エントリー

2021年10月の記事は以下のとおりです。

日本初の、損保、司法犯罪債務不存在確認訴訟、医師法違反後遺症審査が俎上に

  • 2021/10/29 09:03

日本初でしょうね「人身交通事故対人賠償裁判、定番の訴訟詐欺、債務不存在確認訴訟で”後遺症診断書偽造、行使、自賠責料率算出機構が、医師法違反、偽造後遺症診断書で、国として後遺症詐欺審査実施”この事件が、公式に提示された訳です」

今後、裁判上でも「後遺症診断書偽造、行使、偽造診断書で、国の自賠責事業が詐欺後遺症審査実施、不認定、これも審理?もされると言う”ようやくこの損保、司法犯罪も、公式に実例、証拠を持ち”司法の場でも、正しく扱われる実例作りが実現したんです」

第一ですよ「医療機関が休院日を”後遺症作成日、患者が主治医の診察を受けて、後遺症診断書作成委任した日”と捏造する愚かしさ、馬鹿を超えて居ます」

当然ですが、受診はしておらず、後遺症診断書は偽造作成です「元々の、後遺症診断書の作成日は、平成28年3月30日でしたが、損保から医療機関に、平成29年12月31日に、後遺症診断書作成日を変えて欲しいと求めが来たからと、偽造後遺症診断書作成日”だけ”この日に書き換えた診断書です」

当然ですが「カルテの記載には”後遺症診断書の内容は同じとして、作成日を、平成28年3月30日から、平成29年12月31日に、偽造で書き換えた、とのカルテ記載は有りません”カルテ、後遺症診断書共に、偽造と言う事です」

この犯罪、札幌地裁民事訴訟にも、公に持ち出されて居るから、もう闇に葬る事も出来ません、医師法違反行為事実も、もう公式に、実例証拠で残ります、犯罪行為事実は、公文書記録に残ります。

当然ですが、主治医は最高位で、医師法違反行為者責任を問われます、愚かしい事をまあ、国家資格者業務の意味も、まるで理解出来て居ない結果でしょう。

同様の犯罪、カルテ、診断書偽造、行使事実証拠も、山のように裁判所、裁判資料も含めて揃って居るから「こう言う形で、民事裁判上の、診療録、診断書偽造、国の賠償事業でも、偽造診断書で後遺症審査実施、賠償詐欺が、公式に表で取り扱われた事件、が出来た事は、今後様々に、損保指揮、司法犯罪糾弾等に、となります」

嘘吐き相手には

  • 2021/10/29 08:29

嘘吐き相手の対話?は「相手の嘘の狙いから、きちんと探り出す事が、先ず最大の目的としなければなりません、嘘吐きは”黒い目論見”が、常に嘘の裏に有るからです」

小樽に環境犯罪、不動産侵奪、農水省、北海道庁、今では小樽市役所も、直接共謀権力犯罪組織、の事件でも、道庁、後志振興局、小樽市役所が、嘘の羅列に狂奔し捲って居ます、目視で判別出来る、国有農地、民有地への「廃棄物土砂大量投棄犯罪、違法な国道造成、不特定多数の使用に、法を犯して供させて居る、この一連の、行政犯罪を糊塗しようと、行政権限悪用で、嘘の羅列を重ねて居ます」

この狙いが、当社によって暴かれて「腐り切った権力者達は”話し合いを”と、馬鹿の一つ覚えで吐くだけを重ねているが、要するに、難の理解力も無い、解決能力も無い事の吐露、が事実です」

話し合いと言うのは「問題点の、双方の理解の程度の把握、どう言う現実逃避を狙って居るか?有る程度、正しく解決しようと思って居るのか?これらを、協議しながら探り当てて、虚言、責任転嫁で逃げる気と分かれば、法による、公式解決に動けば良い事です」

小樽の行政ぐるみ、環境犯罪、不動産侵奪犯罪は「農水省、北海道庁、小樽市役所が、今では公に共謀犯となっており”地元住民ぐるみのこの犯罪を糊塗しようと、住民と共謀して、でっち上げた、廃棄物土砂での宅地造成行為、建物建設工事凶行”と言う、虚偽そのものの犯罪を捏造にまで、公に走った訳です」

根本の、農水省、北海道庁と、地域住民共謀環境犯罪、土地侵奪犯罪が証明されてしまった事を、虚偽の犯罪捏造で、自分達の悪行の隠蔽工作目論見で、嘘で塗り固めた、違法な建設残土での宅地造成、違法な建物建築工事目的犯罪、をでっち上げたと言う事です。

この嘘を武器とさせて、農水省、北海道庁、小樽市役所共謀犯罪を、虚偽告発で抹殺に走って居る訳です。

話し合いで解決は「不法行為者が、ある程度協議に応じる場合だけで有り、嘘と法破り責任不当転嫁、自分達の法を犯した責任を、不都合な相手に不法転嫁の連中は、話し合いで解決の相手では無いから」

物理的に、動かせない事実が存在する、法を犯した行為は「法に反した側が”まともで無いなら、虚偽を吐き、不当な責任転嫁で、その場だけ逃げに走る”司法犯罪、x族テロ行為と同様に、です」

x族らも、法曹資格者連中と基本同様で、当たり前からほぼ理解すら、が実際の結果では

  • 2021/10/29 07:39

x族、ひもを血税で飼い、虚構の華々しい経歴で、虚構の飾り立てに必死、と親、x族達、971庁、政府ぐるみ、血税不正、憲法第1,4,8,88,99条蹂躙、確信的憲法違反に加担も、何も備えて居ない、単なるxxな権力者集団故、憲法から公然と蹂躙も何も、揃って理解の他、何に対しても、正しく本質を先ず理解して、出来るだけ深手を負わない解決、処理策を、無数に想定して、状況の変化により、解決、処理策を当て嵌めて等、司法カルトと同様に、無い資質、実務知識、判断能力故、全く出来ない結果でしょう。

多分この国家権力集団、ひもに狂って居るあれの所業、両親、妹の所業に付いても「憲法第1,4,8,99,99条違反から凶行事実も何も、きちんと理解も出来ないまま、なのだと?決意税法を犯した流用も、理解にも至れ無い、恐らく、祖父母も同様に?」

憲法にも定めて、手厚く保護されて居るが”独裁国家支配権限は、憲法上も持たせられて居ない”けれど、この事実も含めて、揃って理解もさせられておらず又「独裁国家、国民恐怖支配権力で通せるように、実は闇で仕組んでだと、国際的に発信された通り、ですし、憲法規定公式蹂躙、も通せて居るように」

国民、民族統合の象徴、これが存在出来る理由、根拠なのですが「合憲、合法破壊、国家、国民は、独裁者の自分達の下僕、憲法、法律、社会正義に背いた自分達、を糾弾は、敵と見做して国際発信実行、血税不正流用他、x族憲法違反特権で」

合憲、合法の破壊、テロに狂奔出来て通る理由がこれ、司法犯罪制度と同じ手で成功、設定だけの神集団は「平民が正しく、この独裁権力を、合憲、合法に背いたら、公式に、責任を正しく課させなければならない、議会制民主主義が憲法の原則、国民の権利なのだから、この鉄則を、先ず叩き潰そうと、恐怖独裁国家、民族支配、贄如きが憲法、法律蹂躙行為により糾弾など認めぬ、宣戦布告だ!にも走ったと言う」

x族、971庁、政府による、憲法違反テロの凶行、これを認めない平民、贄は、敵と宣戦布告を国際発信、国民を「設定だけの神に、贄として無条件で服従、支配される者と、合憲、合法、社会正義に背くx族は認めない平民、逆らう贄に宣戦布告、フランス革命前夜の再現状態と?虚構の、憲法規定上だけの、国民統合の象徴の、公式実態、恐怖独裁支配権力に逆らう贄に、宣戦布告迄行えて、通されて居ると言う」

司法犯罪制度を暴き、合憲、合法を通そうとする平民は、冤罪粛清テロの餌食、と同様の、x族他の、恐怖独裁支配実現!への暴走です。

嘘吐きは、その場だけの嘘を重ねる”司法犯罪制度、x族国民と敵対理由”もこれ

  • 2021/10/29 07:14

嘘吐きは、その場しのぎの嘘を、連続性を偽装する頭も持たず、重ね続けます、根っからの嘘吐きは、嘘に整合性を持たせる頭も、思考力も持ち合わせません、嘘の根本理由は、ここからきちんと理解も出来ません。

司法犯罪制度も、これで強制成立に持ち込んで有るだけ、の代物です、根本の合法を、きちんとまず理解する頭もなにも持ち合わせて居ない故、でっち上げた”犯罪を制度化させて居る”この真実すら、無知故分かりません、ですから「司法犯罪制度は”こう言う法律根拠、事実証拠により、単なる犯罪だ、と公式立証されて、正しい反論等出来ないのです、で、反論?対抗策?が、常に”憲法、法律が間違いだ、議員立法も間違いだ”この狂った言い逃れ、に常に走ります、これでしか、言い逃れ出来ないからです、合憲、合法論、正論の対局が司法犯罪、と立証されてしまった結果」

医師法破壊、損保、共済用司法他犯罪、医師が医師免許により、医療行為を行い、診断した、国家資格者業務を、犯罪診断、損保が合法賠償せず、逃げられるように、診療録、診断書を、第三者行為傷害受傷の治療が事実なのを、一般傷病が原因、の傷病が理由の治療、と、医師にカルテ、診断書偽造、行使命令を出して、従わせて通して有る「債務不存在確認訴訟なる、この医師法蹂躙犯罪用、訴訟詐欺も仕組まれている通りです」

債務不存在確認訴訟提起→この詐欺訴訟には”後遺症診断書が作成されて、自賠責料率算出機構が、後遺症審査を実施したが、後遺症不認定となった”とも、訴え事実で書いて有りますが→後遺症診断書の作成日は、平成28年3月30日でしたが、横線で年月日が消されて、平成29年12月31日の日付へと変わって居ます→この、後遺症診断書作成日”だけ”1年9ヵ月後にずらされた事実は、カルテの記載には無いと言う?カルテも偽造と言う→つまり、国土交通省は、自賠責事業と言う、国の強制保険事業で、偽造診断書等を悪用して、詐欺後遺症審査を、国が国の保険事業で行った訳です。

それと「平成29年12月31日、札幌医大付属病院、正月休みだろう、受診して居る訳が無いからと、1年9カ月経過したのに、全く内容が同じ、後遺症診断書は無いから、訴訟詐欺の追加証拠実例です」

x族逆切れ、逆恨みのあれとひも、971庁、x族、政府共謀、国民相手に、憲法蹂躙テロ実行宣言もで、合憲、合法蹂躙行為事実を指弾された逆恨みで、対国民に対する、宣戦布告国際発信も「場当たりの嘘の積み重ねで、正当と偽ろうと黒い目論見が、破綻による、逆恨み逆上での、合憲、合法に背いた事実による糾弾が、逆恨みを持ち、国民相手の宣戦布告、と」

そう言えば又「ひもの経歴が変わったとか”JFK財団主催の賞の受傷履歴記載が、いきなり履歴から消えたそうですね”嘘がばれる都度、の一例と?」

zxcvbn

  • 2021/10/28 17:13

               答 弁 書

事件番号 札幌地裁令和3年(ワ)第xxxx号
債務不存在確認訴訟

原告

被告

                                 令和3年  月  日

札幌地方裁判所民事3部1係
裁判所書記官 斎藤実
TEL011-290-2360
FAX011-271-4435

請求の趣旨に対する答弁

1、原告の訴えを棄却する。

2、訴訟費用は被告の負担とする。

3,被告は原告に対し、未払い分の損害賠償債権を支払う責任を負う。

との判決を求める。

請求の原因に付いての答弁。

1、原告が主張する、請求の原因には、根本的な虚偽が存在して居る、原告は3,確認の利益の中で~被告の症状に付いては、平成29年12月31日を持って症状固定とされ、損害保険料率算出機構により、行為傷害非該当と判断されて居るところ、被告からは異議申し立てを予定して居る旨の意向が示されて居るものの、等記載が有るが、この記載は複数の虚偽、犯罪行為記載で有る、理由は次による。

(1)被告は平成29年12月31日に、正月休院中の、札幌医科xxxx附属病院、主治医xxxx医師の診察は、当然受けておらず、この日付で作成、発行された、後遺症診断書は偽造診断書で有り、国土交通省、損害保険料率算出機構は、偽造の後遺症診断書を違法に使い、詐欺後遺症審査を”自賠責事業言う、国の強制保険事業で”国交省責任違反で行ったのである。

(2)医師法第20条には”診察して居ない医師は、診断を下してはならない”と規定されており、この法に違反の場合、医師は、医師法第32条2項により、50万円以下の罰金刑が科せられる規定”となって居る。

(3)よって、この後遺症診断書、後遺症審査は、犯罪行為であるので、被告から国土交通省補償制度参事官室、厚生労働省医政局医事課(医師法所管部署)札幌市保健所等に対し、医師法違反行為による、偽造後遺症診断書作成、行使、カルテ偽造行為事実、証拠を持ち、医師法違反嫌疑により、後遺症審査無効の訴えと、医師と医療機関に対する、医療監視、患者情報違法悪用を軸とした、監査の求めを出して有り、応じる旨答えを得て有る。

(4)なお、後遺症審査に付いては、合法な後遺症診断書を作成、発行して頂き、後遺症審査請求、自賠法16条、被害者本人請求手続きを実施して有る事も申し添えて置く。

2、これ等事実の通り、本件人身交通事故損害賠償請求事件は、複数の重大犯罪行為事実が証明されて、監査も行われる事態となっており、原告が訴える、損害賠償債務は存在せず、との訴えは、虚偽の訴えであり、不当な訴え故、棄却を求める。

3,(1)~(4)に付いては。追って証拠等を提出して行く。              

司法テロに盲従が、ここまでのテロ権力暴走国家を

  • 2021/10/28 09:07

日本国憲法から、日本国の今の制度から、きちんと理解が出来て居れば、司法でっち上げ犯罪の制度化、これが国中を席捲、司法のテロ、犯罪を、根本から正しく証明して、犯罪を合憲、合法を武器とさせて潰す、食い止める人間を、でっち上げた犯罪者喧伝で粛清にも暴走。

これが常、の日本国の今、にはならずに来れた訳です、色狂いと親子の、憲法から公然と蹂躙、憲法蹂躙を自白して、居直って意気軒高、あれと司法テロ、犯罪で日本国を席捲、は、同様の根ですよね。

設定上だけの、全能神に据えられた「人如きの連中が先ず、己の資質、知識、能力、まともさ、公徳心が常に先、これ等が欠落した自分、これから理解の出来ないで”事実によっても居ない、設定だけの神の自分”を、自分で自己狂信を先ずなして、自分の取り巻き、下僕、次に虫けら平民に、全能神の自分を、一切疑う事等許さず、無条件で崇め奉るよう強要、ここに本気で走って居る、同じ構図が、合憲、合法公式破壊も常にとされている日本国、を生み出して居ます」

割と最近までの、国家権力の走狗の大マスコミが、司法カルト、x族達の、事実でも無い、全能神神格化喧伝、神が行う、発する、決める事は、疑う事を許さない、絶対の言葉、決定だ、現人神で有らせられる方々に、一切疑義を挟む事も許さぬ、全能神として、足元にひれ伏して崇め奉れ、賢伝で。

虫けら平民、権力の贄を、自由に操れた時代は、もう終わりを迎えて居ますけれど、設定だけの全能、万能神集団と、大本営発表、設定だけの全能神無条件狂信用デマ喧伝、洗脳機関は、現実に向き合う事も出来ないままなのです。

この連中は、過去の独裁権限、力を復活させて、贄、虫けら平民を、自由に操り、従わせられた時代を再現させようと、情報強制統制に走っても居ますね、時代錯誤も甚だしいですが。

これを成功させるには「憲法第9条だけ擁護、x族が独裁民族支配権力に復帰目論見、憲法第1,4,8,88,99条公式蹂躙行為実行し捲りは追認、盲従の現実も有るので”武力を支配下に置こう”でしょうね、狙うのは、戦前と同じく、武力の総指揮権力を、でしょうね」

タイ王室のように、私利私欲を満たすべく、王室財産私物化、海外で、愛人を侍らせて王侯貴族の豪華生活堪能、に習いたいなら、圧倒的武力の支配と、独裁権力保持の憲法改悪、が必須です。

現在、x族が手を汚して居る、憲法違反、国税闇で民に?疑惑の数々は、憲法、法律違反、犯罪でしょう、又「世論を”旧来からの、大マスコミ共謀、事実隠ぺい、虚偽喧伝で、虫けら平民洗脳、x族神格化”行為は、武力の裏付けも無しで、司法カルト虚偽絶対神格、と同じ所業です」

言える事は「x族、法曹資格者でっち上げ神格化も合わせて、事実証拠、実例証拠により、破綻したと言う事です」

設定だけの神であり、合憲、合法破壊独裁権限は無いです

  • 2021/10/28 08:14

日本国憲法、法律の正しい規定に「設定だけの神に座れた者が、自分で独善だけの決定を出せば、合憲、合法に背いても、正しくて絶対の答えとなる、こんな独裁国家権力公認規程等在りません」

今この国で、実際に起きて、押し通されて居る、設定だけの神集団の、現実のテロ行為は「合憲、合法破壊、テロ凶行を、公式に凶行していて”合憲、合法公式蹂躙、テロ行為が見逃されている現実”が、次々生み出されて行って居ます」

遺産、遺産預金、他者の預金泥棒、犯罪そのものの所業を”相続遺産分割除外説でっち上げ”と、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを、どんな手を使ってでも手に入れられれば”金融機関、監督官庁、警察、司法、報道カルトが共謀犯で、入っている預金泥棒に成功したら、口座名義人が、死人も含めて、正しく自分の預金を引き出したと、証拠隠滅、隠匿、偽造捏造によって、強引に偽り、刑事、民事訴訟法手続きでも、強引に偽って通して来た、公式他者の財産権蹂躙、国家権力犯罪の現実も、公開証明済みの通りです。

医師が、医師の国家資格により、医療行為、診断を行って居るが「損保、共済、傷害事件加害者が、第三者行為傷害賠償金踏み倒し目論見で、提携弁護士、裁判官らと共謀行為犯となって居る故、犯罪診断をでっち上げれば、医師の合法治療、診断が犯罪だと、合法破壊で常に判決等が下されて居ます」

で「この犯罪診断が適法、法の破壊、憲法の根本破壊判決、遺産、遺産預金、他者の預金泥棒制度が勝つ、決定、判決と同様の、合憲、合法が悪、犯罪との、でっち上げ判決が常に下されて”この犯罪が勝訴判決を携えて”労基、主治医等恐喝”が常で起きて、医師が犯罪でカルテ、診断書等偽造に手を染めるわ」

第三者行為傷害これで抹殺成功、虚偽の一般傷病捏造で、公金詐欺治療も常時、が成功させられて居る訳です。

どっちの司法、報道カルト他、テロ犯罪制度も「根本の事実、現実と証拠を沈めて”犯罪が正しいんだと、場当たりの嘘、でっち上げ、整合性無しの場当たりのでっち上げ、嘘の羅列と、正論、合法、正義の側を、完全な言い掛かりで犯罪者だ、とでっち上げ、デマ喧伝”この手で正当だと、強引に捏造して通して有るんです」

医師が診療記録、診断書の偽造、行使に手を染めるから、犯罪診断が正しいと、強引に捏造が通って居る犯罪”も”ようやく、遺産、遺産預金泥棒、他者の預金泥棒司法他犯罪破滅と同じく、根本が犯罪、が、実例証拠によって、公にされてしまい、破綻し出して居ます。

司法、報道カルトの常套手段です、根本の犯罪隠蔽用の、犯罪適法捏造手法は

  • 2021/10/28 07:44

根本の犯罪を、故意に沈め続けて”嘘で塗り固め続ける手で、合法を抹殺、犯罪、悪が正しいように”何処にも合憲、合法無しで、強制でっち上げで押し通す手口、犯罪適法でっち上げ、虚偽喧伝、洗脳用喧伝、きちんと事実立証して、理論構成されれば、何処にも正義も無い代物と言う。

司法、報道カルト共謀、が武器です「嘘を次々吐くが”根本が犯罪で有り、嘘の整合性?が全く無くて、不都合が生じる毎に、全く知事妻が合わない嘘を、場当たりの嘘を吐き続けて”正しいと強引に決定に暴走、この手が常で、愚かなのは」

司法、報道カルトの連中がそもそも「呆れ果てるまで無知無能、思考、判断能力欠落故、根本が犯罪で、場当たりの嘘、でっち上げを、その場だけで吐くだけなので、全く嘘の整合性も取れる筈が無い、よって”根本から、キチンと時系列に沿い、事実、吐いた嘘、でっち上げを羅列して、整合性が何も無い、合憲、合法の対局、場当たりの嘘、でっち上げで、犯罪隠蔽、正当化に必死、を証明されると、何の対抗も出来ない程度”が実際と言う現実が常、これですよ」

何処にも根本の犯罪が、憲法、法律規定が間違いで、犯罪が正しい理論構成、証明等無いから「法螺、でっち上げ、真実隠蔽と曲解、正しい側を、根拠ゼロで悪だと喧伝、これに走る手しか無いんです”正しいのであれば、言い掛かりしか無い輩相手には、状況を見て、輩を切り捨てますけれど”思考、判断出来る相手で有れば、きちんと理論構成と、事実証拠も揃えて、正しい事を説明、証明出来ますので」

解決金を払う、と、公に言った以上”供託を先ずして”供託証書を相手に送り、解決に動けば良い事ですが”供託もせず、金蔓にした相手が悪い、等でっち上げ喧伝、窓口が週刊誌記者だ、悪の証拠だ、デマ喧伝”旧来からの、弁護士、報道カルトの、犯罪、違法抹殺、正しい側を悪と、捏造で陥れる、定番の手の再現です、x族と、共謀弁護士、報道カルトが結託して、でしょうね。

公金詐欺疑義も「詐欺の疑い当事者が、あれだけ詐欺の疑義が問われて当然、の証拠等揃えて有るんです、告発されて当然であり、言い掛りだ、根拠は示さないが、で通る訳が有りません」

色狂いが自分で公表した、憲法第8,88,99条違反等事実証言による、x族が認めた憲法違反、更に、皇室経済法違反疑い、税金資金違法な民間への提供疑義、x族権力悪用事実も、公式に責任追及が必須です、日本国憲法、法律規定に、独裁国家、国民支配者は存在して居ないのだから。

フランス革命前夜、正にこう言う事態でしょう、思い上がり切った選民思想国家権力等、設定だけの現人神権力達は、正しく憲法、法の蹂躙テロ行為者として、糾弾されなければならないのです。

旧来からの手口の踏襲ですよね

  • 2021/10/28 07:11

実行している手口は「司法、報道カルトがずっと手を汚して来て居る、古臭い手口の踏襲ですよね」

;根本の嘘、犯罪を”嘘で塗り固め続けて、表面に出させないように”つまり”事の本質を、故意に、強制的に隠蔽工作し続ける”事の根本が、表面に、常に出されたのでは、でっち上げが成功しないから。

;虚構の悪を、権力悪用で作り、悪はあいつと”じゃあ、どういう根拠、理由で悪なのか”根本を故意にずらして、強権発動、報道軽野のデマプロパガンダででっち上げて、方向を故意にずらそうと走る、この場合、正しい側に、根本から表で勝てないから、でっち上げた悪だと、強引に捏造、プロパガンダに走るんです。

※いいように利用されて、大金を貢がされて、放り出された”だけ”の方を今、言い掛かり、週刊誌の記者が窓口だから、悪人だ、デマプロパガンダに、x族の下僕大マスコミ連中、狂奔して居ますが、こう言う事です。

;週刊誌の記者が窓口だろうと”恒常的に報酬を得る目的で、他者間の金銭トラブル等の代理行為を受けて居る”訳では全く無いので有り、弁護士法違反疑義等、でっち上げだから、弁護士が描いた、不都合な相手を悪だ、と捏造の、常なる手だろうと思います、報道カルトぐるみの、古い手口の踏襲でしょう。

;自分で解決金を払う、と公表したんだから”供託して、供託証書を送れば良い事ですが”出来なかった理由は、憲法第8,88条違反、皇室経済法違反、脱税、が課されると”あの発表後、誰かが気付いたからでしょうね、資金は血税、無いし、皇族の貯めた、国庫に余れば返還の筈、の資金でしょうから。

自分達が悪、この事実から、嘘の羅列で自分自身も逃げる為「自分自身から、悪の自分では無いと、自己洗脳する手口の定番、カルト集団、司法、報道カルトの常なる手ですよね”自分の悪を暴き、証明して、糾弾する相手は特に、でっち上げた、幼稚な言い掛かりで、悪だと強制でっち上げ、大本営発表で仕立て上げに狂奔”の手は」

こう言う手口に共通して居る事は「事の本質を常に土台に据えて、本質を持って、合否、善悪を正しく、理論構成と、証拠、証明を、整合性をずっと取り続けて、矛盾の無い正解に到達させる、これを絶対させられない事です」

無能で傲慢さしかない、古代から恐怖独裁国家権力に君臨、の輩は、正しさを土台に据えて、整合性を常に取り、正誤、善悪を正しく証明して来る虫けらは、自分の悪を表に出してしまう恐怖の対象故、これを叩き潰す事に狂奔、自己の悪、テロ行為等隠蔽に、日々邪念のみに囚われて生きており、虫けら平民で、自分の所業に正しく疑義を持つ虫けらは、恐怖で支配、粛清対象に、が古代からの常です。

自分は、自分達は正しい、自分達の悪、邪を、事実証拠、理論構成により暴き、悪を正す相手を、悪の権化、粛清すべき敵だ!これに走って、自己洗脳からの手は、カルトテロ集団、司法、報道カルトの定番の手です。

損保、司法犯罪に、医師、医療機関も加担した結果

  • 2021/10/27 16:14

結局xx医科大学附属病院、主治医は、損保、司法犯罪に乗った、医師法違反に手を染めたから、医療監査等が、に陥った訳です、自業自得では有ります、国家資格者事業、国家資格者事業者が、資格業務を、指揮して行う医療機関が、医師法違反から手を染めたんですからねえ。

まあ、こんな悪行、国中で手を汚してりゃ、診療録、診断書偽造、これで第三者行為傷害証拠毎抹殺、合法な損害賠償を、大手を振って叩き潰せて居る、損保、司法犯罪を成功させるべく、診療録、診断書偽造の手で、第三者行為傷害事実、証拠を、主治医が抹殺ですから、法律を正しく適用させれば、医師免許停止、医療機関は、事業許可停止等措置、でしょうし。

この犯罪、日本中で、損保、司法の要求を受けた主治医、医療機関ぐるみ、凶行して居ますからね、真っ黒だから、見事なまでに。

この犯罪、最後の武器が「医師法違反犯罪診断をでっち上げた、加害側等損保、提携弁護士の、犯罪賠償踏み倒し用診断を、裁判官犯罪国家権力が”合法な医師の医療行為、診断が違法で間違い、犯罪診断が適法だ”法律では無い、と判決を下す事が、事前に、司法の闇で決めて有るんで、ほぼ犯罪診断が、合法破壊で通るからくりとされて居ます」

で、この犯罪診断が適法だ、犯罪判決を携えた損保委任、提携弁護士が「十和田労基直接恐喝、強要事件、あれ方式に走る訳です”犯罪診断が適法と、判決で決まった、主治医に診療録偽造を、判決に合わせてさせろ!恐喝、強要が、国中で、連綿と行われて来ており、医師はカルテ偽造に従って来て居る、訳です”」

当然ですが「医師は”自分の国家資格者医療行為を、犯罪に手を染めて、違法否定した診療録、診断書偽造、行使犯罪に手を染めて居る訳で”自業自得、では有るんです」

ですが「従わなければずっと、損保、司法、警察、医療機関監督先から”診療録、診断書偽造に楯突いた逆恨み”で、粛清されて来た訳です、現実として、ですから国中の、第三者後遺障害患者に係る医師は、診療録、診断書偽造、行使犯罪に、止むなしで手を染めて来ているんです、が」

医師法違反等は事実故、監査が入る結果となったと、地獄ですね、医師も医療機関も。

ページ移動

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225511
ユニークアクセス:5393403
今日
ページビュー:1395
ユニークアクセス:1379
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed