エントリー

2019年05月の記事は以下のとおりです。

遺品整理請負、泥棒請負業者から、依頼が来ない

  • 2019/05/22 16:07

遺品整理、未相続の内に金品を盗ませて、提供させる、泥棒請負業者、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパンから「適法に、盗んで来て処理する物品、盗品の処理はお任せ下さい、安全な盗品公的処理で、当社なら処理を果たせます、こう、当社独自に構築した、盗品も適法とされて、公的に処理を行えるから、御社で盗んで来た、未相続の内に盗んで来た物品で、処理する物品を、当社が適切な費用を頂き、処理しますよ」

この案内を送ったのに、全く委任が来ませんね?びくびくしながら、未相続の内に、と盗んで持って来た物品を、こっそり廃棄処理したりしている、又は「どうせ捕まる筈も無いから、堂々と未相続の内に、遺産金品を盗ませて、提供させて、闇利得を続けるから」かも知れませんけれど。

安全安心な、盗品で不要な物品の処理なら、もっと安心出来るのにね、公に盗品を、盗品に混ぜて、公に処理するんだから。

泥棒を請け負って居る事から、連中も承知ですから、泥棒を請け負っているから、当社以外、公に遺産金品を引き取れません。

泥棒をしていると、自覚もしているから、当社に「盗品で不要な物品を、必要費用を乗せて、処理を頼む事も、出来ないんでしょう」

泥棒を請け負います、報道も、之を宣伝して居ます、泥棒を請け負って居る事から、知った上でです。

ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン、泥棒を請け負って居る事から、ちゃんと知って居るんだから、うちと協力して、盗品を適法に廃棄処理しませんか?安全安心な、当社独自のノウハウ、盗品で不要な物品を、公に正しく処理を果たせる、このノウハウに乗りませんか?

この改造車両は?

  • 2019/05/22 15:22

@札幌市環境事業公社の看板を背負い、市役所の事業塵、紙類等を収集して居たパッカー車

;札幌800 は 30-59  4t積載車両

@道路を走って居た、第八清掃のパッカー車

;札幌830 す 80-03  4,1t積載車両

このパッカー車、正しく「パッカー分の重量が車両重量に乗っており、積載重量を減らして有るんでしょうか?」

パッカー改造部が搭載されて居て、4t、4,1t積載の車両、ベースの車両は、俗に言う4トン積みダンプでしょう「パッカー分が、例によって車検証の記載から、抜けているでしょうね」

前から見て、思って居たのですよ、パッカー車も車検証が偽造されているだろうな、俗に言う4tダンプの車体に、パッカー部を搭載して有るのに、3.8~4t積載と記載されて居るので。

この上は、俗に言う10tダンプです、キャビンの大きさ、高さが4トン車とは、全く違いますから「10トン車にパッカーを乗せたなら、塵投入口の高さは、地上から1,8メートル以上になります、座席の高さも桁違いです、10tダンプをパッカー車のベースで使えば、座席の上り下りをしょっちゅうするパッカー車なら、梯子の上り下りですから、運転手も助手も、体が持たないですよ」

4tダンプですから、梯子で座席に上り下りせず済んで居ます、あのパッカー車も、車検証偽造、違法改造車でしょうね、札幌市役所、環境事業公社、下請け8社犯罪です。

グループホームとんでん火災事件と、なんもさサポートアパート問題

  • 2019/05/22 08:20

グループホームとんでんで起きた、建物火災事件での、多数の死傷者生み出し事件と、昨年起きた、なんもさサポートのアパート火災事件での、入居者多数死傷事件の根本原因は「レオパレス21、ダイワハウスのアパートが違法施工、あれと同じ原因です」

つまり「必要な防火施工が施されて居ない建物なのに、共同住宅で使わせて居る事が、根本原因です”本来で有れば、法を正しく適用させれば、こう言った違法施工共同住宅からは、重大な違法施工と言う事実を、消防、建築課が知った時点で、住人を強制退去させて、使用禁止措置を講じる必要が、法の規定では有るのです”」

当然ですが、防火施工違反のレオパレス21、ダイワハウスのアパート群も、違法な防火施工だったと判明した時点で「速やかに住人を、強制力を行使して、立ち退かせなければならないのです」

当社の綿密な調査の結果が、なんもさサポートが一括借り上げして居る、違法施行アパートの明け渡しに付いての、当社への間接的な、オーナーからの相談が来た事に対して、即座に役立って居ます。

調査の範囲、事実証明は、誰も真似出来ません、当社の調査には、誰も及びません。

平成24年位からの調査が、今役立って居ます、十年以内に役立ちましたね、どんな事件でも、調査が出来るのであれば、徹底して調査を行い、事実証明、法の正しい適用とは、を証明して置けば、何時か役立つ事も有るのです。

行政所管法律

  • 2019/05/22 08:09

行政が所管する法律で、世の中は動いています、法曹三者のオカルト神様ごっこで、世の中は回って居ません、嘘、虚言、でっち上げ、合憲、合法破壊、狂い切ったテロ国家資格者の所業で、世の中は保てません。

共同住宅、長屋、商業施設の建物に付いての、必要な防火施工、消防法による施工、消防法で規定されている設備設置も、当然ですが、行政が所管する法律の規定により、定められて居ます。

許可の区分がアパート、共同住宅である、グループホーム事業なのに「事業者、アパートオーナー側が”居住している人達に、看護者、看視者を正しく就けて、入居者を見張って居なかった結果、入居者がストーブの上に毛布を置いたから、建物が火災に見舞われて、多数の死傷者を生み出したのだ”とんでも起訴内容で、とんでも判決です」

全くグループホームと言う事業に付いて、弁護士、検事、裁判官、警察、報道は(監督すべき役所、役人も)何も知らず、ここまでのとんでもでっち上げ事件構成、送検、起訴、判決と持って行ったのです。

愚かにも程が有りますが、之が実際の法曹三者、警察官、報道の連中、本来所管法律を、正しく扱う責任を負った行政機関、役人の実態が、このレベルなのですよ。

馬鹿馬鹿しいにも程が有るけれど、実際にこのレベルです、呆れ果てる事ばかりですよ、国家権力気取りの連中の実際は「ここまで酷いレベルで、弁護士、検事、裁判官は、神様ごっこに本気で興じて居ます、之も真実です」

弱者救済、いい加減な事ばかり

  • 2019/05/22 07:55

弱者救済、居住を強制力を行使して、解消させる必要が有る、違法施工の建物に、主に生活保護費を受給させた人を住まわせて、一定お金を得て、弱者救済も無いから。

一定の適法な、一応安全性が、ある程度図られたアパートに居住させるならまだしも、まともな安全施工もされて居ないアパート、長屋等に住まわせて、弱者救済も無いから。

問題は、大義名分が有るか、これですよ「弱者を救って居る、行政が手を差し伸べない弱者を救済して居るのだ、アパートに住まわせて、生活保護を受けさせている、そうですか”一定、安全なアパートに住まわせてから言え”」

違法施工のグループホームも同じです、火災に見舞われれば、防火施工も施されて居ないから「各戸にあっと言う間に火と煙が回り、一瞬で一酸化炭素中毒で意識不明、絶命する建物を、グループホーム、アパートで使わせて居て、分かってからもそ知らぬふりで、責任逃れに走っている国家4大権力です」

弱者救済、障害者保護をお題目としている「弁護士や、救済団体?報道の怪しさ、嘘を吐いている事実も、今日の文書でも、更にはっきり証明されて居ます」

錦の御旗を掲げられる、一定の根拠を、正しく証明出来る知識も能力も、ほぼ備わって居ない事も認識出来ず、嘘の弱者救済、障害者保護を、嘘で謳うから、最後には、嘘だとばれるんです。

殺人アパートは

  • 2019/05/22 06:13

@記載先全てに伝えたように”防火施工違反、消防法違反のアパートを所有して居て、なんもさサポートに、一棟貸しして居るオーナー側から、建物に責任を負えない、このアパートを明け渡して貰い、解体撤去したい”等不動産業者を介して相談を受けて居ます

                                令和元年5月22日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

合同会社 なんもさサポート 藤本代表
TEL011-757-2920
FAX011-788-3960 必ず代表に渡して下さい、握り潰さず
道労働局長、各労基署長
FAX011-737-1211各労基にも、違法施工建物勤務者を守る事
藤本代表携帯
札幌市消防本部 査察課矢野(仮担当)
TEL011-215-2060
FAX011-281-8119
保護自立支援課、阿部係長、松井担当 介護保険課へも提供
TEL011-211-2992 同様違法施工グループホームも、立ち退き
FAX011-218-5181 、使用禁止、合法施工実施が必要です
建築安全推進課、中田課長
TEL011-211-2867
FAX011-211-2823
共産党市議団
FAX011-218-5124
札幌方面東警察署署長、生活安全課
TEL011-704-0110
道新報道センター吉田記者 人権擁護は、適法施工アパート居住
FAX011-210-5592  必要なのは、逃げる時間を稼ぐ防火施工

1、昨日、事前に記載先全てに伝えたように、当社に不動産業者を通じて、防火施工違反アパートを、なんもさサポートに一棟貸しして居るオーナーさんが「建物に、住人に責任を負え無いので、立ち退いて貰いたい、手立ては無いか、もう掛ける金も無いし、解体撤去したい」との相談が来ております。

2、伝えたように、日本中の共同住宅(グループホームも同じ区分)で、石膏ボードで防火施工を施して有る建物の、ほぼ全てが、程度の差は有れど、違法な防火施工です。

3、一番はっきりしている、解体せず違法施工と証明出来る施工は、下記となって居ます”昭和44年4月から、必要となっている施工”です。

4、防火施工規定は”個室貸し30分、2階建て45分、3階建て60分、準防火施工規定となって居ます”この時間、他区画に火、煙が回らない時間規定です。

5、共同住宅、商業施設の場合、建築主事は、工事業者から、確認申請(確認済み証)が出された時と、完了証明(検査済み証)発行願が出たなら”共に消防局長、消防署長に対して、必要な書類を添えて、確認済み、検査済み証の発行を認められるか、審査書類、消防局長、署長同意通知発行願を出さなければならず”この同意通知が出なければ、確認済み、検査済み証は出せません。

※実態は”建築主事、消防局長、署長(と、担当職員)が国中で、この同意通知の必要性も分からず、審査の必要性、理由は不明で、めくら判を押して、同意通知を発行し、確認済み、検査済み証を発行”して来ました”この審査は、下記施工と、消防設備等の合否確認用”の手続きです。

(1)石膏ボード二枚重ね施工の防火壁(時代変化で9,9,5,12,12,5mm)のビス、スクリュー釘が短い、理由は”国交省が平成24年に、防火壁石膏ボード施工に付いて、ビス、スクリュー釘の長さ認証が有る事を発表するまで、都道府県建築指導、市建築主事、大、中、小ハウスメーカー、建築士、石膏ボードメーカー全て、石膏ボード防火壁の施工で、ビス、スクリュー釘の長さ認証が有る事を、全く知らなかったから”です。

※合法なビス、スクリュー釘の長さは、石膏ボード厚さに対して”ビスは2倍以上、スクリュー釘は2,5倍以上必要です”実際の施工は、スクリュー釘32~41mmの範囲です、火災に見舞われると、くぎが効いておらず、石膏ボードが起き上がり、火、煙を防げません。

(2)床の防火施工は、下地12mベニヤ、9~12,5mm石膏ボード(時代で変わった)床フローリング(か、12mmベニヤ)が防火施工規定だが、誰もこの規定を知らなかったので、大半の対象共同住宅、アパートが、平成10年過ぎまで、この施工を施して居ない。

(3)排水管も、上記防火施工規定が適用されるので、防火認定品の排水管、隙間を塞ぐコーキング使用が責任付けられているが、やはり誰も知らなかったので、ほぼ塩ビ管使用、火災であっと言う間に溶けて、穴が開きます。

(4)連棟式の共同住宅、長屋形式の建物の境壁の多くが、防音施工は施すが、防火施工が施されて居ません、理由は”建築基準法規定では、長屋の界壁は、基礎から野地板まで防音施工とする”となって居る事しか見ず”建築基準法施行令に”長屋の界壁は、基礎から野地板まで防火施工とする”との規定を、建築主事も含めて、知らなかったからです。

6、今問題視されている”レオパレス21、ダイワハウス違法施行アパート群も、多くがこれ等違法施工建物”です、いい加減な、防火施工手直しで済む問題では無いです。

7、相談を受けているアパートにしても「防火施工違反(木造、軽量鉄骨、木質系プレハブ造りの古い共同住宅、アパートは、ほぼ違法施工)ですから”オーナーから委任を請けた業者が、上記違法施工を証明した上で、住人の身体生命、財産に、重大な危害が及ぶので、消防法を適用させて、住人を強制退去させて、使用禁止措置を講じて欲しい”と求めれば、応じなければなりません」

8、強制退去、撤去を行える場合の基本は「高圧線の下に、違法に建てた建物、河川敷に、違法に建てた建物、工業地帯に、違法に建てた建物(住宅)風致地区に、違法に建てた建物(住宅)防火施工違反、消防法違反が大きく、住人に危険が及ぶ建物、等となって居ます」

9、弱者救済、路上生活者等を、こうした建物に住まわせ、生活保護等で面倒を見るのはは良いですが”適法なアパートに居住させなければ、結局重大な人権蹂躙です”こう言った違法施行アパート、グループホームの居住者、グループホーム職員の人権を、どう考えておられるのでしょうか。

根回しを素早く

  • 2019/05/21 16:08

貧困ビジネスで住まわせているアパートの多くは、防火施工違反、消防法違反の建物ですから、強制立ち退きさせて、使用を禁じられます。

抜き打ちで強制立ち退きさせても良かったけれど、住人も困るだろうからと、根回しをした訳です、一軒実施すれば、違法施工のグループホームも含めて、住人を何処に移すのか、これから大パニックが起きます、当社は関係無い事ですが。

根回しは行いました、今後緊急に、こう言った違法施工のアパートは、オーナーが業者を頼み、調べて貰って、防火施工違反、消防法違反が証明されれば、それを持ち「住人を強制退去させて貰いたい、火災が起きれば住人に危険が及ぶ、オーナーの自分には責任を負えないと、消防局、安全推進、市議会、警察に、公式に求めれば、動くしか有りませんから」

長年この問題も、徹底して調べて来て居ますからね、委任されれば、動くのは簡単です。

大義名分が有ります「建物火災が起きれば、住人の身体生命、財産に、重大な危害が及ぶ、即刻住人を退去させて下さい、これですよ」

弱者救済は、貧困ビジネスで有れ、悪いとは言いませんが「もう少しまともなアパートに住まわせて居なければ、弱者救済と言っても、大義名分にはならないですよ」

レオパレス21の問題、防火施工違反緒建物が、多数建てられ、アパートで貸されている問題の公開は、とても役立って居ます。

所謂貧困ビジネス

  • 2019/05/21 15:49

昨年札幌東警察署側で、派手に燃え盛って、多数の住人が亡くなった、所謂貧困ビジネス、多くが生活保護受給者入居の、防火施工違反、消防法違反のアパートの事件、あの貧困ビジネスの経営者と、札幌市消防局査察課と、建築安全推進の中田課長と、保護自立支援課の担当に「この事業所が所有、借り上げして居るアパートも、防火施工違反、消防法違反なので”住人を退去させて解体したい”と、業者を介して委任されている、等を先ず伝えました」

アパートのオーナーが、業者を頼んで、防火施工違反,消防法違反事実を証明して、住人を強制退去させるよう、札幌市消防本部、建築安全推進、市議会、警察に求めれば、応じるしか無いですから。

弱者救済と言うけれど「路上で死ぬか、違法アパート火災で焼死するか、の選択肢では、間違いでしょう”一定の防火施工がなされた、30分位は火と煙を防げる程度のアパートに居住させるべきです”」

いきなり動いても良かったのですけれど、住人も困るだろうし、転居するには、生活保護課が動く必要も有るだろうから。

この事業所だけでも、市内各所に自分の所で所有の違法施行アパートと、一括借り上げアパートが、結構有りますからね、一軒法による退去、使用禁止、撤去処理を取れば、先ずこの事業者の関係するアパートは、全部強制退去となるでしょう。

当然ですが、日本全国に飛び火します、物凄い影響が、一気に及びます。

色々調査をして、違法、犯罪証明して有るから、動く必要が出れば、早いんですよ、当社は。

強制執行、泥棒ですけれどね

  • 2019/05/21 09:58

未相続の内なら、誰も所有者が居ないから、遺産金品を盗めれば、泥棒が所有権を得て通る。

遺品整理、未相続の遺産金品泥棒の言い訳ですけれど「司法財産強盗、泥棒も、同じ詭弁、虚言で成功させて居ます”要するに、国家権力を悪用させて、盗んだ金品の所有者を偽装で、別人の所有と、偽ってさせて、泥棒を成功させて居ます”」

不動産明け渡し強制執行、この手続きで、占有場所から強奪した金品の所有者を「執行申立者が所有者だ、と、国が強引に偽り、泥棒を正当化して居ます」

ですから「未相続の内に遺産金品を盗めれば、所有者は居なくなっているから?盗んだ遺産金品は、泥棒が所有権を得たのだ、この嘘が、司法泥棒と同じで、通っている訳です」

この二つの泥棒を組み合わせれば「未相続の遺産金品泥棒、遺品整理で盗んだ物品を、不動産明け渡し強制執行を決められた人に、お金を払い、預ければ、強制執行実施で、未相続の、盗んだ遺産物品は、強制執行申立者が所有者だと、国が公式に偽って、決めてくれるから」

この段階で「未相続の遺産物品なのに”強制執行申立者が所有権者だ”と、国が法を犯して、決定してくれるから、申立者は、幾ら大量の物品であろうと、全部自己責任処理しなければならないのです」

xxxさんの甥、色々犯罪に手を染めて来て居る甥も「あの騙し取ったと思える、祖父名義の土地建物で、強制執行を実施した時”占有場所に有る物品は、執行時点で全部、甥の所有物と、国が決定します”遺品整理屋からも含めて、xxxxさんは、沢山物品を引き取れば、xxxxさんは、執行時点で全部、甥の所有物だと、国に決められて、物品を取られる?仕組みなのです」

甥は当然、処理費全額自己負担です、何百万円必要なのか、委任した弁護士も、このからくりも知らないから、いい気になって居るんですよね、無駄な金を、何百万も支出するんですよね、絶対に、採算も合わない事にも気付かず。

筋ジストロフィーと言う病の患者も、障害者排除、抹殺司法は

  • 2019/05/21 09:11

人の弱みに付け込む、之だけを武器とさせている法曹権力は「障碍者の人権、各権利保護等、全く理解も何も、出来る筈が無いのです、弱みが一廃の存在ですから、付け込み放題の対象者です、妻も、愚かな義兄もそうです」

後天的、先天的に障害を負っている人や、認知が悪化した人、高齢になり、自分で色々出来なくなった人は、弱みばかりですから、法曹権力に取り、付け込み放題の相手なのです。

人の弱みを見出せば、徹底的に付け込み、追い込む、財産を奪う、介助する人間は「追い込みに邪魔、食い物にするのに邪魔であれば、司法冤罪を被せて潰しに走るのも、日本では常套手段となって居ます」

人の弱みに、徹底的に付け込み、不当行為を重ねて通し、利を得ている、日本の法曹テロ権力の常套手段です。

自己防衛策を講じるにも、こうした方々は、自力だけでは身を守れません、介助が必要ですが「障碍者、高齢者の介護、介助を引き受けている行政機関、施設、職員の多くも”弱みに付け込む事業所、職員が多いのが実態です”」

かと言って、身内、知人等が手を貸しても「まともな介助者は、弱みに付け込み、黒い自己利益を得ている法曹集団、役人、介護職員連中、弱みに付け込む事ばかりの身内に取って、邪魔な存在ですから」

邪魔な介助者、まともな介助者は「悪人、犯罪者とでっち上げて、排除に走るのです、これが日本の現実です」

特に法曹権力、報道カルトは「弱者、介助が必要な人達に付け込む事を、当たり前とさせて居ます、まともな介助者も、邪魔な存在ですから、言い掛かりで悪人とでっち上げて、潰しに走る事を重ねて居ます」

障碍者が訴訟を受ける権利、全力で潰しに暴走中です、法曹権力、法務省挙げて、犯罪を重ねて通して。

ページ移動

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591733
ユニークアクセス:3847621
今日
ページビュー:63
ユニークアクセス:63
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed