エントリー

2024年06月09日の記事は以下のとおりです。

損保の事業資金を、特定の対象に不法提供制度、損害賠償保険金故申告、納税不要を悪用の一つ

  • 2024/06/09 18:28

事業所用の損害保険、特約も「間違い無く”争訟に巻き込まれる予定、巻き込まれたら”被保険者事業所で、関わって支出した各経費、人件費等を保険金で、損害賠償保険金、不法な弁護士委任費等一括で、損害の補填保険金ですよ”と言う名目で支払いますよ(* ´艸`)クスクス、、争訟に巻き込まれる予定、も含めて関わって支出した、事業所の経費も保険金で支払います”全部一括で、全部の請求項目に付いて、全項目法律根拠を持ち、支払いの可否、支払われる保険金額の証明無しで、一括で保険金支払いして居ます」

一端支出した、事業所の経費、人件費、外注費等は、経理に記載して有りますからね「これらの事業所で支出した経費、人件費の一部を、各項目毎の支払いの合否、支払額の合法証明無しで、後で損害賠償金、他請求項目のどれか分、外注費、弁護士委任費、司法機関に納付した、他費用も一纏めで、損害賠償保険金で支払って居る」

一旦経理で計上した、各項目毎の、保険金が内訳なく、経費も一部入って居ますよ、と保険金が適当に支払われたって「一旦経理で計上した、各関係経費等の、保険金で賄われたであろう?不明項目の是正は不可能です、つまりこの事業用損害保険で、被保険者加害、被害者事業者問わず、争訟に巻き込まれそうだ、から掛かる、掛かった経費等を、支払いの可否全項目証明無し、経費分らしい支払有り?一括支払いだから、内訳など無いけれど」

経費等も一定額、保険金で支払われているとなれば「損害の補填保険金?でも無い収入金員ですけれど?一体どう言う根拠、証拠を持って”事業所経費も一定有るらしい?入金計上出来て、補填啓脾湯項目、補填額個々分、どうやって経理是正出来て、この不明資金?どうやって税務申告対象と計上、証明出来るんだ?”出来る訳が有りませんよね」

つまりこの事業用損害保険、保険金支払い項目、不法な資金の提供が事実と言う事でしょう「損害賠償保険金ですよ、全額が”つまり事業所の経理に計上不要、税金支払い対象外の取得保険金ですよ”と偽装で扱われて来た、不法な損保による、特定の対象への事業資金不法提供、不正資金隠匿と言う事で」

この黒い損保の資金不正提供、受領して闇資金と出来て来て居る、以外物理的に有り得ない損保、司法他共謀の犯罪資金提供、闇の利益ですも「支払い損保の経理故意に行わずと、不法な損保からの、全額損害賠償保険金ですから、経理計上不要、税務申告不要の保険金ですよ、と偽った資金受領事業所の預金履歴も、国税の不法資金の疑義、不法な税務申告、脱税の疑義調査潰しして来た司法カルト!ぐるみの損保事業資金の、法曹資格者、他特定の相手への不法提供、隠匿成功司法犯罪が有って成功して来れた、が真実と」

本気で現人神の託宣だと

  • 2024/06/09 15:03

@事業所用の損害保険の保険金支払い規定”事業所が加害者、被害者問わず、争訟、これからも含めて争いに遭遇すれば”当事者事業所が争訟で要する事業所が支出する費用、人件費等を保険金で支払う条項、支払い内容は損保次第、些少の経理知識を持って居れば、経理、税務申告手続きがを合法実施は不可能と理解します、事業所の支出の、どの項目に幾ら保険金が出たか不明な払い、つまり”損害保険金収入は経理除外、税務申告せずの不正収入、犯罪利得です、令和元年12月から国税は、脱税の疑義で口座履歴取得出来ます、この裏資金のからくりを、国税が先ず掴めば発覚する損保、司法ら共謀裏資金、闇での不法利益提供、受領司法ぐるみの古い手法ですね

                                   令和6年6月9日

回答を求める損保”この保険適用事に質問事項へ回答が必須、脱税防止
〒060-0001 札幌市中央区北1条西6丁目6-2
損保ジャパン札幌支店札幌支社 火災新種サービス課加藤、塩塚担当経由
TEL050-3798-3188,FAX011-251-5894
〒060-8579 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎
北海同財務局 理財部金融監督第一課保険担当、金融庁、財務局へも
TEL011-709-2349 この保険金支払い、裏利益と承知ですよね
〒060-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌北税務署署長 国税庁、国税局へも
TEL011-707-5111 この保険金利益、経理、税務申告計上不可
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 札幌第三合同庁舎
山本真千子札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正今の経理、徴税透明化不知
TEL011-261-9311,FAX011-222-7357
〒100-8962 東京都千代田区永田町1-1 参議院議員会館403号
浜田聡参議院議員 この保険支払い金、絶対合法経理、合法税務申告不可
TEL03-6550-0403,FAX03-6551-0403

         この保険金受領、損保、被保険者事業所は不法収益、悪質経理偽造、脱税他
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
           TEL080-6092-1989,FAX011-784-5504

〒060-0001 札幌市中央区北2条西7丁目
伊藤俊充道警本部長 各課課長、各方面警察署署長、刑事課
TEL、FAX011-251-0110
※損保ジャパン、御社の事業者用損害保険に加入の当社に調査依頼法人(も何処の加入事業者も)下記闇の経理偽造、保険金収益不法取得、隠匿、脱税他犯罪を生む訳です、事前に合法経理、合法税務申告に経理から備える必要が有ります”損保ジャパン、当社依頼法人はこれから複数、御社の事業用保険請求予定です、この請求、支払い、国税に正しく請求に対する支払根拠、支払額等の証明書を出せますか?一律不払いも違法です”依頼法人、当社は共に、過去分はあいおいに対し、昨年、今年分の争訟事件経費等の請求も行います。

1、札幌高検検事長、地検検事正、損保ジャパン、この事業所用損害保険、支払い乗降に有る、事業所が争訟に巻き込まれる予定、巻き込まれた場合”実態として、弁護士費用、司法手続きに要する納付等費用、当事者間協議で事業所が動いた経費、人件費、事務経費、交通費他全ての事業所が掛かった経費、外注した事で生じた経費”これ等を損保の独善で請求事項、支払保険金額を決めて支払う約款規定、この損害保険を適用する前に、支払い事項から細かく把握が必要です、経理知識が有れば事前の把握が出来なければ、不法利益取得、経理、税務申告偽造前提の保険金支払い用の保険金支払い条項で、実際は、特定の対象に対しての、闇利益の提供が目的でしょうね、金融庁、財務省、国税、損保上層部(司法も分かる筈、恩恵を受ける一角)は分かりますよね。

2,この事業用保険請求、事業所各経費も請求、一旦経理で支出等扱い、請求事項に対して、個別証明無く保険金支払いあり計上、外注分の保険金、支払い項目経理に記載部分毎に経理個別事項受領分で計上済み項目経理是正、税務申告事項も是正他が必要ですが、損保の支払いに合法根拠無し、受領が正しい根拠も不明の上で、上記合法経理、税務申告入金御是正は不可能の会社経理です。

3,損保の不法資金を、損保が使う弁護士に流して仕切らせる、裁判官、裁判所も与してこの不法保険金支払いを隠蔽、曖昧化する等を前提に仕組んで有り、この不法支払い金を辯護士、被保険者事業所で不法分配、一括の損害保険金支払い、弁護士用、司法機関納付用、賠償金、被保険者事業所経費、外注費一括で損害賠償保険金支払いと偽装して、事業所の経費分保険金支払い全額経理上、税務申告上計上無し、これ以外処理出来ません”この程度の経理知識も持たない辯護士、裁判官、検事故”保険金支払いに付いても、不法も理解不可能故不払い、支払いに関する正しく詳細な判決等無し、不正経理、不法な保険金利益隠匿、脱税が常以外無いです。

4、損保ジャパン、札幌高検検事長、地検検事正「この事業所に支払われる争訟(全ての争い、争いを起こす予定も入る、事業所経費も保険金支払い条項)に被保険者事業所が掛けた費用、従業員の労働費、交通費、事務用経費等々、代表を含めた取締役が動いて要した各経費等等、外注に出して要した経費の保険金支払い請求、損保が独善で支払う内訳を、詳細条項、法の裏付け無しで支払い”当然ですが、例によって裁判官も、経理も税務申告も何も知らない故”理由不明で判決を下す保険金支払い条項、支払いです、経理の知識も持たない法曹資格者ですから、事業所の経理偽造、脱税以外処理不可、も理解しない訳です。

5,事業所契約損害保険で、一旦これらの事業所が拠出した、争訟で生じた経費等は、事業所の経理に計上される事業用経費です”その後、損害保険に経費、外注費支払い請求して、損保が何の合法根拠も示さず、どの請求事項に付いて、何故支払う、不払いと決めたか、どの項目に、幾ら保険金を支払ったのか”何も示せず損害賠償分、弁護士用支出分、司法機関拠出等分、被保険者事業所請求分、外注費分纏めて損害賠償保険金で保険金を支払うからくりとして有り、全額損害賠償保険金、拠って経理、税務申告不要の賠償穴埋め金、で不正扱い以外出来ません。

6、事業所で一端経理上計上した各経費、従業員の給与、残業手当、取締役が要した経費、事業所経費、交通費、外注費等に関して”後で保険金で補填しました、補填内訳不明、補填事項と支払金額不明”ですから、一旦経理に計上済み各経費、人件費等に付いて、補填された、と経理是正は不可能で、当然税務申告該当計上も不可能です。

7,税理士事務所の職員が、交通事故で一部休業して、休業損害が生じて、休業損害証明書を作成して損保側に渡して、後日損保側から休業損害金が支払われても”雇用事業者が、職員の給料から休業損害分を差し引いて、損保側から出る休業損害で、職員現額分補填処理だと、社会保険、年金保険料、年金受給額に跳ね返りますから、この処理は実質出来ませんし、この処理を事業所で行うと、物凄い煩雑な経理是正が生じます、将来の年金額減額分の補填問題、損害賠償対象損害金問題も生じます、実例による記載です。

8、つまりこの”争訟に今後巻き込まれる?巻き込まれて被保険者事業所が要した各経費等の、保険金での支払い条項、実際に昔から支払われて来たと、損保が認めるこの保険金支払い条項、支払われた保険金は、闇の利益で損害賠償の補填、補償金と扱われ、経理、税務申告から除外される、闇利益と言う事です。

9、この闇利益常時成功制度は「下記犯罪利益隠匿、犯罪利益没収、徴税逃れ司法犯罪が裏で存在した故成功して来ました”こう言った不法な損害保険金支払いの金は、被保険者事業所が、犯罪利益用に別口座を作って損保が振り込み”この犯罪利益に国税が気付いても、司法が該当預金履歴取得妨害を常とさせて、各令状発行拒否で成功させて来たからくりですが、下記この犯罪利得隠匿、脱税制度破綻の仕組みに変わっており、この損害保険金不法取得、隠匿、脱税等のからくりを、下記犯罪同様国税が掴めば、被保険者、損保の預金履歴を調べれば判明する闇利益、脱税資金で、半世紀単位も昔に、損保、行政、司法らで仕組んで成功させて来れた、損保資金、保険金名目資金を使った犯罪利益、脱税のからくり、法人契約者への不法割り戻しや、特定の対象への、損保の事業資金不法提供の仕組みでしょうね」

10,令和元年12月以前まで”司法犯罪制度の一端で、他者の預金窃盗制度、他者の、遺産となったも含む預金通帳、印鑑、キャッシュカード、暗証番号を不正取得出来れば、この預金を詐取、窃盗、横領に成功した分、犯罪者が没収されず、徴税されず全額自己利益と出来た、民間、士資格者とも司法犯罪制度が強制適用されていた、弁護士用としてが最初での他者の財産、預金犯罪収奪司法他犯罪、後見人就任辯護士は、後見財産、後見人預金、相続人代理人就任弁護士は、相続遺産預金通帳、印鑑、キャッシュカード、暗証番号を代理人弁護士が手に入れて、これ等預金横領、詐取、窃盗し放題。

11、犯罪が成功した先は「奪われた預金は金融機関の金、預金者被害では無い、金融機関は被害届け出せず、犯行ビデオ等も隠蔽する、検事検察庁、裁判官裁判所も、弁護士用の犯罪で有り、捜索令状等を発行拒否、事業所の預金口座も同じ、犯罪を証明出来る上記証拠、該当預金口座履歴等、一切証拠提出、取得させずで成功させて来た、令和元年11月までこの司法ぐるみ犯罪で成功させて来た」この事実が前提で有り、事業所用の争訟全てに係る各経費等保険金で支払う、不法利益、闇に隠匿利益制度が成功した訳です。

12、ですが「令和元年12月から、当社、私のこの司法犯罪潰しの公道が実を結んだ事も大きく”国税庁は、犯罪資金の疑い、脱税の嫌疑が有れば、一定の根拠を持てば、該当の金融機関は、該当する預金口座履歴10年分を、無条件で国税、税務署に出す責任を負うと、仕組みが激変しました(この合法化により金融機関、司法は、預金が奪われると、口座名義人が被害者と変えて口を拭って居ます)この預金履歴取得を国税が、脱税の嫌疑、犯罪収益隠匿の嫌疑によって、該当預金口座、個人、法人預金口座履歴10年分取得が容易に出来る、司法が犯罪隠蔽目的で、令状発行拒否妨害されず、も無くなって、疑義が有る預金口座履歴10年分取得が出来るように、犯罪利得隠匿、脱税用口座履歴を取得、立証立件出来るように変わって居ます、又相続人も、遺産預金口座履歴10年分を、相続権者証明で取得出来るように変わった、遺産預金横領制度も、代理人士資格者の犯行は、令和2年2月18日、瀬川行政書士江別署刑事二課、市原警部補扱いで逮捕から始まって犯罪扱いに変更、大半の同様士資格者犯罪は、司法が職権濫用で闇に葬った。

13,令和4~5年、函館の医師の犯行、実父の預金窃盗、詐取、死亡診断書偽造も含む、故意に刑法第160条不適用、司法犯罪の重大な武器、公務所用医証偽造制度破壊が生じる故、この事件から、相続人による遺産財産、遺産預金も背等、横領、詐欺で訴追して、犯罪扱いに変わった、なお「これ以前、相続遺産財産、遺産預金横領、窃盗、詐取を証明して捜査機関、司法に訴えれば”司法犯罪なので、訴えた側を司法が捜査機関を指揮して、冤罪粛清に走る事が常だった、辯護士、司法書士用の犯罪利得強奪制度故”この司法犯罪も暴いて糾弾した事を逆恨みした司法、数度こちらも冤罪粛清の罠を、司法権力を悪用した冤罪の罠です」

14、最近の司法犯罪、民亊の犯罪訴訟、判決に拠っての当方冤罪粛清狙い裁判、札幌地裁平成31年(ワ)第151号、妻の両親の預金窃盗、妻の上の兄姉、共謀札幌弁護士会、所属弁護士、裁判所、裁判官(検事、検察庁も結託で)家族らが窃盗、辯護士、裁判所も共謀加担他を私が立証、これに対する札幌の司法(遺産資金、遺産預金泥棒も司法、弁護士用犯罪故逆上して)青森、道警本部らの逆恨み冤罪粛清狙い事件、令和4年(ワ)第1930,1931,1932号民事裁判、東京海上日動が不法に資金拠出、共謀弁護士、山本昌×等に不法資金提供、裁判所へも不法提供、詐欺冤罪の罠を企んだ他、札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、あいおいと司法が共謀、損害賠償、賠償保険金詐欺冤罪を企んだ犯罪裁判、狙いは私の冤罪用訴訟経緯、判決、他多数「今度は事業所用損害保険の上記犯罪立証、この損保資金犯罪提供、闇利益取得潰しの逆恨みが降って来る事は、容易に予想出来ます、直接物理的に抹殺の恐れも、過去の実例複数が有り」                       

正しい事実を直接確認もせず、現人神狂信民衆国家故の法曹狂信

  • 2024/06/09 09:16

本当にいくばくかだけの「事業所の経理の基本知識を持って居れば”損保から払われる事になって居る、事業所用の損害保険の契約、支払いしますよ、約款規定事項を読んで考えれば”被保険者となると、加害者でも被害者でも構わず」

(1)正しい合法無しで、記載も無しで”弁護士委任費用から損保が拠出する”おいおいですよね、この弁護士費用の拠出、事業者用の損害保険支払い規定に、記載自体無くて拠出して居ると言う、で”金を出す損保が飼っている弁護士で、損保の指揮通り以外弁護活動偽装は認めない!設定です。

(2)被保険者と認められる条件は”争訟に巻き込まれたら被保険者”と言う、ほぼ無条件での設定が根本です”XXを訴える積りだ”これで被保険者となる約款、契約規定です、で”損保が特別背任で弁護士委任費他を拠出して、損保が被保険者が委任と偽り、指定した弁護士から白紙委任状、依頼者と弁護士が面会して、合法を確認して委任、受任偽装で損保の言うがまま、被保険者が弁護士を委任したと偽装、被保険者の意向による訴え共偽装して、司法機関、裁判官、検事も確信犯罪で通すからくりです、司法犯罪の極みです。

(3)で”事業所用の約款の規定では、訴訟、刑事も民事も、調停、協議、争訟全てに付いて、被保険者法人が拠出する費用も保険金で支払らわれる規定です”従業員の給料の保険、争いに絡んで動く費用も何でも保険で支払いされます。

(4)で”これ等の保険金と、損害を補う保険金等一式、法の規定を遵守すれば、被保険者事業所が纏めて、徴税対象外の損害保険金!”と扱われて支払いされる仕組みです、帳簿処理、税務申告対象の保険金支払い事項が幾つも有る上での、損害賠償保険金の支払いで、事業所の経理に計上せず、税務申告も不要の保険金ですよ!ここまでの犯罪支払い、帳簿偽造、複合脱税支払いです。

(5)後は事件に係る各調査、事実立証費用、合法を証明する経費などを外注依頼すれば、この外注費用も”被保険者が纏めて、帳簿記載不要、税務申告不要資金ですよ!”と振り込まれて受け取り、帳簿への記載不要、税務申告も不要の闇利益です!と扱えている訳です、司法犯罪制度、損保事業資金不法に闇で、の実例の一端の証明です、司法ぐるみの極悪犯罪事実証明の一端です

損保が指揮、司法犯罪賠償にも合法根拠は無い

  • 2024/06/09 08:54

損害保険金=無税扱いです(* ´艸`)クスクス!!!!ここが付け目立った、損保が集め続ける資金を『合法破壊を司法カルトが頂点で実現し捲り!損保の事業資金犯罪者同士で闇でやり取り、合法による保険金支払い叩き潰しとセット」

損保の経理は『合法経理の事業としたなら”犯罪で構成の事業、合法を持った保険金支払い叩き潰し、司法カルトがでっち上げた判例?で犯罪によって不払い、損害保険金詐欺冤罪捏造も仕組んで有る”この司法テロを武器として有り」

損保が集め続ける資金は「闇で山分けし放題!損保の経理は合法不要経理、と仕組んで有るからね、で”合法による保険金支払いも、司法テロで叩き潰し放題を通している通り、不払いに合法根拠も合法理論も何も無しで、司法テロ判決、決定を出鱈目に下すと不払いが正当となると言う”合法な損保事業経理、これを無効化して有る故、こんなテロ事業、詐欺事業がまかり通って居ると言う、この闇事業資金を狙う司法カルトも、犯罪正当化、詐欺冤罪捏造で詐欺とでっち上げ判決も!」

これらを日々、只のテロ犯罪で凶行し捲って居ます「で”法人用損害保険、保険金支払い乗降規定、約款規定ですが、まあ犯罪の数々が凄まじいと言う現実も、次々公表済みの通りです”弁護士委任費用、弁護士法違反、特別背任で資金抜きとって提供!この現実を証明して指弾した事で」

国税が税務調査実施、とようやく合法税務調査実施!が損保の事業にも行うように変わった事で「特別背任で事業資金を抜いて、弁護士法違反、不法資金提供、受領、経理偽造、脱税!犯罪者、犯罪損保が、損保の指示通り、損保の加入社、被保険者(加害者、被害者とも)と損害賠償で争う相手方、この他の当事者間の争訟事件に、損保、共謀犯罪辯護士、結託する司法機関、裁判官、検事が不法介入、犯罪介入、犯罪攻撃を共謀実行!」

ここまでの公開済み犯罪も、法律無効化司法テロ!で正当化して押し通せる訳でも無くなり続けていますし「様々な損保拠出、提供資金に付いての”帳簿の正しい計上、税務に関する正しい扱い、納税申告手続き、納税の合否に付いて”等等、多数の闇の犯罪事業事実が現出し続けて居るんです”」

無知無能な損保の職員が、実に知識豊富で優秀となって居る、あまりにも法曹資格者、法務省役人らの頭の中身が空白過ぎる故、比較によるこの事実です。

損保が払って居る”普通に考えれば損害賠償保険金支払い、損害の補填金受領”と言う設定だから、税務申告不要の資金、の筈ですが”多種不法な資金提供、不法な事業資金の扱いが真実の事業事実です、司法ぐるみのテロ事実と。

虚偽の設定、法曹資格者が託宣を下せば絶対合法の答え、カルト宗教と同じ嘘

  • 2024/06/09 08:34

刑事も民事司法手続きの経緯、主張と証拠、これ等を軸に据えた、正しい各々事項への法律の正しい適用の可否、合法な事件構成か否かへの、法律を土台に据えた上での、法律根拠を正しく添えた合否回答、これ等がほぼ無い!これが現人神と虚偽設定で構成、刑事、民事司法手続きの真実です。

ほぼ何も、何の事件なのかから理解不可能「行って見れば”何の基本の必要知識、必要な正しい法律理論、理論構成、事件の構成が合法か間違いかの正しく法を持った理論構成”ここから合否を正しく立証して、その上で各々が証拠を出す、証拠、事実と言う事項に法を備えた理論構成を展開する」

で「上記を正しく証明、理論構成して有る上で”破綻して居ない決定、判決を託宣する”当然、この託宣に付いての、100%合法と証明出来る根拠、裏付けが備わって居る必要が有るんですが」

まあ「根本が何も備わってすらいない、法曹資格者、カルト現人神連中だから”こんな正しい理論構成、合法の正しい立証と、破綻しない決定、判決等下せる道理が有りません”そもそも彼ら法曹資格者、事件をでっち上げた輩、でっち上げ、出鱈目とも理解以前もざらですが、に追従する無知無能の法曹資格者だから」

合法等元々「ほぼ何も正しい事が理解不可能同士、の真実が前提ですからね”オカルトごっこが実態なので、こんな出鱈目な司法手続きごっこへの、現人神設定だけで真実は、の法曹資格者の決定、判決ですからね”合憲、合法を正しく備えている訳が有りません」

こいつ何も正しい事も理解出来ないで、とんでも決定、判決を下したように装っただけだな、と「普通の知識、思考、判断能力を持って居れば理解出来ますけれど”何も分からないカルト同士の司法手続きごっこ”の決定、判決に、合法を100%備えて居る等有る訳が有りません」

当事者間で資金をやり取り、の事件に関してだと「資金提供、受領が合法である立証、やり取りした資金に付いて、徴税の可否の答えを正しく出せる必要が有る、何も現実も理解以前、法曹資格者連中のこの実態なのです、双方で資金をやり取りした事件、やり取りする約束が果たされない事件共、カルト連中の争いごっこ、決定、判決等出鱈目に決まって居ます」

あのあんざい一家に対する”全能の一家、神童、超絶優秀な一家”デマ喧伝と基本が、と言うのが実際。

損保の下僕が真実、司法犯罪の実態

  • 2024/06/09 08:14

アディーレ法律事務所が破綻後「所属して居る弁護士連中は”たかが弁護士用に法律規定破壊を武器で駆使して、只でっち上げただけの過払い金返還要求手続”ですら出来ない程度だったから、アディーレを実際操って居る、元武富士札幌支店長が広告代理店を立ち上げて、元サラ金に勤務していた女性達をオペレーター名目で雇用して」

武富士元札幌支店長が社長の広告代理店が、元サラ金医いた女性達に「過払い金返還業務の受付、実務を担わせて、彼の広告代理店は”アディーレ法律事務所の過払い金返還広告をアディーレから受注した体を取り、アディーレに入る資金、過払い返還金を支配して、7割位でしたか?抜いて、元サラ金勤務オペレーターたちの給料も支払って居たと言う”」

で「アディーレ所属の無能弁護士連中は”無能な自分達を名前だけで雇い、何の役にも立たない彼らが、この社長を天Ⅹのように、目先の金の為上げ捲り、諂い、隷属して”月収数百万円を得て豪遊してだけ居たが」

無能故「過払い金返還手続きすら覚えられもせずで、有んな“弁護士に金を渡す目的ででっち上げただけ、原資は血税と言う詐欺手続き”すら覚えられない頭の程度、頭痛がしますよね、でアディーレは破綻、司法犯罪の最大規模実例を、司法、政治、行政、報道カルトが隠蔽して闇に葬った事件です」

過払い金返還手続き如き「簡単に言うと”貸金業協会に、過払い金返還請求予定の債務者?が、概算の過払い金返還相手のノンバンク、返還を求める債務?が生じた時期?等を伝えれば”貸金業の協会で、親切に調べて必要情報他を返答してくれると言う、うましかで出来る?程度まで落として有る代物ですよね」

これが法曹資格者、辯護士、検事、裁判官の実際の程度ですから”損保の下僕で損保の指揮通り、犯罪で構成賠償論!”の現実も”当事者間で金が移動するのだから、当然移動する、金を提供する側、受領する側双方が、この金に付いて合法な資金移動、合法な税務処理を果たせている資金移動”との立証が必須なのですが。

損保が指揮、下僕、木偶法曹権力が「現人神との虚偽設定で、神として託宣を下すと正しい答えとなるごっこ!にこれ等に付いても、何の合法も備わって居ないと言う惨状が真実です、何も分かる事が、実際には無いに等しい法曹カルト故の結果です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508747
ユニークアクセス:6660001
今日
ページビュー:287
ユニークアクセス:287
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed