儡の極みだった訳で」

この一族、神の血族だとか、冗談以下の設定の一族は「現人神で君臨して、国を独裁支配者、現人神として、絶対権力として君臨出来る、設定では全く無いのですけれど、戦後の二代目夫婦、完全に勘違いしてしまって居たんですね”国を独裁支配出来る、自分達の独裁権力を発揮して、我欲を自由に、血税を食い散らし放題出来て、わがものにし放題も認められた存在だ!とまで”やはりGHQ、敗戦後潰すべきだったし」

民衆も、責任転嫁のみに狂奔、敗戦したからと言って「自分達が悪だった!となる訳でも無いのに”ロシア、イスラエル、勝利すれば絶対正義だった!”と出来る訳で、同じ構図なのですけれどね」

最も責任が重いのは、ほかならぬ民衆、国民ですよね「現実の先代夫婦、次男一家らの所業、人間性に気付いた時点で、平民は否を突き付けるべきだったのですが”昔からの責任転嫁性質、大衆に迎合、権力と思う連中への諂い気質が発揮されるばかり”自己狂信者現人神狂信信者平民!”これが発揮されるばかりの平民が大多数?一気に現人神一族狂信、カルト狂信者国家!に突き進んで居ると」

現在、最も責任が重いのは、現行だと思いますよ、代替わりした風を装うが「只先代夫婦、次男一家の傀儡と言う現実、自分達一族しか見えない結果でしょうね」

我々は「自己狂信者現人神、一族を、無条件で崇拝、下僕で従う平民、国民に突っ走って居る、後十数年したら、このまま推移すれば”かの独裁者現人神崇拝!”国家になり果てていると思えます、正しい正義が喪失し切ったら、こう言う人間が独裁支配者で君臨して、下僕は自己保身と、自己利益を得る為、現人神ピンキリ、に諂う事に汲々、こうなり果てるんですね」

現行の実際も、先代と次男らの操るがまま、退いた風だけの先代から呼び付けられる都度、自分が設定上の立場の自覚も、で諂いに駆け付けるばかり、何が妻子は自分が護るだ、こいつが一番妻子の過去、今、今後に、不当な扱われ事実に責任が有るんでは、民族の象徴だ?事あれば一族揃って、自分達が助かればで、国も民衆も、先を争って売るとしか思えない、他の国家権力も揃って。

違う意味で、血は争えないと思うばかりです、根本で大きな間違いをしでかしたんでしょうね、平民、国民は、様々な点で。

誇りと言う、最も大きな武器を、ものの見事に消し去り続けて来た先が今、明日からでしょう、公の為に自己犠牲を、最早絵空事になり果てて、人間、時代が幾ら過ぎようともこんな程度だと、様々な部分で、自己犠牲の精神を、自分の心に背く事無く、等もう理解以前ですしね。

どんどん破綻し続けている、司法犯罪制度絶対狂信!只のテロ、犯罪

  • 2023/12/23 10:12

先代夫婦、の次男一家、法曹資格者、司法機関手続きの現実と相似形だと「存在が現人神!現人神が行う事全て、正義‼疑う事を許さぬ!令和5年も終わろうとして居ますが、どんどんこの、現人神、現人神の行為は神事で絶対!一切異議を挟む事許さぬ!北の首領様狂信!でっち上げた現人神様創出、崇拝の強要‼と同じ構図ですよね」

こう言う手口を取る、独裁国家権力、独裁者連中は「自分で事を正しく成し遂げる資質、能力等が備わって居ない、正しい者、能力を備えて発揮出来る者を妬み嫉み、手柄を横取りする、誹謗中傷で陥れる事に狂奔‼猜疑心の塊で、自分を絶対の存在だ!と、事実に拠らず無条件狂信を、様々な手を講じて、支配下平民、下僕らに強要して居ます」

近代法治国家日本国!の筈が「年々、現人神狂信!を強要する度合いが高まり続けていますよね、一方で、只の俗物、それ以下の連中、尊敬、敬えるような要素が実際見たら無い、害を与える存在、世の中に正しく貢献しなければならない、この立場、責任等理解以前の人間性、資質と暴露され続けている」

この現実の暴露、露見に付いて、更に逆上、逆恨みを募らせるばかりで、自分達が天才を超えた存在である!との虚偽捏造にも狂奔、北の独裁者様と同じ手を講じてです。

今更ほぼ誰も「この連中が現人神、常人が足元にも及ばない資質、知識知見、能力、人間性の崇高さを備えた、生きる神と言うべき存在である!等、本気で狂信して居る下僕民衆も、まあ、ですけれど」

こう言った独裁医者、独裁権力集団に平伏して、自己利益を得ようと企む、同類がどんどん増殖してと、民族の資質、程度がこうだと言う、カルトに全力で傾倒、の連中と同様で。

幾ら時代が進もうとも「人間の根本は同じ、人間として最低レベルの、腐った独裁者気質、無能さを虚偽で隠蔽して、自己神格化喧伝を重ねて”現人神の自分を無条件で崇拝しろ!”こう言った独裁テロ権力を渇望して、崇めるんですよね、で、オウム帝国樹立、オウムの所業を拡大させて、に走る路線と」

真っ当な人間は、この連中の逆の行為、行動を取るんですよ、この連中は、北の首領も含めた、独裁テロ国家権力者!の思考行為事実、自己を現人神、全能者‼と狂気の信仰を、疑わずさせようと下僕民衆を、互いに陥れるべく、密告等も含めて、不都合な人間を排除、等を定番通り、だと。

本当に気持ちが悪すぎるだけ「北の将軍様、ポル・ポト、毛沢東、スターリン等の再来!を日々見せ付けられて居るこの国の現実、近未来にどうなって居るか、現人神様を絶対狂信‼疑う輩を強制排除‼近隣独裁国家に民衆毎売り渡して、に続くであろう、有んな人間達を狂信させようとでは、法曹カルト狂信も合わせて」

この連中、自分さえ助かればで、先に立って平民と国を差し出すとしか、イギリス王室のあの、共共通して、排除出来ない事が、近未来に大きな禍根を生むと。

正義を失い切ると、こう言う過去の再現が、を繰り返す訳なのでしょうね「相手を出来るだけ正しく見て、把握する事が不可能!カルト狂信者特有、自分が思う事しか見えない、見ない、理解しないからねえ、対極に生きてりゃ、粛清対象とされる訳だ、無能さを虚偽で隠蔽、全欧の現人神でっち上げで自分が真っ先に狂信!平民にこの狂信のみ、強権を持って行わせる、正しく見抜いて、の平民を徹底して陥れる!が起きる訳です」

近未来には、あいおいと札幌の司法テロ、犯罪新制度の合否が

  • 2023/12/23 09:50

じき訪れる来年には「うちに接する二の宅地で”住宅新築施工が行われる予定となって居ます”この新築施工によって、札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、あいおいが被保険者、解体工事業者を、完全な言い掛かりで訴えた”債務不存在詐欺裁判!の提訴根拠等の合否も判明します」

まあ、闇で決めて有るであろう「あいおいが正しい!13,7トンの重機で土木解体工事を行っても、震度3以下しか揺れないから、隣家沈下等被害は生じないんだ!沈下度合いの差が3ミリくらいで沈下した、との測量結果が有るが、3ミリの違いで不同沈下すれば、目に見えるはっきりしたひび割れが起きるが?罅割れも無い!沈下被害は嘘だ!他あいおい主張が全て正しい、判決がもう組んで有るだろうから」

この内容の判決が、事前のあいおい、共謀弁護士、札幌の法曹資格者、司法機関等の謀議で捏造した、こう言う判決が下ると。

で「地質調査書で証明済みの事実には”地下1メートル位から、2,5メートル位迄が先ず、水に等しい脆弱地盤で有り”地耐力は実際にはゼロ!この調査書による事実が証明されています」

つまり「あいおいと共謀札幌の法曹権力、司法機関が闇談合済み”上記、工事場所隣家が工事に起因して、沈下した被害等に付いては、虚偽の被害申告、教義の損害保険金請求だ!”との捏造を事前に作って有り、下すと決めて有る、あいおい相手に損害保険金詐欺を働いた!まで捏造して有る司法テロ、犯罪正当化用、でっち上げ合法な訴えだ判決を下した先には」

現実の、新築施工要確認申請手続き、合否決定、新築工事実施、が控えていると言う事で「このあいおい、司法共謀の、土木建築理論と現実の工事事実の、虚言、でっち上げ、犯罪を凶行して否定して確定させる企み、脆弱、軟弱地盤、水に等しい地盤には、強固な地耐力が備わって居る!主張、事前にこの勝訴内容を仕組んで有る判決!の合否が、実際に行われる、新築施工の為の確認申請手続き、施工実施によって」

物理的に、このオカルト土木建設理論?が正しいんだ!と捏造済みであろう判決まで、合法、只のオカルトでっち上げ、詐欺冤罪捏造の武器用と、犯罪で不払い成功と、私を冤罪で粛清の武器!の合否がはっきりする訳です。

この二軒「どっちにしても”合法な施工では無くて、不法施工とはっきりした上で?”新築施工させて、不法施工住宅の引き渡しを、公に不法施工事前承知の上で”がはっきりと、司法手続きの成果です」

司法による、合法破壊判決で、合法を潰し放題!の先

  • 2023/12/23 09:27

司法犯罪手続きを経て、犯罪、不法行為を正しいんだと、合法破壊を武器として、司法が決定、判決を下して、その場の不法行為、犯罪を正当と決めて通して居る、これを事前音狙い、でっち上げて犯罪の限り、を尽くし放題が、司法犯罪制度捏造!です、主眼が、弁護士用のテロ、犯罪の制度化です。

で「現在企まれて、進行している司法、損保共謀の不法、犯罪の制度化の一つが”あいおいと札幌の法曹資格者、司法機関共謀のテロ、土木建設工事合法施工必須”これを、犯罪司法手続きを使い、叩き潰せるように、水に等しい地耐力の地盤、水盤?にも、重機を載せて揺るがない、コンクリート、建築物などを載せても揺るがない、強固な地耐力、水盤力が備わって居るんだ!これを正当とするべく、あいおいと札幌の法曹資格者、司法機関共謀!犯罪司法手続き、が進行している訳です」

当たり前ですが「脆弱地盤、軟弱地盤、ほぼ水と言える地盤に、強固な地耐力、水盤力?が備わっている訳が無いのですが”あいおいと札幌の法曹権力、司法機関は、正しい力学も、司法犯罪職権濫用を武器で駆使して”脆弱、軟弱地盤、水に等しい地盤にも、強固な地耐力が備わって居るのだ!とオカルト主張を繰り広げていて、これが正しいと、司法犯罪手続きで、判決が下ると仕組まれています?」

当たり前ですが「脆弱地盤、軟弱地盤、水に等しい地盤に、強固な地帯力、水盤力?が備わって居る筈が有りませんから”実際に、こう言った脆弱、軟弱地盤状、水に等しい地盤状に、重量物を載せて、大きな荷重を加えたならば、沈下する事は当然ですが”何しろ、現人神集団、法曹資格者が指揮する、犯罪司法手続き、決定、判決こそ、森羅万象全てを見通して、常に正解のみ下す!法曹資格者による神事だ!」

これが日本国の、法曹資格者、司法機関様方の、現人神ごっこ、決定、判決、オカルトテロ、犯罪正当判決が日常、を、事実に背いて正当だ!と強引に通して居る、現実ですから、収拾を付ける事が不可能な、司法テロ、犯罪判決による、気のⅩったテロ、犯罪司法手続き、犯罪正当化判決なのです。

司法犯罪、司法手続き、判決証拠を作って置いて

  • 2023/12/23 09:06

ファイナンス貸金と司法らが共謀、融資契約何の、動産貸し出しリース契約、と偽装、犯罪融資ですが「司法犯罪により、正しい融資詐欺、動産リースだ!判決も出来ている、札幌地裁平成17年(ワ)第747号、オリックスが原告の、融資詐欺訴訟、只の融資詐欺で有る事を、詳細に立証したこちらに対して”原敬一郎裁判官が出した判決は、貸金であるオリックスは、貸出動産?を購入せず、所持せず、貸出せず、これで正しいリースとなる、オリックスが勝訴!”判決を下して居ます」

で「この、オリックスを、融資詐欺が正しい動産リースだ!訴訟経緯証拠、判決と、この判決を悪用した、金融公庫火災保険事業による、火災で罹災した該当動産は”オリックスが所有者である、上記判決が有り、ノンバンクは、リース貸出動産を、購入せず、所持せず、貸出せず、これで正しいリースとなるのである、よって罹災動産は、オリックスが所有者だから、火災保険金は不払いと決めた”実例、証拠が揃って居る訳です」

で「石狩の沖に、風力発電設備を、海中の盤上に固定して、設置された訳ですが”この風車に付いて、償却資産として扱い、石狩、小樽市役所が、償却資産登録を市に対してもさせて、償却資産税を徴収するが、石狩、小樽市役所で、風車何基を自分の市役所に資産登録させて”償却資産税を分捕るか、争いして居ると報じられた訳ですが」

1,償却資産として、市町村に登録が必要な動産、固定された動産の定義は「陸上に固定された動産、これが鉄則で有り、海中の盤に固定された動産は”何処の市町村も、償却資産登録させて、徴税する権限を持って居ません”海洋法、国際法などが絡む法律事実ですし」

そもそも「償却資産とは”購入せず、所持せず、貸出しておらず”これで動産所有権を持って居る、しかも、購入せず、所持して居なくて、該当する動産?の所有権者だ、おいおい、存在自体して居ないだろう、この司法決定、判決が有るんだから、この法律規定事実、判例により、この海洋の盤に固定風車、償却資産登録、納税等不可能と、正しく答えが出されています、流石現人神法曹資格者による、神による司法犯罪手続き、判決です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433648
ユニークアクセス:6585726
今日
ページビュー:982
ユニークアクセス:959
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed