エントリー

捜査機関、監督機関、報道ぐるみでも

  • 2018/02/13 07:27

遺品整理事業、ヾ( ̄o ̄;)オイオイ、相続されても居ない遺品物品を、法を幾つも犯して「金を得て処理して稼ぐ”事業”なぞ、犯罪であり、成立しないぞ」

法を正しく守り、行うなら「幾つもの証明書作りから必要です”相続権者との間の、きちんとした合意書の取り交わしや、処理時の相続人側の立ち合いや、窃盗とならない事の立証や、廃棄物処理法のクリアから、当然必須なのです”」

監督官庁、警察、検察、報道が結託しようとも「じゃあ、遺品整理事業だの、一般廃棄物一括処理前提請負だのが”公式に行えて、公式に事業実施内容を使えて、法をクリアして通るのか”」

あくまでも「摘発しない、されない事が前提で、やらせで行えて、通されている、国家権力が仕切る犯罪でしか無いのです」

実体験でこのように「遺品物品を、本州の実例で、白黒を付けられますね」

こうなれば、不法に遺産金員を独り占めしようとして居る、身内の悪行が生きるんですね。

人間、考え方ですね、それと「原理原則をきちんと弁えて居る事です、表では絶対出来ない、犯罪そのものの所業を、国家権力が指揮を執り、事業化しよう、頭がおかし過ぎます」

道と県とを跨ぎ、実体験で実例証拠が出来ます、はっきりして良いですから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2741254
ユニークアクセス:2345136
今日
ページビュー:183
ユニークアクセス:183
昨日
ページビュー:1587
ユニークアクセス:1530

Feed