エントリー

古物商の商いも

  • 2018/05/07 08:09

相続されて居ない遺品、金員部分と物品に付いて「遺産現金、預金、預け金は”窃盗、業務上横領したら、犯罪者が犯罪で得た遺産金員を、闇で正しく、司法、警察、国税が犯罪を認める故、無税で手に入れて、通せています”」

遺産目録に記載しなければ、法律上は、多重に違法です、幾つもの犯罪が行われ、司法、警察、国税が犯罪に与して居る結果、この犯罪相続が、日本で定番となって居ます。

遺産金員の一定分を闇で使い、遺品物品を「闇で売却し、証拠書類を作成せず、通して有るし、売れない物品は、市町村が共謀して、処理請け犯罪者が所有と、共に偽造して、国中でこの犯罪処理も、通されています」

処理費、遺産の一部金員も「闇で流し、闇で受け取り、遺産目録から除外させて有ります、そもそも”故意に遺産目録自体、作成せず、作成しても、ばれた遺産金員分、窃盗、横領された分以外を、遺産目録に記載する”犯罪目録が正しい”こう偽り、この一連の犯罪を、正当な遺産相続手続きだと、嘘と犯罪の限りを尽くし、通して有ります」

正しい遺産目録を、調査のスキルを持った所に金を払い、事実を出来るだけ多く、正しく調べ上げて「これ等司法、警察、国税、行政犯罪行為も詳細に記載して、正しい遺産目録を作れば、その目録を、国税にも渡せば良かったのです」

遺産現金、預金窃盗、横領、遺産物品闇売買、一部遺産金で所有者偽装闇廃棄処理、全てきちんと遺産目録に記載し、公式使用すれば、こんな犯罪は、常時成功しませんでした。

遺産目録は、公文書扱いです、正しい事実を、正しい証拠、根拠を備え、作成し、公式使用が必須です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3278898
ユニークアクセス:2819489
今日
ページビュー:1633
ユニークアクセス:1310
昨日
ページビュー:2938
ユニークアクセス:2217

Feed