エントリー

対国家、国民、国際社会

  • 2018/03/14 09:40

いよいよ、遺品整理士事業者も、一般廃棄物犯罪処理請け事業者も、共犯国家権力を支配下に置いて「日本国家と直接対決ですね、是非勝利して下さい、願って居ます」

先ず憲法、法律論では勝てませんから、直接の武器が必要でしょうね、テロですから、国家との戦争行為内容が。

;遺品整理に限り、遺品整理事業者に、一般廃棄物収集運搬業の許可を与える。

そうですか”遺品に限り”ですから、例えば、自営業者の銃砲火薬店の銃砲、火薬や、個人経営や、有限会社で取締役が一人の、発破業者や、花火製造業者、劇薬取り扱い業者の事業物品も、経営者が死去してしまえば、事業所の物品も、遺品です。

この事業許可が正しいなら、相続人は、遺品整理業者を頼み、銃砲火薬や、ダイナマイトや、火薬や、劇薬やらを、金を払い、処理させられるし、遺品整理業者なら、請負処理出来る訳です。

こう言った遺品が出た”遺族、親族”から委任を受けて、銃砲火薬や、ダイナマイトや、火薬類や、劇薬を、正しく処理請けすれば、遺品整理士資格業者は、良い武器を、正しい手続きにより?手に入れられるんですよ?

遺品整理士資格業者って、凄い特権を持って居るんですね、知りませんでした、単なる詐欺犯罪用、民間資格と思って居て、🙇、謝らせて頂きます、私もこの資格を得て、重火器等を、正しく”遺品で処理請けして~~”手に入れます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384930
ユニークアクセス:2903304
今日
ページビュー:1555
ユニークアクセス:1500
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed