エントリー

治外法権国家事実が

  • 2018/01/31 17:45

治外法権国家日本、どんどん公式に、表でこの真実が証明され続けて居ます。

相続前遺品の犯罪処理一括請負、個人所有物の、犯罪処理一括請負、犯罪事業は、国中で、国家権力が加担してもおり、行われて、通されています。

市町村が、この手の事業?に関して、法の所管と、事業の実施、許可権限を持って居るんです。

ですから「例え犯罪であろうと、国家権力が、犯罪実施先市町村が”犯罪全てを行って通す、こう認めて居るんだったら、犯罪内容を、きちんと記載して、犯罪を行うので、許可を出して下さい”」

こう、犯罪実施先市町村に、申請を出さなければなりません「実際記載犯罪を、実施先市町村も、所轄警察署も、国税も、認めて行わせて居るんだからね」

犯罪の内容も、正しく記載して「こう言う犯罪を行うので、許可を出して下さい」

こう言う犯罪実施申請を、犯罪実施先の市町村と、所轄警察署に、必ず出して、許可を受けた上で、この犯罪を、許可を出した市町村で、正しく行わなければならないんです。

今行われて居る、許可申請も出して居ない、相続前遺品、個人書湯物の、違法廃棄一括請負は、許可も出さず行って居る事も、犯罪だからね。

きちんと出さなければなりません、犯罪実施を認めて頂く許可申請から、法に沿って。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384444
ユニークアクセス:2902842
今日
ページビュー:1069
ユニークアクセス:1038
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed