エントリー

2021年10月の記事は以下のとおりです。

傷害事件は起きて居ないと、詐欺捜査で統一なので

  • 2021/10/05 08:31

傷害事件が起きた後「合法に、加害者が負った対人賠償債務の補填支払いせず、逃げられるようにが目論見で、傷害事件が起きた証拠は無いと、でっち上げ捜査で統一して有る、詐欺刑事訴訟法手続き、以外行って居ないから」

傷害事件で怪我を負い、治療等を受けて居る、被害者の主治医、治療先医療機関への「傷害事件が起きた事の証明、傷害被害を受けた部位と、症状等に付いて、警察、検事は”故意に、これ等傷害事件を立証する、医学的な証明を果たす捜査を行って居ません”それどころか、傷害事件と言うのは、被害者?と主治医が共謀してでっち上げた、医療費と賠償金詐欺だと、違法な傷害事件捜査を武器とさせて、偽りが通るようにまで、事実として仕組まれています」

この、犯罪刑事訴訟法捜査手続きで統一の結果「合法に、傷害事件が起きて、被害者が、どの部位に、どう言う受傷被害を受けて居るかも、一切故意に捜査、証明せず”傷害事件が起きたと言うのは虚偽、主治医、医療機関は、医療費詐欺を働いているし、被害者は、虚偽の傷害事件被害受傷だ”とでっち上げだけを重ねているので」

警察組織、刑事は「合法を証明した、傷害事件が起きた事を、医学的に立証するのに必要な手続き、合法捜査との証明方法等、見事に知りません、やった事の無い、医師法を踏まえた、傷害事件が起きており、被害者が受けた傷害被害の部位、受傷程度の、刑事事件捜査での立証手続きなので、主治医、医療機関に対して、合法を物理的に証明から果たした、傷害事件被害者に関する、傷害事件で負った受傷被害を、主治医に法を持ち、証明して貰う証拠の入手方法も、刑事事件捜査で、故意に行って居ないから、刑事達は全く知らないんですよ」

刑事さんーxxさん、加害者を罰して貰いたくないんですか?合法な、傷害事件だとの医学的証拠を主治医から得るのに、憲法第11,29条から守った、守秘情報取得手続きが居るだの言うと言う事は!

、、、近代法治国家を標榜するが、実態はこうです、普段から弁護士、検事、裁判官他が「医師法から強制蹂躙、守秘情報の偽造捏造強要と、犯罪取得恒常化なので、刑事さん方、医師法から遵守と言われても、理解不可能に決まって居ます、刑事に命令する、法曹資格者、警察上層部が、この体たらくですから」

法曹資格者、司法機関、法務省の役人他に、医師法から正しく遵守と要求しても「カルテから、この連中が命じるまま、偽造するわ、守秘情報犯罪用漏洩するわの医師なので?医師法の正しい遵守等、不要と思い上がり切って居て当然です」

犯罪が武器、傷害事件加害者賠償責任抹殺が成功する理由

  • 2021/10/05 08:10

傷害事件が起きたら、労災事業、自賠責事業、任意損保事業が、加害者が負った、対人賠償債務の補填支払い責任が生じた事件となれば「特にと言うより絶対?”合法な、被害者が傷害事件で人的被害を被った事を、刑事事件捜査で正しく、医学的に立証する捜査を、故意にせず、違法な傷害事件は起きて居ない?捜査で送致させる”黒い刑事事件捜査、送致の手口から、合法な対人賠償を潰す目論見による、国家権力犯罪が手掛けられるからくりとされています」

刑事事件捜査で先ず「故意に、傷害事件が起きて居ないように”主治医、治療先医療機関への、傷害事件で被害者が、体のどの部位に怪我を負い、どう言う受傷内容、受傷程度なのか”一歳刑事事件捜査せず、詐欺捜査を常態化させて有り、傷害事件は起きて居ないと偽装で捜査終結、送致受け、この事実立証も果たして有りますから」

傷害事件が起きても「現実として”傷害事件が起きた事は、法律的、医学的に、証明せず”が常時なのだから、傷害事件を理由として、起訴する事自体、間違いと言う事です、出鱈目な、故意に出鱈目な傷害事件?は起きて居ない刑事事件捜査、送致で、傷害事件で起訴って、何処に不起訴、起訴の根拠から有るんですか、恣意的に、傷害事件は起きて居ない詐欺捜査、送致で、不起訴、起訴としているだけです」

普段から、ほぼ「傷害事件が正しく起きた事を、主治医、治療先への医学的証拠を揃える捜査せず、の手で、傷害事件は起きて居ないと、偽装捜査終結、出鱈目な傷害事件無し捜査で統一させて、違法と承知で送致受け、特に”労災、自賠責、任意損保が、傷害事件加害者が負った、対人賠償債務の補填支払いが必要な、傷害事件となれば、ほぼ絶対に”刑事事件捜査、送致で、傷害事件が起きた証拠、傷害事件の加害行為内容、傷害の程度の証明捜査は行いません」

こうしてある理由は「労災事業、自賠責事業、任意損保事業が、合法な賠償金支払いせず、逃げられるようにが目的での”傷害事件が起きた、傷害を受けた部位と程度を、故意に、刑事事件捜査詐欺手法で果たさず通して、傷害事件が起きて居ないように、違法偽装を常とさせて有る、この犯罪刑事訴訟法手続きで統一されて居る”が実態なのです」

ここまでの、犯罪で構成して有る、合法賠償潰し目論見刑事事件詐欺捜査事実、証拠が、合法賠償潰しの、最大の武器で悪用されています、起きて居ない傷害事件と捏造済み、賠償不要で通る訳です。

医師法を、国の強制保険事業で蹂躙、加害者は警察官です、犯罪が勝つか?国家権力犯罪によって?

  • 2021/10/05 07:21

昨年8月11日午後12時10分頃、意識を飛ばした、札幌方面東警察署勤務の警察官が、夜勤明け後の「自分が所有する車を運転して、私が運転する、会社のトラック後部に追突して、私に重い怪我を負わせた、一方的傷害事件、国土交通省も認めている、一括代行なる犯罪民間事業に、自賠責事業も独占させる為に、関係法律不適用特権を与えて有る、国家権力ぐるみ、テロ犯罪制度により」

自賠責事業、任意損保事業は「医師法蹂躙、主治医の医療行為、診断、証明潰しを、犯罪により決行しました、医師法破壊、主治医の医療行為、診断、証明を、犯罪診断で虚偽と決めて、押し通しに走って居ます、しかも”実際には、平成20年10月21日に、後藤x氏が、居眠り運転で一方的に、トラック後部に突っ込んで、怪我を負わせた傷害事件で負った怪我が強く残置しており、既往症の治療だったのを、昨年8月11日の、追突傷害事件で負った怪我だと偽り、医療費、賠償金詐欺を働いたんだ”と、合法根拠無しで、自賠責事業、任意損保事業で」

労働者災害補償保険法、自賠法の規定で?こう、医師法破壊、犯罪診断を下して決めたんだと、異常過ぎる犯罪の積み重ねで、犯罪診断をでっち上げて、主治医と被害者?が、詐欺を働いたんだと、公式でっち上げ決定を下して居ます。

この犯罪が、労災事業、自賠責事業、任意損保事業で「犯罪そのものと承知で、常時凶行されて、合法破壊で成功させられている理由の中には、傷害事件が起きた後、刑事訴訟法手続きを謳う、捜査機関による捜査で”傷害事件が起きた事を、医学的に証明する、主治医に対する補充捜査から、故意にせず”傷害事件は起きて居ないように、刑事事件捜査でも、詐欺を日常的に凶行している、この現実が有るのです」

こんな、とんでも犯罪刑事訴訟法捜査詐欺、が常時行われて「傷害事件が起きた事は、医学的に正しく証明されて居ないように、故意に違法捜査で終えて、違法送致して、検事もグルで送致を受けて居る、この現実が常、の理由は」

損保事業が最上位で、労災事業、自賠責事業と言う、国の強制保険事業が、合法な対人賠償金支払いせず、逃げられるようにと、刑事事件捜査詐欺で先ず、傷害事件が起きた事の立証せずで送致、これで「刑事事件捜査記録で、傷害事件が起きた証明、証拠無しと、傷害事件被害者に対する、賠償責任抹殺公式証拠作りが果たされており、合法賠償叩き潰しし放題、が通されるからくりづくりが常、とされています」

詐欺、犯罪なのですよつまり、傷害事件が起きた事実を、犯罪で抹殺常時、刑事、民事手続きから何から、傷害事件が起きた事実強制抹殺以外、実は警察、司法、行政犯罪が仕組まれており、実は行われて居ない、のこの現実が顕す事は、合法賠償を潰す為に、ここまでの権力犯罪が、国中で凶行されて居るんです。

で「加害者の警察官も、この巨大国家権力犯罪で、責任逃れさせて貰えて居る訳です、犯罪で合法賠償踏み倒し、が通されている警察官、主治医の診断を武器とさせて、正しく人的被害額を算出して、請求する訳ですが、どう言い逃れに走るやら、注目です、加害者警察官も、犯罪で責任逃れが正しい、と公式主張するのか否か?」

傷害事件の加害者なのに、損保、司法犯罪で責任逃れ

  • 2021/10/04 18:14

事故過失100パーセント、一方的な、傷害事件加害者の警察官は、損保、司法犯罪で、責任から逃げて居ます、合理的、合法な、責任逃れでは全く有りません、完全な言い掛かり、でっち上げ、犯罪で、加害者責任逃れして居るだけです。

昨年8月11日昼、意識を飛ばして、一方的追突加害行為に走った、が「意識を飛ばした状態だったので、追突した事も覚えて居ない、警察が、こんな体調の警察官に、自家用車通勤を認めている結果、意識を飛ばして、一方的追突傷害事件を起こす事となったのです」

こう言う事実なのに「合法な、人身加害行為責任賠償を潰す事が目論見と、宣告もしての、言い掛かりによる、対人賠償ほぼ踏み倒し実行、責任逃れして逃げたまま、なのです」

しかも「傷害事件を起こしたが、怪我を負わせて居ない、追突交通事故の怪我は虚偽、実際は、平成20年10月21日に、後藤xから一方的追突されて、負った怪我が強く残置して居て、この怪我の治療が事実だ、昨年8月11日の、追突傷害事件で負った怪我は嘘だ!」

こう、国の強制保険事業である、自賠責事業からして「犯罪で診断?を付けて”主治医の医療行為、診断、証明を、詐欺、虚偽と断じて居るんです”国の強制保険事業が、医師法破壊、犯罪診断でっち上げて、強制的に、犯罪診断が正しいんだと、法の破壊決定までしています」

国家が「医師法蹂躙、医師による医療行為、診断を、法を破壊させて、虚偽、犯罪と決定して、通しに走って居ます、国家資格の無効化、否定毎の犯罪です」

加害者は警察官、主治医の診断、証明が有りますので、加害者に対して、主治医の診断、証明に沿った、損害賠償請求します、犯罪事業の、犯罪、でっち上げ診断等に合法は無し、医師の医療行為、診断、証明が合法、正しいのですから、法により、医師法遵守、主治医の医療行為、診断が、合法証明事実です。

司法犯罪で、強制収奪されて居る、個人所有財産の現実

  • 2021/10/04 07:47

司法が強制収奪、個人の所有財産収奪、犯罪で収奪し放題して居て、他者の財産収奪が、方リル度外視で、正しい犯罪だと、決定、判決を下して、泥棒、詐欺、強盗を正当化させて居ます。

憲法第29条、個人の財産保護憲法規定蹂躙、他者の財産を、犯罪収奪に課せられる筈の、強盗罪、窃盗罪、詐欺罪適用強制免責、警察、司法、国税が強権発動で、個人の財産所有権蹂躙犯罪を、共謀犯で成功させて来ています、警察、司法、国税が、他者の所有財産泥棒、強盗、詐欺に加担して居るのですから、一方的被害者は、どうにも出来ない訳です。

この、個人の所有財産強盗、泥棒、詐欺で奪えれば、犯罪者が被害者の財産を、自分の財産と出来ると、法の破壊で決定、判決を、刑事、民事手続きを最後の武器とさせて、法の破壊で強制決定し捲って来て居る、司法、警察犯罪は「未成年、成年後見人に就任した弁護士、司法書士が、被後見人の所有財産を”裁判所ぐるみで、根こそぎ盗んで手に入れて、逃がされて居る”この泥棒が前提で、後見人は、弁護士、司法書士しか、原則、法律度外視で認めない訳です」

少し前にも、大阪の裁判所裁判官が「未成年者の財産管理後見人複数事案で”表に出しただけでしょうが、未成年者の被後見人のお金を、公開分で7,800万円位、横領させ捲って、仕方なく、弁護士会と裁判所で、表に事件として、公表した”事件も、一部報道されて居ましたが、日常的司法、警察、国税他共謀犯罪ですから」

弁護士用の「他者の財産強盗、窃盗、詐取を行わせて逃がして居る、警察、司法、国税他犯罪、個人の財産所有権等、法曹資格者、司法機関、法務省他行政機関、警察、報道カルトの連中には”根本の教育、人間性、資質、遵法意識欠如が理由、自由主義の意味理解不可能、他者の財産犯罪侵奪は、刑事罰適用犯罪とも、本気で理解不可能故で”他者の所有財産犯罪で収奪は、憲法第29条から犯している、刑事罰則が適用される、極悪な犯罪行為だ等、理解も不可能が実際です」

この現実が大前提で有りますから「傷害事件で受傷被害を負った被害者に対して”対人被害の賠償支払いを潰す黒い目的を持ち、医師法蹂躙、主治医の医療行為、傷害事件が原因の治療診断、傷害事件で受傷を負い、治療を続けて居るとの、主治医の診断、証明を、損保、司法犯罪診断で叩き潰して”」

主治医に、損保、法曹権力等が「犯罪診断が正しい、と偽れるように、カルテ他を偽造して、合法が犯罪だと、捏造カルテ等で証明しろ!”この犯罪で、主治医と傷害事件被害者は、傷害事件で受傷を負った、傷害事件受傷の治療を重ねている、対人賠償債権が生じている、この合法事実を、犯罪だと強制捏造出来るんだ”この黒い目論見を表に出して、主治医に犯罪で証拠カルテ等捏造他、強要して、従わせて、合法な傷害事件受傷被害抹殺!を成功させて居ます」

これ等司法犯罪に共通して居る事は「個人の財産所有の権利を、司法、警察他国家権力が、犯罪によって蹂躙して”正しい犯罪だと、合法無しで強制でっち上げ、決定、判決を下して,成功させる手が、常時使われて居ると言う事と”司法からの、犯罪が正しいと偽れるように、犯罪で証拠偽造等に手を染めろ!要求に応じて居るから”司法犯罪が、正しい犯罪適法化だと、整合性無しででっち上げられて居ると言う事です」

司法からの「犯罪が正しいと偽る為に、犯罪で事実隠ぺい、証拠偽造しろ!命令を、合法を持って拒まれれば”司法犯罪で有ろうと、成功させられません”当たり前です、なので、司法が犯罪命令を出して、合法に背く事は拒否とされれば、冤罪粛清に走り、司法犯罪のみ、常に犯罪で正しいと偽装、成功させる、に走る訳です」

情報発信が、瞬時に世界中に行える今の時代だとも、本当に理解にも至れ無いのですよ、法曹権力、行政、国税、警察、報道カルト、政治権力等は、だから50年を優に超えて、犯罪制度だけを踏襲し続けて居るんです、こんな時代錯誤権力犯罪が永遠に成功すると、本気で狂信して。

昨年から、預金泥棒が犯罪で扱われる事と、司法犯罪隠しでされたと言う

  • 2021/10/04 07:26

一昨年暮れまでは「司法他者の財産、預金泥棒を、制度化して有る他者の財産、他者の預金泥棒だ!と、合法等微塵も無く、弁護士、司法書士が、他者の財産、預金を盗み、所有権を、法の破壊で奪得て通して有る、司法、警察、国税他犯罪、とされて来て居た訳です、報道カルトも、当然共謀犯です」

最高裁大法廷も「多分、国の上の人達が”平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定”を作文して、強制力も備えさせて、相続遺産分割除外説等と言う、泥棒を正当とでっち上げただけの、最高裁小法廷決定、平成15~16年の決定、相続遺産分割除外説は正しい、遺産、遺産預金は、相続が完了まで、盗めた都度、遺産目録偽造で、盗めた遺産を抹殺する、この、最高裁小法廷決定も合わせて、強制破棄した訳ですが」

最高裁の判事15人も「憲法第29条も何も、意味不明故、この、最高裁大法廷最終決定を下したけれど、意味など分からず居たから、この後も泥棒やり放題、が続けられた訳です”強制力も持たせた、最高裁大法廷最終決定、遺産泥棒は、民法第896条等違反だった、以後、強制力を持たせて採用禁止”最高裁大法廷最終決定がこうですが、何の実効性も無しで通されたと言う、原始人が核兵器を手にした、野と同様の、法曹資格者、司法の、憲法、法律も、常識も持ち合わせ無し、の証明実例の巨大な代物です」

この司法、警察他、国家権力共謀、単なる泥棒の、法の破壊で適法捏造と、強制禁止、最高裁大法廷最終決定が出ても「最高裁判事15人からして”自分達で理解して、強制力も添えて下した、最高裁最終決定でも無いようで?この最終決定を下した、平成28年12月19日以降も、変わらず他者の財産、預金、遺産、遺産預金泥棒が続行され続けられて居た現実を生み出して来たのです”」

最高裁大法廷が、法律違反である事も、違反となっている法律も明記して、認めて、強制禁止と最終決定を下したけれど、何の効力も備わって居なかった、表向き最高裁判事15人が、犯罪と気付いて禁じた、司法他犯罪ですが、実効性ゼロで通って来た、憲法、法律規定、最高裁大法廷最終決定、どれも効力等無い、日本の現実の証明です。

どう言う憲法、法律根拠で「合法、違法なのかも何も、法曹資格者連中からして、本当に理解不可能、無知さが尋常を超えて居るから、合否判断も何も、実際にはまるで出来る資質、知識、能力も備えて居ません”医師法破壊、犯罪診断で、医師法、合法医療行為、医学的に正しい証明を、公式に叩き潰させて、通して居る”この司法他犯罪も、同じ理由で、法律蹂躙で、通されて居るんですよ」

弁護士用犯罪被害は隠ぺい、抹殺で、被害者毎消している、預金泥棒も同じ

  • 2021/10/04 06:57

一昨年暮れまで、弁護士用の犯罪だからと、公然と泥棒を認め続けて来た、最高裁大法廷も、平成28年12月19日の最終決定、強制力を持たせた最終決定で、以後採用禁止と強制決定も下して有った、相続遺産分割除外説なる、遺産、遺産預金泥棒は、この後も続行されて来ました、私が詳細に、この司法犯罪の闇の手口、犯罪を、実例証拠も添えて、公開で暴いた事で、昨年から、同じ法の下で、犯罪合法から、犯罪と扱いを、こっそり変えた、司法、警察、金融機関、監督官庁共謀、報道カルトも直接グルの、他者の財産泥棒。

平成15~16年に、最高裁小法廷でも、個人の財産所有の権利を認めて有る、憲法第29条規定も、本当に意味不明故、公式にでっち上げただけの、遺産、遺産預金泥棒入手制度「相続遺産分割除外説等をでっち上げた、司法が、単純な泥棒を、説だのでっち上げて、最高裁小法廷が、正しい遺産泥棒だ、まんまと盗めた遺産、遺産預金は”相続が完了するまでの間は、泥棒に成功する度、遺産目録を偽造して、窃盗に成功した遺産を、相続遺産から、弁護士、裁判官が共謀して、強制抹殺して通す”この犯罪を、平成15~16年に、最高裁小法廷も、公に認めて」

司法、警察、金融屋、監督官庁、国税、報道カルト、政治他共謀の「公式他者の財産、預金泥棒の制度化を果たさせて有った、狂った現実が続けられて来た訳です、この犯罪、刑事訴訟法手続き、民事訴訟法手続き問わず、公式な泥棒正当化、を重ねられて来たんですよ、平成28年12月19日、最高裁大法廷が、強制力も持たせて、民法第896条違反を軸とさせて、強制的に禁止と決定を下した後も、個人に財産所有の権利も、日本国憲法、法律で認められて居る事も、法曹資格者他が、本当に知らない、理解不可能だから、最高裁大法廷最終毛亭の意味も、誰も理解出来なかった結果でです」

で、私が、この国家権力犯罪を、詳細に、実例証拠も揃えて、公開犯罪証明した事で、逆恨み、逆上、犯罪者責任逃れに暴走し捲った、札幌犯罪弁護士会、札幌の裁判官、裁判所、道警は「正しく犯罪を証明して、再犯を防いで、最高裁大法廷最終決定の正しい意味も、公開で証明した私を”合法故犯罪者だ!”と決定、判決を下して、粛清に走った訳です」

結果、国の上が、強制力を行使して、最高裁大法廷最終決定後3年以上経過した、一昨年12月頃、最高裁大法廷最終決定で統一化させた訳です、泥棒強制禁止措置です。

この結果「司法泥棒の責任抹殺を目論んで”昨年から、他者の預金泥棒は、犯罪と変わったけれど”その前の、同じ泥棒は、犯罪責任免責で逃がし捲って居ます”司法犯罪責任逃れが目論見です」

この事実を先ず踏まえてですが「北海道新聞は”昨年からの、他者の預金泥棒実例で、行為者と被害者に取材して”悪い事をした、騙された自分が悪いだのと、方向を故意に変える特集を出して居ます、大元の犯罪、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒、被後見人の財産、預金泥棒を、司法、警察が指揮して凶行三昧、加害者擁護、被害者抹殺の現実を隠蔽して、司法犯罪を隠す為の、恣意的特集、情報操作でしょうね」

加害者警察官は、犯罪を武器とさせて逃げるか?

  • 2021/10/03 15:12

昨年8月11日午後12時10分頃、一方的追突傷害事件を起こした、札幌方面東警察署勤務警察官は、傷害事件加害者事実は、一応認めた、筈ですが?任意損保、自賠損保他と共謀して、傷害事件が起きた事実から、合法無しで否定して?賠償責任も逃げて通して居ます。

今まで通りの、傷害事件加害者責任抹殺の武器、医師法違反犯罪診断でっち上げれば、自賠責事業、任意損保事業、司法犯罪国家権力が共謀犯なので「医師法破壊、犯罪診断が適法でっち上げで決めて、主治医の医療行為、診断叩き潰し、合法な、傷害事件で負わせた怪我の治療費、休業損害、慰謝料、後遺症被害金踏み倒し成功、この手で通ったのだけれど」

自賠責、任意損保犯罪診断でっち上げの手は「犯罪で有り、合法な、主治医の医療行為、診断叩き潰しの絶対の武器、とは出来ない事態に陥って居ます、何時も通りの、医師法蹂躙、犯罪診断でっち上げを、自賠事業、任意損保事業、司法権力が行い、正しい医師法蹂躙犯罪診断だ、とは、法律的にも、強制犯罪合法化、で通せません」

ここまで医師法蹂躙、犯罪診断で、主治医の医療行為、診断、証明破壊が成功出来た、巨大国家権力犯罪のなぞり犯罪事実が、公開で犯罪と証明されて、主治医による、傷害事件で負った怪我の治療を行って来た、検査画像で、骨に異常が見られる、視力が一気に低下して居る、診断、証明が出ているんです、加害者警察官は、医師法蹂躙、主治医の医療行為、診断、証明は犯罪で、犯罪診断が正し、と、公式に主張して、責任逃れに走れるか、公開で答えが出ます。

何しろ「素因の競合とやらで、別の傷害事件で、加害者責任を被せられても居る立場の、追突傷害事件加害者です、違法、犯罪診断を武器とさせて、正しい傷害事件加害者責任逃れしても、じゃあ、素因の競合犯罪診断で、別の傷害事件で、加害者責任を負わされている方を、理不尽、言い掛かりで飲むのか?に係るしね」

まして、警察官の立場で、犯罪診断が正しいと、合法賠償逃れ目的で、言い掛かりで責任逃れに走れば、傷害事件抹殺捜査、犯罪捜査も常とさせて有る、刑訴法破壊犯罪も合わせて、警察、司法、労災、自賠事業毎、破壊する実例証拠が出来る訳だし。

医師法強制破壊、司法犯罪で

  • 2021/10/03 14:40

医師法強制無効化実現、損保用に、司法、警察、監督官庁が、闇で仕組んで、この極悪犯罪が、損保が合法賠償せず、逃げられるように出来て通されています、主治医にカルテも何でも、傷害事件が起きた事実抹殺、傷害事件加害者賠償債務抹殺目的で、偽造させて通して有る、医師を犯罪者に落として有る、異常過ぎる司法、警察他犯罪です、事実ですよ、この犯罪、司法犯罪も。

医師法の破壊、闇で無効化を実現させて有る、犯罪診断が正しいと、医師法蹂躙で、合法無しで強制決定だけを、最後は判決、決定を下すまでして、犯罪診断が適法、主治医の傷害事件受傷の治療、証明は、犯罪だと強制決定して、合法犯罪を成功させて有る。

結果「医師法の正しい遵守等、特に警察、法曹権力、司法機関、法務省、厚労省、国土交通省、警察、保険者等には、絵空事以下の代物、遵守不要な法律、主治医は、カルテ他偽造命令を受けて、偽造を恒常化させて居る、犯罪国家資格者だと、事実証拠を持って、知悉している状況までになって居ます」

これが実際だから「民事事件はもう、合憲、合法等叩き潰して、犯罪で構成されて居る現実であり、医師法遵守も、綺麗に叩き潰されて通されて居る、刑事、民事ともこれが実態となって居ます」

この現実なので「警察官も検事も”傷害事件と証明する筈の、傷害事件で傷害を負わされた、患者の主治医、治療先に、患者の診療情報、健康保険情報を出させるに際しても、守秘情報等と、現実もそうなように、思っても居ませんから、守秘情報入手手続きも、取らない訳です”」

患者と主治医から、守秘情報を得るに際して、書面で必要事項を記載して、患者、主治医が合意して、流す守秘情報は何で、受ける側の警察、検事等が、何処でどう使うのか、情報の正しい仕様、守秘責任項目記載も果たして、これ等合法な手続きも何も、警察、司法は、守る気も無い、医師法破壊済み、と思い上がり切っているので守って居ませんしね。

医師法破壊が果たされて居る、診療情報から何から、どうせ主治医に命じれば、幾らでも偽造する代物の情報だし、診療情報、健康保険情報、患者の情報何でも、主治医、医療機関、保険者から、警察、検事も、損保、自賠責事業、労災事業と同じで、犯罪で偽造、入手し放題で、犯罪利用し捲っても居ます、これで警察、司法なのです。

医師法の正しい遵守潰し、司法犯罪を成功させる為

  • 2021/10/03 14:15

情報が瞬時に、事実通りにも世界発信されるように、大きく変わり続けて居る、世界の状況と言う現実にも目を向けられず、昭和44~45年頃に「この時点で犯罪の、医師法蹂躙、犯罪診断強制適法捏造で、犯罪診断のみ正しいと、判決、決定を下して通す、傷害事件で生じた、賠償金踏み倒し目論見が大元で、合法な賠償を、医師法破壊で潰す、犯罪診断適法でっち上げ判決常時、を武器で使い」

主治医の傷害事件で請けた受傷の治療行為、証明を潰す為の、カルテ他強制偽造を命じて、一般傷病の治療だと、偽造カルテ他で偽り、通す司法犯罪、これも成功させて居るのです。

十和田労基相手の「損保、提携弁護士、民亊担当裁判官共謀犯罪、言い掛かりで、交通事故労災受傷の治療潰し目的詐欺訴訟提起、詐欺訴訟と承知で受理、闇で設定済み通り、損保、提携弁護士の、犯罪診断が正しいと、合法無しで判決を下して、確定させて”十数年、労災で法に沿い、支給し続けて居る事を、この犯罪診断勝訴判決を、損保、提携弁護士が振り翳して、十和田労基恐喝に走った訳です”」

「この、犯罪診断が正しいと、判決が出て決まった事実が有るんだ、労基、主治医にカルテ等偽造させて、交通事故労災による受傷の治療、とのカルテ他を、判決に合わせて、一般傷病の治療だと偽らせて、交通事故労災による受傷の治療だから、医療費、休業損害支給して居る事を、詐欺だったことにして、労災から治療費、休業損害支給を止めて、過去分、カルテを偽造させて、一般傷病の治療だった、詐欺だと言う事にして、回収しろ!この労基恐喝事件も、司法犯罪が向上凶行されて居るから、起きた訳です」

合法な傷害事件との証拠、証明を、先ずカルテ他偽造命令を、主治医に出して、傷害事件による怪我の治療と言う事実、証拠を抹殺させて居る、この犯罪を、損保が指揮、提携弁護士、警察、刑事、民事事件担当裁判官、厚生労働省、国土交通省が下僕化して居て、犯罪の指示、命令を受けて、主治医に犯罪命令を出す、必要な権力犯罪に、手を染めても居る、犯罪を行い、手を汚して成功させて居る、これを、十和田労基相手にも、何時も通り凶行しただけ、の積りだったんでしょうね。

ですが、情報が瞬時に世界に流される、この時代ですからね、傷害事件が起きたら、加害責任者と、賠償債務支払い責任を負う任意損保、国の賠償保険事業は、司法、警察等と共謀して、合法賠償せず逃げる目的で、先ず主治医に、傷害事件被害受傷の治療、これをカルテ偽造で抹殺からさせて居る、この事実も、世界発信されて、常なる権力犯罪だと知れ渡って居る、現実になって居ます。

昭和44~45年に、初めから犯罪で成功させただけ、の極悪犯罪の手を、半世紀を優に超えた今も、ばれない犯罪だと、本気で世の中を舐め切り、傷害事件抹殺目論見、カルテから強制偽造させる手から,国中で凶行し捲って居ます、ばれている犯罪ですけれど。

ページ移動

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225174
ユニークアクセス:5393066
今日
ページビュー:1058
ユニークアクセス:1042
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed