エントリー

2024年05月17日の記事は以下のとおりです。

損保、司法犯罪合法化も

  • 2024/05/17 15:14

@損保ジャパンも”損保の業務、鑑定士、調査員らを中立と言って動かして、被保険者不該当の被害者さんも、調査対象者と騙して”調査して、審査、鑑定した、不払いだと鑑定人が決めた、損保も不払いを成功させた、この損保業務も合法無し、只の損保と鑑定士で行って居る民業、等証言、アスベスト対策工事費拠出も必要等も証言して居ます

                                  令和6年5月17日

文書送付相手
〒060-8587 札幌市北区北8条西2丁目1-1
北海道労働局長、中央、東労基署長 安全衛生他 他へ配布願う
TEL011-737-1192,FAX011-737-1211
※住宅解体工事現場も仮設トイレ設置を果たす告示願い、汲み取りが
間に合わ無いのでトラック積載、日々移動が必要、この告示を願います
〒060-8579 札幌市北区北8条西2丁目
北海道財務局理財部 金融監督第一課、保険担当 金融庁、財務省へも
TEL011-709-2349
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌国税局、国税庁、北税務署長、経由国税局、国税庁へも
TEL001-707-5111
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
北海道庁、建設業関係、産廃関係監督、許可部署
TEL011-204-5022,FAX011-241-8181
札幌市役所 建築確認、安全推進、大気汚染、産廃他関係部署
TEL011-211-2867,FAX011-218-2823

                    情報提供、公文書回答、必要事項実施の求め 
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                 取締役 山本弘明
           TEL080-6092-1989,FAX011-784-5504

〒060-0001 札幌市中央区北7条西2丁目
伊藤泰充北海道警察本部長、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面中央、東、北警察署長、刑事1,2課

1、別紙裁判提出書面の記載の通り”損保ジャパンへの調査に対しての調査に対して、この損保から次の答えを得て有ります”損保ジャパン答え「損保が鑑定士、調査人、アジャスターを動かして、損害賠償債権所持被害者さん他に対して、保険金支払いの為必要な鑑定、調査です、鑑定士らが調査して、鑑定、審査して、支払いの可否決定して居る”現行の手続きに、合法根拠等有りません」との答えを得て有ります。

2、損保ジャパンは他に”アスベスト飛散、吸引防止工事に対する保険金支払いも必要、法律により求められている工事実施費用も拠出が必要”等も答えています、全損保、共済に共通の事項です。

3、つまり”民事も刑事も、現行行われている、損保が鑑定士、調査人、アジャスターを中立と設定して”彼らが調査、鑑定、審査して出した答えが正しい、不払い、不正請求、詐欺請求、詐欺受領だとも、鑑定士(民業自己申告資格)調査員、アジャスターが決めれば正しい事で通って居る、現行の損保による支払いの可否、詐欺事件だと被害届け出、告訴告発、損保の言うがまま刑事も民事も通って居る、全て違法、出鱈目と言う事です。

道警本部が言って居た通り

  • 2024/05/17 10:18

あいおいの捜査”も”行って居る、他に幾つの事件を扱って居るんでしょうか?私が一方的被害者の事件の数々で?

の東警察署刑事課、刑事さんと話しまして「北海道警察本部捜査課の担当警察官が伝えて来ている通り”あいおい関係の被害届け出事件”順調に捜査が進んでいる模様です、昨日の裁判用書面、損保ジャパン職員が答えた内容」

鑑定士、調査員、アジャスターには何らの法律的権限も無し!彼らに行わせて居る調査、鑑定、審査と決定に付いても「法律による権限も有りません、損保の業務でこう言う仕組みになって居るから行って居るだけです」

これ等の証言部分までも「捜査機関は既に証明、理解している模様と、良かったです、山本昌Ⅹ、東京海上日動、他多数の極悪犯罪者、共謀犯連中の内容を激変させて私と経営する会社を犯罪者と捏造に、他犯罪事件!あいおいと共謀法曹権力!等の詐欺冤罪捏造、犯罪で詐欺に陥れる、損害保険金不払いを成功させる企みを持った、司法手続き、法曹資格者等共謀の詐欺冤罪、犯罪そのものでの保険金踏み倒し!」

そして「三井住友による、合法に背いたとしか、の車両保険き闇支払い済みらしい?を前提とさせた”三井住友は債権譲渡を受けて、損害賠償債務者に対する債権者となったと、貴殿にと裁判所手続きで”言っただけで事実となった、金を払え!事件も」

損保、損保の下請け調査員、鑑定士ら、司法、警察ぐるみのテロ、犯罪制度の闇‼どれも合法は有りませんし「只のでっち上げ、偽造で証拠作り、合法証拠だ、と捜査機関、法曹資格者、刑事、民事手続きで確固たる証拠だ、と出鱈目採用、正しい証拠だ、を強引に成立させている司法犯罪権力、テロ司法手続きの闇実態」

ここまで正しく、法律に沿って事実立証が果たせて居るんですからね、捜査機関もここ迄、それ以上捜査で証明、理解済みの模様も?

損保の業務は商品、特約全て扱いが同じ認可、まるで違う時点で犯罪行為

  • 2024/05/17 09:59

損保,共済の商品、特約の扱いは”根本が基本一緒です、後は範囲、支払限度等が違うとか”大手損保が新商品、特約を開発?監督機関、金融庁に認可申請、認可が下りた→次々他の損保、共済が追従‼保険料額が有り、支払いに付いての金額など、条件は異なっても居る場合が有るけれど、同じ商品、同じ特約だから、基本の扱いは共通です。

違う事項で言うと「損保ジャパンの工事保険、類似損害保険商品、特約は”加入被保険者の過失事故の被害保険金も出る商品です”とても良品商品だと」

損保毎の、こう言った商品、特約の支払いの違いには”スマートフォンの損壊被害金支払いの有無、が有ります”損保によって”保険加入者、被保険者側の過失で損壊、の場合には、スマートフォン損壊金額が支払われる、支払いされない、の違いが有るとの事。

こう言った、損保、共済毎の、商品、特約毎の違いは有りますが「同様の商品、特約の場合”根本は基本同じです”最早”過失による損壊被害に付いて、被害金額を証明出来た分保険金を支払う!の定義もあやふやになり捲りですよね?”過失?故意?被保険者の加入者側の故意?過失?どうやって判断出来るんだ?」

なお「損壊が生じてからが”損保、共済の保険金支払いの可否の調査実施、支払い項目、金額等審査です”損壊が元々は無かった!これを事件後、損壊が発生後に、多くの保険金請求事件で、全部の案件どうやって損壊は元は無かった、事件、事故、災害で損壊、損害が生じた、事件後損壊したと言うのは嘘だ‼と、損保が使う鑑定士、調査員、アジャスターは」

損害保険金支払い請求後に「事件前直前、事件当時、事件が起きて損壊が生じた後の合否証明、判断が出来て居るのだ?只の一般人、神でも無い人間如きが?神が居たとしても”現世では神と認めないし、神の託宣も証拠にならないからねえ”当たり前です」

私の時々の「近未来に起きるであろう事の予言、予告も”当たっても事前に予告、預言済み”だと公に決まる事も無い通り」

損保、共済が雇う鑑定士、調査員、雇っているアジャスター等、何の法律権限も無し!よって「この連中の審査、決定も合法無し!只の損保共々での、合法に拠らないいい加減決定!これを証拠で詐欺冤罪で粛清も多数!滅茶苦茶過ぎる、冤罪粛清等簡単と言う事だし、危険極まりない現実です」

事業毎に、事件毎に

  • 2024/05/17 09:14

損害賠償、損害賠償事件発生、損害賠償保険金、補償保険金等もですが「事件の種別毎に、事件の経緯、事件の加害者側、被害者側がどう言う状況なのか、等等事件毎に、適用される損害保険、特約の規定と、損害保険会社、商品、特約に対して”加害者側、被害者側のどちらが被保険者となるのか”等等、実に多岐に渡る法律問題が生じる訳です」

損保の職員、法曹資格者は論外なまで、損保が使う鑑定人、調査員、アジャスター連中の殆ども、この連中は只の使いっ走りですから余計、損保の職員もほぼ同じで「各損害賠償事件、損害賠償保険金、補償保険金請求事件、保証保険への請求も、生保への請求も絡む損害保険、共済への、契約の有無、立場毎で、事件の合法による構成、当事者の正しい立場等等、物凄く複雑で、物凄い専門的知識と実務の正しく深い知識を必要とするけれど」

実務で言うと「私より各部、事件毎の、で見て、詳しいと言える人も居ないんでは?まあ私の場合は”事件に当事者で不当に巻き込まれた、事件の当事者側から、必要な調査事項等を依頼されて関わる事となった”が起きると、損保、司法側、鑑定士らの不法行為が生じれば特に、徹底的に合否を洗い出して、事実立証して、彼らの犯罪も証明して」

不当手段を講じて、合法による損害賠償金、賠償保険金不払い、踏み倒しに陥れる企みと、これを果たす為の「損保、共謀弁護士、鑑定士、調査員、アジャスターが不払い用、詐欺冤罪用の証拠でっち上げ、不払い正当と闇で主張書面、詐欺の証拠ですよ、この偽造で作った証拠が‼通常表に出さず、闇で捜査員、検事、刑事、民事裁判官と見て、陥れが正しい証拠!で悪用」

この部分は、通常表に出さず、闇で使うのでこちらが取得は多くの場合困難ですが「苫前町農協事件、山本繁樹が自己資金で購入所持、高温重量物焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件、詐欺冤罪を二年で全く別に捏造作り変え他事件‼は共に”損保、犯罪当事者らの犯罪の証拠が公式に表に出されたので取得出来たけれど、犯人と損保、司法共謀のテロ犯罪の証拠が手に入った事件です」

三井住友による、車両保険金不法としか、事件を隠蔽、犯罪を正当化しようと企まれている、不法手段捜査と司法手続き凶行事件‼は、恐らくこれから、色々な三井住友等の闇犯罪の証拠等が?では?

今迄の損保、共謀弁護士、鑑定士らが損害保険金詐欺捏造冤罪事件への波及も

  • 2024/05/17 08:43

あいおいと弁護士、一級建築士等鑑定士、アジャスター等の「只の極悪犯罪による、損害保険金犯罪で踏み倒し、損害賠償金、損害賠償保険金詐欺!冤罪捏造の事実、これ等を損保ジャパン、職員も証言して居ます」

全部の損保に共通ですから「中立設定しただけで、損保、共謀弁護士等の意向通りの”合法無しでの鑑定、鑑定結果を作文する”損保の損害保険金支払い請求に対する調査、人身交通事故事件、車の過失等損壊はアジャスターなる、損保内の役職設定者による、保険金支払い金額の合否、支払い金額の合否決定権者!による決定!支払いの現実に付いて、答えと事実は、損保、鑑定士、調査員を使う共済も共通です」

つまり「あいおい、共謀弁護士、一級建築士も含めた鑑定士、アジャスターなる輩による”刑事訴訟法手続きも取られている犯罪行為者の嫌疑も、に付いても”何処にも合法等無い!あいおいが他損保、共済と全く異なる鑑定士、アジャスターの使い方をしている、出来る道理は無い!同じ保険業法の下、同じ約款、規定の下(商品が違う場合も)での損保の業務だから、鑑定会社、鑑定士、調査会社、調査員、アジャスターの職務遂行だから」

同じ内容の鑑定士、調査員、アジャスターなのだから「あいおい、共謀弁護士、同調する裁判官!が言い張る”一級建築士の鑑定士は良く調査を行って居る、甲号証がこの正しい証拠だから、不払いと判決を事前に決めて有るんだ!”裁判官の口頭弁論内での発言、判決事前出鱈目作成済み‼等にも一切合法は無いと立証を更に」

鑑定士、アジャスター、調査員!の調査、審査業務なる代物には「何の合法根拠も合法事実も無し!工事に係る見積もりの各項目の合否、工事金額の合否の審査、決定権を鑑定士、アジャスターが持って居る設定で、損保の保険金支払い業務を行って居ます!ですが」

鑑定士、アジャスター、調査員には何の法的権限も無いし、調査、審査に付いての合法根拠も有りません、建設工事も含めて、時代に沿わせた専門的知識も実務知識も、彼らは持っても居ません。

損害賠償金詐欺、損害賠償保険金詐欺冤罪で粛清も、この不法行為者、犯罪者による”正しい損害保険金支払いの為の調査です!”の大嘘で陥れ成功と言う。

損保ジャパン職員の証言は、全損保共通の事実の証言です

  • 2024/05/17 08:20

昨日、合間に損保ジャパンに架電して「一定分かる職員から電話を折り返して頂いて、の損保ジャパンお証言の重い事!」

損保ジャパンさんの証言、重要事項は「損保、一部共済も使って居る”鑑定士、損保協会が認定しただけ、遺品整理士などと同じ、自己申告の士資格?公に謳うと詐欺罪の嫌疑が、このバッタもん資格、言っただけとちゃんと相手に、書面でも伝えて、理解させないと詐欺にも”調査員も同様で」

この鑑定士、調査員の調査に「合法な法律も含めた根拠が有るか?無いか、との問いに損保ジャパンは”只の民間資格で有り、何らの合法根拠等無し”と、正しく認めて居ます、その通りを認めて居ます」

損保職員ー鑑定士が”建物の過失による損壊等に付いて、中立の立場と言う設定で、工事見積事項、見積金額を審査しますが、損保が決めただけの手続きで有り”何らの合法さも有りません、損保にそう言った事項等に関して、法を持った詳細なマニュアル等も有りません。

損保ジャパン職員ー鑑定士、調査員を損保が雇い”被害者さん側も調査させる、保険金支払いに付いて審査を行わせて、鑑定士が決めた内容で支払う、との設定”に法律根拠は有りません、損保が該当事件で被保険者から支払い請求を受ければ”損害保険金を支払う為に損保で必要な手続き”と決めて有るからなぞっているだけです。

損保ジャパン職員ー鑑定士に建設工事に係る、法改正も含めた専門的な深い知識が有る訳でも有りません、こう言う損保の、損害保険金支払い手続きとなって居る事に従っているだけです。

損保ジャパン職員-鑑定士が”次々厳しくなり続ける、建設工事に係る法律、実務に付いて、法改正と工事事項、工事費用に付いて”正しい知識を備え続けて鑑定して居る訳でも有りません、工事費の多寡に付いても、言われるように、業者の業態によって、2~3倍工事費額支払い金額が違って居ます。

あいおい、依頼を受けた辯護士「法曹資格者、司法機関刑事、民事手続き、損保側が訴える損害保険金詐欺、損害賠償金詐欺!の合法さ、合法根拠も何も無い、嘘で塗り固めた代物、と言う証言です」

あいおい、依頼した詐欺冤罪捏造凶行一級建築士他鑑定士、アジャスター等による、裁判官ぐるみでの「建物損壊は虚偽、損害賠償金、損害賠償保険金詐欺事件だ!民亊、刑事での主張、捏造甲号証、裁判官の出鱈目決め付け!全部破綻させた証言です、公文書記載内容、4月25日国会での質疑事実、内容も合わせて」

共栄火災と苫前町農協、損害保険詐欺支払い隠蔽の為の

  • 2024/05/17 07:56

三井住友と警察、司法が共謀複合権力が損保の下僕で権力テロ凶行!事件は「苫前町農協、共栄火災が共謀”共栄火災はJA共済の傘下に居る損保事業者だから”農協にXを犯してでも従う事は、下請けとして極普通?保険業法蹂躙!共済傘下に入った損保、の時点でまあ」

身元信用保険金支払い条件の一番が「被保険者金融機関が、雇用する職員によって事業資金を横領されたから”穴埋めの為に身元信用保険金請求した”この構図が先ず必要ですが」

金融機関の多く?は「経理を正しく洗われると拙い(;´Д`)色々な疑惑資金等が、まあ”部外者が経理を見ても、ほぼ見抜く事が出来ないだろうけれど、ピンポイントで調べを受ければ、分かりません」

苫前町農協と共栄火災は「農協の経理監査は実質誰も行わない、この事実も前提に有るから”安心して上層部による休眠預金詐取!女性職員を横領犯と捏造、但し嘘だから、証拠隠滅の上で訴えた”山下部長証言」

この事件、農協、共栄火災の思惑と違い「北海道新聞と、告訴担当弁護士、当時北大法科大学院教授の弁護士が‼不起訴処分を認めない、民亊で争う、民亊旭川、札幌の裁判所、裁判官、冤罪者依頼弁護士が、農協が依頼設定弁護士の指揮通り、証拠、証言は逆の上で”こいつが横領犯だ!”判決」

この出鱈目民事判決”だけ”を証拠とさせて、旭川検察審査会に訴えて、不起訴不当議決!”で「起訴に転じて、この民事の出鱈目判決が絶対だ!冤罪、損害保険金詐欺等の確固たる証拠を闇に消して刑事も有罪確定だ!これでこの冤罪と身元信用保険金詐欺を正当化」

同じ構図と言えるのが「三井住友、司法テロ、不正な車両保険金、多分支払った模様?不法な債権移動主張!札幌簡裁、地裁、裁判官が”何時も通り、合法も合法証拠も合法法理論も無しで、正しい車両保険金支払いだ、正しい債権移動だ!正しく債務者は器物損壊行為犯罪者と決めて有る!の事件と言う」

何んとしてでも「この二の事件も”損保、共謀弁護士が指揮を執る通り、こいつを犯罪者に落とす必要が有る、冤罪で、出鱈目な刑事事件捜査、手続きで”どっちの事件でも、冤罪に落とされる側、虚偽の自供も強要されている側は、否定して居る上で、損保、司法に合法は無い上で、犯罪者と陥れを成功させなければ、共栄火災、三井住友は共に、不正な損害保険金支払い他!事実の責任を負わされる可能性が」

この手の損保不法支払い、これを隠蔽の為に「誰かを犯罪者と出鱈目刑事手続きで陥れが必須!出鱈目で犯罪者、損害保険金支払いが生じた原因行為犯罪者!を創り出す必要が有る結果です」

無知無能さ故の、民間にも支配され、操られるだけの法曹

  • 2024/05/17 07:38

苫前町農協、共栄火災が共謀しての身元信用保険金詐欺を隠蔽、成功させるべく「女性職員を横領犯に仕立て上げて、横領は農協上層部、農協上層部ぐるみの犯行だから、事件当時の山下部長も証言の通り、後に民事裁判記録も取得して、部長の自白の正しさも証明された通り、身元信用保険金詐欺を成功させる為には”一般職員が横領した”との刑事事件で被害届け出、告訴手続きが居る、損害保険商品、支払い基準設定なので、各損保もこれを証言済み、証拠も取得、公表済み」

同じ構図の損保が指揮、共謀弁護士が警察、検事検察、裁判官、裁判所を下僕、犯罪成功の為犯罪指揮!で起きて居るのが「三井住友による、闇で車両特約保険金を支払った、と三井住友が”証拠も出せず言い張るだけ”で、札幌簡易裁判所、裁判官、その後地裁、裁判官が共謀して居る、不正車両保険金横流し?無許可貸金業、損保、共済の日常犯罪業務、但し三井住友札幌保険金お支払い第一サービス課は、この不正支払い疑惑?を扱って居ないと言う」

この事件で”も”思いっきり拙い事態に陥った三井住友、同様の犯罪を、長年正当な債権譲渡受けだ!加害債務者に対して損保が債権者と、債権が移動して債権者が損保に変わったんだ!『但し、弁護士法違反、貸金業の規制等に関する法律違反等、多岐に渡る刑事罰適用犯罪、が実態なので」

無知無能な法曹資格者なので「損保が”あくまでも損害賠償加害債務者、被害債権者同士での”損害賠償金請求事件偽装、債権は無いんだ!言い掛かりでの、当事者間の争い、訴訟だ、と偽って遂行して来ている通り、当然裁判官、裁判所、各監督官庁も、この損保、司法犯罪も熟知の上で追認です」

三井住友「この定番犯罪に走らず、走れなかった?のか”三井住友が債権を立て替えたから、合法等無しで、損害賠償債務者設定した貴殿に対する債権者と代わった!”と、札幌簡裁にも訴えて、異議申し立てされて焦り、貸金業規制法違反で訴えられて更に焦り」

多分順序を逆にして「民事で債権支払いは正しかった、こいつが債務者と確定した!刑事でも器物損壊罪で有罪確定の証拠になった!の流れ予定が破綻したから?”刑事犯罪捜査、お前が犯人だ、と事前に決め付けて、刑事捜査で確定させようと”南署が暴走した、地検、検事、裁判所、裁判官も闇で共謀と?何時も通りの損保の指揮下での強引な刑法事犯捏造”の再現事件?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452843
ユニークアクセス:6604544
今日
ページビュー:136
ユニークアクセス:136
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed