エントリー

2024年04月03日の記事は以下のとおりです。

三井住友による、司法も確信犯の詐欺犯罪

  • 2024/04/03 18:19

南警察署にも足を運び「三井住友と札幌の裁判官、裁判所共謀確信犯罪”道理も何もぶっ壊しての、自家用自動車保険、車両特約で保険金を支払った、保険金支払いした金額分、車を壊したらしい?加害者設定者加害者に対して三井住友は、債権譲渡を受けたから債権者となった”はあ、、、」

あいも変わらぬ”損保が言うから正しい、損保が言う事の根拠証拠等出す必要は無い”裁判官が職権で決めたからだ!

損保が司法を下僕で従えての「損保司法テロ犯罪の一事件、損保が正しいか否か、合理的証拠を出させると拙いから、司法テロ権力悪用を常と仕組んで有り、絶対に損保に合理的な証拠提出もさせません、裁判官も確信犯で共謀して居るからです」

この現実で何時も通り「損保三井が言うから正しいと決めて有る、三井が債権譲渡を受けて債権者になったと決まって居る‼債務者と設定されたお前、三井住友の請求金額を支払え!裁判官もこれを命じるぞ!」

とまあ、この手口の詐欺を「三井住友は法曹資格者ぐるみで、裁判官、裁判所、警察、関係する国の行政機関ぐるみ凶行し捲って来ても居ると言う」

しかしまあ「この手口の法曹、司法機関も詐欺と承知で常時加担!の司法手続きを使った詐欺”支払いを求める金額も、まあ良く練って決めて有ります、どうにかすれば支払える金額、多くのこの詐欺被害者方々」

刑事さんも上層部も、「どう言う根拠を持って三井住友、損害賠償債権に付いて”債権者に保険金を払った、拠って債権が譲渡されて債権譲渡を受けた、債務者に対して、簡易裁判所手続きも取って、債権支払い命令を出せ、と求めて通った!お前は正しい債権者だ!”これが何時も通り、成功する予定だったのだろうと?で刑事さんも上層部も

「どう言う論理的根拠で”被保険者に保険金を支払った、三井住友は、保険金支払額分債権譲渡を受けたから、債務者加害者に対して債権者となったから、債権を支払え、と簡易裁判所に訴えて、裁判官も確信犯で?故”この司法手続きでの只の詐欺!に合理的合法が見えないと、刑事さん等も」

合法な施工か?建築主事、大気汚染担当と

  • 2024/04/03 17:54

国土交通省告示1347号、この告示で規定された地耐力数値に付いて「どう言う根拠により、正しく告示の地耐力を満たせて居るか?近所で新築施工して居る、ミサワホームの工事に関連して、建築主事さんに」

ミサワホームの施工担当から聞いた話を読ませて「国土交通省告示1347号の規定が満たせて居るとも居ますか?」と問うて見ました。

建築主事さん、一級建築士さんは「何とも答えられず、困って居ました、まあそうでしょうね、あの答えで合法とは、言える訳が当然又」

今迄の支持杭の施工事実、これをぶつけて「ミサワホームの現場の支持杭施工ともまるで違う現実に付いても建築主事さん、一級建築士に答えを求めて見ました、更に困って居たと言う、でしょうね、まして一級建築士で建築主事と来て居るから」

過去からの支持杭の施工事実と、現在の支持杭の施工事実だけでも「どうしようもない矛盾が現出して居ます、まあ”ミサワホームの近隣の新築施工の場合、当家北面で支持杭を施行した”あの工法と基本同じだった訳だから、当社の支持杭の施工は、大体現状を鑑みれば、正しいと言える支持杭の施工だと」

物凄い金を掛ければ、正しいと立証を理論的に果たせる支持杭の施工を果たせるけれど、莫大な金額が必要になる訳で、現実的とは言えませんから。

大気汚染担当部署では「アスベスト飛散、吸引防止を正しく果たしたアスベスト対策施工に関して”札幌市から取った公文書の記載でも当然、法の規定も出来ている訳だから”アスベスト飛散、吸引防止対策した施工が必須、ですと言うのが行政の公文書回答で一方」

損保あいおいニッセイ同和の下僕、傀儡が実際、無知無能思考判断能力欠落、自己を正しく持てても居ない現人神設定国家権力等は「アスベスト対策施工も不要だ!よってアスベスト対策工事費用も踏み倒しと決めて通しに走って居る!こんな工事も不要だ!」

行政と司法、損保の傀儡司法は「行政は合法の遂行を公文書でも求めている、一方司法、損保のダミー法曹カルトは”損保様が託宣を下された、アスベスト対策工事も不要なのだ!”これも刑事、民事司法手続きでも公に主張を次々と、テロを企み、テロ実行の下地作り等を、損保の傀儡法曹テロ権力のテロ犯罪制度の一端です」

住居侵入から凶行、犯罪認識も正しく?持ってはいる損保、泥棒指揮者と警察、司法

  • 2024/04/03 08:24

下の書き込み事件事実を先ず大前提としまして「昨年8月1日に、故意に惹き起こされた、解体業者が加入と言う、あいおいニッセイ同和工事総合保険、被保険者解体工事業者、被害者私とか、の自宅損壊事件に纏わる」

あいおいと法曹カルト、あいおい等が犯罪用に事業資金を拠出して「被害者が工事業者とあいおい相手に虚偽の建物損壊事件をでっち上げて、損害賠償金、損害賠償保険金詐欺を働いている、この虚偽の詐欺証拠でっち上げに”代理店、めぐみの鑑定一級建築士鑑定士、札幌鑑定鑑定士、技術者PLセンター所属一級建築士、あいおいアジャスター”こいつ等があいおいに命じられて、昨年8月1日に当家に押し掛けて来て」

当家敷地、隣地と次の土地にも不法侵入を重ねて「私から数度”住居侵入の犯罪だ!誰もお前等に3の敷地への侵入など認めて居ない”し、誰もお前等に測量等工事依頼も行って居ない、犯罪行為だ、等指弾して居るが」

こいつ等は居直り「建物損壊は嘘だ!家は壊れて等居ない!等と信用棄損、偽計業務妨害、脅迫等行為にも走った訳です、この日の分の犯罪として」

と言う事件経緯です「さて”焼却炉の購入所有者でっち上げによる、妻所有地に好意で置いただけ、の山本繁×が購入所持の焼却炉を、息子がダミー社長で、繁×死後この法人を遡らせて清算登記済み、を隠匿して営業法人と偽り”焼却炉を金で雇った泥棒に盗ませようと謀ったが、囲い込まれて居た事で泥棒は、流石に強盗までして割に合うだけの金も、東京海上日動から貰って居ないようで”」

住居侵入迄はする気満々だったけれど「強盗まではしないで、焼却炉強盗を諦めて逃げた、公の司法手続きでも自供の事件と、あいおいが使った犯罪者の事件。どっちも正しいとなりますか?どっちも刑法事犯等で訴え済みで、一応捜査されて居る設定の事件ですが」

住居侵入の罪、司法テロ手続きでも真逆が

  • 2024/04/03 08:04

山本繁×の死に付け込んで「息子昌Ⅹ、共謀犯罪東京海上日動、向井・中島法律事務所、中島弁護士、札幌地裁令和4年(ワ)第1930号事件裁判官、道警、札幌方面東警察署上からして、が共謀の犯罪が」

山本繁×が自己資金で購入所持、息子昌Ⅹが傀儡の代表取締役となって居た、(株)ワイエ×商会、この法人は「山本繁×が死去した令和4年5月18日の後の、7月4日に上記連中が共謀して、長縄信雄税理士事務所も犯罪に与して、この年の3月31日に遡らせて、清算登記を行って有ったのですが、息子が清算人で」

令和3年3月29日、山本繁×購入所持、妻所有地で預かって居た焼却炉が転倒して重大人的被害を生み出した事件「この事件での、山本繁×が負った損害賠償金支払い責任を、上記犯罪者連中ぐるみで、犯罪を刑事、民事手続きも使って隠蔽、抹殺して賠償も潰して更に」

被害者を「東京海上日動相手に損害賠償保険金詐欺を働いた詐欺犯だ!ともでっち上げで陥れるべくを続けても居た訳で”山本繁×が死んでくれた→、多数の犯罪行為者の息子も共謀して、実は焼却炉は、息子の会社の資金で購入して、息子の会社が所有して居て、被害側にリースで貸した機器だ!営業して居るワイエ×に焼却炉を引き渡せ、リース料を払え!”と、上記多重犯罪を重ねて捏造して、事件を全く異なる虚偽に仕立て上げるべく、上記と札幌検察庁ぐるみ企んだ」

で「この法螺主張が正しいとなるように”妻所有地に有る焼却炉を、東京海上日動が犯罪資金を拠出して、犯罪者を雇って盗みに走った訳ですが”つまり”ワイエ×が購入所持の焼却炉だから、ワイエ×が持って来ただけだ、これで焼却炉は、正しくワイエ×が購入所持の機器と確定だ!被害者は詐欺犯だ‼と陥れられる予定の犯罪凶行です、警察も検察も共謀犯で」

これも予想して居た私は「重い障害を負った体でどうにかして”焼却炉を囲い込んで置いた訳です”強盗になるように、囲い込みを住居侵入して凶行の犯罪‼となるので、普通に金でやとわれた犯罪者、ここまでしないからね」

で「泥棒にもしくじった山本昌Ⅹ、東京海上日動、中島弁護士、1930号裁判官、刑事等”お前が焼却炉を囲い込んだから泥棒がしくじった!黙って焼却炉と金を渡せ!他者所有地に不法侵入して、囲い込みを破壊して焼却炉強盗は、頼んだ泥棒は流石に出来ないと泥棒を止めただろう!”」

こう言う言動を、裁判所で弁護士と裁判官、他に刑事が私にぶつけた通りです「証拠を泥棒してでも奪い取って抹殺!警察、司法ぐるみだから泥棒もやり放題だけど”金で雇う泥棒は、安い金で住居侵入、強盗、器物損壊迄はしないから”まして刑事、民事司法手続きで公表する犯罪だからね、泥棒等が泥棒、強盗に成功したぞ‼と公に」

反社会的どころかただのテロ犯罪国家権力、損保の下僕法曹カルト

  • 2024/04/03 07:40

反社会的勢力と言う規模では全く有りません、テロリスト、テロ犯罪行為国家権力が正しいですよ「損保の飼い犬、下僕、傀儡になってしか”全能の現人神ごっこ”も出来ない程度が実態、無能さの権化故ですし」

極左の思考、資質が全てだから「正しい現実を日々見据えて、様々自己研鑽し続けて、見に付けられた様々な事項、要素等を持った上で、出来る限り扱う事件に付いても、近未来に自分が下す決定、判決が、どう言う合否両面での影響を及ぼすか、常に自分が扱い、下した決定、判決がどう言う影響に繋がったかの検証も積み重ね続けなければなりませんが」

極左の思想、頭の輩が主の法曹カルト、極左も同様で「一生根本から、現実を正しく見据え続ける事等不可能故、カルト集団と根本から同様故、正しい現実をきちんと見据えて、自身で変えるべき事項を見出して、より良い方向に自身の思考、結果責任意識を変え続けて行く等不可能の輩だから」

自己の言動に対する正しい責任意識、自己の言動に対する責任を負う事共々、法曹カルトはカルト集団、極左のテロ思考と行動集団同様、微塵も持ち合わせず一生を過ごします。

ソビエト連邦、ソビエトの傀儡独裁国家権力が恐怖支配衛星国、北朝鮮、アフガニスタンはイスラム恐怖独裁テロので、クルド民族自称テロ集団独裁支配地域、中国が独裁恐怖テロ支配新疆ウイグル自治区、チベット等等の現実とある意味同じで。

何が有ろうとも「法曹カルト、極左思想の権化国内外テロをの輩、カルト狂信者等等が、出来る限り常識に即した思考、言動に変わって来る事は一生無い、現実はこれです」

川勝県知事も、大野埼玉県知事、玉城沖縄県知事、河野国会議員、上川国会議員等も根本は同じ人間でしょうね「政治家に選んで貰った意識が先ず無い、独裁権力者の自分、と言った思考では?公共の利益等、立場を弁えた上での自己を正しく持っても居ないようで、只の木偶の棒、操り易い、が実際と」

法曹資格者はこの輩以上のXXの棒で、あれだけ何も思考出来ない、理解も不可能、正しく進歩など一生無理!何処かにおわせられる現人神様が下された、指導して下さった託宣を、如何にも全能の現人神だ!ごっこでただ下すのみ、自分が無いので何を持った決定、判決なのかも、大半の事件でこのカルトの木偶人形ら、本当に理解以前が真実で。

自分が何も無い現実で、何処かにおられる全能神の託宣?に従いだから「神が決定を、判決を下したぞ‼として居るが、何を持った、どう言う合憲、合法による決定、判決なのかも何も意味不明!が日常の通り」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391147
ユニークアクセス:6544019
今日
ページビュー:117
ユニークアクセス:116
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed