エントリー

2024年02月28日の記事は以下のとおりです。

犯罪が日常、これで法治国家の司法と

  • 2024/02/28 17:00

黒川弁護士、札幌地裁民事1部2係、中央、東警察署に電話を掛けて「二名の一級建築士が、犯罪を自分で証明した書面を作成して、あいおい、あいおいから黒川弁護士に渡り、黒川があいおいから言われた文書を作って添えて、被告解体業者、補助参加人に”一級建築士二名が犯罪証拠を作った、犯罪の共謀行為に動いたあいおい、黒川弁護士だ!”と、送って来た事件に関して」

この犯罪証拠は「裁判証拠と当然認めない、被告も、犯罪原因被害者の補助参加人も、補助参加人が経営する法人も共に、犯罪被害者からの通告を受けて、被告も証拠と認めず、刑事事件証拠で先ず保管する、刑事告訴告発は、被害当事者が行う”等を通告しました」

予告したのに、一級建築士二名は「犯罪に手を染めたのは自分達もだ!どうだ、これが手掛けた犯罪の証拠だ!」と、意気軒昂に?自分達の犯罪を謳い、犯罪証拠を出して来た訳です。

こいつ等、一級建築士だから余計に「自分達が手を染めた犯罪に付いて”いい訳の余地がないまで、犯罪と自覚、認識している訳です”国家資格を持って居る事の責任も、まるで理解以前と」

この犯罪者作成、悪用証拠に拠って「いよいよ損保、司法共謀犯罪を、公式に刑事告訴、告発出来ます”損保、司法、警察共謀犯罪、損害賠償保険金犯罪で踏み倒し、損害保険金詐欺冤罪を、どう言う犯罪によって成立させて居るか”建造物損壊に係る、損保、共謀犯、司法、警察犯罪実例、裏で悪事を働いて、成功させて来た証拠ですから」

今まで損保、共謀犯罪者は「今回二名の一級建築士が、国家資格を背負って犯罪に手を染めて、犯罪証拠?犯罪による損害賠償、損害賠償保険金踏み倒し、詐欺冤罪捏造、成立の裏の手口を、公に表に出した訳です」

今まで表に出せず、口頭で、なあなあで、証拠を隠蔽して、建造物、構築物損壊に係る損害保険金額決定、支払いを成立させて来た理由は「只の犯罪だから、ですからね”表で公式に、手を染めて、証拠を物理的に遺せる道理が無かったのだから”ようやく建造物、構築物損壊被害に係る、損保等による損害賠償、補償保険金支払いまでの、裏の手口証拠も手に入った訳です」

刑事告訴、告発手続きを取って「犯罪を握り潰すのであれば、更に”損保、司法、警察共謀犯罪実例、証拠が揃います”今後更に役立つ証拠、犯罪隠蔽事件証拠です」

当事者間契約自体無い、つまり犯罪なので、証拠価値自体無い

  • 2024/02/28 11:33

あいおいが出して来た「技術者PLセンターの人間とやらと、めぐみの鑑定の人間、共に一級建築士が”証拠だ!”と出してきた代物、根本から犯罪だから、しかも一級建築士の立場での不法行為、犯罪”だから、当然被告も私も、証拠として認めない、と蹴ります」

当然ですよ「刑事事件の捜査でも、脱税疑い調査でも”合法な根拠が揃って初めて”正しい捜査、調査、証拠と出来るので有り、不法、犯罪で有れば、全て無効ですからね」

証拠と出来る条件は「正しく合法である事が必須条件です、犯罪が行われたのでは、一切行為も証拠も、犯罪だから使えません”日本国憲法、法律で定まっている事実です」

クルドらによる、犯罪を重ねての「日本国の業者等が偽装元請けで?であろう解体工事実施に付いても”根本が犯罪なのだから”何もかもが合法外です」

犯罪と立証されれば「行為、証拠と言い張る代物全て、法を犯して得た犯罪資金も全て無効、合法とはなりません」

あいおい、あの一連の犯罪行為指揮を、事業資金を使って、渡して指示して、犯罪に手を染めさせたと、わざわざ確固たる証拠、犯罪者が犯罪を手掛けた、との証拠を、司法手続きで出した訳で、自爆も極まって居ますから。

法の正しい適用も何も、損保、共謀弁護士他弁護士、検事検察庁、裁判官裁判所ぐるみ、全く何も、正しく理解も出来ない結果です、犯罪者の所業そのものです。

どう出て来ても良いように「色々仕組んだ甲斐が有りました、見事に引っかかった物だ、自らで犯罪行為自供、証拠を出すと言う、損保、司法犯罪の確固たる証拠が揃いました」

こいつら本当に、只の荒っぽい犯罪者名だけだなあと、馬しかの極致だと、無様過ぎて本当に。

犯罪者を滞在させて、犯罪建設工事違法下請け、犯罪工事公認

  • 2024/02/28 08:58

@不法滞在多国籍人らを、法を犯して不法滞在させて、不法な建設工事、解体撤去工事等を、多重下請けで実施させて居る、当然ですが、工事に起因する、公共物、近隣への被害賠償もせず、不法投棄等も税金処理が降り掛かるだけ、北海道も同様に陥る前に阻止が必要です、今損保、司法は、工事に起因した公共施設、近隣建物等被害賠償潰し、只の言い掛かり、犯罪による、にも狂奔、これ等を合わせれば、最早近代自由主義法治国家破壊が成立しています

                                  令和6年2月28日

本件訴え相手
杉田水脈衆議院議員殿
TEL03-3508-7029,FAX03-3508-3829
和田政宗参議院議員殿 不法滞在者が、建設工事実施を合法実施、法の根拠を
TEL03-6550-1220,FAX03-6551-1220
大野天裕埼玉県知事殿、行政監察幹、建設指導、環境他
TEL048-830-2146,FAX048-830-4728
奥ノ木信夫川口市長殿、建築調査課福富課長他
TEL048-242-6367,FAX048-285-2003
馳石川県知事殿、危機対策山本担当他 工事作業員と近隣対策見当たらず?
TEL076-225-1482,FAX076-225-1486
鈴木北海道知事殿、各振興局環境生活、建設指導他
TEL011-204-5823,FAX011-232-1156
秋元札幌市長、市民の声を聞く課配布安全推進監察東森、危機管理福田
市街地復旧吉永、事業廃棄物袴田、大気汚染・振動・騒音鳴海、建築主事
TEL011-211-2042,FAX011-218-5165
上村昌通札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
鈴木信弘北海道警札本部長、各捜査課長 損保、法曹ぐるみ多重犯罪も重大
TEL,FAX011-251-0110

1、追加の訴えを提起致します「埼玉県内、川口市が中心で、与野党、範囲地政治他勢力等が手を貸して”不法滞在、トルコ国籍クルド民族が中心となっての”建設業法、廃棄物処理法、大気汚染、騒音、振動規制法違反、道路法、道路交通法違反、建設業法違反、損害賠償規程破壊、犯罪収益取得、隠匿、脱税等で構成されて、公状態で通されている、建築物解体撤去、日本国の不法業者が表向き請負、必要手続実施、多重犯罪目論見下請け発注が、北海道も含めて、日本各地に波及される前に、まともな政治家、政治勢力、まともな行政機関、法令順守遂行意識、矜持を持った役人らが、憲法、法律を正しく適用させて、この巨大犯罪拡大等を防がなければなりません、確固たる法律の規制が掛かった上で、ここ迄明白な、巨大規模の犯罪行為を、政治、行政、警察、司法らで共謀、加担している現実は、テロそのものですから」

2、この巨大犯罪も「当然ですが”公共物破損、近隣建物、構築物破損、産廃等不法投棄被害に付いて”も、一切損害賠償、補償を受けられる筈もない、不法投棄し放題も通り、何れ血税で処理も見えている通りです、只の犯罪者による犯罪行為なのですから、日本全国、北海道に波及する前に、合憲、合法により、潰す必要が有ります、テロの拡大は認められませんし、犯罪収益取得、隠匿、没収、徴税逃れの現実も認める訳に行きません」

3、損保事業、司法らは現在「当家隣家解体工事で損壊に関して”も”当方と当社を、只の言い掛かりで、損害賠償金、損害賠償保険金詐欺(工事業社加入損保と、被害者、被害者依頼業者は利害関係無し、請求等不可能も知らずの冤罪)に陥れようと謀り続けており”これもしくじり、遂に次の公式行為に走りました」

4、工事業者が加入、建設総合保険あいおいニッセイ同和損保。技術者PLセンター、めぐみの鑑定、共に唯の部外者、一級建築士らしい輩は「不法な”損壊調査結果、当家沈下は虚偽、地盤強度は無関係で、一律同じ振動、揺れが生じる、訳が無い事は、国交省告示、地耐力クリア必須告示の他の通り、西野岩盤地区と、泥炭地区が同じ揺れの筈も無し)沈下は建物が全て沈下する(軟弱地盤の場合、工事側に不同沈下するのは、土木建設の常識も不知)だの、縁石も沈下する(縁石も公道、強固に固化して有り、宅地と共に沈下する訳が無い)だの、他の隣接建物p被害無し(何も調べず、当家調査も多重犯罪、調査権限も無しで不当に出鱈目を働いた)虚偽の詐欺捏造で突っ走った損保、法曹の、必死の損害賠償詐欺捏造も起きて居ます」

5、この損保、法曹ら犯罪実例、証拠が更に出来た事で「アスベスト飛散防止対策工事、工事費不払い、不都合故答えず、司法手続きで公式実行、技術者PLセンター、鑑定士等と言う部外者、只の民間人による、請負業者調査言い掛かり否定、詐欺捏造公式行為、証拠も揃った事で”今後、建設工事実施の場合、事前に近隣建物所有者らは、沈下、損壊被害事前調査、振動、騒音規制法徹底遵守、道路法、道路交通法徹底遵守、地耐力完全クリア、施工建物で実施させる”等を、各法律規定により、損保、損保が飼っている只の民間事業者、犯罪によって、損害潰しを手掛ける輩の排除、警察、各行政機関、役人らの立ち合い等の実施、工事業者等に求めて実施させる、が必須となりました」

6、先ずは、解体工事土地で、今年新築施工予定が有り、当家南側建物解体撤去、新築施工も控えており”隣接家屋所有者も全て加えて、工事に与る被害発生対策、合法を満たした工事実施の必須”を実現させられる運びともなって居ます「何しろ、隣接家屋等損壊被害が生じれば、損保、共謀民業、只の犯罪行為者、法曹、警察が、言い掛かりで損害被害は虚偽、詐欺冤罪と捏造出来る公式実例、証拠が揃ったのですから」

7、これ等事実、実例証拠の通り「不法滞在者等に、犯罪で構成解体工事等を、国中で凶行させたのでは、無法国家になり果てる事必定です、損保、警察、法曹も、直接同様の犯罪賠償潰しに狂奔しても居るのですし”被害を被った建物所有者加入、損保火災保険、特約、拐取不可能で被害損害金支払い、しますか?”立て替えても、貸金業規制法違反で拐取不可能になって居るし?司法の、この犯罪賠償訴訟も破綻している通り」

8,あいおい側から出された”技術者PLセンター、めぐみの鑑定、共に一級建築士が公式に作成、証拠と出した、多数の脱法、犯罪行為証拠”を見ても、私と経営法人が、詐欺を働いたと、合法無しで捏造に走って居る、と見做せて居ます、当社は”解体住宅所有施主から一定管理等費用を出して貰い、必要な事前、工事中、工事後調査を行い、纏めて、被害を見積った立場、部外者犯罪者が、捏造した被害証明等は虚偽で、正しく出来る道理は無いし、当社は解体業者加入らしい、あいおいとは一切関係が無いのですが、どうあっても”当社が詐欺を働いた”と、損保、法曹ででっち上げた事を正当化したいようです”もう多重犯罪、不法行為も立証されて、共に後に引けないのでしょうね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433593
ユニークアクセス:6585671
今日
ページビュー:926
ユニークアクセス:903
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed