エントリー

2024年02月06日の記事は以下のとおりです。

次の段階に、隣地での住宅新築も

  • 2024/02/06 17:56

損保、司法共謀、合法による損害賠償債務、損害保険金支払い潰し、テロ、犯罪を損保、共謀弁護士が、検事検察庁、裁判官裁判所、警察機構、各監督官庁を下僕で従えており、報道カルトも同じ犯罪機関で!

これを日常テロ、としているこのテロ集団による、隣家解体工事が原因で、当家が損壊被害に見舞われた、このテロ集団「良し!今度こそ損害保険金詐欺冤罪に陥れて粛清だ!これを成功させられれば、東京海上日動、山本昌Ⅹ、こいつが元社長、解散登記済み隠蔽、ワイエ×商会、長縄信雄税理士、向井・中島法律事務所、中島桂太朗辯護士が、多数の極悪犯罪共謀!司法、警察を下僕で指揮しての、山のような犯罪に共謀、犯罪、犯罪者職権濫用で逃がして居る!司法、警察テロ毎闇に葬れるし!」

繰り返される、損保、共謀極悪犯罪弁護士が指揮、司法、警察、行政、報道カルトテロ、犯罪、詐欺冤罪も常時凶行!の舞台となって居る、住宅解体撤去済み、隣地が売れたようで、いよいよ『合法を果たした、住宅施工が開始されると言う、能登地震による、被災地で起きて居る、液状化、建物損壊巨大被害の現実が有る上で。

さて「どうやって”地耐力を正しくクリアさせた、住宅施工が完遂出来るやら”何しろ、土木建設工事が原因で、接する建物等に不当被害が生じれば、損保、司法が共謀して、賠償詐欺冤罪に陥れる!公式実例も進行中ですからねえ、しかも」

工事に拠って、隣家等に被害を生じさせて「被害者に対して”損害賠償債務金を支払い、加入損保に対して、損害保険金支払い請求を、建設業者やらで行えば”真っ先に請求工事業者等、詐欺冤罪に陥れられる!施主も同じく、と言う実例が出来ている訳だし」

当然、被害に見舞われた近隣建物所有者も「被害を証明して、被害補償、賠償金請求を、加害責任者に行うと、損害賠償詐欺冤罪!を、事実無根で、犯罪損保、民間資格鑑定士?法曹権力が共謀犯で捏造されて、一緒に陥れられると言う」

何しろ「実例、証拠が、訴訟資料でも揃って居て、現在進行中の損保、法曹カルト共謀、賠償詐欺、損害賠償保険金詐欺冤罪捏造、加害側も被害側も、一緒くたに詐欺冤罪に陥れる!としてのテロですから」

同じ損保、司法テロが再現される事が、ですし「能登地震被害がここ迄、当社の証明事項通り出て居て”地耐力クリアせず!で確認申請、完了証明を偽造発行!融資詐欺の武器でも悪用”の現実の再現は、流石に不可能でしょうし、そもそも、合法施工が不可能で、どう推移しますか、今後の推移が」

隣地が売れた模様、さて、合法による住宅建設を!

  • 2024/02/06 11:27

どうも隣地が売れた模様です、ので「事前通告済みの通り、合法な支持杭の施工、これを果たす事、建築確認課、安全推進課への通告を、いよいよ実務で遂行要求を、既に」

騒音、振動規制法の徹底遵守、も求めて有ります、当然です、是非手作業で、地下15メートル位迄穴を穿ち、支持杭を落として頂こうと。

まあ「札幌市の条例で有れば、もっと地中深く迄、支持杭を落とす必要が有るけれどね、又、隣接建物への、沈下等被害防止も必須です」

何しろ「13,7トン以下の重機を使った土木工事は、隣家沈下等が起きない!沈下被害を、事前にから調べて証明して”損害を受けた事に、賠償、保証金を支払うよう求めたら”損保、司法が共謀して、損保と無関係の被害者に対して、詐欺冤罪の罠を仕組み、陥れられるんだし」

自分の身と、自分の所有財産を、悪の損保、法曹カルト犯罪権力から、自分で合法を武器として駆使して、正しく守らなければなりません、只の言い掛かり冤罪被害まで、隣接地等で土木建設工事が行われて、自宅が沈下等被害を受ければ、詐欺冤罪等の、言い掛かりの罠‼も降って来るのだから。

幸?能登地震が起きて、住宅建設の場合も”正しく地耐力を備えた地下の地層迄、支持杭を打ち込む等、合法施工が、必須で求められる状況が生まれています”隣地での住宅建設工事、詐欺施工は厳禁で、出来て通る訳が有りません。

さて、先ずは隣地での”地耐力を備えた地層迄、合法に支持杭を打ち込む工事の実施が先ず必須!"これの完遂から、必ず果たさせられるし、果たさなければ、施工鷺、融資詐欺ですから.

振動規制法、騒音規制法の正しいクリア、これも必ず守らせます、合法で住宅施工実施、事前に関係各所に、正しい事実を持って、伝えて有る事項ばかりです。

報告事項

  • 2024/02/06 11:11

報告事項、そのいち

;小樽市幸2丁目の事件、国有農地に長年、廃棄物混入土砂を不法投棄して、隣地地住宅地も共に、違法な道路造成して”農水省、道庁後志振興局、小樽市役所、小樽警察署が共謀して”住民らが、生活道路で不正利用する行為を認めて来て居る、公権力が、国有財産土地と民有地で、これ等複合犯罪を認めて来て居る、事件。

;後志振興局から”該当土地に、廃棄物は確認されて居ない”等公文書が出ている、が先ず事実である。

;次に、現地で動画を録り、小樽市役所塵減量課長、都市計画係長と部下一名との、現地での廃棄物確認済み、の動画音声入りが有る上で、当社の調査、証拠採取、証拠添付も有る上で、札幌市環境局事業廃棄物課、清水部長からの公文書が、当社に出ており”詳しく、廃棄物該当物品も記載して、これ等は廃棄物なので、現地持ち出し禁止、法に沿い、現地で正しく分別、各々物品を、法に沿って処理の事”と記載した公文書が出ている通りです、鉾盾が共にあると言う、同じ事件で真逆の記載公文書が、当社に出されています。

;この事件で”当社は、虚偽公文書作成、行使の嫌疑”で告発状を、小樽警察署に出して有りますが”後志振興局、札幌市環境局部長、小樽市役所、現地も捜査を尽くして、検察庁に送致済み、との事ですが、例によって検事、xx狙い?か?でなにも警察に、答えずのままだと、まあ、どっちでも良いから、公文書で監督機関が”廃棄物多数を、廃棄物にあらず”と公式に認めて居るのだから、幾らでも使い道が有るし。

;なお”小樽市役所は、これ等不法投棄廃棄物混入土砂、撤去させるよう求められている”との事です、当たり前ですから、法を所管する行政機関が何をして居るんだ!環境犯罪、不動産侵奪犯罪を、職権濫用で闇に葬ろうと企んで、犯罪者と共謀犯罪を、あまりにもとんでもない!

割と最近、北海道で同種の融資詐欺で摘発が、その後もっと出鱈目に

  • 2024/02/06 09:20

割と最近、アルヒの代理店?によるとの設定での、フラット35融資の詐欺が摘発!この手口とほぼ同じ、フラット35融資詐欺で摘発された事件が、表に出て居ました。

フラット35融資詐欺の手口は、今回の、アルヒの代理店ぐるみの融資詐欺、と同様でした「過去の融資詐欺の肝は”源泉徴収証明作成、発行専門事業所”に、虚偽の雇用、源泉徴収証明書を作って発行して貰えば、好き放題詐欺で融資が受けられる、この手口を活用しての、フラット35融資詐欺での摘発でした」

源泉徴収証明書って「民間の事業所が、只の私文書として作成、発行する証明書なので”こう言った、融資詐欺に使ったって、虚偽の源泉徴収証明を作成、発行した事業所には、何らの責任も生じません”只の、内部的私文書だからです」

今回表に出た、アルヒの代理店ぐるみの、虚偽の雇用証明、所得証明を偽造作成、発行させて、フラット35融資資金を詐取、の事件も、上記融資詐欺の手口と同じ手法です。

つまり「過去のフラット35融資資金詐欺、で摘発の後も、なんらの合法化対策も取らず、処か”もっと簡単で、行為者等が確信犯!”の度合いも高めた、フラット35融資資金詐欺、を横行させている、と言う事ですね、財務省ぐるみで」

じゃあ、あの北海道、札幌圏が舞台だった、フラット35融資詐欺で摘発、何だったのでしょうね?もっと短絡な、ほぼ同じ融資詐欺が、楽に手掛けられて、成功している現実が有るのだから?

そもそも、今はフラット35住宅用土地建物融資「笊処では無い、詐欺が普通では?にまで凋落して居ますよね、財務省が頭で、窓口の金融機関も確信犯で、詐欺融資で逮捕、まともに捜査して、摘発をとすれば、あっと言う間に凄まじい詐欺契約が発覚して、物凄い件数、不動産業者、施工建設業者も含めて、挙げられるけれどね」

フラット35、アルヒ融資詐欺で摘発

  • 2024/02/06 09:01

住宅金融公庫時代から、割と有った、融資詐欺契約の数々、フラット35に代わってからはもう、詐欺融資が簡単に成功する、土地建物公的融資として、書類上さえ整ってりゃ、簡単に融資承認が下りると言う。

フラット35融資代理店、とやらの「アルヒ、の代理店とやらが、融資詐欺で摘発されたとか、無職の融資顧客の審査を、色々捏造して通して、暴力団へも資金が流れたとか」

この、血税も投じられている、財務省ぐるみの融資事業「あまりにも融資承認が出鱈目で、融資を受ける人が、自身が居住する住宅、土地の融資を受ける事、が鉄則なのですが、貸し家用の融資受けも、山のように融資を受けられて居ると言う」

不動産業者、融資代理店、窓口金融機関、建設業者、結託して、血税も投じられている、このフラット35、融資顧客の居住者用、融資が、実際は貸し家用の融資、でも借りれて居るんですよね。

知人も多数?このフラット35、借主の居住者用、土地建物融資を「色々捏造して、借りています、引っ越し費用、車の購入費用、家財購入費用、纏まった現金入手等、収入の証明から偽造、見積りも偽造等」

これらの資金、不正受領資金も加えた総額が借りられるように「収入の証明書、工事金額見積り所等、故意に偽造して、借り放題で来ている、と言う現実です、財務省も承知の上で、ここまでの融資詐欺を、公然と成立させ放題させて」

この現状なので「雨後の竹の子状態で、住宅建設業者?が林立し捲っている訳です、住宅施工も、基本がシステム化されていますしね」

かつては、建設業者に資金力も必要で、融資を受けさせる為の、様々なノウハウと、融資窓口の金融機関との、色々な、も必要で、様々縛りが有りましたが、今はもう、笊処では有りませんから。

正規雇用されて居る必要すら無い、本当かどうか不明な、何かの収入証明書が、数カ月分あれば良いだとか、融資詐欺を故意に惹き起こしている財務省、が真実と。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348246
ユニークアクセス:6501790
今日
ページビュー:390
ユニークアクセス:386
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed