エントリー

ほぼ何も知らない

  • 2018/04/28 10:14

弁護士、検事、裁判官は、遺産相続問題も、ほぼ正しい法律論から知りません、何も正しく遺産相続の内容も知らないで、遺産相続関係事件も、扱って居るんですよ。

ですから「正当な遺産相続処理を果たそうと考えても、ほぼ通じません、何も知らない連中が相手です、言って分かる筈は無いのです、言われている事を、ほぼ理解出来ないのですから、弁護士、検事、裁判官連中は」

こいつらの「理解?は、遺産相続争いだ、こう言えば、あらゆる憲法規定、法律規定は適用が除外される、犯罪だろうと犯罪責任を負わず通せる、之が唯一全てなのです」

相続と泥棒と、全く区別なぞ出来ません、遺産相続だと言えば、犯罪が全て認められるんだ、こう、完全に間違った意識だけしか無い連中ですから。

馬鹿を超えているんですよ、この連中の実態は「裁判官、検事を定年で終えた連中の多くが、公証人になって居るけれど、前に表に出した通り、大通公証役場元裁判官北澤と、中公証役場、元検事の小川も”遺産相続だと言えば、公正証書遺言が有れば、法の適用は全て除外となり、遺産預金、遺産不動産を、偽造書類作成、行使に手を染めて、泥棒が自己所有と出来て居る”」

こう、堂々と嘯いて居たでしょう、あれが全てなのです、遺産相続と、泥棒と、全く区別を付けられない頭なのです「まして、正の遺産で真っ先に、負の遺産を処理が必要だ等、あの連中の頭の次元を、完全に超えてしまって居るんですよ、理解なぞ不可能です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384266
ユニークアクセス:2902678
今日
ページビュー:891
ユニークアクセス:874
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed