エントリー

2024年05月08日の記事は以下のとおりです。

辯護士も直接共犯だから、刑法事犯事件と証明無しでの起訴等も

  • 2024/05/08 08:22

公判前整理手続き、この手続きごっこの現実は「起訴事件が正しく証明されていない事を隠匿する武器に使われています”つまり、起訴した事件が正しく証明されていない事を、裁判で持ち出されないようにと、事前に起訴事件が正しく証明されていないですよ”と持ち出す事を事前に潰す為の、裁判前の談合と言う事です」

この事実が有るので「最近特に”自分は起訴罪状の犯罪を行って居ない”と被告人が争う事件、ほぼ見当たらなくなっているでしょう、事前に事実で争う事を、辯護士が依頼者を騙して潰して居るからです」

こう言う現実が有るから弁護士は、被疑者から委任を受けて居る設定でありながら「事実で争うなら下りるぞ!罪状を行った、行って居ないだけで争え、罪状の真偽、罪状の立証の可否等で争うな!」

こう被疑者とされた人を「特に身柄を拘束して、言いなりにさせる訳です”当然ですが、楽な事件捜査、立証ごっこに陥ってしまって居るし、裁判ごっこもまあ、程度が凋落の一途を辿る”訳です」

この現実を、事件を複数経験した事で、はっきり知る事が出来た訳です、こう言う手口が当たり前にされているのが現実な訳です「苫前町農協虚偽の業務上横領冤罪事件、あれの構図もこの構図でした、この出鱈目捜査が日常化されて居るから」

本当の犯罪者は、この出鱈目な捜査、立証事項で有れば「まあ、余程へまをしなけりゃ摘発されない訳だ、ここまで酷い捜査事実なのだから”元々こう言った、財物を犯罪で収奪等事件、まともな経済的被害の立証はされて来なかった訳だけどね”もっと酷くなって行って居ると言う」

東警察署丘珠交番、堀川警察官はある意味

  • 2024/05/08 08:06

丘珠交番の堀川巡査部長、警察の捜査として、今のらしい捜査として「ある意味正しい捜査を行って居るんでしょうね?器物損壊罪は”過失と言えば刑法の適用はされないし”与えた損害も”刑事事件の捜査では、捜査事項と別だ」

南警察署刑事一課、草野警部補、佐藤刑事等の言い草と同じだった事で知った事実です「この刑法事件の捜査だと”経済的損害を、法を犯して与えた事自体立証されていない訳だ”成程ですね」

人身加害、被害による刑事事件の不当扱い「刑を軽くする、刑を免除する為に”被害者の主治医に治療記録を改ざん、偽造させて、人的被害事実を虚偽で思いっきり軽くする、人的被害は受けて居ないように、医証を偽造して事実を造り替えて、対人加害をこの手で消して逃がす”」

捜査機関、司法の常套手法である「刑法の正しい適用を、刑法事犯加害者が被害者に、経済的損害を加えた事実を隠匿、証拠を故意に揃えない、被害事実を証拠偽造で消して犯人を逃がす、こう言う手口が捜査機関、司法の中で不法に作られて、恒常的に使われて、通されていると言う事が分かりました」

この事実が分かった事はとても大きいです「つまり”他者から経済的損失被害を被っても、加害者側は刑事事件捜査対象となっても、経済的加害損害は証明事項外だから”これで捜査終結、送検受け、起訴であれば、起訴後にこの事実を持ち出して争われれば、起訴した罪状は不成立ですよね、と言うか」

送検を受けてしまえば「送検を受けた内容を根本とした事件の扱いが基本、検事の送検を受けた後の手続きがこうだから”この出鱈目捜査で送検させて”送検を受けてからこの被害証明無し、経済的損害を加えた事件では無い!”と持ち出されれば、起訴は不可能でしょうねえ」

この手口、ある意味ですが「他者の預金泥棒正当化、司法犯罪制度と同様とも言えて居ますね”つまり、経済的損害を、犯罪行為に手を染めて他者に与えているが、証拠を隠滅、偽造して経済損失を無くさせて成功させて来た”この司法犯罪とある意味同様の、犯罪抹殺捜査と言う事です」

警察官、辯護士、検事、裁判官も、個人差が物凄い、時代錯誤の極みも程度だけですが

  • 2024/05/08 07:40

まるで昭和のテレビドラマの刑事の、思い込みでの傲岸不遜を極めた容疑者への対応、目の当たりにする事を経験した訳です、この頃は特に、捜査手続きに付いても、そう言えば、刑事、民事裁判経緯、手続きはもう、昭和30~40年代とまるで変わりが無い、恐ろしいまでの、中世の独裁国家権力者の再現ですけれど、刑事はまだ、人によって物凄く違う、当たり外れが凄まじいですけれど。

今の時代特に「警察の言う事を聞かないなら逮捕する、良いのか」「子供が居るから逮捕しないんだ、貴女の為を思って逮捕しないんだ、子供が居て逮捕すれば貴女が困るから逮捕しないんだ」「他の警察署に被害届け出を出しに行くなら、その前に南警察署に来て経緯を聞くように、言う事を聞かないなら逮捕状を取って逮捕しても良いんだ」「ちゃんと罪を認めて責任を取ると、調書に書くから認めた方が良い」

等等、実に昭和を彷彿とさせる刑事等の行為を目の当たりにしまして、まあ、私は調査依頼を受けただけだから、見させて貰った立場だけどね、器物損壊罪、窃盗罪、詐欺罪等経済被害事犯事件、根本の捜査事項が出鱈目の極み、も良く、昨日合間の調査で分かりました、故意に経済的被害事項、捜査、立証項目から除外する違法捜査として有るんですね、成程。

損保に忖度しての「刑法事犯事件が起きてからの”経済的被害の正しい証明の、故意による除外と言う事でしょうね”この捜査内容であれば、経済事犯事件はどれも不成立だけど?経済的損失を生み出した事件、刑事裁判の記録を精査すれば、とても凄い出鱈目さも判明する模様です」

いつの間にか「刑法事犯、経済的損失を与えた経済的加害行為事件、加害行為による経済的損失の正しい立証項目を故意に潰して居たんですね」

当然ですが「経済的損失を法を犯して与えた事件で”経済的損失を立証不要としたのであれば、詐欺、横領、窃盗、器物、建造物損壊事件自体成り立ちません”刑法事犯事件そのものが不成立です、器物損壊事件複数件に遭遇して、この根本の、不法刑事事件捜査事実もはっきり知りました」

この事実が分かったから「今後刑法事犯、経済的被害を犯罪によって与えた事件、被害事実の立証を故意に捜査から除外が、闇の刑事事件捜査事実を突く事で、潰せる確率が非常に高くなるだろうと」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452773
ユニークアクセス:6604474
今日
ページビュー:66
ユニークアクセス:66
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed