エントリー

2024年05月16日の記事は以下のとおりです。

ZXCVBN

  • 2024/05/16 15:53

事件番号 札幌地方裁判所令和5年(ワ)第2173号
債務不存在確認訴訟

                                  令和6年5月16日

原告
あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
被告
株式会社 ×田解体工業
補助参加人
山本弘明

札幌地方裁判所 民亊第1部2係、石井美帆書記官御中
TEL011-290-2330,FAX011-281-7747
補助参加人提出書面  印

            補助参加人提出書面 第四十六回

1、今月16日午後1時33分~損保ジャパン北海道火災新種サービス課、札幌支店から電話を頂き(TEL050-3798-3188)担当者加藤氏と次の事項、主にアスベスト吸引、飛散防止対策工事に関して、損害保険、火災保険、建設工事保険等該当工事に関して、損害保険事業として、この工事費用を拠出する事になって居るか、この事項他の確認である。

損保ジャパン担当-法で定められた、大気汚染防止法規定の一環の工事なので”工事費用見積もりが上がってくれば、支払い対応する事となって居ますが”おっしゃる通り、ビル工事現場以外の住宅解体、増改築工事の場合、誰もこの法律規定を守った工事をして居ないので、今の所アスベスト対策工事見積らしい物は上がって来ておりません。

損保ジャパン担当ービル工事でアスベスト対策工事を実施の場合”囲い込みをして、内部を負圧にして、アスベストを除去した空気を外部放出”と言った施工を行って居ますが、住宅解体、増改築では見た事が有りません、晒されて工事して居ますよね、外部に飛散させて、住宅工事でビル工事並みのアスベスト対策工事を実施となれば、莫大な工事費用を要する事は、ビル工事の対策を見れば分かります。

損保ジャパン担当ーアスベスト対策工事が載って上がってくれば、鑑定人に審査させて工事見積が正しい計上か、工事費が適正か、中立と言う設定の鑑定士に審査させて、鑑定士が決めた内容で基本保険金を支払って居ます、別段法律規定では無いし、鑑定士の審査が正しいと言う事でも有りません、こう言う損保の手続きなだけです。

損保ジャパン担当ー工事部位の合否を鑑定士が決めている事も、何の法律根拠も有りません、工事額の高低審査の合否も、別に審査規定は有りません、絵?”ゼネコン、サブコン等は一般建設会社の2~3倍の工事金額を払っているだろ、元請けからピンハネ、丸投げを重ねて数次下請け施工させるので、ピンハネ分を上乗せするから一般工務店の2~3倍工事費用を支払って居る”現実で、工事額の高低の審査の根拠は何かですか?特段根拠も有りません。

損保ジャパン担当ー鑑定士は損保協会認定資格者、公的資格者では無いし”工事保険、第三者賠償保険、特約の場合、加害者側が被保険者で、被害者側は部外者ですから”損保が依頼する鑑定士、調査員の調査に応じる何の法律規定も有りません、おっしゃる通りです。

損保ジャパン担当ー被保険者外の被害者への鑑定士、調査員を派遣した調査の場合”鑑定士、調査員の調査を受ける法律規定も何も無い、調査を受ける、受けないは被害者の選択肢、鑑定士、調査員は被害者さんの味方です、と言って調査を受けさせているのだから、上記全てを書面に認めて、被害者の不利益になる事は一切行いません、被害者側の情報全て、正しく守秘致します、違法が見出されれば賠償を含む責任を負います”と言った契約書を交わす事、ですか、、。

損保ジャパン担当者ー工事見積、見積り事項、工事金額等の審査をして、合否を決めている鑑定士が”建設工事に付いて、詳しい知識、正しい実務専門知識を持って居ると言う事は有りません”何を持った審査なのか?特に法的合否鑑定、決定根拠は有りません、昔からの損保の慣習と言うだけです、審査項目に関する合否法律知識も、特段鑑定士、民間資格者が持って居ると言う事でも、、。

損保ジャパン担当者-これは損保、共済全て、鑑定士を使う損保、共済全てに共通の事実です”調査依頼した損保、共済毎に、鑑定士、調査人に、こう言う調査、決定をする事”と求めれ以来事業者ごとに違う審査、決定を出させたとなれば”鑑定士、調査員は被害者様の味方の立場で調査して、お支払いの為協力する立場です、と言って調査を受けて頂いている現実が嘘となりますから、建前上は被害者様の見方で、被害者様の為の調査、と言う設定です。

損保ジャパン担当者ーこの設定を破り、あいおいと依頼した鑑定士、技術者PLセンター職員、あいおいアジャスター等が、第三者の被害者に対する刑法事犯の嫌疑で捜査対象となって居るんですか”でもまだ有罪と決まった訳では無く、捜査の段階で有れば、刑法事犯の嫌疑が科せられて、捜査を受ける事態になっても”有罪迄は、、。

山本ー公共性を旨として事業許可を得ている事業者が、金で使った下請けらが調査相手に対して刑法犯罪の嫌疑を科せられて捜査対象となって居る、この事件が特別でも無い、同様の違法、犯罪分類調査名目行為をさせて、行って居る事が明白になった事が大問題です”正業であれば、業務遂行を行って刑法犯で捜査されないです”多かれ少なかれ、特に建設工事保険、第三者相手の加入被保険者が保険金受領権者、被害者と損保は無関係、この保険商品の場合は、程度の範囲で違法、犯罪の類い、嘘を吐いて調査に応じさせる、等が常態化して居るでしょう。

損保ジャパン担当ー、、、、無言、の上で”損害保険事業者の責任として、法律で定まって行く必要工事に係る事項を認めて、必要な工事額に沿った保険金額支払い”を、今後は特に果たす必要が有るのは事実です、アスベスト対策工事も同様に、必要な工事で保険金支払い時効です”ビル工事並みに住宅解体、増改築工事でもアスベスト対策施工を行えば、巨額のアスベスト対策工事費用を要する事も、言われて良く分かりました、当社はアスベスト対策工事費用が、一式などと言う、良く分からない見積りで上がって来なければ、きちんと保険金支払い致します、法で定まった工事なので。

山本ー損保にはずっと言って居るが”工事見積も知的財産で、提供を求めて受ける損保、共済には、知的財産権保護を果たす責任が有るんだと、ずっと言って居ますよね”工事見積、特に増改築等見積もりは、物凄いノウハウの塊なんですから、一式等と言う見積もりを出す業者は、増改築工事の正しい見積り知識も無いと言う事です、悪用は厳禁、見積り漏洩も厳禁、本来当たり前です、何故知的財産権保護もせず、横流しし放題し続けて居るんですか、犯罪行為ですよ。

損保ジャパン担当ー、、、、。

山本ー損保ジャパンは”アスベスト対策工事計上、工事費請求や、足場工事の厳格化、第三者被害対策、外周防音、硬板で囲い込む足場、囲い込み工事、工事費計上にも対応するんですね”問題は鑑定士が素人と言う事で。

損保ジャパン担当ー法で定まった必要工事に付いて、計上して工事費を含め上がってくれば、正しく支払い等対応いたします、調査依頼に関する法を明記した双方契約に付いては、、、。

2、これ等が現在あいおいから損保ジャパン建設工事保険に切り替えた、被告工事会社が今後同様の第三者被害を生じさせた以後の、損保ジャパンの工事保険対応の答えで有る”なお、損保ジャパンに対する、被害発生前の調査実施農務、高額費用を要するので、損保拠出で事前調査実施はしないのかと、被害が起きてから被害の有無の合否合法根拠は何か?特に解体工事前に、近隣に対する事前損壊に備えた調査事項を、損保、鑑定士(全損保共通の調査員)が、合法無く否定して通す事の合法根拠は?の問いには答えが出て居ない。

強引に居甥勝訴判決を、を変えない事で、事実が幾ら正しく証明されようとも無視

  • 2024/05/16 09:55

司法冤罪、司法犯罪制度に一旦乗せてしまえば「どれだけ不法、犯罪、出鱈目事実、合法蹂躙事実の立証がなされ続けようとも”絶対に事前に闇ででっち上げで設定しただけの、司法犯罪制度に沿った、出鱈目判決以外下さない”これが法曹談合刑事、民事裁判手続き、決定、判決事実です」

出鱈目を極めて更にすさまじい脱法、テロ、犯罪を凶行だから「刑事、民事裁判手続き書面、証人尋問は”実際に質問、答えを記録しておく必要が有る、不都合な証言は、故意に消すから、常に”も含めて、犯罪を重ね放題を凶行して、司法犯罪制度が正しい!」

これだけを日常的に、強制的に下して通して居る現実が証明出来ます「この現実を事前に知って居る上で”事件毎にでっち上げて有る、司法犯罪制度の手口、法を犯して、嘘、でっち上げ、正しい事実の隠蔽、造り替え、詭弁、虚言を弄するだけで、司法犯罪制度が正しい、拠って不当被害者敗訴!事前に闇ででっち上げて有る通りを判決する!”だけしか行って居ない」

この司法テロ事実が、正しく証明出来るんですよね「事前に事件毎の”司法でっち上げ犯罪正当決定、判決制度!”を熟知して置いて、この司法テロを変えない事も事前に承知して置いて、司法犯罪制度が勝訴した!の結果、決定、判決まで出すので、絶対に」

陥れられると事前に闇で決められた側、闇設定通り、どれだけ司法ぐるみの犯罪、冤罪正当判決を常時下して陥れ成功!までの経緯証拠を作って置いて「判例として公式に使えば良いんです、司法犯罪制度は”そもそも、犯罪を正当だ判決を下すと闇で決めて、闇談合で次々司法犯罪制度でっち上げを事前に闇で決めて有って”犯罪が正しい、冤罪で有罪に落としたぞ‼も正しいと設定して、強引に事実、合法破壊で闇設定判決を、どれだけ事実証明、犯罪だとの立証が出そろい続けても、司法犯罪制度に沿った出鱈目判決‼以外下しませんから」

カルト集団、宗教指導者と狂信信者、の関係と、公道、思考原則と同じ構図と言う事です「司法犯罪制度の実際は、只のカルトテロ指導者と狂信信者の所業、のなぞりと同じ構図と、何も知らない、判断力も無い、考えて進歩する能力も意思も何も持たない法曹資格者、司法機関、法務省職員故のこの現実なのです、なんも正しくに変える事も出来ない、現実が、上記方法で証拠を揃えて、司法テロ正当判決を下せば、とまあエ町農協虚偽の横領冤罪事件他‼と同様に。

これを見ても、全く何も理解に至れる事も無し!の法曹権力、法務省、司法機関構成員等、報道カルトも同様、個人個人の資質、能力、遵法意識、想像力の有無、深く物事を考えて、追及する意識と行動、疑問部分、不知の部分は徹底して調べて答えを導き出す、行為もせず、の輩が大半の国だから、国際自由主義標榜国家、国民もほぼ同様だけど。

今迄の損保、司法、捜査機関共謀での損害賠償、賠償保険金詐欺他事件を洗うべき

  • 2024/05/16 09:32

昨日の書面で揉ま爪的際して、裁判所に既に提出済み書面の記載事項も、きちんと出来る限り調査を来ない、関係する公的機関に対して必要調査を実施して、法を備えた答えを導き出せた分、記載して裁判所にも出して居ます。

札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、あいおいが、加入被保険者、解体工事会社を、初めは被害者側を、工事会社が賠償詐欺だ、等で訴える予定とこの連中で企んで居たが、私が正しい当事者は?等を伝えて一定理解させて、この出鱈目民事、刑事での出鱈目、虚偽の詐欺とした訴えを止めさせた通りです。

で「困ったあいおいは”事前に一級建築士等に金を渡して、建物損壊は虚偽だ、詐欺行為による虚偽だ!”と、狙う通りの捏造証拠を作って居て、損害賠償金、賠償保険金詐欺だと言う証拠!で使って居ると言う」

しかし「この建物損壊は嘘だ!損害賠償金、賠償保険金詐欺だ!”と設定通り捏造して、闇で詐欺と言う証拠?で使って居た、原告あいおいが証拠甲号証で出したこの偽造、でっち上げ証拠作りで」

住居侵入から始めて、複数の刑法犯罪に手を染めた事を、自分達ででっち上げた証拠甲号証にも、確固たる自分達による犯罪行為立証証拠!で出して居ると言う、愚かしさも極まった事実も、普段からこの連中、見境も何も持たず、法を犯し捲って陥れて居るからでしょうね。

確固たる刑法事犯、犯罪行為者連中が、合法に拠らない「犯罪に手を染めてでっち上げた、損壊は虚偽、損害賠償金、賠償保険金詐欺事件だ!一級建築士の自分達がこれを立証して居るから詐欺だ!」

と甲号証として、あいおい、依頼犯罪共謀弁護士が、裁判にも嬉々として、正しい証拠である、詐欺の証拠だ!裁判官、闇で見せたこの甲号証が証拠だ、損害賠償保険金支払い不要、支払い却下判決を出すと闇で事前に、の通りの判決を!

迄手を染めている、犯罪に手を染めた証拠も添えての詐欺冤罪を正当と認めるよう、闇で認めて有るから(* ´艸`)クスクスの現実です。

合法の本質から知って居なければ、今日送った書面の記載証明事項も

  • 2024/05/16 09:18

只の言い掛かり、損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺冤罪に陥れる、これを企んだだけの「あいおい、法曹資格者、一級建築士他、捜査機関、司法機関等共謀の権力ぐるみ犯罪事件、例によって”一級建築士をこの冤罪では立てて、虚偽の建物損壊は嘘だ!損害賠償金、損害賠償保険金詐欺事件だ!”と言った、事前にこう言う偽造証拠を、一級建築士国家資格を悪用して、狙う通り捏造する、と企んで凶行、悪用事件」

建設工事、請負建設工事に関する、建造物損壊被害からの事件です、当然ですが「損壊に備えた事前調査、出来る範囲での”損壊が生じた場合に備えた事前調査、損壊は起きて居ない事の一定証拠作りも必要です”被害発生後、損壊事実の証明になる筈、だから」

で「あいおい、共謀一級建築士他、捜査機関、法曹資格者、司法機関等は”事前の損壊の有無調査は無し、沈下の恐れが強い証拠、地質調査実施も、工事前も工事後もせず”まあ、何の権利も無い他者所有地で、不法な地質調査も、事前調査も出来ないけれど、損保事業はこう言う事業です」

で、損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺事件をでっち上げて、何時も通りの合法な保険金支払いを潰す企みを持っての「闇ででっち上げて有る通り、をなぞった、犯罪でなぞって”詐欺事件で間違い無い!”との偽造証拠をでっち上げて、詐欺冤罪だとあいおい、辯護士、偽造証拠作成犯罪者、裁判官が共謀して、事実無根が正しい上で」

でっち上げただけの損害賠償金、損害賠償保険金詐欺冤罪が事実だ!よって損害保険金請求も詐欺事件だ!偽造した詐欺の証拠も作って有るんだ!詐欺を自供しろ!と暴走している今。

損保、部外者の一級建築士他、冤罪共謀官民等に「建設工事に起因する、必要事項、当事者間契約と、修理等工事に関して不法に言い掛かりを付けて、合法施工を叩き潰せる権限も法的根拠も無いに決まって居ます」

この大鉄則も、まあ呆れ果てる事に、損保の連中、捜査機関、司法カルト、司法機関、法務省職員等関係先と関係職員等には、何も理解以前が実態の結果です、滅茶苦茶を超えてしまって居る、近代法治国家の事業者、国家、地方公的機関、警察の所業ですよ、これら全て。

常なる情報更新、これからまるで不可能が法曹の

  • 2024/05/16 08:39

昭和40年代中頃に、合法に沿った対人損害賠償、損害補償保険金の支払いを潰す目論見を持って「元々は”自賠責保険金の合法支払いを、捜査機関、司法が主治医、公的保険制度事業者を、捜査権限、司法権限、関係する行政機関は、監督権限を悪用して陥れる、併せて、潤沢な資金が毎年入り続ける、任意自動車保険、他商品も次々作り続けて、毎年黙っていても大金が転がり込み続ける!”」

この資金を使い、上記相手に様々資金を回して、再就職、不法な医療費提供、贈収賄、接待も顧問雇用もさせて、言うがまま犯罪に加担させて来て「闇で設定した通りの損害賠償保険金支払い、以降は不払いを成功させられて来たと言う」

この損保用、司法他公権力ぐるみの国家犯罪、合法を破壊させての損害賠償金、損害賠償保険金犯罪を武器とさせた不払い、詐欺冤罪粛清等権力テロ!を「他の損害保険、共済商品でも、根本を同じ犯罪の手法で、強引に適用させて、不払いを成功させる、詐欺冤罪に陥れる、として来た訳です」

こう言う闇のからくりで、こう言った損保が指揮、捜査機関、法曹資格者、司法機関、行政犯罪だから、でも「各専門分野に適用する損害保険商品ですからね、各専門分野毎の”陥れる為の罠が個々に必要なのだけど”そんな頭を持って居る筈は有りませんから、人身被害の損害賠償、補償金不払いを成功させて居る、犯罪の手口をほぼ踏襲しただけだから」

当然ですが「医師、公的保険制度を犯罪に引き込み、狙う通りの偽造捏造証拠作り、提供、使用して、公的保険制度が以後の治療費等を、捏造した医証を根拠とさせて、不正拠出して”損保、司法ら犯罪制度を成功させて居る”と同様の罠を成功させられません、全く違う、陥れに加担させる共謀犯らですし」

無知無能さを自覚も出来ず「最後は現人神法曹資格者、検事、裁判官の託宣で犯罪が正しいと出来て居るし、詐欺冤罪で粛清も常時成功させて有るんだ!が、どの事件、どう言う事件種別でも成功する訳は元々無いんです」

事前の調査の必要性と、国会質問で取り上げられた事の効力

  • 2024/05/16 08:04

隣家の解体撤去工事が原因で「当家が複数壊された→工事会社はあいおいの建設総合保険に加入していた→工事会社は、被害者依頼建設会社の工事見積を使い、あいおいに被害の補償工事金支払い請求を行った→あいおい、共謀弁護士、共謀一級建築士他共謀犯は、工事会社も唆して、損壊は嘘だ、損害賠償金詐欺を工事会社らに、あいおい相手に損害賠償保険金詐欺を働いている被害者、被害者依頼工事会社だ、と言う設定で民事、刑事で被害者、被害者依頼工事会社を訴える事とする、と決めて工事会社に通告→一旦乗った工事会社でしたが、被害者側に言われてこの虚偽訴えを止めて、正しく示談書取り交わし、示談金分割で支払い中→困ったあいおい、司法は共謀して、あいおいが金で雇い、建物損壊は嘘だ、との捏造証拠作りさせてでっち上げた証拠?を根拠とさせて、工事会社、被保険者と被害者、被害者依頼工事業者を、訴訟詐欺を武器とさせて詐欺行為者と出鱈目認定判決を下して、詐欺を確定に走って居る」

まあ「昔からの損保用司法犯罪、犯罪を成功させて、合法による損害賠償金不払いを、日常的に成功させて通して来た手口の再現事実です」

この連中が見誤った事の根本は「例によって”建設工事に付いても、何も正しい法律、実務等知らないで”何時も通りの損保、共謀弁護士、共謀犯偽の証拠捏造行為犯らが共謀して、捜査機関、司法、司法機関がこの罠を成功させる為共謀の犯罪に、を踏襲したけれど、専門的必要法律、実務知識も持たないで、何が必要な知識なのかもまるで知らない事も理解以前で」

只でっち上げたに過ぎない「損保、共謀弁護士用、あらゆる損害賠償金、賠償保険金言い掛かり、冤罪の罠に落とすも含めた、一つの司法犯罪制度!をなぞって陥れると暴走して居る、この愚かしい行為で、何時も通り成功すると勝手に決めて、損保、共謀犯、司法、司法機関、捜査機関等で”監督すべき行政機関も追従が闇で設定済み”も大前提で」

一つの詐欺冤罪の罠の手口を、この事件でも何時も通り、合法等元々備えて居ない上で「只の罠に陥れられる、詐欺冤罪にも陥れて、合法な損害賠償保険金支払いを、例によって叩き潰せる判決が下ると事前に決めて有る、に走ったと言う」

対人損害賠償事件、対物、対建物、対車両、対所有者様々な動産等等、全て同じ損保用、司法犯罪制度の手口です、パターンを変える必要が有るに決まって居るんだけどねえ?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452764
ユニークアクセス:6604465
今日
ページビュー:57
ユニークアクセス:57
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed