エントリー

2024年04月01日の記事は以下のとおりです。

事件がどんどん増えて(;´Д`)

  • 2024/04/01 17:57

やらなければならない事が幾つも有るんだけど「他の人が陥れられる事件も降って来るんで、仕方が無いので手を貸すと言う、緊急事態なので、他の誰も助けられませんし」

なお「件の焼却炉ですが!”普段から気を付けて見て居るから良かったけれど、仮設の台から動いて居て、台が外れて倒れる寸前だった”恐ろしい事に、又下敷きになったかも、だからずっと言って来たんだから、山本昌Ⅹを逃がして犯罪行為責任逃れさせてりゃ、焼却炉が又倒れて大惨事を引き起こす危険も大きいと」

あの焼却炉は、山本繁Ⅹが自己資金で購入、所持して居た機器で「山本繁Ⅹの相続遺産動産です、私の所有機器では有りません、多数の証拠も刑事、民事手続きで揃っている通りの事実です、この事実も不都合に陥った捜査機関、法曹権力、山本昌Ⅹ、東京海上日動犯罪にじかに加担、犯罪隠蔽、犯罪者を職権濫用で逃がして居る!国家テロ権力の蛮行」

本当に危ない所でした「山田警部補、平野巡査部長”焼却炉が自然にずって倒れる訳が無い!”等言い募って居たけれど、軟弱地盤に置いて有る500㎏も有る機器だから、少しずつずって当たり前です」

焼却炉の台が、仮設のパイプの台の上をずって行って外れてしまって居て、転倒する寸前、偶然まだ倒れて居なかった状況でした、物凄く危険な状況だった訳です。

傷害を負った体なので、ろくに力も入らないけれど、必死に動かしてどうにか転倒を防ぎました、当然警察に「殺人だからな、今度転倒して人を巻き込んで殺すと!言ってあったように、責任を取れとずっと言って来ただろ!」と抗議して有ります、やはりこう言う事態に陥った訳で。

三井住友による、部外者を司法手続きで陥れようと謀った事件「簡裁から被害者さんが裁判所手続き書類を取って来たので見たら”思った通りに、お前が被保険者の車を壊した筈だ!当社で保険金を車の所有者、被保険者に払った、拠って債権は三井住友に譲渡された、債券だって?損害保険金を契約によって支払った、だけですよ?」

「拠って貴殿に対して”三井住友が債権譲渡を受けた金額を支払えと訴えた”この債権を支払え‼と、思った通りで呆れ果てて、ミナミの帝王とかと同じ、それ以下の司法手続きを経た詐欺犯罪で」

三井住友の本部、債権回収部署!の電話とファックスも載せて有る裁判所書類だったから「電話を入れて”三井住友損保はノンバンク事業許可が先ず無い”貸金業の規制等に関する法律違反で、偽りの債権譲渡受け、債権者設定での、第三者を騙した支払いの求めで詐欺でも有る!三井住友の同様事件での、債権譲渡を受けた、三井住友が債権者となった、三井住友に金を払え!との訴えも支払督促も不可能となった事件他も高騰と上申書ファックス送信で伝えて」

警察と国税へも訴え済み、民亊でどうこうの事件では無い、れっきとした刑事犯罪で、国税庁も犯罪資金拠出、犯罪による不当な他者の資金詐取事件だ!等一報を先ず居れました。

今後は「私が表だって事件潰し、処理に当たるしかないだろうなと、被害者次第ですけれど」

金銭賃貸借の正しい規定も、法曹は何も知らない怖ろしさ

  • 2024/04/01 09:05

損害賠償債権、債務と言う物も「債権債務が生じた、生じる事件なのだけれど、辯護士、検事、裁判官カルトは”損害賠償って何なのだろうか?この根本の疑問も一切持てる思考力も知識も資質も持ち合わせて居ません”まあこの連中、何に付けても根本を正しく理解して、正しい軸を先ず立てる必要が有る、この鉄則も何も本当に理解以前が実際だし」

結果「損害賠償事件?損保が全部承知して居る筈だから、損保に全て、民亊も刑事も指揮させりゃ、損害賠償金詐欺も全部損保に指揮させりゃ正しい事件扱いだろうから、辯護士、検事、裁判官は、損害賠償事件など何も知らなくて良い」

これで本当に、損害賠償関係刑事、民事事件を扱った振りだけして居ます「で、全部損保、共謀弁護士が、場当たりで捜査員、検事、裁判官を指揮して居のままに操って従わせるだけだから、法曹資格者等、一生何をして居るかも理解出来ないままが真実です」

結果「損害賠償は「加害側が債務者、被害側が債権者ですよ、この鉄則から本当に”弁護士、検事、裁判官カルト等は理解以前なのですよ”全部損保の連中が、共謀弁護士に指示を出して、辯護士が今までの出鱈目芭蕉手続き?を強引に、合法等理解以前で仕切って検事、裁判官、捜査員を従わせて成功、これが真実です」

法曹資格者等はほぼ誰もが、同じ司法犯罪マニュアル通りを繰り返すだけだから「債権債務とは?債権者、債務者適格根拠とは?損害賠償事件における債権者、債務者適格とは?正しい損害賠償債権、債務の証明根拠とは?等何も知らないままです」

同じ事で「正しい債権所有者、債務を負った者とは?も何も根拠、法律的事実証拠証明も理解以前です、法曹資格者のこれも現実です」

この現実が有るから「司法手続きごっこなど、合憲、合法の対極の国の公務手続きが真実!の現実が日常化されている訳です、合法破壊を司法が公務手続きで凶行!を証明されれば逆上、逆恨みに変じさせて、司法テロで陥れると暴走も常の理由がこれです」

面白い金融関係司法ぐるみ犯罪が、良くもまあ次々と

  • 2024/04/01 08:42

ミナミの帝王で描かれた「虚偽の債権債務を、三井住友が使った裁判所の手続きを使って確定させた手口は下記となって居ました」

1,先ず、虚偽の債務者に落とす対象の相手、まともでは無い相手を債務者として、家裁に対して債権支払い命令を出す事、仮執行も付ける事、と訴えを提起します。

2、ミナミの帝王等が使った手は複数ありまして”一つは、債務者設定者名義でアパートを借りて”特別送達を届けさせる手口、決定が出て届いたら、アパートを解約すると言う、危険なやり方では有ります”もう一つの手は、陥れる相手が一人なら、アパートの前で郵便が来るのを待ち受けて居て、送達受領当事者を装って送達を受け取る手”が使われて居ました、顔を覚えられる恐れがあります。

3,こうやって”債権支払い命令の訴え手続きが取られると、債務者を装った偽物が出廷して”債務の存在を認めて、支払いを約する訳です、これで偽の債権債務が確定すると言う。

@この手口、今だと色々拙い訳で、顔写真が付いた身分証明の提示も、本人確認の為に裁判所に求めさせたし。

@で、一般的となって居る、虚偽の債権債務を司法手続きで確定させる手、詐欺師の手が「相手を選んで、虚偽の債権支払い命令を出せ、仮執行も認めろ!この簡易裁判所手続きが一般的な手、となっている訳だ」

この偽の債権、債務確定を求めた裁判所手続きは「相手が裁判所からくる送達を、全部放置する筈、これを目論んで債権債務偽装で確定司法手続き、を行うのが通常で”良く高齢者や、水商売などの方々が餌食とされて来て居る訳です”この司法手続き詐欺犯罪、仮執行宣言も付いた決定が下るので、債権支払い命令と、仮執行宣言が共に、債務者が不出廷なら認められるから」

偽の債権者側「債権仮差押え手続きを取る訳だ”まあ、詐欺被害者に落とされて、裁判所手続きを放置する被害者であれば、仮執行手続きを取られりゃ怯えて”虚偽の債務支払いを認める訳だ」

サギ、司法手続きを使った詐欺犯罪の手口も多数熟知して置かなければ、何時陥れられるやも知れない訳だ、司法手続き等只の詐欺、窃盗、強盗の類いで合法は無いぞ。

一時大いに流行った、不法に他者を債務者に落とす司法手続き詐欺

  • 2024/04/01 08:25

サギ関連の手口を使った漫画等でも取り上げられた「無関係の第三者を自分に対する債務者、に仕立て上げられる司法手続き犯罪、当然弁護士も検事も裁判官も、確固たる共謀行為者で、の手口が」

1、こいつを債務者に仕立て上げてやるか!陥れるのに都合が良い相手だ!簡易裁判所に”債権支払い命令を出すように、と訴えを提起した”簡略手続きで出来るから。

2、家裁はほぼ無条件で、債権支払いを求めた事件、仮執行も求めた事件、で受理して、債務者設定者に特別送達、貴方に対して債権支払いを求める訴えが起されました、と通告書面を送ります。

3、多くの場合、特別送達を送られた相手は”放置する訳です”放置しそうな相手を選んであるし、受領しない人も多数なので、置配で書留送達完遂!これで裁判所手続き完了。

4、で、裁判所手続き期日を決めて、相手方にも送達すると言う、相手を選んであるので、ほぼ放置すると言う。

5、相手が全て放置するので”債権支払い命令が出て、仮執行も付く訳だ”この時点で気付いて、異議申し立てを行っても、仮執行は生きていますので仮執行手続きを取って仮執行されたりします。

@こう言った債権債務捏造の、司法が主犯の犯罪方法です「多くの場合”債権支払い命令が出されて、仮執行手続きも取られると”虚偽の債務支払い命令でも、相手を選んでの債権債務捏造目的、司法手続きですからね、虚偽の債務者設定被害者さん、虚偽の債務を認めて支払う訳だ」

しかし「普通に考えりゃ”三井住友のような大企業、金融系事業者が、こんな三流以下の債権債務捏造を企んだ、法曹権力、司法手続きを使った詐欺に手を染めないんだけどね”只の詐欺犯罪と暴かれて反撃を喰えば、会社がとんでもない状況に陥るから」

普通?は”危ない方々のしのぎですよね?”この手の漫画で描かれるように、ミナミの帝王だの、かばちだので描かれているように、ですよね?

三井住友と法曹権力による、詐欺で他者資金詐取、強奪事件の

  • 2024/04/01 08:07

三井住友と札幌の法曹権力が共謀、他者の資金を司法手続きの悪用を武器とさせて、只の詐欺、脅迫恐喝強奪を「正当な犯罪での他者の資金詐取、強奪である!と装えて、通せて来て居る司法犯罪のリアル実践事件、やはり続けて居たんだなあ、だろうな、辯護士、検事、裁判官カルト、この犯罪”も”どう言う犯罪で、犯罪のからくりが仕組まれて有るか等、無知無能過ぎて微塵も理解に至れ無いままだし」

@この事件の構図解説、現在までに揃えられた情報によります。

1,実質XXの男女間で”所謂XX喧嘩が勃発して”男性の車が損壊する事案が起きたらしいが、事件で扱われてはいないらしいので?事実は分かりません?

2、この車の損壊、初めは修理業者から女性に対して”XX万円修理費を払え”と請求が来ていたが、彼女は応じなかった。

3、その内彼女への支払い請求が”修理業者から三井住友に代わって請求が来るようになった”が、彼女は応じず。

4,三井住友は札幌簡易裁判所に”債権支払い命令の訴えを提起した”彼女は家裁からの書類も放置、家裁は置き配手続きで書留受領にした。

5、彼女はこれも放置したので”三井住友の訴えが通った”で、異議申し立てをようやく行い、確定を止めた。

@で”三井住友、この方に対して債権を持って居ないですよ?”お前誰だ?と言うべき事件ですから。

三井住友”被保険者らしい方に、自動車保険車両特約で支払ったらしい?だけの立場で有り”この女性との間で金銭賃貸借関係は御座いません、無関係の立場と承知の上で”札幌家裁、裁判官とも結託して、債権支払い命令の訴えを起こせば、ほぼ放置する筈なので、合法な債権者と確定させられる、良く有る根拠の無い債権取得成功、司法手続き犯罪の活用事件でしょうね、詐欺の典型的手の一つと。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391150
ユニークアクセス:6544022
今日
ページビュー:120
ユニークアクセス:119
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed