エントリー

道と県と

  • 2018/02/13 07:15

身内の不幸が起きた結果、遺品物品、一般廃棄物の、法を犯した一括請負処理の委任が、公式な事業実施、正しい負の遺産金員支出で通るか否か、道庁、青森県庁、札幌市役所、東北町、道警、青森県警、札幌検察庁、青森検察庁間で、公式に答えを出すしか無い状況が、こうして生み出される事に繋がりました。

世の中、このように「正しい原理原則を、きちんと弁えて、事に当たれば、原理原則が勝ちます」

重罪が科せられる犯罪行為を、事業化して通すと、行政、法曹権力、警察、報道ぐるみ突っ走っても「じゃあ、表だってその取引が、金銭のやり取りが、入金、支出事実が、合法として通せるのか、と言う事です」

遺品整理事業だの「公式な事業で通るか否か、身内の事案でも、こうして公式に白黒を付けられます」

遺産金員の不法な独り占めに、公式に対抗する訳です「負の遺産の公式処理を果たす為に、残置遺品物品を、どうやれば”適法な負の遺産の処理として通せるか”マイナスの遺産、金銭支出と出来るか”」

公式に、実体験で実例を、こうして作れます「闇で行うから通って居るに過ぎません、正式に刑事訴訟法、民事訴訟法手続きと、税務処理で使う訳です”犯罪であれば、表だって負の遺産の処理行為、負の遺産処理支出では、使えないですから”」

道内で起きている、遺品物品、一廃違法処理前提一括請負の、国家権力が指揮した事業化達成、さて、公式に使えるんでしょうか?日本中で等しく。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3498757
ユニークアクセス:2999149
今日
ページビュー:2948
ユニークアクセス:2612
昨日
ページビュー:4499
ユニークアクセス:3391

Feed