エントリー

2024年03月の記事は以下のとおりです。

やはり

  • 2024/03/31 15:43

事件番号 札幌地方裁判所令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                  令和6年3月31日

原告
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業
補助参加人
山本弘明

札幌地方裁判所 民亊第1部2係 石井美帆書記官御中
TEL011-290-2330,FAX011-281-7747
補助参加人 山本弘明提出書面  印

           補助参加人提出書面 第三十七回

1、本訴訟原因既存住宅が、北側建物解体撤去工事が原因で損壊、沈下被害を被った事件に付いて「工事業者が加入と言う(だけ、損保、司法は常に、損保は契約証明等提出不要、口頭で申告以外認めず、種々証拠を出すと不都合、刑法事犯証拠にも故)原告あいおいニッセイ同和、共謀建築士等、法曹権力が、虚偽の損壊、詐欺狙い請求等罠を仕掛けている事実等に付いて、刑事事犯で被害届け出して有るので、更なる被害証明に繋がる証拠作りの為、次の新築工事現場、施行会社に”国土交通省告示第1347号地耐力数値を満たした施工か否か?”本日調査を実施した」

(1)施工元請け―ミサワホーム北海道
 札幌市東区伏古1条5丁目5-1 2階建て住宅

(2)工事責任会社TEL011-640-1330
 担当者 広瀬現場担当者

(3)広瀬担当の、自沈地盤と認めた上での答え概略ーこの地域の地盤は、スエーデンサウンディング式地質調査書によると表層から1m強下から4~5メートル前後までの地盤が、自沈する軟弱地盤となって居ます、非常に弱い地層です。

広瀬担当答え概略ー支持杭の施工に付いてですが”長さ7メートルのH型コンクリート支持杭”を、地下深度4~6メートル辺りから下の位置、地層厚さ1メートル強位迄の地下にある、地耐力45~60ニュートン(10分の1がトン数)の地層に、杭施工の場所によって支持層の深さが各々異なるので、支持杭施工深さを変えて、支持杭を打ち込んで有ります。

広瀬担当答え概略ーおっしゃる通り、審査担当民間機関は、日本ERIが担当の民間検査機関です、この支持層深さより上の地層と、支持層より下の地層は、地下10メートル以上地下まで共に、自沈層、地耐力を備えて居ない軟弱地層となっている通りです。

広瀬担当答え概略ーこの現場で支持杭を打ち込んだ深さの支持層の地耐力では、国土交通省告示第1347号告示で求める地耐力が満たせて居ないんですか?日本ERI他検査機関も、木造構造計算を請け負って居る設計事務所も、建築主事も、1347号告示による地耐力を満たした基準、数値を知らないんですか?伏古の場合、環状通から北24条通りの間の地層は、基本地下1メートル~1,5mまでは自沈層では無い、この下の地層は地下4~5メートル位迄は自沈層20~25ニュートン位の地層で、次の地層、厚さ1~1,5m位迄が45~60ニュートンメートルの地耐力の地層、この下は20~30ニュートン位の自沈地層が重なった地層の通りです、この地耐力では、1347号告示の地耐力は満たせないんですか。

広瀬担当答えー御社所在土地の建物が、隣家解体工事で沈下等被害を受けて、工事会社が加入して居るあいおい建設工事保険と、あいおいが使って居る建築士、辯護士、裁判官等が”20~25ニュートンメートルの地層に沈下しない地耐力が有る、建物沈下は虚言、詐欺行為とされて居るんですか”そう言った事情も含めて、建物施工の場合に必要な地耐力を満たせて居るかどうか、自沈層に強固な地耐力が有るのかどうか等と合わせて、実際の施工現場も調査して、建物沈下被害は虚言で詐欺とされている事刑事事件の証拠にする事も含めて調査して居る、地耐力20~25ニュートンメートルの自沈層に強固な地耐力が有るか否か、実際の施工現場の調査も行って居るんですね。

2、補助参加人が経営する法人取締役の立場で、上記調査を実施して、記載の答えを得た通り「今後ミサワホームも含めて、多くの住宅施工メーカに”上記1347号告示を満たす施工がなされて居るか否か、の調査の実施”と、併せて本訴訟原因、建物沈下被害申告、被害補償金請求は虚偽、詐欺との原告と共謀犯ら、司法の公式主張、詐欺に落とす為の一級建築士等犯罪による証拠捏造、詐欺証拠、甲号証を合法な沈下被害は虚偽の証拠で使用、これ等原告詐欺事件扱い事実等、裁判官追認訴訟指揮、何れ出される判決まで配布して行って”土木建設工事の正しい実務、立証を証拠で使うと共に、多くの建設会社にも必要事項証明等で協力を頂いて行く、損保、共謀建築士等、法曹権力は、物理的、科学的合法破壊、建設実務破壊を強行して、犯罪手段で建物沈下等被害は虚偽、賠償金、賠償保険金詐欺事件と強引に捏造して、この冤罪を成立に走って居るのだから」

3、これからどんどん、各所で新築施工、建物解体工事も行われ出すので、出来る限り多く「補助参加人が取得した、札幌市複数部署発行公文書、地耐力を満たした施工が必須、アスベスト飛散、吸引防止対策工事も必須、この行政所管法律の規定を満たす事、との記載公文書と、これ等法律による遵守施工を潰そうと目論む損保あいおいと共謀者一級建築士他等、法曹による、自沈地盤にも強固な地耐力あり等証拠偽造、主張で詐欺犯の罠を仕組んで居る、更に増改築工事、解体工事に際して、アスベスト飛散、吸引防止工事も不要との公式主張、司法が追認、この相反した行政、損保、司法による、建設業法、建築基準法規定、土木建設学破壊、現実の合法に倣っての施工事実強制否定に付いて、行政、所管法律規定遵守の求めと、損保、追従法曹権力による、行政が求める合法破壊公式実行のどちらが正しいと通されるか」土木建設業者ら多数の協力も必須であるのだから」

4、例によって、損保の意向を合否無視で受けた等司法が民亊、刑事判決で、上記行政が法で求める合法施工、合法施工を求める法律、土木建設学根拠等を強制否定しても、現実が変わる事は無いし、恐ろしい規模の犯罪工事が展開される事態を招く「埼玉県、川口市等で公式に認めて実施させて居る、トルコ国籍クルド民族自称不法滞在犯罪者に、ダミー工事元請けが解体、基礎等工事を中間搾取後丸投げ、犯罪を重ねた工事実施が公然と、政治、行政、警察、報道の共謀で認められて通って居る、テロ組織への資金提供用犯罪工事でも有り、政治らもテロ組織支援用犯罪工事実施、資金提供も公認も、この訴訟他事件損保、司法共謀の犯罪正当化で、近未来に全国で繰り広げられる事も確実も狙った、本事件の刑事、民事事件展開では無いのかとも思って居る」

政治家の脱税はここぞとばかり叩くけれど、司法犯罪収益には無言

  • 2024/03/31 10:37

政治家の闇資金、脱税となれば「ここぞとばかりに叩き捲る民衆、報道カルト等ですが”司法犯罪制度凶行での、犯罪収益利得となれば”民衆も報道カルトも、揃って口を噤んでない事とするばかりと言う」

民衆、報道カルトの意思などこんな程度です「自分に降り掛からないとなれば”悪の政治権力を許すな!悪を叩け!”と得意になって大騒ぎするけれど、司法犯罪となった途端」

見ない、聞かない、話さない事で無い犯罪に強引にするばかりが実際の通り「大したレベルでも無いのが実際です、法曹資格者が独裁テロ支配者で、合憲、合法根こそぎ叩き壊しばかりの司法犯罪の制度化!司法冤罪の実際なのに」

民衆の多くも、民衆が奉っている国家権力構成員等も「とにかく自分が備わって居なくて”自己利益の追求がほぼで、カルト指導者様、カルト教祖様、但し自分が思う通りが正しい、と褒めてくれる、思う通りを評価して下さるカルトの指導者、教祖様、詐欺商売構成員等”を探し続ける人生のが多いと言う事実が有るので」

事件、事案、課題が正しいのか否か?自分で考えて調べて、自分で答えを導き出す事も何も、呆れ果てるだけしない、出来なくて「短絡に唯思った答え?を、指導者様が正しい答えですよ、と認めて下さる筈だ!自分の思い込みが正しいと認めて下さる指導者様探しを一生続ける人生のみ送る、自分で思考、調査検証、判断する事から一生逃げ回る!」

こう言う思考、行動、他力本願が殆どの人生の民衆と指導者様側の輩ばかりなので「司法犯罪制度の呆れ果てるまでの程度の低さ、極悪で荒っぽい代物”多少の理解力、想像力、思考力、疑問を呈する思考を備えてりゃ”オカルト犯罪だと気付く程度なのですけれどね、司法犯罪制度何て」

司法犯罪制度は「カルトの教義と同程度の代物です、何処にも論理的も合法事実も備わって居なくて”きちんと検証すれば、犯罪を凶行され捲って居る”合法を叩き潰して押し通している司法カルトの犯罪!が理解出来るのだけど、思考する人生から徹底して逃げ回る民衆が多数!カルト狂信者と同種のだから、カルト信者は教祖様等を絶対疑わないのと同じ、自己が無いので思考自体せずで生きるのみ」

この事実は「捜査機関捜査員らも認めている事実の通り”司法犯罪制度事件、理論構成が正しく果たされて居ないのに”不都合な事実をカルト指導者渇望民衆等は、カルトの神絶対狂信者として疑義を呈したり絶対せず、自分が陥れられても疑問すら持てず」

時代錯誤の極み、損保、金融屋が司法を下僕で従えての司法犯罪

  • 2024/03/31 10:15

袴田事件の再審手続きでも「袴田さんを犯人だ、とした証拠?味噌樽に数か月漬け込まれたシャツ、袴田さんの体には到底無理な、小さいシャツと言う事実と、味噌樽に数か月漬け込まれた設定のシャツに、赤い血痕が付着して居た、と言う設定」

で「検察側の鑑定人が”シャツは味噌に浸かったから小さく縮んだんだ”この鑑定と”味噌樽に数か月漬け込んだからと言って、結婚の赤みが消えるとは限らない”と言った鑑定を出して居ると」

で、この検察側の鑑定って「同じ素材のシャツを使った実験をして居ないでの”だろう鑑定ですよ”つまり”金を得て、求められる答えを、机上の空論で鑑定として書いただけの代物です」

この手口「損保、金融犯罪の制度化を、司法犯罪制度によって成立させて来て居る、この事実と同様の構図です”つまり、犯罪を正しいんだと、合法に拠らない、こう言う答えを出してくれ、金を払うから”との求めを受けた、それらしい人間が事実と別で、言われる通りの鑑定結果?を書いただけの証拠?を絶対の答えだ!と、事前に司法犯罪の制度化用の武器作りさせて、合法を隠匿湮滅して」

司法犯罪制度を事前に捏造して有る通りの、出鱈目な証拠、鑑定作りさせて、証拠採用する事前設定での司法犯罪の制度化実現と言う。

このからくりですからね「絶対に合憲、合法の有無を問わせない、合法との理論構成を強制力を行使して潰す!合法の有無を問わせないように”事件、事案と別の虚言に摩り替えて、三段論法、詭弁、虚言を次々吐いて”強引に捏造して有る答えのみを、事前にでっち上げて有る証拠のみ採用して、押し通すからくりが実態です」

 

MNBVCX

  • 2024/03/31 09:42

札幌地方裁判所 令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟
原告 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
被告 株式会社×田解体工業
補助参加人 山本弘明

                                   令和6年4月1日

被告株式会社藤田解体工業提出証拠  印

証拠説明書

乙第12号証    建物損壊復旧工事費用追加見積書             写し

ZXCVBN

  • 2024/03/31 09:20

事件番号 札幌地方裁判所令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                   令和6年4月1日

原告
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業
補助参加人
山本弘明

札幌地方裁判所民事1部2係 石井美帆書記官御中
TEL011-290-2330,FAX011-281-7747
被告株式会社×田解体工業提出  印

               被告提出準備書面 第八回

1、札幌市役所都市局建築指導部建築確認課長、並びに環境局環境都市推進部環境対策課長が、補助参加人が経営する法人、有限会社エッチエイハウスリメイクに対し、ハウスリメイクが回答を求めた書面令和6年3月9日付けの回答の求めに対し公文書で回答した、札築建第76号による公文書回答にも”増改築工事、解体工事実施に際し、アスベスト飛散等防止対策工事が必要等記載、指示が出た事を受けて”本件訴訟原因、建物損壊被害復旧等工事費用で抜け落ちていた、アスベスト飛散等防止対策工事に要する費用(北面中心、全面だと5倍~)の追加請求が、被害者依頼業者から出された事を受け、被告は原告に対して、この追加工事金額の支払い請求を、令和6年4月1日付けで、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社宛請求を行った事実を、この訴訟にも本準備書面に記載して伝える。

2、この公文書で指示を受けている、アスベスト飛散防止対策工事、見落として居たこの追加工事金額は、乙第12号証、追加工事費用見積もり書の総合計金額として、金1,656,050円が、見落として居た工事の、追加工事費用で請求が来ている通りである、原告は、この追加工事費用請求金額も、国土交通省、環境省、札幌市役所担当部署からの必須工事実施指示に従い、追加必要工事費用も、今までの請求額に加えて支払う必要が有る事を、本準備書面でも伝える。

ZXCVBN

  • 2024/03/31 08:41

          令和5年7月、建物損壊復旧工事費追加

                                  令和6年3月31日

工事場所
〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
3階建て住宅

                   工事業者
            〒007-0862
                   商号
                  取締役
            TEL011-784-4046,FAX011-784-5504

@アスベスト飛散防止工事が追加工事となります

足場強風対策追加工事        一式               450,000円    
幅広足場、幅1,2m南、北面
屋根上縦横、斜め単管組補強
東西、北、上面気密シート使い捨て施工

北面隣地借り受け費用        一式                80,000円
工事場所地幅不足

アスベスト飛散土地汚染土入れ替え  一式               380,000円
掘削深さ、約1,2m、幅約3m
ユンボ、トレーラー、ダンプ
掘削度運搬処理、埋設度運搬埋立等

アスベスト検査部材採取工事     一式                86,000円
採取部材検査費用共

アスベスト吸引防止工事防護用具
使い捨て防護服、眼鏡、マスク、手袋 一式               184、500円                
作業員3名、2~3日
防護服6,000円、眼鏡2,000円~
マスク11,000円、手袋1,500円~

内圧減、外部アスベスト飛散対策送風機 一式              120,000円
リース、運搬費用込み

足場運搬費追加            一式               40,000円

アスベスト飛散防止工事作業員追加
吸引防止装備、作業時間限定による   一式               80,000円

アスベスト除去足場、機器、手道具   一式              120,000円
使い捨て、再使用部材洗浄等

アスベスト含有廃材運搬、気密車両費  2台               70,000円

アスベスト含有廃材運搬車両洗浄等費用 一式               60,000円

必要手配等経費            一式               75,000円

小合計                              1、505、500円

消費税額                               150,550円

総合計金額                            1,656,050円

司法犯罪恒常化の手口も、詐欺罪の適用故意に潰す手も公表

  • 2024/03/30 17:44

損保、金融機関の事業の実態は「詐欺、窃盗、横領、脅迫恐喝等々、犯罪を事業の骨格として居ると言って過言では有りません」

これ等の事業者犯罪が、巨大規模で公然と凶行されて、成功し続けている理由には「司法機関手続きを経れば”詐欺、窃盗等の犯罪を、法曹資格者が司法機関手続きによって、公式犯罪化出来ていて”被害者に犯罪被害者適用させない司法テロのからくりも作られている故”と」

成程ですね「このからくりも組み込んで有るから”損保、金融屋の犯罪事業は、公に犯罪を手掛けた司法手続きと暴かれたって”司法テロが組み込まれて居て、被害者は裁判所、国が刑法事犯被害者で、被害を受けた個人、事業者は刑法犯被害者では無い!”よって損保、金融屋は刑法事犯責任無し、民間の被害者は刑法事犯犯罪被害者不該当だ!」

ここまでの詭弁、虚言司法犯罪手続きも仕組んで有ると言う、凄まじいまでの司法腐敗事実です、終わってからの何週目だ?

ようやく損保が司法手続きも使い、司法ぐるみでテロ、犯罪を凶行して、どれだけ極悪非道な司法ぐるみの犯罪を凶行して居る、と立証されても「刑法事犯の被害者は裁判所で、刑法事犯司法手続き被害を受けた被害者は、刑法犯罪被害者不該当だ!この虚言で司法手続き犯罪し放題!を成功させて来て居るとも判明しました」

どんどん明らかとなり続けている、損保、金融屋が司法と共謀して、司法手続きを使って犯罪の限り凶行!どれだけ司法機関手続きで犯罪が行われている、と立証しても「合憲、合法破壊がほぼ全て、の法曹資格者、司法機関なので”司法機関手続きを取れば、あらゆる犯罪は被害者が裁判所、国が刑法事犯被害者で、民間の刑法事犯犯罪被害者は、刑法事犯犯罪被害者扱いされないんだ!”ここまでの虚言で司法手続き犯罪し放題、を成功させて有ると言う現実です」

正直な告白ですが

  • 2024/03/30 14:32

捜査員方、正直に告白している通り「損保が詐欺と訴えて、こいつが詐欺行為者です、と指弾したら”何の合法根拠も、合法な詐欺事件、詐欺行為者との根拠証拠も無い上で”損保の言うがまま、損害保険金詐欺、損害保険金詐欺犯に仕立て上げて、陥れて居ると、事実通り認めても居ます」

まあ、熟知して居る事ですが「この現実を、捜査員らも気付いてくれている事は喜ばしい事です”損保が指揮する通り、損害保険詐欺、損害保険金詐欺犯のこいつ‼と、根拠証拠無しで決めて成立させて居る、恐ろしい現実を認めて下さっています”事実がこうだからね」

さて「この現実の上で”共栄火災、東京海上日動、あいおいニッセイ同和、三井住友等による、完全な犯罪での損害保険事業事実、司法も言うがまま追従、この事実、事件事実”の合否、はっきり更にして居ますでしょう」

只のテロ、犯罪と言う以外答えが有りません、腐り切った司法、警察が、損保犯罪事業者の指揮通り、合法による損害賠償を犯罪で叩き潰しし放題!損害保険金詐欺冤罪で粛清し放題を日常化させて居る、この事実が更に正しく立証されている訳です。

根本の話です「損保が損害保険金詐欺事件と言った、こいつが損害保険金詐欺犯だ、と決めて告訴告発した!良し、損保の訴えが全て正しいと、合法無しで決めた!こいつが損害保険金詐欺犯となったから有罪確定だ!刑務所送りと決まって居る、合法な損害保険金詐欺証拠、合法な損害保険金詐欺犯との証拠も無し、法理論も無しで決まった‼上記これで詐欺事件で成立させて有るんだ!」

司法の正義、戯言の極み過ぎますから「弁護士、検事、裁判官、捜査員らに”合法を証明した、合法と言える証拠が揃った損害保険詐欺、詐欺行為者指弾!等何処にも実は無し”捜査員らも認めるしかない、この恐ろしい現実です」

この現実が前提だから「私を損害保険金詐欺、損害賠償金詐欺冤罪に落とそうと冤罪を仕掛け放題‼も次々起されている訳です、損保、司法共謀のこれらテロ、犯罪を証明しても最近までは”司法、警察ぐるみのテロだから”絶対損保、司法犯罪行為者等を操作もせず逃がして来た現実ですから」

ようやく損保犯罪、次々捜査を行わせられるように変わって来ている今です。

三井住友犯罪も降って来た事で

  • 2024/03/30 12:50

三井住友が「色々事情が有ったようで”止せば良いのに自動車保険特約、車両保険特約を適用させたらしくて、交通事故でも無い事件?で200万円程被保険者請求で支払って、債権譲渡を受けたとの設定で”被害者設定相手に対して」

始めは修理工場が請求、その内三井住友が債権者設定で請求者に変わった、その後三井住友、債務者設定者を相手として「修理費用を立て替えで支払い、三井住友が債権譲渡を受けて債権者となった、この金を支払え‼と、債務者設定者を相手取って、札幌簡易裁判所手続きを取り、債権支払い命令を出せ、と訴えたと」

ですが「三井住友”貸金業許可は無いし”被保険者の加入者、加害者設定者との間で金銭賃貸借契約等無しだし、三井住友は損害保険契約、特約の規定により、被保険者からの請求を受けて、損害保険金を支払った、ここで完結した事案ですが」

どう言う事情で三井住友は、第三者に対して「支払った損害保険金に付いて、三井住友はあなたの債務を立て替えて支払った、よって三井住友が債権を譲渡された債権者となった、貴殿は三井住友に対して、譲渡された債権を支払え」

こう言う司法手続きを取ったんでしょうか?普通であれば「三井住友も含めてこんなことすれば、自爆すると知って居る筈なのだからね、普通しないと思うんですが?」

どう言う事情があり、こう言う動きに出た者なのかが見えません、債務者設定した方に対して、何の調査等もなされても居ないと言うし?

三井住友、ここで手を引いてくれればよい事ですから、あいおいも同じですし、法律で勝てる見込みも無いのだから引けば良いのにね、面倒毎は何処かで一定なあなあで納めるべきだと思うんだけどねえ。

何時もの詐欺司法手続きが、事情によって出来なかった模様

  • 2024/03/30 11:07

1、三井住友他損保事業者は”貸金業許可事業者では無い!”よって”被保険者加入者側が持つ、損害賠償債権の立て替え?支払いを損保と被保険者間で行った、これで損害賠償債務者の債務に対する債権者は、損保に債権が譲渡された損保が債権者と変わった‼とはなる訳が無い」

2、一般債権も含めて”債権者と債務者の間で、債権債務契約を交わす必要が先ず有ります、特に事業での債権、債務契約で有れば”当たり前ですが”損保が被保険者から、契約条項による損害保険金支払い請求を受けた場合、契約条項による支払いが必要です、日本国の法律規定だと、司法は治外法権国家権力で、共産主義狂信者なのでこの法律規定も強制無効化が常!”よってこの債権者、債務者間の金銭賃貸借等契約締結も、意味自体理解以前が真実。

3、これ等の事実、真実が大前提であり、損保が被保険者から請求を受けて”損害賠償債権者の被保険者は、加害行為者、損害賠償債務者側が賠償金支払いしないので、加入して居る貴損保が、被保険者が持って言る損害賠償債権に関して、損害保険契約による一定額支払いするよう求める”との支払い請求を受ければ、合法による気が有れば、支払う責任を負って居て、この賠償債権補填支払いを行っても損保は、損害賠償債務者に対する、損害賠償債権者と債権譲渡受けして公式になった、とは出来ません、貸金業の規制等に関する法律違反、これから科せられる訳です。

4、こう言った合法遵守が必須で求められるので”通常損保、共謀弁護士、司法機関は、損害賠償債権者の被害者から、加入損保との契約により、損害賠償債権支払い請求、損害賠償債権補填支払い請求を受けた加入損保は、請求に応じて支払いが必要です”が、合法に従う気など持たない彼ら故、平気で脱法、犯罪で不払いも日常化して居ると、でも一応債権補填支払いした後は。

5、貸金業許可の無い損保なので「被保険者から損害賠償債権補填支払い請求を受けて、法の規定分補填支払いした資金に付いて”該当損保、共謀犯罪法曹資格者、司法機関等は、損害賠償債権補填分支払われ済み、被保険者”を、損害賠償債権未払いの被保険者債権者と、虚偽で設定して訴え者に仕立て上げて、虚偽の支払督促手続等を取るのが常ですが」

6、三井住友、三井住友が被保険者に保険金を支払い、債権譲渡を受けて債権者変更がなされたので、三井住友が債権者と変わった‼と、確固たる無許可貸金業務他!に公式に走って居ます、上記の詐欺債権者設定での訴えはどうなった?多分被保険者さん方”危険そうな仕事の方なので?”偽の債権請求者設定で訴えるのは”債権を持って行かれるだろうから、出来なかったようで。

ページ移動

ユーティリティ

2024年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508775
ユニークアクセス:6660029
今日
ページビュー:315
ユニークアクセス:315
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed