エントリー

遺品整理士認定協会自身で

  • 2018/04/10 16:18

遺品整理士認定講座テキストには「遺品整理士資格事業と言う事業は無いです、之が先ず書かれています」

で、出来る事として「産廃、一廃収集運搬業許可を得られれば、遺品物品を処理受け出来る、出来ないです、遺品物品を一括処理請負なぞ、保全が必要な物品ですから、相続が果たされるまで保全が必要です」

古物商許可を得れば、遺品の内、有価物品を買い取れます「買取なぞ、被相続人、所有者が死去しており、所有者が決まっておらず、売り主不在です、買い取れる筈が無いです」

貨物自動車運送事業法許可を取れば「仏壇等憲法第20条適用物品を、輸送費を得て焚き上げ事業者まで運べます、焚き上げ事業と言う正しい事業は、法律上無いです、供養を引き継ぐ親族が、仏壇、神棚、神仏具を引き継ぎます、勝手に処分は出来ません」

遺品整理士認定協会、こう言う内容だぞ、遺品整理士養成講座テキスト記載は。

であるのに「遺品を処分では無いです、遺品の整理です、おいおい、遺品整理士養成講座テキストの記載内容と、全く違う広告になって居るぞ、公式説明するべきだ、法曹資格者、裁判所、検察庁、行政書士会、税理士会、法務省、総務省、国税、財務省も、同じく説明しろ」

詐欺犯罪民間資格事業、犯罪を事業と偽り、派手に犯罪の委任者を募り続けている、遺品整理士資格事業、イコール相続前の遺品物品一括各処理請負、これを謳っているのに、遺品の処分では無いです、整合性が全く無いぞ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3696564
ユニークアクセス:3155778
今日
ページビュー:1187
ユニークアクセス:623
昨日
ページビュー:2428
ユニークアクセス:1335

Feed