エントリー

盗まれた遺産預金

  • 2018/04/28 16:50

相続と泥棒と、本気で全く区別も出来ない法曹資格者です、そんなカルト犯罪者に、盲目的に隷属するばかりの警察組織と来ています。

東北町の事案、遺産預金業務上横領犯罪、この盗まれた遺産預金は「負の遺産である建物解体費と、残置物撤去費用です、この処理で多分消えてしまう金額なのです」

横領された遺産預金を、司法、警察遺産泥棒制度を持ち、強引に正しいと偽り、泥棒に所有権を与えたなら、もう解体と残置物撤去は、泥棒と国家権力が、全責任を負うべきとなります。

遺産は、泥棒で手に入れた人間が、法の規定を破戒させて有る故、所有権を得る、この司法、警察遺産泥棒入手制度が、東北町事案でも、強引に適用させて、押し通そうとすれば、泥棒と共犯側に、処理責任が正しく回ります。

泥棒と共犯国家権力が、泥棒を正当化に走り、押し通せば、建物解体責任と、残置物合憲撤去処理責任を、犯罪者側に負わせれば良いだけです、根回しを十分行って置いて、犯罪者に犯罪行為責任を、当然です、負わせれば良いのです。

泥棒が自分の所有金員とされて、通るとなれば、建物の解体撤去費、残置物の合法な処理費は、こちらには無関係と言う事です。 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797663
ユニークアクセス:4034890
今日
ページビュー:177
ユニークアクセス:175
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed