エントリー

根本から分かって居ない

  • 2018/05/16 06:13

@内閣府、札幌市環境事業公社監査担当トーマツ所属、香川順公認会計士による、ここの監査も違法な監査、合法認定です、不正も無い等報告書に記載して居るが”廃棄物処理法違反事業許可受け、排出者を、札幌市と共謀して犯罪廃棄処理、引っ越しを偽装して一廃物品一括請負、下請け丸投げ”等、根本から犯罪で成立させて有る事業です

                                平成30年5月16日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中、安倍総理、麻生財務、金融大臣
TEL03-5253-2111
有限責任監査法人トーマツ
札幌市環境事業公社監査担当、香川順公認会計士、虚偽監査
TEL03-6720-8200
FAX03-6720-8205
FAX011-642-0746 総税理士会会長、各税理士
上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課
FAX03-3592-7393
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員弁護士
野田聖子総務大臣、大臣官房秘書課
FAX03-5253-5511
FAX011-281-4138 道行政書士会
FAX03-3593-2530 河戸光彦会計検査委任長、国税犯罪公認
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、札幌中央警察署、2,3、保安、生活経済課
TEL,FAX011-251-0110 監査結果偽装は政府責任です
高橋道知事、道議会議員、法制文書、環境、農政組合指導
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会議員、区長、環境他
FAX011-218-5166

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、有限責任監査法人トーマツ、札幌市環境事業公社監査担当香川順公認会計士「札幌市環境事業公社は、昨日の文書記載、札幌環境発公文書記載に有る通り”廃棄物処理法違反を行う事を前提とさせた、根本から犯罪事業者です”ここが行って居る、犯罪事業の根本は下記となって居ます」

(1)廃棄物収集運搬事業を行える前提条件の、塵収集車、収集作業員ゼロ、中間分別施設も無し、よって”産廃許可業者、遺品整理を謳う犯罪業者、便利屋、リサイクル業者、運送業者、焚き上げと称する業者等、一廃、相続前遺品物品を、法を犯して闇処理する業者多数と契約し、廃棄に供する物品を搬出運搬、処理させて居ます。

(2)この犯罪を成功させて有る手口は”排出者を違法処理請負業者と、札幌市ぐるみ、故意に偽造させて、清掃工場等で処理、中間処理請け公社下請け産廃業者、他産廃業者も、同じく違法処理請負業者が排出者、事業一廃と、偽って引き受け処理”して居ます、公社には市現職、前職が多数おり、市挙げてこの犯罪を成功させて有ります。

(3)一廃一括処理請負は”引越しを請負、序に一廃一括処理請けもしたと、引っ越し委任状の偽造、行使を行う手も、市挙げて行って居ます”元々大手運送業者ヤマト、サカイ、引っ越し社等が、環境省令、引っ越しに際して出た、通常生活する上で出る一廃は、利益を取らず、排出者が処理品を記載した書面と共に交付を受け、排出者所在市町村緒一廃業者に引き渡して良い”この特例、利益無しで認めた行為を”一廃、相続前遺品物品を、一括処理請負を、高額の利益も取り請負して良しと、国交省も加担し、国中で行って居る”犯罪の踏襲です。

2、トーマツ、香川順公認会計士、公社担当税理士「何処がどう合法な事業でしょうか?法曹権力、道警、会計検査院”保護世帯家財等一括廃棄処理請負、国税、地方税事業、裁判所の不動産明け渡し強制執行物品廃棄処理では、昨年6月末位までは、一廃、遺品一括処理違法請負業者多数に、一括闇廃棄処理、請負業者が排出者と偽装させた処理を認め、行わせて来たが、当社から犯罪と指弾され、下記に変わって居ますよね」

3、保護世帯他、同様犯罪廃棄等処理請負は”保護世帯分は、公社下請けパッカー車に一括違法投入、違法焼却処理が基本、之で市天下り公社に、大きな犯罪利得が転がり込んで居る、札幌地裁はこの犯罪一括処理を、当社の指摘でせず、分別した廃棄に変更他””一般の同様犯罪請負、個人不要品、相続前遺品物品違法請負処理では、違法請負業者が排出者と、今も市、道警、札幌検察庁等ぐるみ偽りを通させて、或いは公社も含め、偽装引っ越し序一廃請負処理の手で、犯罪廃棄処理を成功させて居ます”何処がどう合法な事業遂行でしょうか。

4、平成29年5月26日付、有限責任監査法人トーマツ、香川順公認会計士による、一般財団法人札幌市環境事業公社に対する監査報告書記載、事業に不正、法令違反無し等報告は、明白に虚偽です「昨年6月末と、以降の環境事業公社の業務内容を、正しく監査する事でも、更に言逃れは出来ません”近日中に、昨年度市保護世帯家財等処理公共事業実施実績、平成29年4月~9月位分を、情報開示で取ります、市民でも犯罪立証が、更に出来ますから”平成28年度分は、全て入手、犯罪事業者洗い出し、犯罪事実立証済み、記載権力、国家資格者、報道が犯罪握り潰しで今に至る、です」

※トーマツ、香川順公認会計士、今月26日位に出す、環境事業公社の監査報告書、犯罪事業事実を隠して、違法から無し監査報告は、こうした事実、証拠が有ります、裁判所強制執行物品の廃棄(燃える物は、昨年7月以降から公社下請けに出す)も絡んで居るし、とても拙いですよね。

5、トーマツ、香川順公認会計士、公認会計士法規定では「例えば公認会計士法第52条2項規定、虚偽の監査報告書を作成し、公共の目に晒す等の場合は、1年以下の懲役、100万円以下の罰金刑ですよね」

6、ですがご安心下さい「この犯罪に付いても、政府、会計検査院、公取委、国税(犯罪実施業者の税務申告偽造を通して居る)札幌検察庁、道警本部(警察署は捜査、摘発したがって居るが、検察、本部で犯罪公認で潰して居ます、他に保護世帯でも、無許可引っ越し年数千件委任も潰して居ます)道庁、道議会、札幌市議会、各報道機関等が、この犯罪も、相続前遺品物品犯罪請負各処理、廃棄物処理法違反、古物商法違反、偽造税務申告等を、司法、警察権力の悪用で握り潰して通して居ます、公認会計士法違反、偽造で監査を合格位、どうと言う事も無いでしょう。

6、ヤマトホームコンビニエンス、サカイ、引っ越し社、日通、エコクリーン、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン他多数による「上記同様犯罪事実立証も、果たして有ります”監査法人、公認会計士、税理士、顧問弁護士、行政書士、国税他が共犯で成功させて居る、違法処理は日本中の市町村が共犯、同じ構図です”より安心出来ますでしょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3274914
ユニークアクセス:2816495
今日
ページビュー:587
ユニークアクセス:533
昨日
ページビュー:3431
ユニークアクセス:2842

Feed