エントリー

2024年05月24日の記事は以下のとおりです。

網の目のように絡まって居る、刑事罰則も付いた法律も掛かる事から

  • 2024/05/24 11:31

程度問題と思いますけれど「工事実施者も危険で、第三社被害も大きな隔離でで引き起こしやすい、建物の解体工事、特に住宅、一般のアパート等の解体工事に付いて、とても違法な工事が、警察、行政も公認状態で、安く工事を行い、終えられれば良い、不法工事を行っても見逃す、第三者に被害を加えても見逃す、それを果たす為」

発注者、元請けが誰かを証明出来ないように「リサイクル届け出、道路使用許可取得をせず、一気に壊して逃げている、警察、行政ぐるみこれです」

しかも「解体工事は”不法投棄を防ぐ目的等により、中間堆積禁止、解体、分別全て敷地内工事が鉄則”なのに、公共の道路に重機を置いて、公道を解体材堆積、分別場所で使わせて居ると言う」

当然ですが「公道を重機作業場所にさせて、公道を解体材堆積、分別作業場所で使わせて居るけれど”囲い込み、飛散防止対策足場囲い込みはさせて居ません、保安員配置もこう言う工事は無し!公道での工事ですよ”危険ですし、飛散し放題が生じています」

まあ「公道を大々的に足場、飛散防止板を外周に張って足場を公道に設置等行えば、歩行者、通行車両が怒りますよね、そこら中の公道で、民間の解体工事でこれをされたのでは、その前に”激安で民間解体工事を発注、請負が目論見なのに、思いっきり高額の解体工事になると言う」

物凄い金額の工事額になります、こんな費用を出せるのであれば、初めから正しい民間解体工事にしますからね。

徹底して法を駆使して、こうやって公務所の不法、犯罪への共謀責任も追及すれば、どんどん破綻し続けるのは分かり切った事です「安価に違法解体して儲けたい、が理由の不法、犯罪解体工事ですからね、かかる法律を徹底して科させりゃ、工事金額から激増するに決まって居ます、多少思考出来れば予想が付く事で」

合法を果たさず工事激安発注、多重下請けでピンハネ

  • 2024/05/24 10:39

仮設トイレ車両に積んで日々現場に設置”この形態、元請け契約して行う必要が有ります”下請け以下にこのトラック積載、日々運搬設置仮設トイレ請負させれば、無許可の一般廃棄蚋収集運搬請負になるんで。

下請け以下にこのトラック積載、仮設トイレ日々現場に運搬設置、を担わせたのでは「この請負業者より上の工事業者等”この下請け以下の仮設トイレ設置、日々運搬のトイレ、使うと無許可の一般廃棄物収集運搬に該当”しますから」

このトラック積載、日々運搬して現場に仮設トイレ設置は「元請け受注、発注で無ければ”一般廃棄物無許可収集運搬、廃掃法違反が科せられます、元請けが作業員ら全員のし尿を、自社の一般廃棄物として収集運搬して居ない”法律の正しいこの適用が掛かります」

例えば「多重下請け請負工事で言うと”元請け、下請け、孫請けの労働災害事故による、労働者被害者の労災適用は、元請けが全員に責任を負う”下請け以下の労災は、元請けが全て責任を負う規定が大前提で”下請け↓孫請け↓曾孫請け↓としか、労災の適用は出来ません」

同様の規定と言う設定です「トラック積載仮設トイレ、日々運搬設置の仮設トイレの場合も”元請けで受注して居なければ、無許可で他社のし尿を収集運搬している事業”に該当します」

道路保安員の契約も「土木建設工事とは違う”道路の保安体制の為の保安員配置”ですからね”道路管理者に代わり、と言う設定の保安要員配置ですから、元請け発注、元請け受注が必要です」

道路保安要員配置も”下請け以下発注”が公共事業でも組まれた契約だから、上の業者が保安要員を、末端の自分達の下の作業員と扱う”道路の安全管理業務などどうでも良い、自分達の仕事を手伝え!と命じて従わせて、道路保安業務などさせない等の常態化も”公共事業でもこの不法がまかり通って居ると言う」

始めから、犯罪解体責任を逃れさせる目論見を

  • 2024/05/24 09:38

公道を重機設置、稼動させて、建物の解体撤去工事を認めるのであれば「作業場所となる公道も足場を組んで、硬板で養生して、瓦礫等の飛散防止、防音、大気汚染防止を行い、更にその外周、公道部分を柵で囲い込み、歩行者の安全対策措置が必要ですし」

更に「歩行者と通行車両の安全対策要員配置も必要です、又”日々足場、養生、安全柵を設置、解体撤去し続けるので無ければ、夜間、休日24時間、公道を囲い込んだ足場による、通行人、通行車両の保安体制実施が求められます”民間の建物の解体工事で、ここまで正しく法律を守った工事を、公道を使い実施すれば、凄まじい工事費用を要します、法の正しい遵守を行うと当然です」

この現実なのに「発注者が安く工事を請け負わせられれば良い、丸投げ前提の元請け、不法業者も多数、住宅メーカー、不動産業者等はほぼこれ、偽装元請け、多重下請けに丸投げですから、こう言った発注者、元請けが犯罪解体工事で儲けられれば良い、合法破壊を公権力が認めるから成功させられている」

と言う現実なので「発注者、元請けを隠蔽する必要が有り、リサイクル届け出、道路使用許可取得をせず、解体工事を強行して、数日で違法解体を終えて、逃げて終わらせて有るんです、後はもう”発注者、元請けは不明だから、第三者加害を生じさせたって、責任を問うべき責任当事者を証明出来ません”」

もう只の公権力ぐるみ、犯罪で構成建物解体工事発注、請負、多重丸投げの現実です「発注者、元請けが犯罪工事で儲けられれば良い、これをほぼ全てで仕組んで有る”第三者被害が生じた場合の含めて、一気に解体を違法工事で終えて、逃げられる仕組み作りが国中で組まれている訳です”あらかじめ組んで行わせて有る、犯罪解体工事の実態です」

この犯罪民間、特に小型建物の解体犯罪工事”ハウスメーカー、不動産屋、行政等が結託して”ここまでの犯罪で構成小型民間建物解体工事、を仕組んで有ると言う事で。

公権力の悪用

  • 2024/05/24 07:46

@公道を建物の解体場所で使う、重機駐機、稼動、解体材堆積、分別等刑事罰則も適用工事を”公道管理者、道路管理、維持、廃棄物、大気汚染等市役所部署、労働基準監督署、警察が公務で認めて居る”廃掃法、大気汚染防止法、道路法、道路交通法等多岐に渡る不法行為、刑事罰則も適用行為を公権力が公認”しかも、発注者、元請け隠蔽も加担”行政処分、刑事罰適用、公道損壊、第三者加害賠償責任を逃れさせる目論見による、これ等公務に合法論が有る事を、公文書で答えるよう求める

                                  令和6年5月24日

公文書回答を求める公的機関
〒060-0001 札幌市中央区北2条西7丁目
伊藤俊充北海道警察本部長、各捜査課長、方面警察署長、交通1,2課
TEL、FAX011-251-0110 
※これだけ多くの不法行為、犯罪行為による公道、近隣加害は故意
山本真千子札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正
TEL011-261-9311,FAX011-222-7357
〒060-8587 札幌市北区北8条西2丁目 札幌合同庁舎
北海道労働局長、各労基署長 中央労基配布願う
TEL011-737-1192,FAX011-737-1211
※公道不法使用工事、仮設トイレ無し、一本多段足場工事他現認で公認労働
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
北海道庁 建設業、不動産関係、産廃許可、監督部署、道道管理部署他
TEL011-204-5022,FAX011-241-8181
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市役所 環境局一廃、産廃、安全推進リサイクル届、監察、建築確認
大気汚染、振動、騒音、道路管理、工事課、土木センター他
TEL011-211-2867,FAX011-211-2823
浜田聡参議院議員
TEL03-6550-0403,FAX03-6551-0403

         本件公文書による回答を求める者、故意の犯罪公認、加害責任逃れも目的で
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
           TEL080-6092-1989,FAX011-784-5504

1、記載先公的機関、次の事項に公文書による、法律根拠を持った合否等回答を求めます。

2,(1)道警本部長、北海道庁、札幌市役所”札幌方面北警察署交通一課によると、公道を解体工事場所で使う道路使用許可”に付いて、公道管理行政機関(札幌の場合は主に札幌市部署)と協議して、道路管理者から、公道に重機設置、重機使用、公道に解体材堆積、分別”等実施を認めて貰って許可を出したり、警察単独での公道工事場所使用許可では無い、道路損壊防止養生、粉塵等飛散防止覆い等不要で道路管理者が認める故、との答えも出ています、道警本部長、知事、市長、担当課、事実か否か、法を持った回答を求めます。

(2)札幌市北区北27条西8丁目××、モ×レ産業による二階建て木造住宅解体工事も、道路使用許可、リサイクル届け出無しでこの状態の工事と、北署、中央労基、札幌市担当部署が現認の上工事続行許可、工事完遂で逃がした通り。

(3)上記住宅解体工事でも、市道重機使用、解体材堆積、分別実施、道路損壊防止養生無し、道路保安体制無し、道路面は特に飛散防止囲い込み等無し、一本多段足場、シート養生、仮設トイレ設置無しの解体工事だった事も、当社の通報で現場確認した北署、中央労基、札幌市担当部署は現認、撮影、道路使用許可、リサイクル届け出の有無確認等により確認済みの通り、関係機関、これ等事実、証拠に拠る住宅解体工事実施、追認に付いて、法を明記して合否回答を求めます”特段の違法では無く、常態化した解体工事実態”も承知の通り。

3,道警本部長、道路使用許可に付いて、道路管理者道庁、札幌市、道路使用許可条件に関して”道路使用許可届け出、リサイクル届け出者を、無限責任を負っている発注者責任による届け出、工事に関して無限責任を負う発注者とさせず、発注者隠蔽に加担”被害発生後、発注者を(そもそもこれら届出させず、元請けも不明と故意に)被害者に特定出来なくして有る”事実に付いて、法を持った合否回答を求めます。

4,道庁、札幌市、次の事項に付いて、法を明記した公文書回答を求めます。

(1)上記住宅解体もですが”公道に重機を置き、起動させて建物解体、解体材公道に堆積、分別作業、道路面囲い込み無し(公道を囲えば、重大な争い勃発でしょう)もざら、産業廃棄物処理法、大気汚染防止法等を正しく遵守した工事か否か、法を明記した答え”を求めます。

(2)道庁、札幌市”公道を重機作業場、解体材堆積、分別工事場所に、公道面損壊防止養生も無し等で、工事場所の公道囲い込み等無しで重機等工事させ、使わせて居ます”が”公道損壊時、不特定多数に対する飛散物等被害防止対策無し”工事の合否を法を明記して、答えを出すよう求めます、公道を囲い込むと当然、重大なトラブルが起きますけれど。

(3)札幌市”トラック積載仮設トイレ設置の場合、施主と元請けでこの業務を請け負った業者で無ければ、下請け以下がこの業務を請け負えば、一般廃棄物無許可運搬処理、違反”となるとの当然の答えですが”公道でこの仮設トイレ設置を当社がさせましたが、以前から言って居る”違法を防ぐ為、仮設トイレトラック積載設置(日々撤退)は発注者と元請け契約請負が必須、道路保安院配置も、土木建設工事と別の請負なので、請負故発注者と直接請負契約が必要も合わせ、正しく理解しておられるか否か、法を明記した回答を求めます。

(4)し尿積載運行等は、一般廃棄物処理の法律規定が課せられるので”元請けでトラック積載、日々運行仮設トイレ設置”で無ければ、下請け以下が請け負えば、その上の職員等がトイレを使うとし尿処理請負業務、自社のし尿扱い不可、無許可一般廃棄物業で扱い、よって元請け契約が必要な事業、公道保安請負も土木建設工事外の請負、下請けで有れば、公道の保安体制合法扱い破り等、上から指示を出して従わせる(道路工事等で起きて居る現実、下請け以下の警備員、保安員なので、土建業者が工事を主で、公道保安作業破りで従わせて居る、保安体制のみ請負では無い、下請け以下故、道路保安業務無視で上に従わせられる)この不法を防ぐ為、保安体制請負も元請けとの契約事業必須です、この法律規定、現実に付いて、法を明記した回答を求めます。

5、道警、札幌検察庁、道庁、札幌市”工事に起因して第三者人的、財産的被害が生じた場合も、工事に起因した第三者被害の発生は全て過失であり、原則過失傷害罪、器物損壊、建造物損壊罪は不適用”と、その場で故意に調べず、監督責任を果たした調査、捜査を蹴って決めて、発注者、元請けの重大な不法条件発注、請負、丸投げ、不法を重ねた工事を、特に民間解体では、多重下請けで施工も認めて”リサイクル届け出、道路使用許可を取得せずも大半で公認(重機公道でトレーラー等から走行乗降等有り、道路使用許可取得も必然)第三者人的、器物、建造物損壊被害が起きても、発注者、元請けを証明不可能”とさせて逃がしている現実を、上記重大な不法工事追認を認め、惹き起こしている訳ですが”重大な恋が第三者被害を生み出した原因かどうか、過失と見做せるかどうか、必要調査、捜査が必須の、基本故意性が高い第三者相手の被害事件でしょう、法を明記した答えを求めます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452752
ユニークアクセス:6604453
今日
ページビュー:45
ユニークアクセス:45
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed