エントリー

2024年06月10日の記事は以下のとおりです。

工事保険、保険金支払い条項を知悉させるべき、物凄く得する保険です

  • 2024/06/10 08:37

事業用損害保険、基本の約款規定と実務は「被保険者事業所は”兎に角争訟に遭遇しそうだ?遭遇した、遭遇させる事件を起こした、どれでも工事保険が適用となって、工事保険から次の保険金が支払われています、実務も含めた告知です」

;争訟全て、加害者、被害者問わず”弁護士費用、司法手続き、刑事、民事手続き、法廷外費用が支払われます”やり放題して、これ等費用も保険金で賄えるんです(* ´艸`)クスクス

;争訟に巻き込まれるかも?巻き込まれてしまった、起こしてしまった、全てに付いて、被保険者事業所で要する費用が保険で賄われます、職員の人件費も、役員の報酬は?他交通費、事務経費等等が保険金で支払われます。

;争訟に巻き込まれるかも?巻き込まれた、惹き起した事で、必要事項に付いて、外注した経費も保険金で賄われるん、加害者でも同じく保険で賄われる訳です、やり放題だな(;´Д`)

;争いが起きる、損害が生じる恐れがある場合の対策費や、起きた争訟、被害発生事件に付いて、被害が広がらない為の対策費用も、保険金で賄われるんですよ。

ほぼ何でも、この条件を満たしたと申告すれば”工事保険金支払いに合致すると言う、万能の工事保険、支払う条件となって居ます”物凄い適当な支払い条件ですし、不法行為、犯罪に属する行為でも、どっちも変わらず弁護士委任費、司法手続き費用、被保険者事業所で要した費用全般、外注した関係事項費用も出ます。

逆にこの工事保険、事業所用損害保険全般「どう言う場合に”事業所で要した経費、外注費、弁護士委任費、司法手続き費が出ないんだ?”と突っ込むべきですよね?何でも保険金支払いの対象で、弁護士委任費、司法手続き刑事、民事費用の何もかもが、保険で賄われますよ、事業所用損害保険、工事保険と言う」

この事業所用損害保険「どう考えても”加入事業者、大手事業者との間で、不法に保険金名目で損保から資金を流す目論見”の損害保険契約、保険金支払い契約、条件と思えば納得出来ます、特定の加入事業所、法曹権力等への、不法な保険金名目での資金提供用”の損害保険でしょう?」

とても有り難い工事保険、支払い規定

  • 2024/06/10 08:16

今日隣地の新築に関して、アイワ不動産、センチュリー21に書いた文書の記載「いやあ、工事保険って物凄く有難い支払い条項になって居たんだと、これを知ってとても嬉しいですよ」

兎に角「争訟に関わりそうだ、関わると思う、加害者、被害者どっちでも関わる事となった、これで関係する事業所で要した、人件費も含めた費用が山のような項目、弁護士費用も刑事、民事司法手続き費用も、法廷外の相手方との協議、折衝等の費用も、どれも保険で支払われると言う契約ですからね」

この保険金支払い条件、これは駄目だ、と言う項目が特に有りません「感覚的な?保険金支払い条項となって居ます、損保との協議って?そんな保険金支払いの可否契約条項、保険商品として大丈夫なのだろうか?」

まあでも「ここまでの工事保険の支払い条項、条件も、証拠も手に入って分かったから、隣地で新築施工する場合も”既に争訟が大事で起きている訳で”次の工事も事前の、争訟勃発が強く想定出来ますから”しかも、近隣も、只の言い掛かりを持って、公式に巻き込んで起きて居るしね”損保、司法カルトが共謀して」

争訟に遭遇するかも?これで被保険者の事業所は「以後の争い事に関わって事業所で支出した、あらゆる経費等、弁護士委任費も、刑事、民事司法手続き費用も含めて、何でも保険で賄われる訳です、外注費も何もかもが」

こんな良い損害保険、支払い条項を知って居れば「幾ら争訟に巻き込まれても、起こしても(;´Д`)事業所は出費がほぼ不要で、加害者で有等と弁護士委任費、刑事、民事司法手続き費、法廷外交渉費、交渉を纏めるに際して掛かった費用等、ほぼ保険から支払われる訳ですからね、とても気楽になりました」

こんな良い損害保険、保険金支払い条項、ほぼ誰も知りませんでしたよね、広く世間の事業所が知悉してりゃ”債権債務不払い、支払額で揉めたも何も、詐欺取引だのも何もかも、会社経費、弁護士委任費、刑事、民事手続き費用等が保険金で賄われると言う事でしょう”物凄く喜ばれている筈ですよね?ゼネコン、サブコン等にこの工事保険加入させて、闇で金を流していた?と?

近況

  • 2024/06/10 07:03

@札幌市東区伏古2条4丁目×番×号、住宅地に係る現在の状況他、新築施工で不要な事件勃発防止の為の情報提供

                                  令和6年6月10日

〒066-0621 千歳市東郊1-5-3
センチュリー21 アイワ不動産 御中
TEL0123-23-3959
FAX0123-23-4997

                伏古2条4丁目8番13号住宅地関連、重要な近況他伝達社
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                 取締役 山本弘明
                           TEL080-6092-1989
                           FAX011-784-5504

1、札幌市東区伏古2条4丁目×番×号住宅地での新築施工実施に係る、現在の複数の事情、状況をお知らせ致します。

(1)あいおいニッセイ同和損保が弁護士、裁判官と組み、被保険者工事業者を、犯罪による損壊は虚偽との事前虚偽設定証拠を捏造させて”当事者間示談締結、示談金既払い中(分割支払い)も虚偽、あいおい相手の損害保険金詐欺事件”と、札幌地裁令和5年(ワ)第2173号民事裁判、原告あいおい、被告、被保険者工事業者を訴えて、あいおい、辯護士、裁判官が闇談合で、示談虚偽、既払い示談金も嘘、詐欺行為、詐欺利益の分け前と言った言葉を裁判官が発した、今年1月17日口頭弁論時、捏造甲号証は出ておらず、あいおい、辯護士、裁判官が闇で甲号証を使い、詐欺事件捏造を企んで有った、裁判官は得意げに被告に対して「被告敗訴判決を出す、示談書、示談金は虚偽と書面で認めるよな?払った金を取り返すよな?等迫った事実も有る通り」等他証拠に拠ります、これが先ず前提の事実で。

(2)この犯罪で、事前設定通りに捏造しただけの甲号証は、刑法犯罪を重ねて捏造等で刑事事件で扱われる等、公文書でも原告側の「合法を示した公文書、法律規定全て否認、争う等主張”に走って、これ等を裁判官が、正しいと通して”判決文には、捏造証拠対象外の、当家他数軒の隣接住宅?多分、特定せずの判決で、他の住宅も損壊は無い”とまで、合法根拠無しの上で判決を下して居ます”この判決文の記載により、近隣住宅も、公に広範囲に巻き込んだ訳です」

(3)伏古2条4丁目×番×号、住宅解体工事に際しては「工事業者と当社は、各々発注者から発注を受けています、当社は公道の安全対策、当家への工事損壊の調査等を請け負いました、なお、工事業者(あいおいに陥れられて損保ジャパンに切り替え)当社は共に、あいおいニッセイ同和の建設工事損害保険に加入して居ます。

(4)今年2月中旬、当社の作業場が、不動産侵奪、器物損壊、窃盗等を企んだ複数の事業者等に主劇され、複数の物理的、金銭的被害が発生した事で刑事事件扱いとして有り、最近当社が”建設工事保険が適用となる、加害者小野工業小野なる人物が当社にぶつけた言葉”を鑑みて、約款を調べて、この工事保険が適用となる(但しきちんと刑事事件で扱われている、加害者が誰か、等あいおいに告知して)と理解して、事件経緯を書面であいおいに伝えて、工事保険請求書を送って頂き、請求手続きを取りました。

(5)この工事保険金請求書類の中に”事業所用約款、統一約款の規定より数多く、加害者、被害者問わず被保険者事業者は、争訟に巻き込まれそうだ、巻き込まれた場合、あらゆる事業所関連経費等も保険金が下りる、司法手続き関連費用(記載は無いが弁護士委任費も出る、民亊、刑事手続き等全ての費用が出るとの事)外注調査等費用も下りる、被害防止対策費、被害拡大対策費も保険金が下りる”との記載を見出しました。

(6)つまり”あいおいニッセイ同和損保は、札幌地裁令和5年(ワ)第2173号事件に関して先ず、被告とした被保険者工事業者、補助参加している当社に対しても、争訟に巻き込んだ事ははっきりしており、あらゆる会社で出費等した経費の支払い責任を負っていた、被告法人も当社も、あいおいにこれら事業所経費等を請求して、保険金を受け取れる、範囲は無限と言える”と理解出来た訳で、今これら法人経費の請求の段取りも取って居ます。

2、これ等工事保険約款、契約規定を正しく理解出来ましたので「工事に起因して被害が生じる恐れがある場合の対策等費用も出る、損保ジャパン顧問、佐藤俊彦弁護士と損保ジャパンも答えている事実も有りますので”伏古2条4丁目×番×号宅地に置いて、住宅新築施工が開始したなら”当社は8眼×号建物に加え、近隣建物所有者にも当社が被害対策等を請け負います、と声を掛けて、出来るだけ多くの住宅所有者さんの依頼を受ける積りでおります、同じい掛り被害を防ぐ為です、費用はあいおい工事保険から、後日出るので」

3、又”当社の長年の働き掛けもあり、別紙の通り道路使用許可条件もどんどん厳しい条件となって居ます”下段には、道路使用許可を取得した後、近隣等への事前連絡を取る事、との記載も有りますし、当社が道路管理者、札幌市道路管理課等に働き掛けて、公道を使う土木建設民間工事実施、新築施工で確認申請が出た、解体工事でリサイクル届け出が出た場合、建築主事、安全推進から即座に道路管理課に情報を提供して、公道使用民間工事実施の前に、公道損壊被害に備えた道路管理者、工事業者元請けとの現地協議等も、元請け、施主が公道損壊責任から逃げて、税金で修理も多数を防止の為、この制度化を求めて有ります。

4、又”複数公文書も取得、国土交通省告示第1347号、地耐力を満たした施工規定に係る公文書他も取得済み”ですが、現行の支持杭施工、地耐力数値を満たして有る、との設定は、民間検査機関、建築主事、ハウスメーカー設計に確認して”全く告示による地耐力数値を満たして居ない施工で通って居る、この事実も確認済みです。

5、この地域一帯の、一応告示を満たした支持杭の施工に付いて、支持杭施工場所毎に支持層の深さはメートル単位で異なりますが”大体15メートル付近まで支持杭を打つ必要が有ります”現行行われている、支持杭長さ8メートル以内の打ち込み(途中の一定の支持層で、今は止めるようですが)に付いて、告示規定地耐力は満たせません、途中に一定の支持層が有ります(今はここで止めるとの事、近隣で施工中の、ハウスメーカー新築現場においての答え)が、告示の規定地耐力は満たせて居ません、又8番13号地域は、公道幅4メートルなので、支持杭二本等の打設重機は入って来れません、幅8メートル以上ある道路に、幅5メートル以上の接道、これがトレーラーが入れる条件です。

6、これ等が今の近況、現実です”建設工事保険で上記争訟に関わった場合の、あらゆる法人が拠出させられる費用が、建設工事保険で保険金が下りる”この契約条項を知った事で、争いに巻き込まれる要因が有る、巻き込まれた場合、事前対策等がとても楽になりました。

7、伏古2条4丁目×番×号住宅地で新築施工するに当たり、不要な事件、争いに遭遇する前提を持ち、隣家等工事で損壊は嘘、賠償金詐欺で有る等の言い掛かり、近隣も広く巻き込んだ、偽造捏造、でっち上げ証拠作りまでしての冤罪事件、司法ぐるみ冤罪勃発も既に起きており”今後の事前対策、事件に遭遇させられた後の対策共、損害保険で経費等が出ると分かり、弁護士費用、刑事、民事司法手続き費用も出るとの事で、とても楽になって居ます、これ等を伝えて置きます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508880
ユニークアクセス:6660134
今日
ページビュー:420
ユニークアクセス:420
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed