エントリー

優先順位

  • 2018/04/28 17:03

被相続人が死去して、負債が有るとなれば、遺産金員部分で負債を、先ず処理する必要が有るのです。

遺産金員や、金目の物品を、証拠を残さないように企み、盗む、これを支援して居るんです、法曹権力、裁判官は。

遺産の内、金と同じ遺産は、負債を放り出して相続受けした、これを日常的に、日本の法曹権力は、凶行し捲っているが、表には出せないけれど、無いともっと状況悪化します。

遺産であろうと、他者の所有する金品を、法を犯して私すれば、犯罪行為者です、法律規定上r当然の事です。

負の遺産を解消する為には、遺産金員部分が、負債を処理出来るだけあるならば、真っ先に負の遺産を、正の遺産を使い、処理しなければなりません、遺産預金を根こそぎ盗んで、自分の好きなように使う、遺産負債は放り出して逃げる。

本当にまともでは無いですよ、我欲しか持たない故でしょう、まともが通じない人間は、正論を幾ら説こうとも、聞く耳自体無いですから。

相続権者の中に、まともさを持たない人間がいれば、遺産を盗んで自分の所有だと、嘘を吐く事から、何の痛痒も感じないのです、まともさが無いならば、犯罪に走ったって、何も感じないのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4446896
ユニークアクセス:3716267
今日
ページビュー:376
ユニークアクセス:204
昨日
ページビュー:5658
ユニークアクセス:3605

Feed