エントリー

司法、警察犯罪も理由

  • 2018/04/19 09:01

正の遺産金員で、負の遺産である、売れもしない住宅、納屋、残置物を処理しよう、これを委任され、動いて来て居ますけれど「一部の遺産泥棒と、遺産泥棒に付いている、居た不審者と、警察、遺産預金横領金融機関他により”この、合法な負の遺産処理が、権力犯罪被害を受け続けており、公式に不可能に陥らせられて居ます”」

日本の遺産相続手続き?は「法に沿う事をせず、犯罪弁護士が、犯罪遺産相続を常時成立、成功させて居る事の恩恵を受けられて居て”正の遺産のみで相続を争わせ、処理させた事にして”犯罪弁護士が金を得られるように、司法、警察、国税、各行政機関が仕組んで有るんです」

当然ですが、何れ放り出させられた負の遺産処理が、降り掛かって来ますよ、ですがそうなった時には「犯罪指揮、主犯弁護士、裁判所、裁判官連中、警察は”自分で得する遺産だけ入手しただろう、自分の責任だ、負債を放り出して、得する遺産だけ手に入れたのは”」

こう言い、責任から逃げて来て居ます、遺産金員、遺産預金泥棒に付いても「相続争いの筈だ、拠って犯罪にならないんだ、全て民事で争い、決めろ、決めれば全部自己責任だ」

この嘘の羅列で、遺産預金、現金、有価物泥棒も認めて、通して居るんですよ。

結果、遺産整理事業だのと言う、相続もされて居ない遺産有価物泥棒も、国中で行えて居るし、不要遺産物品等を、犯罪の限りを尽くして、犯罪処理請負も出来て、通せているんです。

物品の所有権の確認、確定を不要と、国家権力が闇で決めて、通して居る結果です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797675
ユニークアクセス:4034902
今日
ページビュー:189
ユニークアクセス:187
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed