エントリー

闇の遺産金品犯罪入手事業が

  • 2018/05/07 07:50

相続されて居ない遺品物品を、同じく遺産金品を正当に手に入れても居ない者と共謀して「闇で古物売買するが、売買記録作成、泥棒への交付、古物商も一枚保管をせず、遺品古物を闇に流せている、この後再販、輸出等して、次々古物商が稼げています」

廃棄物品は、遺産金員から闇で処理費を、犯罪処理請け業者に流して「処理先市町村も共謀して”違法処理請負者が排出者と、確信犯偽造を日常的に実施して、死んだ方の地元で犯罪処理が、国中で行えて居ます”」

この遺産物品闇廃棄処理費も「表に出さず、闇犯罪利得で認められ、通せています、国家権力がほぼ全部共犯、実行犯ですからね、常にこの犯罪処理も、成功する訳です」

こうした犯罪行為を「どう有っても”遺品目録に、正しい事実、証明事項で記載させてはならない、ならなかったのです”国家権力犯罪が、公式にばれますから」

遺産相続手続きは「表に出てしまった遺産預金、保険、証券会社預け金、現金だけを、横領、窃盗で失われた分は諦めて、分割して分けろ、これ以外認めない、司法、警察、国税が決めて有る遺産相続手続きだ」

これのみを凶行突破で、常に押し通して来て居るが「遺産は正、負が有ります”正、負の遺産を探し出し、洗いだして、遺産だと証明する作業が、当然一番先に必要なのです”」

この遺産金品洗い出し、証明作業は「調べ出して証明する為の実務知識が、当然必須です、莫大な費用を掛けて、証明が実は必須なのですよ」

これを果たした上で「正、負の遺産金品を、証明事実分、遺産目録に記載しなければなりません”この遺産目録は、国税にも出す必要が有るのですよ”泥棒、横領犯、遺品物品闇売買、遺産金で闇犯罪処理、全部遺産目録への記載が、実は必須です」

ここまで調べて、国税へも出す必要が有ります「特に遺産金員窃盗分、横領分、闇売却分、遺産金を流して違法廃棄処理分は、国税への遺産目録記載等を持ち、通知が必須です」

今まで表に出さず、通せて来た、闇での遺産利得ですから、課税が不要なら、余計国税へも出さなければね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3495204
ユニークアクセス:2995942
今日
ページビュー:3894
ユニークアクセス:2796
昨日
ページビュー:3773
ユニークアクセス:2398

Feed