エントリー

2021年06月の記事は以下のとおりです。

損保が指揮して、刑事、民事事件共

  • 2021/06/16 17:20

損保が賠償しなければならない、被保険者、賠償債務を負った被保険者の構図となれば「被保険者の意思等強制排除、被保険者をダミーの弁護士委任者、に仕立てて、実際には「損保が指揮を執り、被保険者から委任を受けたと、実際には損保が委任者、弁護士の指揮担当、の構図で」

被保険者の意思は無視、法律規定は守る必要無し、損保が法を犯してでも、賠償保険金を踏み倒せれば、それが正義、と、闇で仕組んで、通されています。

まあ、現実としてですが「損保が賠償責任を負った事件、となれば、合法等溝に放り捨てられて、あからさまに損保、提携弁護士が”被保険者、賠償債務者が訴訟当事者と偽装”も蹴っ飛ばして、損保が全てを仕切り、賠償を違法に踏み倒す、犯罪訴訟に狂奔しているし」

刑事事件の捜査実態も、損保が賠償せず済むように、刑事事件出鱈目捜査を常態化させて有ります、損保が実際には、提携弁護士を被保険者、賠償債務者を傀儡で就けて、操って、合法破壊、加害者、被保険者は、刑事上も無責であると、犯罪刑事事件捜査を武器とさせ、通せています。

傷害罪事件、人身交通事故事件、個人賠償特約適用、傷害事件、重機使用土木工事、公共事業も含む、道路除雪工事で、この損保が警察、司法、行政、主治医を支配して「傷害事件の医療証拠抹殺、事件構成捏造で、損害賠償踏み倒し放題常時成功、労働による傷害事件なのに、官を中心として、単なる交通事故と偽装、警察、司法ぐるみで、これで発注者責任抹殺、も国中で凶行しています」

これ等の巨大国家権力犯罪、刑事、民事事件を、法を犯し捲て、警察、検事、裁判官を指揮して居るのは、加害者、被保険者をダミーとさせて、提携弁護士を立てて、操っている損保職員、犯罪を重ねた指揮が常時通って居る、損保が賠償を潰せるように、これが全てで。

この損保が指揮、刑事、民事事件共、損保が指揮を執り、賠償を犯罪で踏み倒せるよう、加害者、被保険者は刑事、民事とも無責捏造で決定が、人身交通事故事件、個人賠償適用事件、土木工事、除雪工事で人身事故事件、この場合は、労働中の人身事故を、交通事故と偽装の事件、これ等の刑事事件捜査記録を見れば、傷害事件被害者が、傷害事件被害で怪我を負った、受傷部位、受傷程度、治療期間予定は、等は、証明されて居ませんから。

で「傷害事件で被害者は、死傷する事は原則無い、山のような傷害事件刑事記録で、被害者は死傷せず、が証明されて居る、この罠に、常に落とされて居るのです、損保はこの犯罪証拠を、当然絶対の武器と出来て、損保賠償潰し捲れている、これが事実の一端です」

刑事事件捜査で傷害事件だと、医学的立証を故意にせず、これも現実

  • 2021/06/16 11:10

傷害事件は「事件の原因、加害者、被害者、人的被害事実、受傷部位と受傷程度、受傷させられた物理的証明等の、医学的立証が先ず必須、当たり前だと、普通の人間が思って居る事ですが」

損保が対人賠償、個人賠償せず逃げられるようにと「刑事事件捜査の段階から”主治医、医療機関への捜査を、故意にせずで、傷害事件?の捜査を行い、終えて有ります”当然ですが”刑事事件記録、証拠には、傷害事件で有る立証が、故意に無くさせて有るから、後で損保、提携弁護士は、刑事事件で傷害加害、被害証明は無い、傷害罪被害は嘘、賠償詐欺だ!」

これで損害保険金踏み倒しを、常時成功させられるからくりが作られています「刑事事件で、傷害行為加害、被害は無いように、医療証拠を故意に揃えず捏造して、常時これで通して有る”これですからね、傷害罪事件での、正式刑事裁判等、傷害事件では無い、と、刑事事件調書で偽って有り、出来る訳が無くて当然です”」

この手で「人身交通事故事件分の傷害事件で、一定の長期療養が必要な傷害事件の実際は、x十万件程度ある、と言われています、この事件の殆どを”刑事事件で違法捜査常時”傷害被害で怪我を負った証拠無し、を捏造して有る刑事事件捜査証拠、記録を武器とさせて、受傷原因不明、一週間の加療程度の怪我、公公式捏造して、長期療養は嘘だ、と通して有るんです」

傷害罪事件である証拠、医療証拠を故意に揃えない手、凄い事を考えて、手を汚すものですが「他者の預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒の制度化でも”他者の預金を盗めれば、金融屋、監督官庁、国税、警察、司法が共謀して、正しい泥棒である、権利者は預金に権利を失った、合法根拠、合法証拠は無しで、闇でこれが正しいとして、成功させて有る”」

これを強制的に、正しい権力闇犯罪だ、として、一昨年暮れまで、公にも凶行し捲り、通して来たのと同様です。

狙いはただ一つ「損保が合法に賠償せず、被害者を賠償詐欺犯と偽装で、刑事事件証拠、記録を証拠とさせ、陥れて、賠償を自由に踏み倒す為、の権力犯罪です」

容疑事件の捜査、根本の証明、主治医、医療機関への、受傷原因等証明捜査が正しく行われえ居れば

  • 2021/06/16 10:31

事実として、整形外科医さん方数人に訊いたところ「傷害事件、人身交通事故事件も含めて”捜査機関から、被害者の人体に危害を加えられて、被害者が死傷した事実を、医療分野で証明する為の捜査を受けた事は有りませんね、こう、異口同音に答えて居ます」

損保上、提携弁護士連中は、多数の「自動車保険対人、個人賠償適用事件の”刑事事件捜査証拠、捜査記録を見て、持っており、刑事事件の捜査証拠、捜査資料には、傷害罪を立証した、医療分野の正しい証拠は、原則無いのが常”これを熟知して居ますし」

傷害事件の筈が「損保が賠償せず、常時逃げられるようにと”医療分野の正しい証拠、傷害事件加害行為により、被害者が受傷を負わされて、死傷した”事の、医学分野の正しい証明、証拠を、基本常時作らない不文律、この、傷害罪加害を加えても、被害者の人は、怪我を負わない、死傷しない用の、刑事事件偽造捜査、証拠が常時あるから」

損保は、人身交通事故事件加害者の立場で「医療の正しい証拠は不要、自賠責事業での、定額補償手続きの為だ、と言う言い訳と”任意自動車保険料収入から、詐欺犯に保険金が流れぬよう”正義の為、詐欺師への保険料収入提供潰しと言う正義実現の為、刑事事件捜査証拠、証明で、常に対人加害を受けて、死傷は嘘と立証されて居る故”正義の為、詐欺犯被害者に対して、加害側損保、提携弁護士、警察、検事、裁判官は、犯罪の限りを尽くして、対人賠償金詐取を防ぐ特権を持つ」

ここ迄仕組まれて、被害者潰しが、法を犯し捲って成功させられて居ます「損保、警察、司法は正義、傷害事件被害者は、傷害加害を受けても、死傷する訳が無いと、刑事事件証拠、捜査で捏造常時、が根拠、による、正義の実現と言う(;'∀')」

今後、個人賠償適用、傷害事件加害者、の事件でも、人身交通事故用と同じ、傷害行為危害を加えても、被害者は死傷して居ない、主治医、医療機関へ捜査せずの手で、常時これを成功させる、国家権力テロが、国中で凶行され捲っても行く予定と、実例被害者の証言として。

意味不明

  • 2021/06/16 07:22

          @迫俊哉小樽市長、市議会に対する公開質問状

                                  令和3年6月16日

迫俊哉小樽市長,市議会御中
TEL0134-32-4111
FAX0134-32-3963 都市計画水上、高橋担当
FAX0134-32-5032 塵減量森担当
農林水産省農地管理課、本間担当
FAX03-3592-6248
鈴木道知事,道議会
FAX011-241-8181 知事らに配布
FAX011-232-1156 振興局環境生活、農務

小樽市幸2丁目18-39地権者から、隣接国有農地18-44と合わせ、違法な道路恒久造成土地不当侵奪、廃棄物瓦礫等投棄、違法道路造成被害に付いて、委任を受けて居る会社
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1,小樽市都市計画水上主幹から、奇々怪々、行政所管法律責任者からとは、到底思われない文書が届いたので、迫俊哉小樽市長、市議会、法を明記して、整合性を持った公文書回答を求める。

(1)水上主幹が寄越した文書には”小樽市幸2丁目18-44国有農地と、隣接する、18-39民有宅に、産廃、一廃大量混入土砂を投棄し続けて、表面の多くをコンクリートで覆い、恒久的道路造成をなして有ります”この廃掃法違反、民有地侵奪犯罪を、農水省、道庁、後志振興局が一昨年まで、9-784,17-71住人(と業者)が、一昨年まで投棄し続けて、投棄させて、続けさせて来ている、18-337住人と、通行人女性が教えて呉れた事で、現地で森課長、高橋主査他も、ビデオも録り確認済みの、廃棄物混入土砂で、コンクリートも打設した、違法な恒久道路造成事実、民有地侵奪犯罪”恒久的土地違法造成行為で、廃掃法違反行為です。

(2)しかるに”先ず森課長は、一廃違法埋設証拠も確認の上、廃掃法違反追及等を、農水、道庁にしない”と現地で宣言して居ますし”水上主幹は、国有農地、民有宅地への、廃棄物混入瓦礫大量投棄、違法な道路恒久造成に、都市計画法違反等無し、違法な国有地、違法民有地侵奪による、恒久的道路造成は、何の違法も無し”と、公文書を寄越して居ます、先ずこの事実が有ります。

(3)所が”18-39民有地に、地権者側で土砂を運んだ、17-71住人らが、仮に仮沖土砂が、何かの要素で、隣接地に被害を及ぼしたらどうする”と騒いだから、18-44国有農地と、18-39民有地への、9-784,17-71住人らによる、廃棄物混入瓦礫大量投棄、恒久的道路違法造成犯罪責任は免責して、18-39民有地に、地権者側で運んだうちの、一部土砂の撤去計画を示せ、この土砂のみ、都市計画法違反故(前から水上主幹、高橋主査が、正しく合理性なく、この不整合を強要)である、と言い募り、公文書も出して居ます、職権濫用、農水省、道庁犯罪に繋がる悪事は握り潰して、理論構成全く無く、民間の権利に、言い掛かりを付けて居ると言う事です。

(4)行政が所管する法律で、地方自治体に下した法律は、多種多様で有り ”自己の権利地に、廃棄物以外の土砂を仮置き、造成しても違法にはなりません”一方、廃棄物混入土砂を、許可なしの土地に投棄、違法な恒久道路造成を、国有農地(地目が農地、恒久道路造成は、地目変更、工事申請、工事完了許可、公道で登記が必須、道路法、道路交通法の適用が必須故、なお、廃棄物物瓦礫投棄、国有地、民有地違法侵奪で違法道路造成は犯罪、許可も取れない)小樽市長、何処が合法でしょうか、議会審議を経て、責任を明確にせよ。

(5)参考までに記載しますが”調整区域の道路は、主に土地分譲販売者、不動産業者の所有土地に、私道を造成しており、隣接する地権者と関係者以外が侵入すれば、法律上、民有地への不法侵入です”だからストリートビュー映像は、こう言った私道では撮影しません”水上主幹、高橋主査、農水省、道知事、合法を犯して居ます。

合法に向けた

  • 2021/06/16 05:57

@今年3月29日に起きた、重量物転倒、下敷き人身事故、昨年8月11日に起きた、東署警察官、意識を飛ばして追突、医療証拠揃えず、人身被害故意に証明せず、この手で賠償踏み倒し成功事件も、捜査を取り合えず開始となりました”損保が仕切り、加害者委任偽装、提携弁護士を加害者白紙委任”刑事、民事共、一切は損保が指揮して、医療証拠揃えず、等で賠償保険金踏み倒しも、それなりに事実が、警察内部にも知られるでしょう

                                   令和3年月16日

上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 人身被害、医証拠無し捜査で抹殺
                加害者損保は対人賠償不要、確かに
田辺泰弘札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 加害者委任はダミー、損保が事件指揮
                弁護士法第27条違反処では
三井住友海上札幌第3サービス林所長経由本社へ送付願う
TEL011-213-3322
FAX011-231-8974 加害者加入損保に、被害者調査権、賠償
                交渉権無し、加害者代理人偽装も違法
あいおいニッセイ同和損保札幌支店、窓口鈴木様、本社へ送付願う
TEL011-728-1318
FAX011-728-1658

                〒xxxxxxxx
                                       xxxx
                            携帯080-
                            FAX011-xxxxxxxx

1、昨日、今年3月29日に起きた、刑法第211条適用(親告罪、加害責任者を罰して欲しい理由は、加害者加入損保、提携弁護士(加害者に白紙委任、仕切りは損保強要で、傀儡で暗躍)から、賠償潰し目論見、非道な攻撃を、今後も受ける故、これを理由としての捜査開始されました。

2,昨年8月11日発生、意識を飛ばした東署警察官が、トラックに突っ込んで置きた、被害者は人身被害受け、違法捜査で医療証拠を、定番通り揃えず人身被害は、刑事事件捜査で無し、よって対人賠償不要、これで追い込まれている事件により、社会復帰不可能で放り出され、別事件に巻き込まれた要素が強い、この事件も合わせて捜査を求める、と求めて有るのと、3月29日の事件で「被害者と契約の無い、加害者加入、個人賠償特約損保が、被害者に、法の根拠無く調査要求、違法と告げられ、刑事、民事共、加害者に弁護士を就け、加害者無責で争う、加害者の意思は無視、と通告(法律上脅迫、強要、恐喝行為、一般人がやれば、逮捕されます)加害者に、損保提携弁護士の白紙委任状送り付け、加害者拒否事件も捜査を求めて有ります」

※加害者に恨みも無いので”加入損保提携弁護士に、加害者から、損保が費用拠出で、加害者の意思で刑事弁護、民事弁護の委任”を求めて有る通りですが”加害者はダミー、損保が刑事、民事共式、非弁行為者と提携弁護士犯罪”では無いからか?まだ辯護士押印、刑事、民事弁護用委任状は、加害者に届いて居ないようです、加害者は、損保が法に沿い、賠償してくれれば、被害者を不当追い込みに、弁護士ダミー委任名義貸しもしません。

3、刑事一課には「今年3月29日の事件は、必ず、主治医への医療証拠を揃える為の捜査(昨年8月11日の自動車事故も、被害者は怪我して居ない、賠償詐欺で扱われて、放り出されて居る)を求めて有ります”医師は現場も見ておらず、受傷原因は医証で存在せず、ここに付け込んで、自動車対人事故事件は、主治医への補充捜査せず”車による人的加害で、人は原則死傷せず、この手を個人賠償、他の傷害事件賠償潰しへも援用被害を防ぎ、人身交通事故事件での、医療証拠無しの手で、長期療養事件事実、対人賠償共潰せている、昨年8月11日の事件も同様”と合わせて、この傷害罪事件潰しの手を公実例証拠で揃えなければ(主治医への捜査が行われれば、カルテ開示でも、主治医への、刑事訴訟法捜査事実が証明出来る、人身交通事故で、故意に省いて、長期療養事実潰し常時成功)、傷害事件被害者は今後もっと、偽装人身被害者、賠償詐欺犯罪者、傷害事件で受傷と、主治医は刑事事件で証明して居ない、確たる虚偽受傷、賠償詐欺証明済み”に落とされて、賠償踏み倒し加速とされます」

4、私は平成17年9月12日、無人走行車にぶつけられ”警察官が事件捜査偽造、被害者を騙し、被害者調書も取らず、事件事実も偽造で闇で送検、この偽造調書を、加害者加入損保、提携弁護士に写し提供、私が呼び出され、損保職員、提携弁護士から”この武器を使われ、私は怪我を負って居ない(刑事事件記録でそうなって居るのは確か)賠償詐欺だ”等いきなり脅されました、この悪行により、調書偽造で不起訴等に気付き、検察庁に確認、まともな検事が偶然、奇跡的に居て、再捜査、主治医への医療捜査実施等が行われ、加害者は”表向き罪を認めながら、私を民事で訴えている”事実も有り、出来る限りと副検事が伝えた、40万円の罰金刑に処されました「今回の捜査に、この事件証拠も添えて有ります”札幌検察庁へは、昨年8月11日の事件で、再三主治医への捜査等(受傷は虚偽、賠償詐欺と、加害者警察官らが扱っている)を求めたが、主治医への捜査等不要、主治医に再捜査実施など例も無し、と嘯き、蹴って来て居ます、この実例は、どうなるのでしょう」

5、人身交通事故受傷被害者の数割は「事件後一カ月以上、治療、検査を重ね、防御反応が消えて来て(主治医、医療機関の検査、診断も、実際に即して出てくる)等により、実際の怪我の部位、症状、治療期間予測が付けられ、長期療養患者と証明出来ます、これをされると”事実無視で、一週間の、原因不明の怪我”で統一、主治医への補充捜査せずも合わせ、傷害事件は無かった、賠償詐欺で有る、これを常時成功が崩壊します、上記傷害事件被害者、長期療養が必要な被害者と、医療証拠を揃える方法を、正しく使えば、損保が賠償踏み倒し出来るようにと、医療証拠抹殺、偽造で長期療養毎潰して有る、人身交通事故、個人賠償適用傷害事件被害患者、この事実が正しく立証されます、私も交通事故で受診先医療機関複数から、詳細な診断書も取り、補充捜査を求める事としています」

6、傷害事件被害者とされて、加害者が任意自動車保険加入、対人賠償適用、個人賠償被保険者、賠償支払い責任者となれば「損保が集めている保険料から、加害者無責、賠償踏み倒しが果たせるように、刑事、民事で、加害者が委任、実際は損保が指揮して、が前提で損保提携弁護士も就けて”医療証拠抹殺、偽造、作成潰しの手で、傷害加害で被害者は死傷せず”等刑事事件捜査から捏造され、重い怪我、生死の境をさまよう重症で有ろうと、損保が賠償を潰せれば良い、この一事の為、損保、提携弁護士、検事、裁判官から、傷害被害は嘘、賠償詐欺、対人賠償は、刑事事件調書、証拠上不要と確定、詐欺罪確定、こう強圧を掛けられて、陥れられて居ます」

7,上記行為が合憲、合法であるなら「ここまでの矛盾、法律違反、犯罪行為は起きません”傷害事件、人体への加害行為で”加害者が、損害保険適用被保険者で有れば”医療証拠偽造、刑事事件捜査捏造を武器として、被害者は死傷せず、刑事事件捜査でっちあげを常時成功、これが武器で、傷害事件被害者は死傷せず、加害者無責、この捏造が常時通って、損保は賠償せず逃げられて居る、とはなって居ません」

現場検証

  • 2021/06/15 18:14

重量物倒壊下敷き事件、現場検証が行われました、ようやく、今後の捜査では「主治医への捜査も行われる、事は確認しました”人身交通事故事件と違い、一般的な傷害、傷害致死事件は、常時では無いかもしれませんが”求められれば、主治医への、受傷原因、受傷部位と怪我の程度、治療がどの位必要か、等に付いて、捜査を実施する事が、この事件で確認出来ました」

同様の、他者に対する傷害加害行為事件で、車が原因の傷害事件、傷害致死事件の場合「故意に受傷原因証明せず、受傷した部位と受傷の程度、治療がどの位必要か、これ等を、常に捜査せず、車が原因の、人相手の加害事件で、被害者が死傷した事件は原則無い、これを常時偽装させて、通して有ります」

今後もっと「個人賠償特約が、加害者傷害罪行為者が、被保険者の事件も増えて行きます、この事実を踏まえて損保、提携弁護士、法務省、検事、検察庁等は”個人賠償が適用される、損害保険加入者が被保険者、の傷害事件、傷害致死事件でも、主治医への受傷原因証明、受傷部位、受傷程度、治療期間”これらの捜査を、損保、提携弁護士が捜査を指揮して、人身交通事故事件同様に、故意に潰す事で」

個人賠償特約も「加入者被保険者、傷害事件加害者が、他者に対して傷害加害行為を行ったとの”医療証拠から存在して居ない、捜査せず、が理由だが”これを常時果たさせて、個人賠償特約も、自由に踏み倒し放題が果たせるように、企んで、人身交通事故同様に」

これが実際に、公凶行されています、損保、提携弁護士用の、国家権力犯罪事実です、国民が、人身交通事故事件に続き、他の傷害事件でも「医療調査を故意にしない事で、傷害事件被害者は、傷害事件で肉体に攻撃を加えられて、大きな怪我を負った、この事実は無いと、証拠捏造で証明して、決めて、成功を常時果たして居ると、テロ犯罪事実ですが、こう言うからくりなのです」

損保が対人賠償を、おおっぴらに踏み倒せるように、傷害事件抹殺捜査を仕組んで有る

  • 2021/06/15 07:27

最近までは「任意自動車保険、対人賠償を、常時踏み倒し出来るように”車による、人相手の加害事件では、被害者は死傷する事は無い、刑事事件捜査で、受傷原因、受傷部位と受傷程度、治療に要する期間、これ等を主治医にも因果を含めて有り”常時証明せず、事件捜査を捏造で終えて有るから」

「対人被害者を偽る輩には”自賠責の範囲で、詐欺犯罪者と承知で、刑事事件でっち上げ捜査で常時、対人被害は嘘、証明無しと、損保、提携弁護士、検事、裁判官が共謀犯で捏造済みだから”詐欺犯罪者と証明して有る輩だが、自賠責の範囲分は、詐欺とせず、掴み金で投げ与えてもやる」

これを日常行為、とさせて有ります、が「違法な刑事事件捜査証拠、記録、不起訴がほぼ、この飛んでも証拠が作られて居て、損保、提携弁護士に提供されて居るから”損保、警察、司法に不都合が生じる、生じさせられるとなれば”被害者を賠償詐欺犯罪者と、自由に冤罪でっち上げして、陥れられるんですよ」

捏造されて居る、交通事故対人事件捜査証拠、記録、自動車が原因で、人に危害を加えても、人が死傷した事件は、基本存在しないと、常時捏造で事件をまとめて、決定させて有る、手口がこれで成功させて有る、この刑事事件証拠、記録を武器で使えるから「自動車に危害を加えられて、治療している被害者は、何時でも詐欺捏造済み故、投獄出来るからくりです、けれど」

幸いな事に?「平成17年9月12日の、無人で走行していた車に突っ込まれた事件で、同じ犯罪被害を受けさせられて、捜査をし直しさせられて、車が原因で人が怪我を負い、長期治療して居る事を、副検事、事務官が、主治医に医療捜査を実施して、一定立証して、加害者は”一旦不起訴で逃がされて、被害者を、偽造刑事事件記録を武器とさせて、詐欺犯罪者と言い掛かり、対人賠償踏み倒し目論見、債務不存在訴訟も起こして居る事も有るが”」

追加の捜査での、加害者の調書での自供、対人加害も認めた自供も有り「対人加害は嘘、賠償詐欺だ、この捏造が覆り、傷害罪が認められて、40万円の罰金刑に変わって居ます、加害者は嘘を重ね、反省も無し、と言う事でです」

昨年8月11日の、警察官による一方的追突人身加害事件、今年3月29日、重量物転倒、人が下敷き重症事件共「損保、提携弁護士の指揮で”車が原因で人が怪我を負った、重量物の下敷きとなり、人が重傷を負った事件共、加害者は無責と刑事、民事共、公式に戦う”宣言と、恐喝行為実行されて居る、損保が犯罪刑事事件捜査指揮を、提携弁護士を加害者が付けた、と言う設定で、損保が刑事、民事事件共支配して仕切り、賠償を踏み倒しに暴走事件」

主治医への「受傷事実、受傷部位、治療に要する期間等を証明する、捜査機関による補充捜査実施を、必ず、平成17年8月12日の事件捜査実例、加害者無責から、罰金40万円に持ち込めた事件に沿い、行わせます」

刑事事件の捜査を先ず「医療証拠偽造、事実捏造、証拠隠滅、証明故意にせず、これを頭の武器で使い、傷害事件で被害者は死傷する事無し、を、常時でっち上げて決定させて有る、これで加害者、加入損保は、賠償支払い責任も、刑事責任とも抹殺常時達成出来ている、刑事事件捜査で損保、加害者無責証拠捏造、これで統一させて有るんですから、恐ろしい事実ですよね」

車が原因の、人相手の加害事件で死傷者は出ない、これを、一応成功だった筈ですが、昨年8月11日の、追突事件でも

  • 2021/06/15 07:04

車が原因で、人相手に危害を加えても「人が死傷した事件は、証拠、刑事事件捜査記録内容上、原則存在して居ない”損保任意自動車保険踏み倒し用に、自動車で人に危害を加えても、人は死傷しないと、医療証拠偽造、事実証拠隠匿、抹殺を主武器とさせて有り”車が人に危害を加えて、被害者が死傷した事実証明用、補充捜査は絶対せず、と合わせて、事件を根本から捏造して、成功させて有るから、車で人に危害を加えても、人が死傷する事は無い、と出来て通って居る」

捏造した事件設定に合わせて「ここまで刑事事件証拠、捜査を捏造して、成功させて有るので、これが事実と、公式にでっち上げが通せている、昨年8月11日に起きた、東署警察官による、意識を飛ばして追突した事件でも”車が前のトラックに突っ込んだが、乗員が怪我を負った証拠等無し”この、やらせ定番捜査を成功させて有り」

加害者警察官(加入任意損保共々)は「被害者なる者は、刑事事件証拠、記録上、自動車事故で怪我を負った事実証拠は無い、よって対人賠償は、踏み倒して終わりだ!些少医療費、休業損害一部を投げ与えてやるから、これで終わりだ、で通して居られるのです」

加害者が警察官、の事件でも「車が原因の、人相手の加害事件で、人は死傷する事は無いと、医療証拠偽造、捏造と、捜査機関による、車による、人相手の危害事件で、被害者が怪我を負った、怪我の部位と程度は?自動車による人への危害事件が起きて居るか?等補充捜査を、何度求められても拒否、検事が、これを持ち、この事件でも、車が人に危害を加えても、被害者が怪我を負い、長期療養して居る事実、証拠を隠滅済み故、無い、これを押し通して来て居るのです」

全ては「損保が任意自動車保険、対物保険金支払いを、常時通せるように、仕組まれて居る警察、司法、法務省、金融庁他犯罪です”車が原因で、人に危害を加えた事件では、車による、人相手の危害行為は証明しない不文律”刑事事件捜査で常時これを成功させて、損保、提携弁護士に、写しを提供して」

人身交通事故被害者と偽る、賠償金詐欺犯罪者から,正義の損保、提携弁護士が捜査指揮、民事賠償詐欺潰しの指揮を執り、詐欺犯罪者の賠償詐欺毎叩き潰せている、昨年8月11日の事件、加害者警察官の事件も、これの踏襲事件の構図です、被害者は詐欺犯罪者、と捏造でして有る事件です。

なのですが「人身被害偽装の詐欺犯罪者に、自賠責の範囲分、医療費他で掴み金を投げ与えた分、対人損保、人傷損保は、自賠責から回収して居ます”自賠責の範囲まで、人身被害偽装、賠償金詐欺としない”闇のからくり、故でしょうか?」

加害者警察官、加入任意損保は「自賠責限度のずっと前に”賠償詐欺と言い掛かり(刑事事件捜査証拠、記録上は、全部の事件が賠償詐欺です)治療費から踏み倒して”国の補償事業、自賠責事業も加担しましたが?」出鱈目の極みです。

証拠偽造が仕組まれて、これを持って損保職員、警察、司法テロ権力を洗脳、自動車事故で死傷した被害者は居ない、詐欺犯と

  • 2021/06/15 06:33

嘘、でっち上げの答えを設定して、嘘が正しいとなるように「刑事事件の組み立て、犯罪証拠、証明等を、でっち上げて有る嘘が正しいように、常時捏造、正しい証拠隠滅、隠匿を重ねて有る”車が原因の、人相手の加害事件では、被害者なる連中が死傷した事件は無いように、証拠隠滅、隠匿、捏造を武器とさせた、刑事事件捜査を常として有り、山のように起きている、車による人相手の加害事件で、人が死傷した事件は、原則無し、この刑事事件捏造実例を、山のように積み重ねて有る、よって」

車が原因の、人相手の加害事件では”被害者が死傷する事は無い”人身被害者なる連中は、基本全員、対人賠償金狙いの詐欺犯罪者と、違法な刑事事件証拠、捏造捜査ででっち上げ決定して有るから”賠償金詐欺犯である、人身交通事故被害者、自称被害者から、自動車保険加入者が納めた保険料を守る為、損保、提携弁護士と言う正義を実現させる方々が、警察、司法を指揮して、車が原因で、人に危害を加えたと、被害者を自称する輩が、自己申告して居る”だけ”の事件で、総指揮を執り、人身被害者を偽る輩から、保険料資金を守る為に必要な、あらゆる犯罪を、闇で認めて有る、こう言う構図が実際です。

戦前の特高警察、アイヌ、オロッコ等も含めて、徹底して弾圧等も、ライ患者強制隔離政策(時代的に、止むを得ない時期も確かに?とも?)とかと、車が原因の、人相手の加害事件で、人が死傷した事件は原則無し、理由は、車が原因の、人相手の加害事件で、人は死傷しないと、証拠隠滅、偽造、これを常時の刑事事件虚偽捜査”だけ重ねて有る”よって事実と証明されて居るから、を理由とさせて、人身交通事故被害者は、基本全員、自賠責支払いを超えたら詐欺犯罪者、法に拠らず、徹底的にだ夏して良い、公洗脳されて、凶行、損保職員、提携弁護士を含む司法カルト、警察、報道上げて。

これが実態です「捏造刑事事件捜査を常時で、車が原因の、人相手の加害事件では、医療証拠偽造を軸とさせて有り、死傷した被害者は、原則出て居ない、よって”自動車事故で死傷した、と言う輩は、実は賠償金狙いの詐欺犯罪者である”詐欺犯罪者から、加入者から集めた保険料を守る事こそ正義なので、詐欺犯被害者相手に、どんな犯罪を仕掛けても、正義の行為であり、犯罪責任は問わない、ここ迄仕組まれて有ると言う」

逆に言うと「車が原因で、人が怪我を負った事件で”事件発生後、数十日、カ月経過しなければ、実際の受傷部位、受傷程度、治療期間の予想は出来ない”この事実を正しく使い、事件後すぐ、のでっち上げ診断書は作成、使用せず、車からの加害により、怪我を負わされて治療中、検査を受けても居る、これをカ月、事実通り使い、カ月経過して、体の防御反応が薄れて来て、様々な自動車事故被害の症状が、正しく出て、証明出来てから、それを記載した診断書を主治医に作成して貰うのと」

医療証拠を揃える、主治医への補充捜査実施、これを捜査機関に、必須で行わせる事、被害者も立ち会って、これ等を果たしてから、被害者調書を録らせる事、これを実現させれば「当たり前に凶行され、成功させられて居る、自動車が原因の、人相手の加害事件で、人が死傷した事件は、捜査記録、証拠上原則無し、人身被害者は自己申告、実は賠償金詐欺犯罪者、こう捏造済み、を潰せます」

傷害事件の立証は、受傷部位、受傷程度証明、受傷原因裏付けが、これさせ抹殺すれば

  • 2021/06/15 06:14

人身交通事故事件で「警察、司法、法務省他が共謀犯で仕組まれ、常時成功して居る権力犯罪の手が」

;自動車が原因の、人体への加害行為事件は”正しく受傷を証明しない不文律”これが闇で仕組んで有り”自動車が原因の対人加害事件で、被害を受けた人は、死傷した事実、証拠は無し”こう捏造を、常時成功して通して有ります。

;つまり”車による、人体への加害行為で、人は死傷する事は無い”と、医療証拠捏造、抹殺を一番の武器として有り、自動車による、人への加害行為で、被害者が死傷した可能性、受傷を負った部位、怪我の程度、治療に要する期間等も、故意に捜査機関は、主治医、治療先への補充捜査せず、も常とさせて有るのです。

;これらの、医療証拠捏造、摩擦を武器とさせて、自動車が原因で、人体に危害を加えた事件では、被害者なる者らは、実は自動車による人体への加害行為で、死傷等して居ないと、常時公式刑事事件捜査で、捏造を成功させて有るんですよ。

;では”どう言う根拠?で、対人被害に、些少、合法根拠無しで、補償、賠償保険金を、被害者と言うだけの人間に投げ与えているのかと言うと”国土交通省の補償事業、自賠責事業が有るので”自賠責事業と言う、医学でも無い、車が原因で死傷した事実の立証も不要、自賠責事業に沿って居る、と、自賠責調査事務所で、根拠も碌に無く、決めれば、自賠責の枠内で、車に危害を加えられ、死傷した医学的、刑事事件捜査事実、証拠は無しでも、人身被害者と”自称する輩”似、些少の金を投げ与えているだけ、と言う構図です。

そもそも「車により、人体に危害を加えられた当日に”適当な検査が行われ、実際の怪我の部位、受傷程度、治療に要する期間予想も付かない”と承知で、受傷原因主治医は見ておらず不明、も加えて、闇の診断規程、一週間の加療を要する、このやらせ診断書一枚のみで、車による、人体への加害行為事件、傷害事件の詐欺捜査を、事件後20日以内位で、出鱈目に終わらせて送致して”当然、加害事実、証拠無しとして有り、不起訴、些少の過料”絶対正式刑事裁判せず、こう仕組んで有り、この詐欺事件記録を、損保、提携弁護士に提供して、被害者は詐欺行為者、こう捏造されて居るから、裁判官共々、賠償詐欺犯罪者として、犯罪し放題で追い込めて、通せています」

ページ移動

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680288
ユニークアクセス:4855069
今日
ページビュー:453
ユニークアクセス:451
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed