エントリー

2018年01月の記事は以下のとおりです。

道警本部も

  • 2018/01/30 16:25

道警本部生活経済課も「ネクステップの”事業”は、犯罪であり、表だって出来ない事は、理解致しました」

札幌近郊の市役所も「ネクステップの一件が大きく物を言い、昨日の当社からの”特に空き家からの家財の、違法業者による請負処理実施への備え”それ用の手続きを、その通りだと、分かって貰えて居ます」

さて次は「空き家から家財、神仏具等を、処理目的で運び出し、処理する事業を、どう言う手続きを取れば、何が備われば出来るか、ここに行くとしますか」

ネクステップの一件により、闇の事業が表に出されました、当社で構築した、他では足元にも及ばない、実務知識が「国家犯罪を詳細に暴き、表に出して、闇の事業で続行して行く事が、非常に困難な状況に追い込む武器と成っています」

で、国が今後、この国際環境犯罪を、どう扱うべきか、当社で道筋も付けて居ます。

最重要点は「市町村が空き家を、警察と共に、近隣住民の協力も得る形で、きちんと監視して行く事です、空き家の解体問題とも、密接に関係して居ます”空き家に放置された家財、親書、アルバム、神仏具の処分が、空き家の解体を、行政執行で行う場合にも”立ちはだかって居るのですしね」

空き家の中を、どうやって”適法に”からにすべきか、初めに立ちはだかる問題なのですから「家屋の解体撤去も、建設業です、関わりますからね、ここからですから、家屋解体は」

合法化へ移行の理由が

  • 2018/01/30 08:33

国際環境犯罪を、今では大半の国家権力が、犯罪者の側に立ち、犯罪の限りを尽くさせて、犯罪を暴かれれば、法の適用を破壊させて、犯罪を免責と、国家権力を悪用して決めて、公開犯罪へと昇格させて、通し続けて居ます。

裁判所、札幌市他保護課が「一定の合法化、適法化を、当社からの犯罪事実の指摘を受けて、適法化策も助言されて、受け入れて、適法化へ切り替えて行っている事が”そもそも必要なのか?”」

と言う、異常事態が拡大し続けて居ます「国家権力の大半は”犯罪を認めて、犯罪を免責させて、国中で国際環境犯罪を行わせて、通して居るんです”合法化、適法化に切り替える必要は、正直無いんですよね」

犯罪の連鎖により、国際環境犯罪は、国家権力ぐるみの組織犯罪、表では個人犯罪と偽装されているが、の国際犯罪は「日本の国家権力の多くが、犯罪を認めて、必要な犯罪に手を染める事も、犯罪を成功させる為に、国家権力が犯罪に手も染めて、国中で犯罪を展開させて、表向き成功させて居ます」

この現実を見れば、合法化へ、適法化へ舵を切る必要なぞ、見当たりませんから、裁判所、札幌市保護課は、良く適法化へ舵を切りましたよね。

そうこうしていたら「ネクステップさんが”国際環境犯罪関係に、公式参入する、宣言です”まあこうなって行きますよね、国家権力が犯罪を指揮し、加担しており、犯罪を見逃して、通して居るんだから」

合法化が一定果たされた、犯罪公認と整合性が取れない

  • 2018/01/30 08:14

札幌市保護課も、裁判所と同様に「一定分、個人の所有物の一括処理請負公共事業、犯罪を複数行わせて、表向き成功させて有る公共事業を、当社からの犯罪事実の指摘と、適法化策の提示を受けて、一定適法化を果たしました」

最後の廃棄処理が「裁判所は、環境事業公社が、違法に一括焼却処理する、札幌市による行政指導犯罪処理を拒絶したけれど、保護課は”公社による、一括犯罪焼却処理に一本化して居ます”」

結局札幌市役所、市議会挙げての国際環境犯罪事業、環境事業公社(下請け産廃業者ですが)による、犯罪違法一括焼却処理か「一括処理を請負、排出者は、委任側個人なのを、違法一括処理請負業者が排出者の事業塵と偽る、犯罪廃棄処理か、どっちかしか行え無いのです」

犯罪が続いています「まあ、札幌市保護課と札幌他裁判所が”国家権力犯罪である、遺品物品、他者が正当な所有者の物品を、所有者を違法処理請負業者と偽る廃棄処理”公共事業を認めて、一定適法化を果たした事が、果たさせた事実が、奇跡ですから」

普通であれば「司法、警察が”犯罪を暴き、表に出して、合法化を要求する者を、冤罪粛清しに走るし、しくじれば、直接殺そうともします”」

その現実を鑑みれば、まだ「裁判所、札幌市保護課が、出来る限りの適法化を果たした事は、大功績です、結果として”国家権力犯罪の、国中での公認事実が、更に際立って居ますから”」

犯罪事業許可申請

  • 2018/01/30 07:58

重罪が科せられる犯罪を「大手不動産業者が”新規の事業として、公式に行います”こう宣言もして居るけれど、きちんと許可を出して、法に沿った許可が出れば、許可を出した市町村では、事業として行える、けれど」

犯罪を新規事業で行うんでしょう、法に照らし合わせて、合否を正しく判断出来る「市町村の担当役人が居れば、絶対に事業許可は、出せませんから」

事業申請出来る条件が、丸投げ前提です、無いからね「そして”そもそも、不動産屋、便利屋、リサイクル業者、運送屋には、遺品だの個人の所有物だのを、一括で廃棄処理を請け負える法律は、無いです”」

一廃、産廃収集運搬業者も同様です、一括で遺品だの、一廃だのを、一括で廃棄処理請け出来る法律から無いから。

この手の業者が出来るのは「荷役作業側の請負、便利屋、リサイクル業者、運送屋が請け負えるのはこの部分で、遺品であれば、相続権者全員から、分別、搬出のみ請け負った場合、ここだけ出来ます」

遺品の廃棄処理請負は「相続権者が合法相続して、遺品では無くなり、所有者が決まってから、所有者による廃棄処理、です、ないしは”相続権者全員が、無価値遺品物品と決めて、再利用用に必要経費を遺産金から出して、引き取らせるか、相続権者全員が、自ら廃棄処理して、費用を遺産現金から出すか、です」

ネクステップ、道新経済部「不動産屋が勝手に”遺品等を相続前に売る、廃棄処理する事業を立ち上げました”宣言しても”法的な手続き、合法事業実施根拠が、全く無いだろ、勝手に事業展開を宣言する名よ、犯罪を丸投げして行い、犯罪で利得を得る、実施宣言するな」

国策犯罪事実が、更に公開証明

  • 2018/01/30 07:42

札幌市保護課が、保護受給者の家財等の、税金を使っての処理公共事業で、当社からの適法化策を受け入れて、ようやく「札幌市、環境事業公社犯罪分以外は、適法化を果たしました」

となって、更に「ネクステップ方式の犯罪が、堂々とまかり通されて居る、国家権力が指揮を執って居るから、この事実が、とても分かり易く知れ渡る事となって居ます」

国際環境犯罪を、国家権力が一体となり、国中で展開させて、犯罪を認めて通して居ます。

公開犯罪ですが「じゃあ”事業として、公式に、一般廃棄物で処理ですから、各市町村に”この犯罪を、事業として、申請を出して、ここまで犯罪事実を、当社が公式証明して有る中で、認められるのでしょうか”」

当社の新事業は「法律と、設備所持、直接事業実施体制が有りますから”事業を付け加える必要は、無いです”」

ネクステップ等は「事業として、約款に加える、許可は事業実施先、全市町村に事業申請手続きを取り、許可が合法に出れば、許可を出した先の市町村では、出来る」

こう言う手続きが、先ず必須ですが「犯罪を凌ぎとさせて居る便利屋、リサイクル業者、運送屋等に丸投げです、事業申請から、出せないですよね」

この事業?は「物理的な前提条件が、複数有ります”丸投げで事業実施自体、犯罪だから”」

ピン撥ねで稼ごうとする事自体、刑事罰も科せられる金儲けだから。

札幌市保護課の

  • 2018/01/30 07:05

@札幌市役所保護課の事業”保護世帯家財等の税金使用処理”は、当社の合法化の手立て助言を受け入れて”会計課も合法化へ是正に加わり”環境事業公社犯罪廃棄処理以外は、国策である、利用出来る物品は再利用国策の拒絶、之以外は適法化されて居ると、中央区保護課、山崎課長から回答を貰いました
                               平成30年1月30日
河戸光彦会計検査院院長、広報鈴木、吉田他、国税犯罪使用公認
FAX03-3593-2530
公正取引員会北海道事務所
FAX011-261-1719
大谷直人最高裁長官、広報
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 市保護課、強制執行物品廃棄処理は、ここに倣うべきです
上野友慈札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、札幌、釧路方面本部、各所轄、栗山、千歳署長
TEL,FAX011-251-0110
(株)ネクステップ 水江千秋社長、水江総務部長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

高橋道知事、道議会議員全員、道庁、振興局環境、保護介護保険、障害福祉課
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会議員全員、環境、会計課、市税、保護、介護保険、障害福祉課市、区部署、オンブズマン
FAX011-218-5166 受け取り事実隠蔽防止の為、提供後返信
FAX011-210-5596 道新経済部、勝木デスク
FAX011-222-7206 道新報道部、道警記者クラブ樋口記者
FAX011-231-4997 NHK放送部米田記者

1、札幌中央区役所保護課、山崎課長と話して「市、環境事業公社による、国際環境犯罪、違法一括焼却以外は、ハウスリメイクからの合法化手法に切り替え出来た経緯を、昨日聞きました」

山崎課長ーハウスリメイクさんから”現行行って居る、保護受給者家庭の家財等の廃棄処理事業で、業者に一括搬出運搬処理させて、処理時に、請負業者が排出者の事業塵”と偽る(偽装引っ越しの手も有る)事業は犯罪、分別、搬出まで荷役業者に行わせて、廃棄物処理請けは、合法処理受け出来る業者に、市が処理費を払う手続き(か、必要費用を出し、再利用目的を一義とした、一括引き取らせ、国策はこれです)として、排出者偽装は止める事、こう伝えられて居ました。

山崎課長ーですが”札幌市役所、環境局、会計課の手続きで、この廃棄処理方法が認められておらず、市保護自立支援課、会計課、環境局で協議して、保護世帯家財等廃棄処理費用を、保護課から処理請け業者に、直に支払えるように、是正して貰い”環境事業公社を使い、処理を一括で請け負わせ、保護課から公社に処理費を払う手続きと出来ました。

山崎課長ー公社には中間分別施設も無いので”公社下請け産廃業者は、作業員が条例通り分別し、庭先に分けて置いた廃棄物を、纏めてパッカー車に投入し、一括焼却して居る事実に付いては”、、、、。

山本ーこの廃棄処理を止めて”札幌地裁民事執行搬出物品の廃棄処理方法に切り替えるべきです”札幌地裁も、環境東田から”搬出物排出者を運送業者、と偽造は禁止、公社を使い、混合焼却処理に是正せよ、こう指導を受けたが、当社から廃棄物処理法、市条例違反と指摘を受け”公社下請けには、合法焼却出来る廃棄物のみ渡して、他の廃棄物は、合法引き取り出来る、複数業者を呼び、処理を果たして居ます、この処理方法に是正が必須です。

山本ー国の政策では”再利用出来る物品は、出来るだけ再利用して、二酸化炭素削減を果たす事”なので、当社は国の政策を受けた事業も立ち上げて居ます、裁判所もですが、あらゆる物品を、強制塵処理、焼却は、国策に反して居ますけれどね。

2、札幌市保護課による、保護受給者家財等の税金使用処理は「一括処理発注、排出者を違法処理請け業者と偽らせ、違法処理から”このように、廃棄処理部分以外は、当社の適法化策を取り入れ、適法化されて居ます”記載先が結託して、保護課も行って来た、一括犯罪処理請負の公認と、更に不整合が拡大して居ます」

3、ネクステップ、報道には「昨日の文書、札幌近郊市宛、ネクステップ方式犯罪への対策手続き文書も送ります」

犯罪計画書を

  • 2018/01/29 17:02

犯罪業者達、犯罪を日々行って居る、その事実を事業計画書として、文書化しろ。

その犯罪事業計画書、遺品犯罪処理請負、個人所有物犯罪処理請負行為を、きちんと事業計画書として造り、国税庁、道警本部に渡せば良いよ。

その手続きを取れば、その後は「公然と、逮捕の危険も大半消えて、事業計画書に記載した、重罪が科せられる犯罪を、公然と行えるから」

闇でやらずに、犯罪計画書を作り、国税、警察に渡すべきです、その「手続き」を取れば、ほぼ摘発は、されませんから。

どうせ国中で、日々巨大な規模で行われて、国家権力からの「公開でも行って、通して有る犯罪だから、好きなように犯罪を手掛けろ」

こう、犯罪を認められて、表立って犯罪の限りを尽くせるから、闇で行わず、犯罪計画書を作り、国税、道警本部に渡すべきです「どうせ日々、同じ犯罪を、民間相手で重ねて居る、のでしょうから」

札幌市役所が、生活保護費を給付して居る家庭の、不要な家財を、税金を使い、処理させる公共事業では「私の犯罪禁止、適法化策の伝授も有り、環境事業公社の犯罪は是正されて居ませんが、多くの部分で私が指摘して、適法化対策を取らせるとした事が、見事行われて居たようです」

犯罪業者との

  • 2018/01/29 16:44

犯罪を凌ぎとして居る、便利屋、リサイクル業者、遺品整理業者、運送屋と、行政との真っ黒い関係。

不動産屋、医療機関も同様です、闇の関係が、犯罪の委任、犯罪の請負が、この連中間の繋がり、関係です。

札幌市生活保護課が「犯罪を凌ぎとさせて居る、この連中との、犯罪個人所有物一括犯罪処理、保護世帯家財等犯罪請負処理の実施での、犯罪行為委任、請負の関係を”保護世帯家財等、税金で処理公共事業”に関しては、ようやく犯罪委任、犯罪処理請負の関係を、断ち切ったようでっす」

ですが、この連中は、他の同様犯罪を、民間から請負、保護世帯の家財等犯罪処理方式で、同様の犯罪を重ねて居ます。

結局、犯罪業者と札幌市役所は、呉越同舟のままなのです「保護世帯、独居老人等が死去して、住居を開けなければならなくなれば”結局、犯罪業者を使わせて、残置物を犯罪処理請負させて居ますし”」

犯罪業者と札幌市役所は、このように「今更手を切る事は出来ない、犯罪者同士の一体化の関係なのです」

札幌市保護課は「私から合法化を果たすよう、強く求められたし、合法化の手立ても教えられたので”それに沿い、一定の合法化を果たせたのです”」

私と敵対して居ながら、私からの合法化策は、使って来たのです、犯罪業者との黒い癒着を暴かれたし、逆恨みは深いんでしょうね。

結局使って居るのは

  • 2018/01/29 15:57

札幌市保護課もです「結局保護世帯家財等の処理で、使っている業者は”他の同様一廃処理で、今まで通りの犯罪請負処理を行って居る、犯罪業者を、結局使って居ます”」

保護課が金を出す、保護家庭の家財処理公共事業は「環境事業公社犯罪を除けば”排出者偽装で処理”これは、やらなくなりました、でも、分別、搬出を請け負って居る業者達は、他の請負で、やはり同じ犯罪請負、犯罪処理を行って居ます”」

犯罪者を市が、税金事業で使い、税金資金を流して居る構図も、変わって居ません。

札幌市の役人、保護世帯側関与者、ここが「犯罪を請け負って居る連中と、変わらず犯罪で手を組み、税金資金を流して居るんです」

犯罪事業計画書を、犯罪請負業者に作らせて、道警、札幌市役所、国税に出させるべきです「今まで通りの犯罪を、公式に認めて下さい、こう道警本部、札幌市役所、国税に、公式に出すべきです」

実際犯罪を、今も続けている連中です、犯罪事業計画書を、今後は作り、犯罪を行う先の市町村役場と、所轄警察署と、国税に出させるべきです。

その犯罪計画書を、公式審査して、犯罪を公式に行う事を認めれば良いのです「どうせ実態は、こうなのだから、犯罪を官民挙げて行い続けて居るのだから」

札幌市保護課の

  • 2018/01/29 15:44

札幌市役所保護課が「保護世帯の家財等を”排出者を偽装して、犯罪廃棄処理から、違法焼却処理専門の環境事業公社に、じかに保護世帯の廃棄物処理費用を支払うように変えたのは”こう言う事だと、さっき中央区役所保護課、山崎課長が教えてくださいました」

山崎課長ー山本さんから昨年、保護世帯の家財の廃棄処理事業は、法を犯している、こう指摘されて、後に環境局から出た通知文には”違法な業者を使う事はまかりならぬ”と書かれて居たので、排出者を偽る処理も、禁じられて居たのです。

山崎ーですが”札幌市保護課の業務と、環境局、会計課の業務内容では、廃棄物処理を、合法処理受け出来る業者に、排出者側、保護世帯側が処理委任して、処理請け後、市保護課から処理業者に、排出者を偽らず、処理費を支払う事が出来ませんでした”

山崎ーそれで、会計課、環境局と協議して”保護世帯側が公社に、廃棄物処理を委任して、処理後、市から公社に直接処理費を支払える手続きに変えて貰い”排出者を偽らず、市から公社に、直接廃棄物処理費を支払えるようになったんです。

山本ーそうだったんだ、でもね”公社は中間処理施設も無いから、折角業者が、市の条例に沿い、処理物品毎に分類した廃棄物を、公社下請け産廃業者は、片っ端からパッカー車に放り込み、違法一括焼却して居るよ”市の仕組みでは、合法な処理は不可能なんだよ、裁判所のように、合法処理請け出来る業者多数を呼び、合法な処理としなければ駄目だよ。

山本ー公社下請けには”燃やせる廃棄物だけ引き取らせて”他はそれぞれ引き取れる、専門業者を呼んで、合法廃棄処理しなければ駄目だよ、今度はここだね、合法化に必要な所は。

ページ移動

ユーティリティ

2018年01月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384451
ユニークアクセス:2902849
今日
ページビュー:1076
ユニークアクセス:1045
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed