エントリー

2021年06月の記事は以下のとおりです。

何処も請けない、まあそうだと思う

  • 2021/06/05 17:04

被害者がする事では無いけれど、損保犯罪加害を食い止めなければ、事態悪化が加速するばかりなので「加害者がこれ以上、自分の意志では無い、加害者刑事、民事共に無責、根拠は無し、この刑事、民事とも無責主張、戦いの理由は、個人賠償責任保険加入損保が、賠償保険金支払いを,言い掛かりで踏み倒したいから、理由ですら有りません、この、言い掛かり犯罪行為、加害者の意思と、加害者が自己責任で、して走ると言う事です”加害者は、不利益しか無く、利は何も無い訳です」

こう言う状況なので、被害者には無関係だけど「損保から、不当な恐喝を、被害者なのに受けて居るし、更なる言い掛かり、不当な被害が降り掛かって来るので”ほぼ入院して居る、傷害罪加害者に、これ以上損保、弁護士犯罪不当被害に落とされないように、被害者が、事を納める為、動いています”」

最終的には、加害者が、加害者責任は、結局自分に有るのですから、自分の加害者責任を、どうするのかに掛かって居ます、損保と顧問弁護士の言うがまま、損保が言い掛かりで賠償保険金を踏み倒す目論見に乗り、根拠無しで、加害者の自分は、刑事、民事とも無責だ、と争えば、加害者が全部の行為責任を、当然負うだけです。

加害者が、損保の言いなりになり「自分が全部のを責任を負う事を承知で、加害者の自分は、刑事、民事とも、根拠は無いが無責だ!これで公式に戦うのであれば、自分が決めて動いた事です、責任を全部負ってしまうだけです」

ここまでこじらせてしまった、刑事事件でも、この状況で有れば、刑事弁護を受ける辯護士、出ないでしょうね「根拠無しで、加害者、クライアントは刑事上も無責、冤罪だ!これで戦う、刑事弁護引き受け弁護士は、居ないと思います」

しかも「加害者刑事、民事とも無責だ、主張で戦う根拠理由は”個人賠償保険金を、言い掛かり、犯罪行為加害で踏み倒す事が目的”では、戦う武器も全く無いし”加害者を、重い刑事罰適用に追い込んでいる、と言うだけです」

損保と弁護士が、公に加害者を指揮して、刑事事件から根拠無く、無責主張で

  • 2021/06/05 12:57

人身交通事故事件用犯罪「主治医は日本中で、交通事故が原因で怪我を負ったとは、治療記録、診断書に、国中統一で記載しません、捜査機関は、絶対に主治医に対して、受傷原因を特定する、受傷した原因を、多くの部分で裏付ける、主治医への医療捜査をしない、闇の不文律をでっち上げて有り、守られて居ますから」

人身交通事故事件受傷被害者が、交通事故事件が原因で、怪我を負わされて、治療中である事が立証されぬように「捜査機関は、人身交通事故事件となれば、主治医への受傷原因補完、主治医への捜査実施強制的に、日本中統一で却下!この捜査機関、司法犯罪が日本中で守られて居る、よって」

任意自動車保険損保と、顧問弁護士らは「この刑事事件無責と常に、強制的に、警察、司法が持って居る、強制捜査件、刑事事件加害者免責、訴追、処罰を”事前に捏造して有る、加害者無責の虚偽の人身交通事故事件だ”捏造だけを常時凶行、決定が、実は常です」

この、過去からずっとこのでっち上げだけを、合法な人身交通事故事件の捜査、立証、送致、実質無責と毎度させて、正式訴追逃れを常時、後は「被害者相手に”交通事故で受傷したとの、虚偽の人的被害叩き潰しを、刑事事件のでっち上げ交通事故で怪我を負った実例無し”証拠を悪用させて、常に成功させて居る、これをなぞり、成功させるだけです」

この警察、司法犯罪が常時成功して居る、を踏襲させて「個人賠償責任保険が適用される、傷害、傷害致死事件でも”刑事一課強行犯の捜査でも、同じ主治医ぐるみの、対人加害行為で受傷する事は無い”診療記録捏造を武器とさせ、常時加害者無責確定、被害者賠償せず、で叩き潰す武器で活躍して居る、でっち上げ刑事事件捏造捜査、加害者常時無責判決、決定、が成功すると、損保、弁護士は、勝手に思い込み、これが成功して、加害者無責刑事、民事共に実現出来る筈、で突っ走って居るのです、傷害罪事件でです」

被害者の対抗措置は、加害者無責が常時、診療記録等を、交通事故が原因で死傷した被害者は居ない、主治医に公治療記録を常時作成させて有り、主治医への、受傷原因証明用補完捜査も、故意にせずで、この対人加害抹殺を成功させて有る、このでっち上げ刑事事件捜査記録、決定を使い、対人賠償も、思うように踏み倒しし放題、が武器なのですから。

診療記録偽造で、対人加害が原因で受傷と、治療記録を書かない不文律と、受傷原因を証明する、警察、検事による、主治医への補完捜査せず、この犯罪手法を潰す事です、主治医への、受傷原因証明補完捜査実施、これを果たさせる事、これが無ければ、被害者調書取りを認めない事、先ずこの対抗策を取るべきです。

事件により、受傷を負い、治療を重ねてカ月経過してから「第三者行為傷害が原因で治療中、この診断書を主治医に作成して貰う事と、受傷原因の補充主治医への捜査を、必ず行わせて、主治医への補充捜査証拠調査書が揃い、被害者に提示、写し提供されてから、被害者調書取りに応じる事です」

昨年8月11日に受けた、追突交通事故事件被害受傷も、ほぼ絡んでいる、傷害罪被害事件への、損保、弁護士の不当介入、恐喝、強要犯罪事実と、思えるんですよね、併せて傷害罪被害受け事件で、主治医への捜査も求めます、損保への捜査もです。

人身交通事故被害者が愚か、いいように潰されるだけ

  • 2021/06/05 07:40

自動車保険事業、対人加害交通事故事件でっち上げで常時加害者無責、被害者が自動車の事故、事件で死傷する事は無いと、診療記録、主治医への受傷原因証明、補充捜査故意にせず、の手が常時成功して居るので、他の事件捏造も合わせて、これが対人交通事故事件捜査の、常なる結果と、闇の犯罪を常時重ねて、捏造で実例を積み上げ続けて有る、と言うからくりなのですが。

日本国民は「国家権力の言いなり、思考、判断から逃げるだけの奴隷ですから、自分を守る為に”正しく自動車事故で、怪我を負わされて、治療が必要だと、対抗する事もしないで”不当追い込みのみ、受けて泣き寝入りするだけです」

どう言う手口で「自動車対人事故、事件で、常時被害者は死傷して居ないと捏造されて、決定させられて居るか、主治医に交通事故が原因の受傷と、治療記録、診断書を作成させない手と、受傷原因を、主治医に証拠固めで捜査する事を、故意にせず、これが最大の武器です」

つまり「主治医への受傷原因、治療の実際等を、被害者調書を録らせる前に、正しく捜査で証明させる事、これが鉄則です」

個人賠償責任保険適用傷害致死事件は、今はまだ、主治医への受傷原因確定補充捜査もします、刑事一課強行犯が事件捜査担当です、交通事故事件は、やらせ捜査も当然、交通二課と地検、区検、裁判所です、自分の手で、自身の権利を守る以外無いのです。

任意自動車保険特約、弁護士特約で、はっきり刑事事件弁護費用拠出も謡う損保は、損保ジャパンから

  • 2021/06/05 07:11

任意自動車保険特約、弁護士特約で「はっきりと、弁護士特約費用拠出は、民事、刑事共に、加害者に費用を拠出しますよ、と、公式に謳って居るのは”現在の所、大手損保では、損保ジャパン日本興亜です”」

この、刑事弁護費用も拠出、任意自動車保険、弁護士特約で、はっきり謳って居る損保ジャパンの、自動車保険特約刑事弁護費用も拠出特約には「現在まで重ねられて来て居る”主治医が交通事故が原因での受傷”この治療記録、診断書を、故意に、常時作らない闇の仕組みと、受傷原因を証明する為の、捜査機関による、主治医への補充捜査故意にせず、これで」

日本中で起き続けて居る、人身交通事故事件では「車が原因の対人事故、事件で、被害者が死傷した事実は、刑訴法事件記録、証拠上無し、よって自動車事故、事件加害者は、無責の冤罪被害者、この詐欺のからくりが、基本絶対正しいと捏造で決められて居て、平成26年からは、自動車運転処罰法に変えて”上記詐欺診療記録と、詐欺捜査せず、の手が原則として有り、軽微な被害は罪を免除する”こう、上記犯罪常時成功用に、法律規定も仕組まれています」

軽微な被害の場合「自動車が原因の対人加害事故、事件では、加害者を無責と扱う、こう仕組まれており”自動車が原因の、対人加害事故、事件は、加害者は、実は無責、冤罪被害者”と、過去からの上記捏造刑訴法事件証拠、記録共々、捏造が成功して居るから」

任意自動車保険の特約、弁護士特約等成立させられているし「無責が常時捏造で決められる、交通事故人身加害者なので、民事弁護に限らず、刑事弁護士費用も、自動車保険加入者から集めている、保険料収入から拠出も出来る訳です”実は無責、冤罪被害者の対人交通事故加害者、自動車運転処罰法でも、違法捜査が常時と合わせ、無責の加害者を、刑事訴訟法手続きでも、損保の弁護士特約、刑事事件用も拠出します、特約で、無責を勝ち取る正義の行為、で使えるからくりですよね”」

ちなみにですが「危険運転致死傷罪が適用される、対人交通事故事件加害者は”出鱈目、詐欺医療証拠と、違法な捜査、無責捏造用犯罪捜査常時、自動車運転処罰法適用人身交通事故事件”土地害、有責が根本と扱われて、被害者の主治医への、死傷原因証明、補充捜査も行われますので、刑事事件弁護費用を、自動車保険、弁護士特約で拠出は、認められないと言う設定です」

当然ですが「個人賠償責任保険が適用となる、他者に対する傷害、致死行為加害者も、無責と犯罪で闇設定は、されて居ない訳ですから”捜査開始前から、根拠も無しで、傷害罪加害に付いて、刑事、民事共に加害者は無責だ!と、損保が指揮して、弁護士費用を拠出して、刑事、民事共に戦う実例事件、主治医への受傷原因補充捜査も行わせるし、行うから、自動車運転処罰法適用事件のようには行きませんよ」

公序良俗に、完全に反している、人身加害行為で被害者言い掛かり攻撃、実刑を喰うよね

  • 2021/06/05 06:39

交通事故辯護士相談ダイヤルに(刑事事件で、弁護士費用拠出も出来る筈、検索で)「弁護士費用拠出特約には”加害者の弁護士費用を、民事事件に限定とは、特に決まって居ない”刑事事件加害者弁護士費用も、出せない訳では無い、特に決まった特約では無い故」

こう書いて有ります、又「あろう事か”損保任意自動車保険で、加害者に刑事弁護費用も拠出する”損保、任意自動車保険商品、特約も出ている、との事ですが、完全な反社会的事業でしょう、人を死傷させて、刑事事件加害行為者となったら、広く国民から集めている保険料収入から、対人加害行為者に、刑事、民事弁護士費用を拠出するって、公共性を完全に蹂躙して居ます」

この件「自動車が原因の対人加害行為事件では”主治医に治療記録、診断書を、実際の受傷、受傷程度無視で、怪我の原因を常に不明と故意にさせて、これを常時成功させる為に、主治医への受傷原因証明、補充医療捜査絶対せず”を武器で上記使えており、自動車が原因の対人事件では、死傷被害者が出る事は無い、上記の手で、山のように刑事事件証拠?判例を作って有る故だ、この刑訴法詐欺実例証拠、が大前提で、交通事故対人加害事件で、任意自動車保険特約に、加害者に刑事、民事弁護士費用を拠出出来る、として居る訳です」

交通事故事件加害者は、車の事故で被害者が死傷する事は無いと、山のように、常時判例を積み上げられて居るから「無責が大前提として有ります、よって”自動車による、対人加害事件加害者は、冤罪被害者と言う、でっち上げ設定が大前提なのです”ですから、交通事故人身加害者は、本当は存在する訳が無いので、冤罪に落とされそうになって居る、人権犯罪被害者と言う、でっち上げ設定者なのです」

無責の交通事故人身加害者ですから「公共性を旨とする、任意自動車保険で、刑事、民事共に、集めた保険料から、無責の対人交通事故加害者に、弁護士費用を拠出して、刑事、民事事件弁護させる事は、正義に適った事業、と言うでっち上げ設定です」

この話でも、実に飛んでも無い警察、司法、法務省テロ犯罪ですが「個人賠償責任保険適用対人加害事件は”加害者は無責と、犯罪を重ねて闇設定は、されて居ませんよ”でも、人身交通事故事件、加害者は無責闇で犯罪を重ね、判例を常時作って、これが合法と捏造と、同じ刑訴法詐欺で通る、と錯覚したんでしょうね」

任意自動車保険特約、弁護士特約は、加害者に刑事弁護費用拠出も

  • 2021/06/05 06:13

任意自動車保険特約に「弁護士特約」と言う特約が有りますが、そもそも「刑事事件対人加害者である、人身交通事故加害者、危険運転致死傷罪、自動車運転処罰法で、刑事訴訟法手続きで裁かれる、刑事事件加害行為者に、任意自動車保険加入者から集めている、公共性を旨とした使用以外認められて居ない、公共的資金、使えるんでしょうか?」

自動車保険商品、弁護士特約で「人身交通事故事件を起こした加害者に、今は””個人賠償責任保険、特約が適用される、刑事事件加害行為者、刑事事件で捜査される容疑者にも、刑事事件手続きが始まる前、始まって、捜査中、送致後、処分未定中、起訴されて、刑事裁判中に”この特約で、弁護士費用が拠出されて」

完全な言い掛かりで、損保と弁護士の共謀で、加害者、特約が適用される契約者に、契約者、被疑者の意思は聞かれず「被害者相手に”刑事、民事共に加害責任は無い!と、損保、弁護士が打って出て、争うんですよ”人的加害行為に手を染めながら、一切反省が無い処か、何の無罪根拠も無しで、損保が集めた保険料を拠出して、弁護士を”加害者が委任して、加害者の意思だと言うでっち上げで”」

被害者と捜査機関を相手取り「加害者責任は、根拠等不要で、刑事、民事主に無い、徹底して争う、加害者責任は一切無い!と、加害者責任で、損保、弁護士がこれを強要して、打って出させて居ます」

これ用に「任意自動車保険特約と、損害保険商品に、弁護士特約付き自動車保険、個人賠償特約も有りと、個人賠償責任保険、弁護士特約も有り、商品が有ると言う」

特に重い、対人加害行為を行ってしまうと「損害保険から、正しい診療、医療と、正しい治療記録に沿い、正しく加害者が、対人加害行為で負った、損害賠償金分の支払いをしない為に、加害者が罪を認めて、被害者に対して正しく負った、対人加害賠償金支払いの意思も叩き潰して”加害者には、刑事、民事共に、加害行為責任は無い!と、損保が弁護士費用を拠出して、加害者の意思と言う事にして、刑事、民事共に打って出られるんです、その先は、当然加害者が責任を負います」

行政が所管する法律、地方自治体に所管権限を下して有る、複数の法律を

  • 2021/06/04 17:46

廃棄物及び清掃に関する法律は、産業廃棄物に付いては、都道府県庁、政令指定都市に、国が法律所管権限を下して有ります。

一般廃棄物に付いては、政令指定都市も含めて、市町村に、自治区の範囲内に限り、一廃に係る法律の所管権限を下して有ります。

都市計画法の所管権限も、政令指定都市も含めて、自治区の範囲に限り、市町村に所管法律の所管権限を、国は下ろして有ります。

この法律の所管権限規定を見れば「小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地に、農水省、道庁が、長い年月に渡って、民間の犯罪者に、廃棄物混入瓦礫を投棄させて、違法な坂道道路を造成させて、見逃して来て、当社の違法指摘で、昨年後半に、止める事となったが」

農水省、北海道庁は「この環境犯罪、民有地侵奪犯罪行為責任も認めた上で”産廃に関して、北海道庁が法を所管して居るから、一廃、産廃共に投棄されて居て、一部一廃、産廃も掘削して、証拠を揃えられているが、廃掃法違反事実は確認されて居ない”何が投棄されて居るか、何が法で定められた廃棄物か、問わないでの、産廃に関して所管している、北海道庁の決定だ!国有農地に産廃瓦礫を、坂道違法造成で投棄、積み上げさせた事で、18-39民有宅地に対して、急勾配産廃盛り上げを、数メートルの高さで、違法侵奪と合わせて行って有るが、崩落防止工事も却下だ!」

これも宣告して、犯罪責任逃れに走って居ますが「北海道庁には、一般廃棄物に係る法律所管権限は無いし、都市計画法の所管権限も有りません、これ等の法律違反も、道庁犯罪として確定しています。

来週火曜日、現地に小樽市塵減量推進課と、都市計画課の役人方も、上記道庁ぐるみ犯罪の確認、証拠確認に来る事と決まって居ます、一廃に関する法律所管権限、都市計画法に係る法の所管権限を、小樽市が持っており、道庁犯罪を、法を所管する小樽市職員が、正しい事実を持ち、確認、証明する訳です。

この時、違法投棄、堆積廃棄物混入瓦礫を掘削して、サンプルとして容器に詰めて、小樽市の役人に確認して貰い、札幌に持ち帰り、札幌市環境局、石狩振興局等に持ち込み、廃棄物区分物の有無確認等させます。

小樽市都市計画課には「国有農地の違法瓦礫堆積により、民有宅地に対して、崩落する高さに、勾配盛り土、産廃等混入盛り土が造られており、崩落防止土木工事実施を、小樽市は、民有地地権者から求められており、道庁に命じる責任を持つので、この事の確認もさせます、違法確認の上、道庁に、崩落防止土木工事実施を命じさせます」

日常生活を送る上で、も、重大な人身加害は起きる

  • 2021/06/04 14:41

普通に生活して居る上でも、他者を死傷させてしまう、加害行為が起きたりします、家具等が倒れて下敷きにしてしまう、上から固い、重いものを落としてしまって、下の人に当たってしまった、庭の草刈り仕事をしていて、鎌や草刈り機で他者を切ってしまった、除雪機で自宅の除雪をしていて、他者を巻き込んでしまった、個人でチェーンソーを使って居て、人に当たってしまった等、幾らでも一般生活を送る上で、他者を死傷させる恐れが有ります。

これ等の、日常生活を送る上で、誰かに加害行為をしてしまい、損害を与えてしまった場合に、個人賠償責任保険に加入している、加害行為者が負った、被害者に対する、金銭的負債の補填を行う、個人賠償特約適用条件に合致して居る、危険な機関類、刃物類での、他者に対する加害行為、傷害加害行為も、個人賠償特約適用の対象刑事事件、加害行為による、賠償責任を負った結果です。

傷害罪、傷害致死罪で「間違い無く、重過失致死傷罪適用事件です”日常生活を送る上でも、こう言った、危険な機械、刃物、重量物による死傷加害行為は、幾らでも起きて居るんです”」

自転車による、人相手の重大な、対人死傷加害行為事件の続発により、自転車用の個人賠償責任保険、特約が出来ています、当然ですが「上記も、同様に個人賠償が適用されます、が」

自転車は「交通事故事件に組み込み、交通二課の出鱈目事件捏造常時捜査、交通事故事件で被害者は死傷する事が無い、主治医に治療記録、診断書捏造、やらせ作成だけさせて、交通事故事件で死傷した事に付いて、主治医に裏付け捜査を、故意に行わず」

基本、交通事故事件で被害者が死傷したとの、交通事故事件医療証拠は無く、刑事事件捜査記録も、これが常とされて、確定させて有る、やらせの刑事訴訟法手続き方式は「個人賠償特約が適用となる、他者相手の傷害罪、致死罪事件では”捜査を担うのが、刑事一課強行犯が捜査担当なので、人身交通事故用、死傷者が出る事が無いと、捏造で常時確定人身交通事故事件捜査、確定のようには行きません”」

法律問題は、白か黒です「同じ他者相手の障害事件、致死事件で”交通事故用、被害者が死傷する事実、証拠は、捏造常時で無い事で、事件立証、確定常時”と、他の同様人身傷害、致死加害事件捜査、主治医への裏付け捜査も行い、人身加害行為事件と立証して、加害者に刑事罰を科す、こんな相反した捜査結果、確定になる訳が無いんです」

そもそも「交通事故人身加害事件は”初めから診療記録等偽造させて、人身加害行為事実は無い”こう、事前捏造してあるのです、刑事訴訟法手続き捜査自体、無い対人加害行為事件と捏造して有り、出来る訳が元々有りません、起きない対人交通事故加害事件、の設定なのだから、起きない事件は事件にならないです」

刑事一課強行犯による、傷害、致死事件にしても「人は人を死傷させないと、治療記録から常時捏造して、裏付け主治医への捜査せず、で、死傷させた刑事事件は無いと、違法な闇設定して有れば、捜査自体出来ないから」

部外者が直接、加害者責任を違法抹殺に動いている、法を幾つも犯して、被害者を直接恐喝、加害者にも強要等で

  • 2021/06/04 10:42

今年3月29日に起きた、重量物転倒、人が下敷きになり、重傷を負った事件で、加害責任者が個人賠償特約に加入している、と言う話の損保と、共謀行為者辯護士が「被害者を先ず、損保職員が電話で、理由も無しで脅迫に手を染めて居ます”根拠も無し、加害者加入らしい損保に、刑事事件刑事、民事責任抹殺に、違法を重ねて手を染める事に至っては、これ自体が重大犯罪”当たり前です」

これが上手く行かないと、被害者から指摘されて、一応気付いたが「どうあってでも”傷害罪事件加害者刑事、民事責任を、根拠無しで潰そうと”加害者が、被害者と無責で戦う気は無い、責任を認めて、正当な賠償にも応じたい、こう言って居る事も、合法根拠無しで却下して、損保が契約者から集めている、損害保険料資金から、法に拠らず、加害者無責!と、被害者を訴えろ!刑事、民事共に、加害者責任をこれで消すんだ、言う事を聞けと、白紙の弁護士委任状、訴訟用を送り付けて来ている」

これに従えば、刑事一課強行犯が捜査担当の事件です「間違い無く、加害者の責任による、重症加害発生事件での、理由無しで、刑事、民事責任は無い、こう宣言しての、犯罪抹殺、被害者不当追い込み、捜査はこれからの段階での、追加の刑事犯罪事件ですから、傷害罪事件は、一切反省が無し、再発防止対策も拒絶で、の追加の犯罪ですから」

加害者無責を、合法事実証拠、根拠無しと承知で、被害者不当恐喝も実行して、価値取ろうと言う目論見だけでの、追加の犯罪ですから、加害者の刑事罰則適用は、重い刑罰が下されて当然です、再犯の強い恐れと、証拠隠滅の恐れも生じて居るんです。

加害責任者はずっと「加害行為責任を認めているし、賠償支払いにも、正当な根拠証明の分、ちゃんと応じると、被害者に書面も出して、認めていますが”加害者が加入して居るらしい損保と共犯弁護士が”加害者のこれ等意思を、強引に、法律根拠無く、認めない、刑事、民事共に、加害者は無責だと、損保と弁護士で証明する!とも宣言し続けて居て、遂に加害者の意向無視、訴訟提起だ、実例、証拠も揃ったし、警察にも通報、刑事事件で捜査要求済みの事件ですが、同じ犯罪、人身交通事故事件で常時法を犯しており、成功させられて居ます」

刑事事件加害者に、罪を認めず警察、被害者に向かえと指示、重罪が科せられるでしょうね、人身交通事故事件以外は

  • 2021/06/04 07:37

人身交通事故事件は「あらかじめ、主治医にも国中統一で命じて、従わせて有るように”実際の自動車事故での怪我の部位、程度は無視して、受傷原因は常に不明、一週間の加療を要する”これだけを、治療記録と診断書に記載するで、国中統一されてあるんです」

これだけしか、人身交通事故事件では「人身被害者は、実は居ない実例、証拠で、人身交通事故事件は、実は嘘と、常時刑事訴訟法手続きで先ず、強制でっち上げ確定させて来て居る訳です」

一方、他の傷害罪、傷害致死罪事件では「加害者常に無責、これを”主治医に治療記録、診断書偽造を命じて有り、人への物理的加害行為で、死傷者は出ない、でっち上げた治療記録、診断書を常時捏造する、闇のからくりが有り、人的加害行為で人は死傷したりしない”刑事訴訟法でっちあげ手続きが常、とはされて居ない訳です」

この、二通りの「どちらも、人体への物理的加害行為、加害者、加害原因者が、被害者の人体へ加えた、物理的等加害行為が原因での、被害者の心身への危害行為事実の、診療記録偽造で常時、人的被害なし捏造、医療証拠で上記刑事事件決定、詐欺刑訴法手続きと、主治医には、被害者、患者の受傷の正しい原因は、見ても居ないからわからないが、受傷部位、受傷程度等は、治療、検査を、患者の訴えを受けて続けて行き、証明して、診療記録に正しく記載するのと」

刑事事件捜査、人身交通事故以外の捜査で「捜査担当者は”被害者の主治医へも、受傷原因を補完する為、医療捜査を行う”これで人身交通事故は存在せず、常時捏造の武器、受傷原因は不明、怪我は一週間程度の軽い怪我、これも事実無視で常時捏造、でっち上げ、の手は潰えさせて有ります”」

つまり「人身交通事故事件で常時”診療記録、診断書事実無視ででっちあげ、軽微な何かが原因の怪我、捏造常時”の手と、他の人的加害行為による、人体への傷害加害行為事実立証捜査は、全く違って居ると言う事です、真逆とも言えます」

交通事故が原因で、被害者が死傷する事は無いと、治療記録常時偽造と、主治医への受傷の実態と、受傷原因確認、追加証明捜査絶対せず、これ等を武器と闇でして有り「車の事故で、死傷した被害者は実際居ない、証拠偽造、隠滅で捏造常時、刑事訴訟法事件証拠の山と、他の障害、傷害致死刑事事件捜査の内容、捜査記録の内容等は、同じ対人加害行為事件で、全く異なって居ます」

ページ移動

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680421
ユニークアクセス:4855194
今日
ページビュー:586
ユニークアクセス:576
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed