エントリー

今日分かった事

  • 2018/04/03 16:11

今日、正しく分かった事が「日本の遺産相続は、弁護士利権用に、歪み切って居ると言う事です」

日常的に起きている、相続権者の一部が、遺産金員を盗み、私してしまえば、或いは現金を隠して、他にその額を抑える事も出来ないように仕組まれれば、遺産金員を盗んだ者が勝ちます。

だから日本では、我先に遺産、特に金員を盗み捲って通されるんですね。

この遺産泥棒制度により、司法書士、弁護士は、遺産金員を不当に盗んだ者に、先を争い付くんですね。

泥棒が勝つように、日本の遺産相続は、作られています、現金化されて盗まれれば、遺産は泥棒が、不正に私物化出来るんです。

こう言うからくりなのですね、成程、そうだろうとは思って居ました、遺産金員を不正に盗んだ泥棒に、弁護士が付いて、泥棒が盗んだ遺産金員を、根こそぎ窃盗利得で通しに、実際走り、結構通って居るから。

遺産空き家と残置物の処理費が、遺産金員と変わらない、さほど金が上回って居ない場合等、この遺産金員泥棒利得得放題制度を使われれば、泥棒された相続権者は、何れ不当な建物、残置物強制撤去費を請求されてしまいます。

早急な法整備が必要です、相続権者の一部が、家屋解体撤去費、残置物撤去費も盗んで私した場合、しようとしている場合、他の相続権者、遺産を泥棒された、される被害者が、負の遺産が所在する市町村に、早急に訴え出て、遺産預金を差し押さえる制度作りが、緊急となって居ます。 

ページ移動

コメント

うんこ

うんこ

  • 2018/04/03 23:15:55

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4798872
ユニークアクセス:4035979
今日
ページビュー:404
ユニークアクセス:342
昨日
ページビュー:982
ユニークアクセス:922

Feed