エントリー

2024年06月11日の記事は以下のとおりです。

完全な犯罪商品

  • 2024/06/11 18:19

@事業者用、建設工事損害保険商品、犯罪収益移転防止法違反が科せられる商品です、この保険、加入被保険者をXXXXXXXX、XXⅩ法いしても居ます、現在進行形、XXXXXXXも記載。
@隣地での新築施工、確認済み証明、検査済み証明偽造、偽造証明書を悪用して不正融資でしか新築施工、融資受け出来ません、施主、施工会社、設計士、融資金融機関、建築主事全て刑事罰適用となります。

                                  令和6年6月11日

この二件、国の責任において調査、是正、処分等を求める相手一部
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 札幌第三合同庁舎
山本真千子札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正
TEL011-261-9311,FAX011-222-7357
※山本昌城、東京海上日動、札幌の司法共謀同様犯罪他権力悪用隠蔽継続
〒060-0001 札幌市中央区北2条西7丁目
伊藤俊充道警本部長、各捜査課長 犯罪収益移転防止法も司法共々蹂躙
TEL,FAX011-251-0110 刑法適用は多様な実務法律知識が
〒060-8579 札幌市北区北8条西2丁目 札幌合同庁舎
北海同財務局理財部金融監督第一課保険担当 松下調査官、財務省、金融庁
TEL011-709-2349 金融庁、財務省、二例とも御庁責任
〒060-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌北税務署署長 札幌国税局、国税庁
TEL011-707-5111犯罪収益移転防止法が適用、経理の初歩です
〒100-8962 東京都千代田区永田町1-1 参議院議員会館403号
浜田聡参議院議員 争訟関係事業所で要した経費、人件費他、損害賠償外
TEL03-6550-0403,FAX03-6551-0403
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市役所 建築確認課、主事、安全推進、土木建築、道路管理、市街地復旧
危機管理、土木センター、振動・騒音・大気汚染、市税事務所
TEL011-211-2867,FAX011-211-2823

            この事業用保険、建設工事保険、当社も他の被保険者で経費等不払い
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
           TEL080-6092-1989、FAX011-784-5504

※札幌市各部署”公道不法使用による損壊被害補償”への事前の備えも、損害保険金詐欺に巻き込まれる強い危険も鑑みて、早急に対策を取るべきです、新築施工に於いて、偽造の確認済み、検査済み証明を発行、融資詐欺に加担も止めるべき”日本中に今後波及する二の権力犯罪を下記説明。

1、事業用損害保険、建設工事保険、争訟に係る、起こす予定から損害保険金が、事業所の各経費、従業員人件費、弁護士委任費、司法機関手続き費用等が”被保険者によってXXX、XXいが異なる、XXXXの支払い合否権限、事前承認の有無で支払いの可否が決まる”なお、事前に支払うか否か損保にXXXXXXXXX、訴え提起、XX用行為に見舞われる、当社、当社に調査以来事業者とも、この損害保険請求者(当社、依頼者はあいおい相手、依頼者はXXXXXXにも複数請求実施)ですが、諸経費等支払い等告知等せず、事実も証明済みです、合法な損害保険事業、XXによる損害賠償保険金支払いの可否では全く有りません。

2、当社は複数の保険金受領対象事件当事者で、一件はあいおいに請求済みの通りですが「争訟に巻き込まれての被害金請求実施ですが、何らの当社発生経費等の支払い告知等無いままです」

3、XXXXXXXXしている法人は、ご承知の通り「あいおいへの一件の請求に付いて”あいおいと司法らは、犯罪を駆使した捏造証拠でっち上げ、この手で不払い画策を用いて、被保険者を民事で訴え提起ですが、争訟に巻き込んで置きながら、経費、弁護士委任、司法手続き経費用、職員人件費、法廷外交渉に要した経費等、契約違反で一円も支払い告知から無い”事実通り」

4、XXXXXXXXXさん、現在はXXXXXXXXXXXXXで、現在XXXXXXXXXXXXXXXX課にXXXXXXX実施済み、この事実の上で当社は一昨日、xxxxxxxxxxxxx課、XXXXに対して”、次の当然の問いを発した。

XXー調査依頼者、XXXXXXXXXは、XXXXXXXXXXX、各会社経費等の請求を行うのに、御社にXXXXXXXX係る、経費他保険金支払い願うと伝えれば良いか判然としない、どの時点でXXXXXXXXXXえれば良いのか?XX等はどの分に付いて、どう言う根拠で損害のXXXXXXXいとされるのか?経費等は損害の補填XXXXXXXXXしないが?XX支払い、XXな資金受領では無いのか?事業所の経費、人件費、弁護士費用、司法手続き等費用等損害金にXXせず、保険金XXXXでも無く、国税ヵら不当利得と問われるから、合法回答を出すように願う、他を問いました。

XXXX-全てXX毎で
XXXXXXX~~
XXXXXXX~~
XXXXXXX~~。

5、この後XXXXXXXXXX~~
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX~~~

XXXXXXーXXXXXXXXXX~~
XXXXXXXXXXXXXXXXX~~
XXXXXXXXXXXXXXXXXX

6、れっきとした、公共性を旨とするXXXXによるXXXXです「保険約款の支払い規定通り”争訟に関わった時点で保険金支払い対象、損保に連絡して、損保の意思で経費他支払いの可否決定”に沿った手続きをXXして、経費等XXXX、XXXXXXとも、被保険者のXX(あいおいはXXが被保険者)XX社(XXXXXXにXXXX済み)に対し、上記の通り、争訟に関わって居るが、事業所の経費他、XXXXXXXXXXXXXXXXXXXている通り、司法も共謀でです」

7、この保険商品、支払い約款規定「昔に契約内容、支払い条項等全て隠匿して”大手任侠団体等に資金提供資金元、大口加入顧客への割戻など不法支払いを果たす目論見の商品”これが事業所用の損害保険、任意自動車保険、法人契約の現実でした、平成16年から大手を中心に、各損保部長クラス、所長、支店長クラスのキャリアから教えて頂き、公表済みです、この時の名残の保険金支払い特約条項で、任意損害保険、任意自動車保険共、不法な弁護士委任費等も非弁行為で拠出、被保険者委任を偽って刑事、民事共損保、共謀弁護士、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所共々、これ等不法資金で不法な司法手続き他実践」

※平成16年10月でしたか?東京海上が日動火災と合併時”日動火災は任侠組織組長を数十年、年間二億円上納して、正社員で雇用して来て、定年後は代理店を設立と偽装して、その後も年二億円上納”が発覚と、大阪の小さな地方紙だけ報道、大手報道機関は握り潰した事件も有ります。

8,つまり「当社や依頼事業者程度の契約事業者には”経費等し払う対象では無い”損保、司法が結託して、被保険者が加害者の場合、被害者を不法手段で陥れるのであれば、不法に弁護士委任費、司法手続き他費用、損保が当事者、表向き被保険者と偽装で被害者不当追い込み限定で出すが、と言う事が、上記不払い複数、請求自体させず事実で証明済みの通り」

9、当社はXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX~~~~~、
これ等を別々に請求する、保険金支払い、保険金受領の透明性確保、経費等は税務署、国税(損保は金融庁、財務省、司法機関も調査すべき)が審査故、の手続きを正しく実施すべき”この経費他を、損害賠償保険金と偽る支払いは、不法な支払い、不法利益に該当故、摘発対象となるから、正しく個別請求、支払いの可否を損保は正しく個別回答が、合法費用、経理処理には必要故答えを求める、と言って居るのですが、不法な支払い不法な受領故答えられず居なおって脅しも?」

10、記載先、土木建設公共事業請負契約書の請負資格条件位は”自賠責保険、任意自動車保険8,000万円以上に加入が必要”これが統一請負契約書の公共工事請負条件でしたよね、土木建設公共工事で事故が起きれば、偽装交通事故でっち上げ、自賠責、任意自動車保険金詐欺実施”が全国統一でした「工事保険は”特定の対象に保険金名目で資金提供用が主体、分母が小さいので、正しく工事事故で支払えばあっと言う間に破綻”故、工事事故はほぼ自賠責、任意自動車保険対人、対物で支払いです、各損保上層部、公共事業発注役人ら統一回答、今は工事保険も、この犯罪を大分潰せたので加入規模が大きくなり、一定正しい範囲の支払いも果たせて来て居ると言う事、で、闇の契約支払い条項がそのままだったと言う」この事実も有り、故意に調査、捜査せず握り潰しと言う現実。

11,札幌市建築主事、財務省、金融庁、財務局ら「当社北側住宅地で新築施工には”支持杭を8メートル二本繋ぎで打ち込む事が必要ですが、これを果たす大型無限軌道重機は入れず”この合法支持杭施工が先ず不可能です、拠って合法を持った確認済み、検査済み証明書発行も不可能と言う事です、物理的に不可能です」

12、よって”他住宅も同様の、支持杭が地耐力地盤迄到達せず、が殆どで合法証明発行、融資受けとなって居ますが”だからと言って、隣地で同様の違法支持杭施工で虚偽の合法証明発行、違法施工を隠蔽して融資成功は認められません、支持杭施工を合法実施であれば、多分1日半~2日掛かりますので、違法施工で逃げる事も不可能です、伏古1条4丁目、当家南側道路を挟んで左向の住宅だけ、8メートル杭二本繋ぎ打ち込みです、他は5,6メートル~8メートル杭打ちか、杭施工無しです。

13、ご承知でしょうが”当家裏で違法な支持杭施工を、偽の合格証明公文書作成、発行によって土地建物融資実行とすれば”施主、施工会社、建築士、建築主事、融資実行金融機関担当全員逮捕事案となります、決して認める事は出来ない犯罪です、公表済みのこれ等犯罪は不可能と思いますが?

14、これ等事実、隣地、隣家施工不可能による、損保、司法共謀テロ犯罪被害金額は、安く見積もって5,000万円~ないし6,000万円規模の被害が生じます”そして、事業用損害保険、工事保険に絡む、巨大国家権力共謀犯罪の事実証拠現出”凄まじい規模、金額の損保、司法が共謀が主体の犯罪被害、犯罪現出です、責任を正しく負うべきでしょう司法、警察、監督行政機関。

15、毎度の事ですが”当社、私は広く公共の利益と、不当な権力悪用犯罪被害を出来る限り防ぐ”これを目的として居ますが、凶行集団はこぞって”俯瞰して公共性、遵法を見られず、私怨、逆恨みを晴らす、自己の不法、犯罪を暴かれて逃げる為こちらを職権濫用で陥れる、見て居る物が全く違う訳です、良く政治家政策秘書らからも言われました、政治家とも見て居る物が全く違うと。

犯罪資金の移転を禁じる刑事罰則

  • 2024/06/11 08:29

加入先の損保が合意する条件で?事業者用の損害保険、争訟に巻き込まれそうだと言う自己申告段階から、損害保険金名目の保険金を、事業所で要したとした、社員の人件費、交通費、他会社の経費、関係する外注費等や、司法手続きに要した経費、法廷外で争いを納めるのに要した経費等全て、この損害保険から支払われる?但し。

どう言う条件を満たせば良いのか、何に対して支払われるのか、何故不払いなのか?全く根拠証拠無し?損害の補填金と一緒くたで「収入申告が不要の損害保険金の支払いですよ、とのうたい文句で支払われる設定、当然ですが”この保険金支払い、経費等も請求した場合、どの部分が経費のどれに該当するか?どの金額が、生じた損害の補填金額化も全く証明無し”不正な資金の提供、不法資金の受領」

損保、被保険者共に「損害賠償保険金です、損害の補填補償保険金ですよ、つまり収入申告、税務申告は不要の資金の提供、受領ですよ‼と偽っての資金提供、受領と言う事」

犯罪によって他者、社の預金、遺産預金詐取、窃盗(司法手続きなる、この犯罪で他社の預金収奪‼も同じ構図と)犯罪で収奪に成功氏は犯罪収益を、捜査機関、司法刑事、民事手続きで、国税も加わって”犯罪によって他者、社の預金を不法収奪”後は捜査機関、司法テロで犯罪の証拠毎隠蔽、隠滅で成功させて来た、この犯罪と根本同じ構図です。

犯罪による資金の移転防止の法律規定が、確実に科せられる悪事、司法テロです、そして「公権力が手掛ける、犯罪で収奪した資金隠匿、没収逃れ、徴税逃れも組んだ犯罪です、これも私的、証明されて、焦った辯護士、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、財務省、法務省等は”強制的にこの一連の、他者の預金窃盗、窃盗資金隠匿、脱税まで組み込んだ司法ぐるみ犯罪”を、令和元年12月から強制禁止と変えたと言う、国際的国家権力金融犯罪だとばれたから」

事業者用の損害保険も「争訟に巻き込まれそうだ、争訟事を越しそうだ、の段階から”被保険者の事業者が、加入損保に申告して、損保が合意すれば?争いごとに関わって生じたあらゆると言える費用を、請求事項毎の合否無し、支払われた保険金額の請求項目毎の、正しい支払いの合否根拠等無しで”内訳がばれないようにして、一括で保険金、所得申告不要の損害補償、賠償保険金ですよ”と言う不法設定で支払われて、経費も申告、納税不要資金で通されている」

犯罪による資金の移転防止刑事罰則、が正しく適用でしょうね「組織だった犯罪で有り、個別の不法な損保に与る不法資金提供、不法な資金隠蔽、脱税では無いから、大規模組織犯罪だから」

闇で損保が事業資金横流し、犯罪資金移転防止法に掛かる

  • 2024/06/11 08:08

犯罪による資金の移転防止の法律、刑事罰則が科せられるこの犯罪、特定事業者には”金融関係事業者””ファイナンスリース事業者”も入って居ます、士資格者も入って居ますし。

この刑事罰則を科す法律、要するに「不正に資金を提供、取得して、闇に消す行為に対する刑事罰則適用の規定です”金融機関と泥棒、法曹権力等が共謀犯、他者の資金、預金、遺産資金、遺産預金横領、詐取、窃盗、成功した資金を法曹が刑事、民事司法手続きで犯罪取得利益の存在を強制隠匿”絵に描いたと言うべき、犯罪資金の移転防止禁止法律が適用される、権力ぐるみのテロ犯罪です」

※平成15,16年、最高裁小法廷”相続遺産分割除外説なるでっち上げた説?が正しいと捏造で決定”遺産資金、遺産預金を犯罪者が収奪に成功すれば、犯罪者、共謀弁護士、司法書士、捜査機関、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所が公務で共謀して、犯罪で奪得た遺産資金、預金は泥棒と共謀弁護士が無税で所有権を得た!”説を正しいと決定、以後この犯罪を強制的に正当で、司法、警察、監督行政機関、国税が統一で扱う事となった。

※平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、原審大阪高裁平成27年(許)第11号”二の相続権者の一人が、遺産預金数億円のほぼ全てを横領取得を、大阪高裁が相続遺産分割除外説を適用して、正しい遺産預金主奪、正しい相続”と決定したが、民法第896,897条、1031条(減殺遺留分相続権)に、この説は違反して居たので今日を限りとして、相続遺産分割除外説の採用を、強制力を持って禁じる最終決定、ですが、法曹資格者も他の士資格者の誰も、この最高裁大法廷最終決定の意味、理由等分からない頭によって、令和元年11月まで強制適用凶行!刑事、民事司法手続き共々の惨状。

この司法犯罪も、事業者用の損害保険商品等による”不法な保険金名目、損保の事業資金不法提供行為も”共に犯罪収益の移転防止法律規定に掛かる国際犯罪でしょう、犯罪による他者の資金収奪、徴税も逃れて不法受益者全額収奪で、闇に消されて来て居ます。

犯罪収益移転防止法、これに引っ掛かる商品

  • 2024/06/11 07:47

犯罪収益移転防止法、これに引っ掛かる損害保険商品、幾つも有りますね、事業者用の損害保険もこれに該当する要素が幾つも、元々こう言う損害保険商品、支払い規定ですしね、その後永の年数を経て、この損害保険も、犯罪資金の移転防止を禁じる法律の適用商品と、後付けですね。

この損害保険商品「元々の設定と支払い規定が”損保が保険証券、保険約款を握って居る設定で、保険契約者はどう言う支払いの規定なのかから、全て闇の中と言う設定で来ていました”つまり、支払いされる基準等、契約事業者は全く分からない商品でした」

なお当社は、平成3年会社設立後割と早くから、工事保険に加入して居たんですけれどね「内容が不明なので、当時は、全体のらしい損害保険と、大きな工事用に期間限定で、工事保険を掛けて居ました」

その内「工事保険、事業者用の損害保険商品、他の第三者対象損害保険と重複する保険と言う事も有り、整理されて来て、事業者用損害保険に加入して居れば、工事毎に別個に損害保険加入をしなくて良い扱いに変わりました」

何故工事保険、通年に掛けて置くと良くなったと分かったか、と言うと「保険証券、保険約款が、被保険者に渡されるように変わったからです、ですよね損保?」

こう言った事業者用の損害保険は、自賠責、任意自動車保険、第三者対象の任意損害保険等全て「契約相手の損保が、被保険者事業者に何の支払い等条項も知らせず、書面を渡さずに、損保が管理して居る扱いでしたから”土木建設工事で被害が生じれば、人身被害で有れば、自賠責、任意自動車保険を交通事故偽装で適用させる、が常で通ったし”損保と捜査機関、司法、労基が闇で偽装交通事故でっち上げで、自賠責、任意自動車保険を不法適用、支払いさせる事で結託していたし、表でばれないように、証拠隠蔽して来たから成功したと言う事」

その内、偽装交通事故、道道災害事故だから、交通二課では無くて刑事一課強行犯が事件担当でしょうと当社が指摘し続けて、平成21年2月の、十勝清水で起きた国道公共事業除雪作業で、除雪車が警備員を引っ掛けて死なせた事件から、刑事一課強行犯、交通二課の共同捜査に変えさせられて、だんだん自動車保険詐欺賠償一本から、建設工事保険適用も、に変わって来たと言う。

で「事業用損害保険の支払い条項、自動車保険金詐欺と合わせて”犯罪資金移転防止の法律、この法律規定の刑事罰則適用対象”ですよね、だから財務省等”損保の事業を監視する機関の創設の提言を今」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508749
ユニークアクセス:6660003
今日
ページビュー:289
ユニークアクセス:289
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed