エントリー

2024年06月12日の記事は以下のとおりです。

損じゃ、辯護士を繰り出して来たけれど

  • 2024/06/12 19:08

現地採用の下っ端職員が、加入事業者を✕していきったけれど、結局弁護士を繰り出して来たと言う、で、佐藤弁護士さんから連絡が来て。

もう二十数年の関わりの弁護士さんです、話が早くて助かりました、この弁護士さん、工事保険は被保険者事業所の経費も、外注経費も支払う保険、と一定して居ますし。

と言う事で、先ずは当社の依頼社は、現在3件の工事保険請求を行って居るので、各請求事件毎に「被保険者事業所の経費請求分、外注費請求分を先ず、3件の請求事件の追加請求の為に、佐藤弁護士さんから損じゃに伝えて、送って頂く運びとなって居ます」

これで先ず「工事保険を請求する場合”損害の補填保険金請求、請求する事業世の経費分請求、外注業者が請求する分、最低で三権別個損害保険金請求を行う”正しい、国税の調査を受けられる、部分毎損害保険金請求実例が幾つも」

損害の補填請求であれば、全額税務申告、徴税審査非対称ですが、損害保険金を請求する事業者の会社経費と、外注費は「事業所の売り上げで計上して、税務署の徴税目的審査、調査を受ける必要が」

この合法実現には「複数の、一事故毎の請求が必要です、損害を補填する保険金支払い、被保険者工事業者の会社経費等を別請求、外注費も別請求、帳簿、税務申告も別扱いが正しいと、の実例が出来ると」

当社が事業を追加して、会社案内も作って有る事業の設定がほぼ正しいと、公式実例、証拠が功を奏して。

後は出来るだけ早く、次々工事保険請求事案毎に、被保険者事業所の経費請求と、外注費請求実施、損保に対する請求が必要で、請求の権利が有る!の手続きを取って行くべきで、先ずは一角を崩せたようだと。

事前にかかる経費、対策費用も全部保険金で賄われる、損保、司法犯罪破壊が

  • 2024/06/12 08:35

損害が生じるかも?の段階で既に「関わる加入事業所は,加入相手損保に連絡を入れれば”事業所でかかる経費等から保険金で出ますし”被害を受けるかも、の相手との経費も支払われるんです」

どんどんこの「争いに係る恐れ、の段階から損保に連絡して、費用や被害対策、事前対策費等を請求して、保険金を貰いましょう、こう言う保険商品だから、違法性は全く無いですから」

新築施工、住宅解体工事等の場合でも「工事場所の周りの他家、接する公道等複数、事前協議、事前調査対象ですし”起きると予想出来る部分、事前の被害防止対策費用も請求して、保険金で貰える規定です”どんどん活用しましょう」

この保険、保険金支払い請求、保険金受領「何度も次々、追加支給、保険金受領となりますよね、日々と言えるだけ、次々請求事案、支払い対象事案が生じるでしょうから、近隣からの苦情が出ても、請求事案ですからね、被害防止対策実施事案ですし」

ここまで手厚く保険金請求、支払いがなされる保険商品です「対策部署、対策人員の配置が必要ですよね、日々起きる可能性が有る、工事に起因した事件等への遭遇からです」

何処までの請求事項で、支払ラわれる要件なのか?これが判然とせず困って居ます?この時代に、ここまで不透明な損害保険商品も先ず、では無いでしょうか?

そもそもこの保険商品、支払います条件自体、損保の人間が全く理解以前と来ています、損保の金で支配下に喜んで、乗警察、司法カルト、監督機関、金で証拠別増国家資格者も、全くここまで手厚い保険商品に付いても、何も知らずテロに狂奔している惨状です。

無知な損保、共謀国家権力と来ていますから「今までこの商品、支払います条件、支払う、不払い事例に付いて、誰も正しく理解すら出来ず通って来た事が、今表に出続ける事態に、と言う事です」

事件に関わりそうだ、この段階から損害保険が適用と言う条件、これから知らない相手

  • 2024/06/12 08:20

争いに関わりそうだ、この段階から「損害保険金が支払われますよ、と言う事業用損害保険商品ですよ”予想の段階から損害保険が適用となって、損害が生じないように、損害が生じたら、損害の範囲が広がらないように”対策を取る費用も保険金支払いの条件で存在します」

ここ迄の保険金支払い条件です「道路、近隣建物等を損壊する恐れは、土木建設工事で常にありますからね”工事前に道路管理者と事前に、損壊が生じて居ない事の確認、損壊が生じた場合の協議等、現場で相互確認するべきです、事業所で要した経費等、損害保険金で支払われる契約ですから”事前協議を常に行い、保険金請求しましょう」

当然ですが「工事場所の近隣の建物、構築物などの、他家所有者との事前協議、事前の損壊に備える調査も”出来るだけ細かく詳細に、相互で協議して、共に調査を実施するべきです”損害保険金が払われる対象の、事前に被害が発生する恐れ、に備えた必要調査、協議ですから」

ここまできちんと損害保険金が支払われる商品あのですから「後で損保が、損壊は嘘だ、詐欺だ、だのと言いがかられる事態も、この事前調査、事前協議実施から行う事で、正しく対抗出来る要件が揃います」

損保は事前に「事が起きるかも?の事前調査等出来ませんからね、今までは”損保が警察、司法、国家資格者等を金で狙う通り操れる特権”を駆使して”事前の被害に備えた綿密な調査証拠”を被害者側が持たない事に付け込んで、詐欺だの、被害は嘘だ、だの言い掛を付けて通し放題出来たんですが”」

損害保険金で「事前対策費、事前調査費、中間調査、協議費、工事が終わってからの被害側予想社との協議、確認、調査費も全て損害保険金支払い対象ですからね、今後被保険者、被害者が圧倒的に有利で”損保、司法共謀、不払い用テロ犯罪被害も防げる要件が凄まじく増大します”事前の被害に係る協議、調査証拠が無い事に付け込んで来た訳だから」損保、警察、司法らが共謀犯罪を駆使して。

事業用の損害保険商品、支払います条項を使う事で

  • 2024/06/12 08:00

事業用の損害保険商品、共通約款から「争訟に巻き込まれる、起こしそうだ、この時点から”加入相手損保に伝える事で、予告?時点から事業所で事件に係る部分、様々な経費用保険金が支払われる規定です”事件に関わりそうだ、の予告段階から保険金支払い対象となると言う、事業所で生じる事業経費が保険金支払い対象と言う”」

この支払い条件には「争訟に関わりそうだ、→争いで被害が生じる恐れを事前に防ぐ対策費、これも保険金が支払われる規定、契約です、際限が無い支払います条件ですね(〃艸〃)ムフッ」

これ等の損害保険金を支払います、約款記載の規定での保険金支払いを受けるには「争いに巻き込まれるかも?の時点で加入する損保に、事件に関わるみたいです?事件に関わる事で、こう言った被害が想定されるので、こう言う被害拡大、発生防止対策を取るので、掛かる事業所の経費も合わせて支払い請求します、保険金支払いを宜しく、と損保に通知を、ファックス、メール等で行う事が必要です」

で「じゃあ”何に対して、どう言う場合に保険金が支払われるのか?”全て損保様、損保担当者様が、被保険者に支払、不払いの正しい理由、根拠を合法証明せず?独善で支払いの可否決定、支払う金額の決定等を行って決まるらしい?現在まで調べて、こう言った現状が?」

要するに「闇で損保、警察、司法らが共謀して”特定の対象様に、保険金支払います条項はこんなに有るんですよ、何かの事業を営んで居れば、事件に関わるようだ?の段階から”損害保険金支払い対象となります、事業を営む上で関わる経費も保険金で支払いますから”と言う、表に出さず通った時代に作られただけは有る!損害保険商品、保険金?損害の補填保険金?支払います条件です」

正直「今の損保の上も下も揃って”この損害保険商品、約款支払います条項も、何も正しく知らないのが実際でしょうね”元々ネット時代等考えず、闇で損保、損保が集め続ける資金を、損保が狙う通りが正しいと捏造する条件等で、与えられている公権力特権を損保が指示する通り悪用して、事実を職権濫用によって捏造して作り変えて、通す、見返りに損保から黒い資金が、の構図だとも、今の損保の経営陣、営業部、損害保険調査?支払い部も、警察も司法も監督官庁も、何も知らないのが実際でしょう、闇との結託がこの事業に必須だから!が前提に有る」

正しい損害保険商品で、正しい保険金支払いで有れば

  • 2024/06/12 07:38

割と最近迄、事業所用の損害保険、自動車保険等は「契約締結を証明する保険証券も、どう言う場合に、何に対して損害保険金が支払われるのか?を記載した約款も、全く契約事業者に渡さずだったので、契約している証拠も、契約による損害保険金支払い条件も、契約者、被保険者は全く分からない、合否の証明も不可能で通って来て居た訳です」

で「損保の腹積もり次第と言う、今もほぼこれの、合法によると正しく証明無し、の損害保険事業の現実に繋げられている訳です」

そもそも「合法を証明した損害保険金支払い請求も、損保、警察、司法のテロ犯罪で、闇で設定した通りの捏造証拠、事件でっち上げしか通さないからね、合法による損害保険金支払い請求は出来ますが”合法を証明した損害保険金支払い”は、事件の正しい構成と証拠を、損保が指揮して捏造した、虚偽の事件構成、捏造の証拠で常時叩き潰されるから、警察、司法、国家資格者資格を金で悪用する輩等によって」

ネットの普及がどんどん進み続けているこの時代になっても、未だに昭和の時代のまま、闇で損保が資金を自由に操り放題、これを果たす為に、損保が損害賠償金支払い責任が生じた事件を、闇で事件構成捏造権限を持てるように仕組んで有る、これから警察、司法、行政、報道等で、損保が集め続ける資金を互いに山分け出来るように、職務権限を悪用する条件で、双方で闇談合を成立させて有る。

こう言った、昭和の時代の損保が集め続ける資金を、この闇のからくり構築、維持に注ぎ込む事で、警察、司法、監督行政機関、損保、司法、警察が捏造した虚偽の事件構成、虚偽の証拠作り担当国家資格者等も、公的保険制度も山分けさせて貰う事を条件として、昭和40~50年代に基本を闇で構築して、各々公的機関、公権力に、損保が狙う通り、不法、不正不払いを、常時損保が闇ででっち上げた通りが正しいとなるように、各々で、損保から提供される黒い利権の取得と引き換えに、損保が求める、命じる通りの権力、職務権限の悪用に勤しんで、通して来て居るんですが。

ネットの普及がどんどん進み続けている事も功を奏して「この古い時代にでっち上げただけ、の損保が捏造した通りの、損保の都合通りの損害賠償金支払い事件の事実捏造も常に成功させて有る、真っ黒い損保、共謀国家権力の手口も公表されて来て居るし」

目先の保険料収入獲得しか見えない近視眼の、役人根性だけで作った損害保険商品によって「いいように損害保険金を貰えている現実も、自爆ですけれどね、こう言った自爆の穴埋めの為に”高額保険金支払い事件、どんどん極悪化させて、不払いを司法共々、犯罪によって成功させると必死に”事業用損害保険の支払い条件、これを正しく適用させられれば損保、司法、警察犯罪”は、更に破綻して行く訳です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508876
ユニークアクセス:6660130
今日
ページビュー:416
ユニークアクセス:416
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed