エントリー

他者所有物、所有者は死去、処理も凍結

  • 2018/05/07 15:30

遺産となった金品は、正しく洗い出して、遺産目録に正、負とも記載して「正しく処理を、公式に行う必要が有るんです、ですが、相続される前の遺品物品を、相続受けもしていない人間が、遺産資金の一部を使い、犯罪処理請け業者を使い、売れる古物は証拠を残さず、闇で売買して居る、その後やはり、闇で証拠を無くさせて有るので、売って金にしています」

売れない遺品物品は、処理を闇で請け負った業者が排出者だと、警察、行政、報道がグルになって偽り、犯罪廃棄処理して、遺産金員を、やはり闇で受け取り、稼いで通って居ます。

明白な犯罪です、非の打ち所の無い?犯罪ですが「犯罪者を見逃す、犯罪を公認する司法、警察、行政犯罪により、犯罪が認められて、大規模な犯罪が、国中を席巻して、通って居るんですよね」

なお「今日裁判所、警察にも通告したのですが”平成27年の、武藤さんの不動産明け渡し強制執行手続き事件で、私が武藤さんに貸し出して有ったリース物品、預けてあったトラックのタイヤも、強制搬出、所有者偽装の手で故買、事業廃棄物、道民運輸が排出者と偽り、闇廃棄処理”」

この犯罪被害事実、証拠も「義父の遺産犯罪者が入手事件の裁判等にも、裁判所、弁護士犯罪で、同じ構図です、正しい実例証拠だから、証拠でこれも出します」

遺産金横領、窃盗は、犯人が所有権を得る、司法、警察犯罪ですけれど、裁判所不動産明け渡し強制執行物品も、やはり同じ犯罪の手、諸湯社を偽り、成功させて居るのですから。

東署3課、小堀警部補の後任の警部補にも「この事件に付いて、裁判所犯罪実例証拠だから、証人申請するから、之を伝えて有ります」

青森市警察署二課は「七戸警察署二課に、横領事件を回しました、担当が七戸警察署と言う事で」

青森の警察には「同じJAの業務上横領も入って居るので、苫前町農協冤罪業務上横領事件、あれの資料も使う予定です、あっちは冤罪証拠山のよう、義父の事件は業務上横領確定証拠が揃っている、冤罪は正しく横領だ、で、証拠も揃っている業務上横領は、横領遺産預金は横領犯が所有権を得た、ですからねえ」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3278934
ユニークアクセス:2819524
今日
ページビュー:1669
ユニークアクセス:1345
昨日
ページビュー:2938
ユニークアクセス:2217

Feed